ビットコイン(BTC)などの仮想通貨が15億人利用のメッセージアプリで送金可能に

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨が15億人利用のメッセージアプリで送金可能に

ブロックチェーンツールとプラットフォームのエコシステムであるズールー・リパブリック(Zulu Republic)が5月19日、メッセージアプリのWhatsApp(ワッツアップ)上でビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨の送金ができるようになったことをツイッターで発表した。

ビットコイン(BTC)など全4種類に対応

ズールー・リパブリックの投稿によると、インスタントメッセージやSMSで仮想通貨を送金するプロジェクトの「Lite.IM」を通じてWhatsAppで仮想通貨の送金が可能になったとしている。現在は、英語とスペイン語のみの対応しており、ビットコインの他にライトコイン(LTC)とイーサリアム(ETH)、そしてズールー・リパブリックのトークンであるZTXに送金に対応している。

仮想通貨の普及に重要な役割

Lite.IMはすでに同様のサービスをフェイスブックメッセンジャーやテレグラムでも展開している。SMSベースでの仮想通貨の送金は、特に最新技術に詳しくない人々の間でも仮想通貨の取引が簡単に行えるようになることが期待され、同社も仮想通貨の幅広い普及において重要な要素であるとしている。

Lite.IMが2018年12月にに公開した記事によると、WhatsAppの月間アクティブユーザー数は世界で約15億人いるとされている。また、今回のような携帯電話でも簡単に送金できるシステムは、東南アジアやアフリカなど銀行口座を持っていない人々にとって新たな決済手段となる。

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
ビットコイン(BTC)をツイッターで送金、ライトニングネットワークを使用したプロジェクト
リップル(XRP)をGmailで送金!MoneyMessageの使い方を解説!
220億円相当のビットコイン(BTC)が手数料10円で送金

参考
Zulu Republic Medium