ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携

編集部おすすめ交換所

ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携出典:NEMブログより

ヨーロッパのルクセンブルクに拠点を置く、ベンチャーキャピタル(VC)市場の取引プラットフォームを進めるVNXエクスチェンジがネム(NEM)と提携した。VNXエクスチェンジは、NEMブロックチェーンのセキュリティトークンを、ライフサイクル全体を通して運用するためのプロトコルを開発する。これは、暗号通貨と現在の金融市場のギャップを埋めるような動きとなっていくかもしれない。

ネム(NEM)とVNXエクスチェンジが提携する目的

ネム(NEM)のブロックチェーンプラットフォームは、規模とスケールを考慮して設計されている。NEMの革新的なコンセンサスメカニズムにより、処理能力と安定性を損なうことなく、NEMのブロックチェーンが成長されていく。

NEMとVNXエクスチェンジは、NEMエコシステムに関わるスタートアップに投資するVCファンドにインセンティブを与える流動性プログラムの開発に取り組む。VCファンドは、最適な流動性を達成し、VNXプラットフォーム上のデジタルアセットに参加できるという。NEM(XEM)はVNXプラットフォームの通貨の1つとして提供される。

VNXエクスチェンジの最高経営責任者(CEO)であるアレクサンダー・タカシェンコ(Alexander Tkachenko)氏は、「NEMとのパートナーシップと世界中のデジタルアセットのエコシステムにもたらす機会はとても奨励されている。トークン化された資産は資本市場の未来であり、そのブロックチェーンは金融市場、特に個人の金融資産の運用方法を改善する絶好のチャンスを提供する」と述べている。

一方のNEM財団は、「VNXのようなプロジェクトが主流の金融業界と、暗号通貨経済の間の橋渡しをしているのを見れることは嬉しい。このパートナーシップにより、当社の固有技術についてより多く学ぶ事ができ、NEMがデジタルアセットの提供に関して最先端になる。VNXのプラットフォームを活用し、NEMのエコシステムを拡大することを楽しみにしている」と述べている。

VNXエクスチェンジとは?

ルクセンブルクに拠点を置くVNXエクスチェンジは、投資家とベンチャーキャピタル(VC)を結びつける規制準拠の市場を作るため、2017年に設立。ルクセンブルクの主要な金融インフラプロジェクトの1つであるVNXエクスチェンジは、LHoFT(ルクセンブルグの金融サービス業界のための技術革新を推進するコミュニティ全体)、インフラチェーン、APSI(情報社会専門家協会)のメンバーであり、主要の欧州VC市場を新規投資家に開放する業界をリードするプラットフォーム開発を目的としている。

これまでのベンチャーキャピタル(VC)

VC投資は、質の高い投資を見つけて評価、管理するために、重要な市場専門知識やネットワーク、長年の経験が必要。取引構造は複雑であり、法的文書が200ページを超えることもある。

VCファンドが投資家に資本を返すには、平均10~12年かかる。個々の投資は5~7年、退出することはめったにない。個別に投資するには、一回の投資につき10万ドル(約1,120万円)以上を払うことに期待し、多様化リスクが高いほうが望ましい。VCファンドへの投資には、少なくとも100万ドルの資本が必要で、ほとんどのアウトサイダーは入ることが不可能。

ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携出典:VNXエクスチェンジ

ベンチャーキャピタル(VC)の問題解決のカギ

VCの問題を解決するためのカギは、流動性をもたらし、既存の投資家と新しい投資家の市場を開拓することである。

ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携出典:VNXエクスチェンジ

なぜルクセンブルクなのか?

ルクセンブルクは、70ヵ国以上のファンドマネージャーから信頼されているヨーロッパ最大の金融ハブであり、世界で2番目に大きいファンドセンターである。投資家に優しい規則環境と税制を提供しており、イノベーションを支援することに注力している。

考察まとめ

セキュリティトークンが注目されてきている中で、NEMは扱いやすいブロックチェーンなのではないかと思う。NEMの処理能力の速さとブロックチェーンに基づくデジタルアセットの作りやすさは、今後評価されていくかもしれない。

関連
ネム(NEM/XEM)の価格・相場・チャート
セキュリティトークンとは何か?~証券トークンについて知っておくべきこと

参考
NEM公式
VNXエクスチェンジ公式

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット