米国におけるブロックチェーン技術への投資額はすでに2017年を超える

6573

編集部ピックアップ

米国におけるブロックチェーン技術への投資額はすでに2017年を超える

KPMGは “パルス・オブ・フィンテック2018” というレポートをリリースし、その中でアメリカのブロックチェーン事業への投資額が大幅に増加していることを公表した。

ブロックチェーン事業への投資の拡大

世界における大きな財務アドバイス会社の一つであるKPMGは、世界中のビジネスにおける投資の動向についてのレポートを作成した。2018年上半期のレポートでは、2018年のブロックチェーン事業への投資額は既に2017年の総額を上回っているという。レポートによると、これらの動きはスタートアップ企業よりも、ある程度成長した企業やコンソーシアムにおいて活発であるようだ。

レポートを読むと、以下の内容だということがわかる。

「ブロックチェーンにおける投資家の関心は多岐に渡る。100万ドルを超える投資が、アメリカのブロックチェーンを手がけるR3社と仮想通貨事業を行っているサークル・インターネット・ファイナンス社に対して行われ、7000万ドルを超える資金調達がフランスでは行われた。アメリカでは、ブロックチェーンの関心は高く、投資額の総額が2018年の上半期で既に去年の総額を上回る結果となっている。」

仮想通貨関連の企業にとって魅力的な米国

アジアでもブロックチェーンなどのITテクノロジーの投資は活発ではあるが、現状としてこの産業はアメリカが牽引しているというのが実情だ。

中国にASICのマイニング施設をもっているBitmain(ビットメイン)は、ワシントン州とテキサス州に事業を拡大する計画を立てている。アメリカの証券取引委員会(SEC)等による仮想通貨全体に関する議論が進む中、アメリカは未だに大企業、スタートアップの両方において魅力的な環境が整っているとしている。

さらに、ICOに関する規制が世界的に広まっているが、今回のレポートによると、ICOが世界中の投資家の関心を引いていくだろうとしている。EOSコインを開発しているBlock.oneはICOを通じて40億ドルの資金を調達している。EOSのクラウドセールはおよそ40億ドルを調達したが、多くのスタートアップ会社はICOの終わる月に資金額をさらに上げる傾向がある。

EOSのメインネットの立ち上げが始まってから、このプロジェクトは中央集権と憲法に関する問題を抱えている。“パルス・オブ・フィンテック2018” で伝えられたBlock.oneの資金の多くはメインネットが始まる前に調達されたが、その後も継続して資金調達を行っているという。

ブロックチェーン関連企業の今後の動向

ブロックチェーン投資だけでなく、フィンテックに関する投資はすでに2017年の規模を上回っており、2015年から見てピークに達している。その投資額は既に579億ドル(約6兆4660億円)であり、この金額を2018年の半年で調達しているということになる。このことは投資家がブロックチェーンに大きな可能性を感じていると示すところであり、よい兆候であるといえる。

このレポートは新しい技術における規制、金融の相互運用性、サプライチェーンマネジメントにおいてブロックチェーンの投資がこれからもこの分野の発展を生み出すだろうとしている。

(執筆者:RAVA)

関連
ブロックチェーンがビジネス産業の新しい「標準」となる1つの理由
「ブロックチェーンは一攫千金の道具ではない」と語ったアリババ創設者ジャック・マー氏の真意とは

参考:CCN

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット