米国:ローン利用の大学生は約20%が仮想通貨投資、業界従業員は給与支払いにビットコインを希望

3289

米国:ローン利用の大学生は約20%が仮想通貨投資、業界従業員は給与支払いにビットコインを希望

最近のニュースメディアの報道によると、米国の学生や労働者はより頻繁に仮想通貨を利用する傾向にある。大学生はローンしたお金で仮想通貨への投資を行っている一方で、仮想通貨業界の従業員は仮想通貨によって給与を受け取っている。

学生ローンに関する情報メディアStudent Loan Reportが3月16日から20日にかけて実施した調査(詳細)によると、(学生ローンを利用している)大学生の21.2%がローンしたお金で仮想通貨の投資を行っている。より早くローンを返済するためにビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETC)の価格上昇を利用しようとしたものだ。

2017年にビットコイン価格が1,000ドルから20,000ドルに上昇したことを考慮に入れると、このような動きは良い考えのように思える。しかし、非常に変動の大きな市場にローンのお金を投資するということは、特に学生ローンの利子率を考えると、より高額な借金をもたらす可能性もある。

一方で、仮想通貨価格の変動は、仮想通貨による給与の支払いを好む業界内部の人々を怖がらせてはいないようだ。CNBCの報道(3月26日)によると、仮想通貨ウォレットの提供などを営むBitPayの従業員52%は、給与を法定通貨で受け取ることなく、ビットコインによって受け取ることを好んでいる。

BitPayで規制関連業務の相談員を務めるJeremie Beaudry氏は、ビットコインによる給与を週払いで受けており、「価格の変動は気にしておらず、私は従来の銀行業界からやって来たが、ファイナンスに対する私の取り組み方は変わったと思う。仮想通貨と関わらないでいるよりは、関わった方がよっぽど良い」と語った。

ちなみに大手仮想通貨取引所およびウォレットサービスを営むCoinbaseの従業員の40%は給与の一部をビットコインで受け取っている。

昨年、フィンテック企業Medici Ventures(メディチ・ベンチャーズ)は同社の従業員に対して年次賞与をビットコインで提案した。メディチ・ベンチャーズ社長のJonathan Johnson氏は、それらの資金は長期的な投資に過ぎないと考えていると述べた。

Johnson氏によると、仮想通貨による給与の支払いは、従来の銀行システムを利用するよりも「極めて安価」とのことだ。Coinbaseの人事部長のNathalie McGrath氏は、仮想通貨による給与支払い制度を提供する給与業務サービスはたくさんあるが、それらは依然として「企業の財務担当者にとっての費用節約というよりは、従業員が希望する選択肢の提供という意味合いが強い」と述べている。

参考:COINTELEGRAPH