【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5日に販売

編集部おすすめ

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の報道によると、ビットコインETFの最有力候補として証券取引委員会(SEC)に現在審議されているヴァンエック・ソリッドエックス(VanEck SolidX)のビットコインETFと同様のBTF(Broker Traded Fund)として、機関投資家に対して一部制限して9月5日木曜日に販売を開始するという。同社のビットコインETFの審議は最終審議が未だに行われている。

関連記事:米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?

正式なビットコインETF承認ではない

VanEck SolidXのビットコインETFは、2019年10月18日までを最終審議期間としており、現時点では米国証券取引委員会(SEC)による公式発表などは出ていない点に注意したい。WSJによると、1933年証券法規則144Aにより”資格のある機関投資家”に対し、ビットコインBTFを販売できるというものである。

SECによると、「規則144Aでは、証券の保管期間、売却方法及び一度に売却できる金額などの複数の条件を満たしている場合、SECの審議を免除できる」というものである。

 

9月5日ビットコインBTFの機関投資家への販売開始

規則144Aは、SECによってビットコインETFの承認がされていないため、私募証券としての一部の適格機関投資家に対して、VanEck SolidXビットコインBTFが販売されるということになる。

WSJによると、「9月5日木曜日より、VanEck SolidXにより私募証券として販売される」と報道している。この報道により、ビットコイン価格は1万円上昇し、110万円を推移している。

正確にはETFではなくBTF(追記)

9月4日5:30 追記

WSJは当初ビットコインETFと報道していたが、VanEckのETF商品の主任であるエドワード・ロペス(Edward Lopez)氏によると、「正確にはETFと同様の発行市場を持つが、ETFのように証券取引所に上場されず、ATS(代替取引システム)にリンクするOTCで取引される。業界初となる”Broker Traded Fund”、略すならばBTFとなる」とCoindeskの取材に回答しており、Coindeskも報道を変更している。

出典:Van Eck, SolidX to Offer Limited Version of Bitcoin Exchange-Traded Fund

ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参照
Rule 144: Selling Restricted and Control Securities
Van Eck, SolidX to Offer Limited Version of Bitcoin Exchange-Traded Fund
VanEck, SolidX to Offer Bitcoin ETF-Like Product to Institutions

【こんな記事も読まれています】
米証券取引所(SEC)が再度ビットコインETFの上場認可を延期した理由とは?
米SECがビットコインETF3つの延長審議発表!VanEck SolidXの期日は?
ビットコイン(BTC)価格高騰の反動でETF上場が認可されないとの憶測も