【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

週末開け、米市場のオープン後NYダウは約7.3%の下落を記録。CMEの提供するビットコイン先物も9日月曜にオープンし、12.61%もの下落を記録。2月末から続くコロナショックの第二波となった。

S&P500サーキットブレイカー発動

S&P500は時価総額加重平均型の米株インデックスであり、500銘柄から算出されている。日本時間22:30のUSマーケットオープン後、NYSEではサーキットブレイカーが22:36発動し、15分間の取引停止となった。このサーキットブレイカーは国内の仮想通貨取引所ではbitFlyerに導入されている。

CMEビットコインクラッシュ

USマーケットのオープン懸念から、ドル円は102円を推移していたものの、下落懸念の先行下げによりビットコインの日本円建ては約1万円の下落と記録し、80万円を割る形となった。またこのUSマーケットオープンはCMEビットコイン先物も同様であり、最大で1,155ドルの大きな価格下落を記録。

またCMEビットコイン先物の週明けは常に要注意が必要だ。

デジタルゴールドは勝利ならず

ビットコインは平均10分のブロック生成時間と半減期というプロトコルの性質により、デジタルゴールドと比喩される。今回のコロナショック第二波で、円が買われ、米株、日経が大きく下落する中、ゴールドとは直近最高値を更新。

それに対してデジタルゴールドのビットコインは円高の影響も大きく、80万円代を切ってしまう。今回はゴールドのようなヘッジが行われず、ゴールドの一人勝ち相場となっている。背景には顧客資産を持ち逃げしたプラストークンによる売りが影響しているのではないかと噂されている。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコイン投資家に警告、アンチビットコインで有名なイングランド銀行新任総裁  
ビットコイン(BTC)価格上昇はいつまで?半減期後に危惧される冬の時代再来説
JPモルガンが「仮想通貨市場は成熟した」との前向きの市場調査公表

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンでは相場影響や市場分析、テクニカルの考え方などをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界