世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」とは?

編集部おすすめ

世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」とは?

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)は2020年4月に新しい独自ブロックチェーン、Binance Smart Chainを発表しました。既にバイナンスは、既に分散型取引所機能を持つ独自ブロックチェーンであるBinance Chainを運用していますが、これと並列で稼働するBinance Smart Chainを2020年4月に新たに作る形です。

Binance Smart Chainの開発目的

Binance Smart Chainの目的とされるところは、既に運用をしているBinance Chainにはないスマートコントラクト機能を補完することに集約されます。2019年に公開されたバイナンスの独自ブロックチェーンであるBinance Chainは現状、Binance DEXをアプリとして持っており、高いトランザクション性能を持っていることが特徴です。

BNBがネイティブトークンとして独自ブロックチェーンに存在しており、BEP2という規格のトークンを取り扱い、そのトークンを交換する機能を持つシンプルなものです。さまざまなプロジェクトがBinance DEXに上場をするため、Binance Chain上のBEP2規格でトークン発行しています。

これらの背景から、Binance Chain上でのトークン発行者達から、プログラマブルな拡張性、バーチャルマシン、スマートコントラクトの実装をして欲しいとの要求が最も多いとされています。スマートコントラクトがあれば、Binance Chain上でDeFi(分散型金融)のようなアプリケーションが構築できたり、アセットのレンディングなども可能であるものの現状それらはスマートコントラクトをサポートしていないため不可能です。

バイナンスによると、Binance Chainにスマートコントラクトの機能を持たせる需要が大きいことは認知しているものの、実装することによってパフォーマンス低下につながる懸念があると言います。そういた観点からの解決策が、Binance Chainと同期して、常にBinance Chainと同じ情報を持つブロックチェーンをもう一つ並列で稼働させ、そのもう一方でスマートコントラクトを拡張するという手法です。この新しい並列するブロックチェーンがBinance Smart Chainです。

Binance Smart Chainイメージ
出典:Binance Smart Chain: A Parallel Binance Chain to Enable Smart Contracts

最大の特徴はEthereumとの互換性

Binance Smart Chainの最大の特徴は、イーサリアム(Ethereum)との互換性を持つことです。 Binance Smart Chainはイーサリアムのgoクライアントをベースとしており、EVM上で実行される分散型アプリケーション(Dapps)やツールをそのまま Binance Smart Chain上に載せることができます。また、今後のイーサリアムの仕様変更に合わせてアップデートも行うことができます。つまり、Binance Chainの資産に対応して、全てイーサリアムの開発環境と同様のスマートコントラクトでアプリケーションが開発できます。

以上の設計原則を踏まえた上で、 Binance Smart Chainは次の目標達成をしてメインネットで公開される予定です。またその他の特徴として、イーサリアムよりも短いブロックタイムにすることや(例えば5秒以下)、1分以内にファイナリティに制限時間を与えることや、BNBでステーキングをしてコンセンサスに参加できることなどが特徴として挙げられています。

まとめ 今後のスケジュールなど

今後のスケジュールについては執筆時点では詳細が明らかではありませんが、既にテストネットが公開されており、早いスピードで開発されていることが見受けられます。筆者としては、さまざまなレイヤー1のスマートコントラクトブロックチェーンが乱立しようが大局ではほとんど重要性が限られると考えています。しかし、このBinance Smart Chainに限っては意味のあるシェアをとる可能性があるだろうと考えています。

それは設計のユニークさも含まれますが、それ以上に誰がやるかの部分で、世界最大の取引所であるバイナンスがスマートコントラクトを実行できるブロックチェーンを開発するという意味は大きいと言えます。今後の展開が注目されるプロジェクトの一つです。

参考
Binance Smart Chain: A Parallel Binance Chain to Enable Smart Contracts

【こんな記事も読まれています】
「ブロックチェーンは戦略上重要と55%が回答」デロイトが調査結果を発表
中国のブロックチェーンの社会実装は諸外国の10年先を行く
中国共産党指導者との対話シリーズ、ブロックチェーン教科書発行


前のニュースビットコインは2024年には3000万円にまで上昇?将来の価格を予想する理論とは?
次のニュースSolana(ソラナ)財団が透明性確保のための月刊レポート配信開始、その内容とは?
平野 淳也
大学在学中に起業した服飾事業を2016年に譲渡。現在は貿易業、ビットコインなど暗号通貨投資、ベンチャー投資などを行っている。ブログオンラインサロンでも情報を発信中。仮想通貨については投資、世界をどのように変えていくのか両面から考える。ツイッター@junbhiranoでも情報発信中。