ビットコイン(BTC)の異常な価格変動「バートパターン(Bart Pattern)」とは?

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)の異常な価格変動「バートパターン(BART Pattern)」とは?

このところビットコイン(BTC)の価格の急上昇に次ぐ急下落のパターンを表現して、「バートパターン(Bart Pattern)」という言葉が目につきます。その価格変動を線で結ぶと、米国の大人気テレビドラマでアニメ動画「ザ・シンプソン(The Simpson)」の主人公(バート・シンプソン)にそっくりの顔が、ビットコイン価格変動のチャートから映し出されることに由来しています。

バートパターンは2018年3月以来Twitter上にひんぱんに出現

ビットコイン(BTC)と人気キャラクターのバート(Bart)との関係を表すアニメキャラクターであるバートパターンは、ビットコインが230ドル(約2万5,000円)を付けた2015年9月1日にTwitter上のアカウント「Whaleclub」によって指摘されました。

ビットコインの大きな価格変動で必ずといって現れるバートパターンは以後、多くの人が引用してきましたが、より定期的に使われるようになったのは18年3月27日、Twitter上で「The Crypto Dog」名のトレーダーが描いたバートパターンです。

バートパターンは、ビットコイン価格が突然上昇して、1~4時間から長くて24時間も横ばいが続き、突如急落する形を価格変動を表すと、バート・シンプソンの顔型が現れることに由来します。

ビットコインが史上最高値を付けた17年12月を過ぎて、突然値崩れしたことについて、その原因は人為的操作ではないかとのうわさが飛び交いました。その元凶は、テザー(Tether)とビットフィネックス(Bitfinex)ではないかともささやかれましたが、バートパターンとそのバリエーションの出現が増えて、火に油を注ぐことになりました。

価格乱高下の原因はワイコフ価格サイクルと操作・なりすまし

このような事態を招いた主たる理由は明らかにされていませんが、ワイコフ価格サイクル(Wyckoff price cycle)と操作・なりすまし(manipulation/spoofing)の2つと言われています。

ワイコフ理論:ワイコフ価格サイクルとは、価格変動が4つの局面すなわち蓄積、マークアップ(値上がり)、配分そしてマークダウン(値下がり)という特徴あるパターンとなって現れます。

操作・なりすまし理論:匿名の批評家によれば、テザーとビットフィネックスが深く関係しているとされています。

突然出現するバートパターン 元凶はクジラかそれとも?

バートパターンは仮想通貨にだけ見られる自然現象といわれます。その現象は仮想通貨独特の大きなボラティリティ(価格変動)によって引き起こされます。ビットコインのチャートに現れるバートパターンは、流動性(liquidity)のないこととつながりかねない不吉あるいは評判の悪い兆しと解釈されています。主としてクジラの仕業とされており、平穏な取引が続く中、突如大きな買いもしくは売り出動すると現れるパターンです。

クジラは時として投機筋だと言われ、ウォールストリートだと指摘されることもあります。もう1つ考えられるのは、取引所自体の市場操作です。なりすましあるいは幻の入札と呼ばれる、買い注文後数秒もしくは数分で取り消す人為的な操作です。いずれにしても一般ユーザーの多くは、バートパターンが出現した時はは要注意!予想外の利益を上げる機会ではありますが、大損する可能性も十分あります。

参考
Memes and manipulation: Bitcoin’s BART pattern and its origins

【こんな記事も読まれています】
Bakktの現物渡しビットコイン(BTC)先物は「バタフライ効果」を呼び込むか?
ビットコイン(BTC)の半減期には何が起こる?価格への影響と理由を解説!
総取りする勝者なくXRPは生き残る、リップルCEOが強気の発言


前のニュース中国のデジタル通貨DCEPは1年以内に公開?大手ベンチャーキャピタル重役の見解
次のニュース【墨汁速報】Bakkt シンガポールでCME同様のUSD決済ビットコイン先物ローンチを正式発表
長瀬雄壱
フリージャーナリスト、大手マスコミのOB記者。在職中は社会部、科学部、外信部で記者活動を行なう。特に外信部では、10年余り海外特派員(3カ国)を務め、国際関係、政治、経済、社会、戦争取材など、あらゆる分野で記者活動を続けた。翻訳業務経歴は約50年あり、今でも海外ニュースを深くモニターしている。