ビットコイン(BTC)は人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

4566

ビットコインは人工知能(AI)によって創られた?という噂を解説

ビットコイン(BTC)の発明者は、サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)という匿名の人物だとされてきたが、他にも悪意のある知性的なコンピューターの創造物、つまり人工知能(AI)ではないかという説が流れている。

YouTubeのUFO Todayチャンネルに投稿された奇想天外なビデオが伝えたもので、ビットコインは金の魅力を利用して、ネットワークと処理能力を拡大させるよう、どちらかと言えば悪意を持って人々を誘い込んでいると主張する。英国のExpress紙(電子版)が伝えている。

陰謀説を信じる人は「サトシは存在しない」と主張

UFO Todayは「ビットコインのコードがかくも完璧な理由は、コードが誰か1人の極めて有能なデベロッパーとか才能あるチームによって決して創り得なかったという事実であるって本当?」と呼びかける。そして「いやそうではない。コードは高度に進歩した人工知能(AI)の産物ではないのか?ビットコインは偶然の産物なのか、考えて見ようではないか」と問いかける。

ビットコインの誕生の詳細は依然としてナゾであるが、それはウォールストリートと2008年の金融危機に直接反応して、2009年に出現したことは確かだ。ビットコインは当時、サトシ・ナカモトという偽名の個人もしくは集団の有能なプログラマーによってオンラインで運用されたと推測された。

いくつかのフィンテック起業家は、それから何年もナゾの創造者の存在に触れてきたが、それがサトシである具体的証拠を示した者はいない。しかし、陰謀説を信じる何人かの人が、サトシが未だに分からないというのは「サトシは存在しない」からだと主張したのだ。

YouTubeのUFO Todayチャンネルが「ビットコインは人工知能(AI)」の産物説展開

UFO Todayはその理由を「世界のすべての科学者は、究極のハードウエアと複雑なコードベースを使って、人工知能を作り出そうと努力している。われわれが知る限り、これまでに成功したチームはない。しかし、そのような人工知能(AI)はすでに存在するのではないのか?」と問いかける。

陰謀はそこでとどまらない。YouTube上で新たな「FaceLikeTheSun」チャンネルが出現して、陰謀説を信じる何人かの人が、ビットコインAIの台頭はバイブルに予言されていたと主張したのだ。彼らによると、ビットコインはハード・インフラストラクチャーを通じて、世界を乗っ取ろうとする「最後の獣的システムの産物」だというのだ。

「FaceLikeTheSun」はオンライン上で、「最終的に、これらAIがわれわれには決して解読できない言語を使って互いに交流し始める。このような可能性は、Black Gooのトピックを想起させる。これらのことはイエス・キリストがマタイ伝24で警告したように、「the abomination of desolation(荒らす憎むべきもの)と深く共鳴するものがある」との説を展開している。

ビットコイン(BTC)はデジタル生物かエイリアンの贈り物

ほかのオンラインフォーラムのユーザーは、ビットコインは世界で初の「digital organism(デジタル生物)」もしくは技術的に進歩したエイリアンからの贈り物と形容する。

Redditポスターのgwerks69は、「サトシがビットコインを発明した知性的なAIだったとするならば、(アイザック・アシモフの)ロボット工学の三原則(Asimov’s 3 laws)」を侵害せずに、さらに多くのハードウエアを取得することができることにならないか?盗みを侵さずに、何十億ものドルを購入できる能力を持つのは、AIのほかにあり得るか想像して見たまえ!」と言う。

前Bitcoin Coreの開発者で暗号研究者のジェフ・ガルジク(Jeff Garzik)氏は「われわれはテクノロジーの進化によって、たった1人で資産の5分の1を管理できるような状況は、ビットコインや仮想通貨で目撃する。企業や不動産の資産保有者が、ロボットだったらどうなるだろうか?ビットコインが、ピュアコードやピュアロボティックスクリプトの助けを得ているとすれば、仮想通貨のスタートアップ企業は今すぐ、(例えば自律ロボットのような)自律エージェント(autonomous agents)を構築する」と語った。

(フリージャーナリスト、大手マスコミOB記者:長瀬雄壱)

関連
サトシ・ナカモト(Satoshi Nakamoto)は「風変りで奇妙」とビットコイン開発協力者が語る
ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

参考:express