ベネズエラ、仮想通貨「Petro(ペトロ)」を使ってロシアから自動車部品を購入

4116

ベネズエラ政府、仮想通貨「Petro(ペトロ)」を使ってロシアから自動車部品を購入

ベネズエラ政府はロシアからの自動車部品の購入に自国発行の仮想通貨ペトロを利用する予定だ。両国の大臣はベネズエラの首都カラカスで両国の取引におけるペトロの取り扱いに関して協議を重ねた。議題の中には、ロシアの仮想通貨への投資の可能性も含まれている。

カラカス市にロシアの自動車企業KAMAZ社を建設、部品購入に仮想通貨を利用

両国大臣は二国間の経済協力関係を発展させることに合意した。両国政府の委員会は先週末、ベネズエラの首都カラカス市で会合し、両者それぞれの「戦略的協力関係」を照らし合わせた。

この会合で話し合われたのは両国のエネルギー開発、建設、軍事などの協同関係についてである。また、ベネズエラが発行する仮想通貨の近年における国際間取引状況についても同時に話し合われた。そして、ロシアの仮想通貨への投資の可能性についても言及された。

南米の国家、ベネズエラはKAMAZ社のトラックを同国に取り入れる計画を明らかにした。ロシアの地元メディアによると、カラカス市は自動車部品を仮想通貨ペトロによって購入する予定だ。

ベネズエラ貿易大使ホセ・ビエルマ・モラ氏が言うには、この国家発行の仮想通貨はトラックの部品、タイヤ、バッテリー、スペアパーツの購入に使用されるそうだ。ベネズエラ通信社(Agencia Venezolana de Noticias)での彼の発言によると、仮想通貨ペトロでの取引も、ベネズエラとロシアの協同事業に含まれているそうだ。

ベネズエラとロシアは二国間の貿易総額を今年中に30%増やすことを目標としている。両国はまた別の戦略的計画も視野に入れているそうだ。その計画の中にはエネルギー会社Rosneft社とPetroleos de Venezuela社の提携も含まれる。強まっていく西側諸国の経済制裁の中で、ベネズエラとロシア両国の経済関係はさらに拡大していくことだろう。

先月、米大統領ドナルド・トランプ氏はアメリカ国民にペトロの使用を禁ずる大統領令を発行した。同国メディアの報道によると、ロシアがペトロの開発に関与している疑いがあるそうだ。しかし、モスクワの当局者はこの主張を真っ向から否定している。

関連:暗号通貨業界の最新重要トピック解説|Twitter創業者ライトニングラボに出資、ベネズエラ政府vs米大統領令など

ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロ氏は今年の2月に仮想通貨ペトロの発行を発表した。カラカス市当局は、ペトロの先行販売によって7億3500万ドルを調達したと述べている。この30日の間に世界133か国から20万件以上の注文があったそうだ。

今年の3月23日から、ペトロはロシアルーブル、中国元、トルコリラ、ユーロ、さらにはビットコインに代表される仮想通貨での購入が可能となった。マドゥロ氏はペトロでの支払いの手段として新たに独自の経済圏を4つ創設することを発表した。ベネズエラ国民は石油にその価値が裏打ちされたペトロを使って、家やその他の財産の売買もできるようになるとのこと。ペトロによる不動産取引は4月20日より解禁される予定だ。

ユーラシア経済連合(EAEU)諸国では、国家独自の仮想通貨を新規発行か?

西側諸国の経済制裁を逃れる為に仮想通貨を利用することに関しては、ロシアでも多く議論されている。昨年の夏、ロシア中央銀行(CBR)は「国家独自のデジタル通貨」の発行が持つ可能性について検討する意向を示した。しかし、いわゆる「仮想通貨」の発行は現在のところ延期されている。

2017年12月、CBR副代表Olga Skorobogatova氏は「ロシアはEAEU及びBRICS諸国と、加盟国諸国間の取引のために共通のデジタル通貨を作成することに関して協議を行う」と述べた。

4月3日、Skorobogatova氏は、この協議について現在議論されているのが分散型台帳技術の可能性についてだと述べた。分散型台帳技術を導入すると、ユーラシア経済連合(Eurasian Economic Union)内での取引が適切に処理され、さらに財務情報を素早く送信できるとされている。

ここで言うユーラシア経済連合諸国とは、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギス、ロシア等を指す。中でもベラルーシは仮想通貨関連事業を初めて合法的に行った国として知られている。そしてロシアも夏までにベラルーシ同様の政策を行っていく予定だ。

先週、ロシアのプーチン大統領の地域政策顧問であるSergey Glazyev氏は、「EAEU諸国は今年末までに独自の仮想通貨を新規発行するだろう」と述べた。モスクワで開かれたBlockchainRF-2018会議では、Glazyevは「EAEU諸国の中で最も早く独自の仮想通貨を発行した国は『巨万の富』が得られるだろう」と語った。今回の件があるまで、国家独自の仮想通貨を発行した国はベネズエラのみである。

参考:Bitcoin.com
関連:ベネズエラ政府が独自の仮想通貨「Petro」を法令で発行