ベネズエラ仮想通貨Petro(ペトロ)、投資家から30億ドルを調達。購入はドル、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)が大多数を占める

8699

ベネズエラ仮想通貨「Petro(ペトロ)」127ヵ国の投資家から30億ドルを調達と発表

ベネズエラ政府は、石油によって担保する同国の仮想通貨「Petro」のプレセールに関していくつかの新しい発表を行った。

(プレセール開始から)1週間後、ニコラス・マドゥロ(Nicolas Maduro)大統領は「Petro」が127ヵ国の投資家による171,015件の購入が認証され、30億ドルを調達したと語った。マドゥロ大統領によると、注文の大多数はドルによるもので、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)がそれに続く。

ベネズエラ大統領、127ヵ国から「Petro」171,015件の購入があったと語る

中南米を対象とするテレビ局teleSUR(テレスール)は、ベネズエラの大統領が今週、同国の仮想通貨Petroについて「合計171,015件の購入を認証した」と発表したと報じた。

副大統領のウェブサイトに投稿された情報によると、マドゥロ大統領はさらに「購入の40.8%はドルによるもので、6.5%がユーロ、18.4%がイーサリアム(ETH)、33.8%がビットコイン(BTC)、そして0.2%が元だった」と付け加え、下記のように述べた。

およそ87,284ユーザーがPetroを購入するオファーを出し、そのうち3,523は企業ユーザーで83,761は個人ユーザーだった。現時点で127カ国が参加している

ベネズエラの国営新聞「Correo del Orinoco」は、現時点でPetroの販売に参加したとベネズエラ政府が発表した国を列挙している。その中には「アフガニスタン、アルバニア、ドイツ、アンドラ、アンゴラ、アンティグア・バーブーダ、サウジアラビア、アルジェリア、アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、バハマ、バングラデシュ、バルバドス、ベルギー、ベリーズ、ベラルーシ、ボリビア、ブラジル、ブルガリア、カンボジア、カメルーン、カナダ、カタール、チリ、中国、キプロス、コロンビア、韓国、コスタリカ、クロアチア、キューバ、デンマーク、エクアドル、エジプト、エルサルバドル、アラブ首長国連邦、スロバキア、スロベニア、スペイン、アメリカ、エストニア、フィリピン、フィンランド、フランスなど」が含まれる。

今週の初め、ポーランドは同国がPetroに関心を示しているという報告を否定した。ロシア外務省のラテンアメリカ局でディレクターを務めるAlexander Shchetinin氏は、今週、ロシアの国有通信社Ria Novosti(リア ノーボスチ)のリポーターに対して「ロシアがPetroを利用する可能性について議論する前にPetroについて慎重に調査すべきだ」と語った。一方、金融持ち株会社「Osnova」で社長を務めるAlexander Ruchyev氏によると、ロシアのスタートアップ企業「Zeus」がベネズエラのPetro立ち上げを支援したとのことだ。

ベネズエラはPetroによって$30億を調達したと発表

ベネズエラ政府は2月20日、石油によって担保する同国の仮想通貨Petroのプレセール開始を告知した。マドゥロ大統領は、初日に7億3,500万ドルが集まったと主張している。

続いて、ベネズエラの教育および科学技術大臣Hugbel Roa氏は、このプレセールが30日間続けられることを明らかにした。Roa氏は、「プレセール後、デジタル資産Petroの販売が15日間行われる」と説明した。「これら2つのプロセスが45日間続いた後、私たちはPetroの取引サブシステム全体の整備に注力する」

国営ラジオ局Radio Mundialによると、マドゥロ大統領は「ベネズエラの仮想通貨Petroに関連した販売と取引は30億ドル以上だと報告を受けている」と語った。これは国民とのコミュニケーションと情報伝達を管轄する省庁「Ministry of Popular Power for Communication and Information (Minci)」のウェブサイトで確認された内容だ。ウェブサイトには下記のように書かれている。

Petroの立ち上げから最初の7日間で、ベネズエラは30億ドルを受け取った。このお金は同国の財務的な必要を満たすために利用される

参考:Bitcoin.com