【墨汁速報】VanEckの新たな現物裏付けビットコインETN ドイツ取引所に上場

編集部おすすめ

【墨汁速報】VanEckの新たな現物裏付けビットコインETN ドイツ取引所に上場

ビットコインETFで話題となった金鉱株で有名なヴァンエック(VanEck)は、ドイツ取引所(Deutsche Boerse)でビットコインETN(指数連動証券)をローンチ。XetraでVanEck Vecotors ビットコインETN($VBTC)として取引が可能となる。

新たなビットコインETN

投資家はVanExkのビットコインETNを売買することで、ビットコイン現物を直接管理というリスクを負う必要はなく、VBTCはビットコイン価格のパフォーマンスに連動し、GlayscaleのGBTCのようにビットコイン現物により裏付けされる。このビットコイン現物は仮想通貨カストディアンのBank Frickにより安全に保管され信託報酬などの手数料は2%となっている。

VanEckのヨーロッパ統括責任者マーティン・ロゼミュラー(Martijn Rozemuller)氏によると、「ビットコインはポートフォリオを資産クラスとして多様化できる。VanEckのビットコインETNは投資家がビットコイン価格の変動による利益を得ることができる。」と述べている。

ビットコインETFとVanEck

VanEckは金鉱株ETFなどで知られており、2018年にはVanEck SolidXビットコインETFをCboeに上場申請を行い仮想通貨界隈で最有力候補として話題となった。2019年1月までトランプ政権での米政府閉鎖に影響され、一時的にビットコインETF申請を証券取引委員会(SEC)から取り下げ、再度申請するも自主取下げを行い、世界初のビットコインETFとはなれず苦戦を強いられていた。

2019年9月には機関投資家向けのビットコインETFと同様の仕組みを持つVanEck SolidXビットコインBTF(Broker Traded Fund)を販売するも、Glasyscaleには到底及ばない需要となっていたのも記憶に新しい。

関連記事:【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5日に販売

ビットコイン現物裏付け証券の増加

ビットコイン現物が裏付けとなる証券の代表例として、Glayscaleのビットコインファンドである$GBTCなど、2019年以降ヨーロッパやカナダなどに複数上場されている。これらのファンドのビットコイン関連プロダクトの多くは、現物をカストディアンが保管しビットコイン価格のパフォーマンスを証券がトラックすることを目指すプロダクトだ。

GBTCは特に投資家に需要があり、ビットコインの秘密鍵紛失や管理リスクを負わなくて良いという点は現物取引と異なり、選ばれる大きな理由となっている。ビットコインは発行数が2,100万BTCと限られており、今後このようなビットコイン証券需要が増すことで、市場から枯渇していき価格に大きな影響を与えていくだろう。

参考:  VanEck lists Bitcoin ETN on Deutschland Borse

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】影響は? Grayscaleビットコイントラスト SEC報告会社への登録が完了
【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストのForm10をSECに提出
「証券はすべてトークン化できる」SEC委員長が前向きな発言

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

noteでもとっておきの仮想通貨情報を配信しています(一部有料含む)


前のニュース高級時計メーカーのウブロが品質保証にブロックチェーンを導入
次のニュース米新財務長官に指名される仮想通貨に厳しかった元FRB議長イエレン氏とは?
墨汁うまい(トレーダー)
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者