NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』の活用方法とは?

編集部おすすめ交換所

NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』とは

なぜ証明検証が必要なのか、その理由

少ない作業でも証明検証が必要なときに、手元の文章と証明書に費用がかかる。他のものと同様にデジタル化には欠点がある。その1つに、偽の証明書を作れることがある。

例えば、“偽の大学からの学位” と “実際の大学からの偽の学位”。実際の大学からの偽の学位は、重大な問題となる。あらゆる分野で仕事の競争が激化するにつれ、ハイエンド資格の必要性も高まっていく。

これはラットレースであり、資格を持つ人はそれなりに報酬を手に入れる。必要な資格を満たしていない人は、倫理に反することで自分が望むものを手に入れる。これは、偽の証明書を使い行われている。

この例は、多くの詐欺行為の1つに過ぎない。詐欺を防止し、書類の真正性を確認するためには、公証人が書類を公証する必要がある。公証人は、法的文書などの作成と検証を含む手続きの権限が与えられた弁護士です。公証人は、信頼できる第三者であり、文章の真正性を証明する。

公証とは?

公証は、米国公証人協会(NNA)によると、取引の当事者が文書が真正で信頼できるものであることを保証する公的詐欺抑止プロセス。公証人が実施する3つのプロセスで、査定、認証、記録保持を含む。

自身で書類が公証されていると言えば、書類が本物であること、署名が真正であること、署名者が脅迫を受けなかったことの保証であり、書類の条件は効力がある。

インドにおける公証プロセス

インドでは、公証に以下の書類が必要。

  1. 公証・証明のために正式に記入された申請書。
  2. 書類の原本と写し。
  3. 申請者の会社から商業的証明書類リストを添付した証明目的で署名されたカバーリング文字。
  4. 申請者の民間使用のための証明目的で署名されたカバーリング文字。
  5. 申請者および代理人のパスポート、市民証明のためのオリジナル書類および写し。

これらの書類が提示されると、申請者は書類の事実を口頭で証言し商人として署名しなければいけない。その後、公証人が文章にスタンプを貼る。

問題

しかし、証明書を公証するプロセスでは問題を共有しているわけではない。

1)現在のシステムでは、証明書を発行するための不当な金額が必要。
2)処理時間は、通常2週間。

現在の証明者とドキュメントの検証には、多くの抜け道がある。

1)ほとんどの証明書は紙にかかれているので、複製できる。
2)現在の手動確認プロセスは長く、中小企業の採用者の多くは、面倒なプロセスが原因で申請者の資格情報を確認していない。

これらの問題は、必然的に証明書の信頼性低下につながる。

NEM(ネム)ブロックチェーン技術利用のLaminaプロジェクト

Laminaは、NEMブロックチェーン上に構築されたSernezによるブロックチェーンの公証システムであり、文書を高速かつ効率的に公認し、監査することができる。

公証に関する考え方を、ワンタイム・タイムスタンプから更新可能、ブランド可能、第三者のメモと検証を含む公証の証拠を持つことにより堅牢な公証システムに変更し、譲渡することもできる。現実の世界のペースにタイムラグを発生させない動的な公証である。

Laminaの機能は、NEMのネーミングサービス、マルチシグネチャアカウント、メッセージング、モザイクを使用して、検証可能性、転送可能性、および更新可能性の追加機能を備えたもの。これは、今までの公証人の提供するサービスをカバーすることができる。

NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』とは出典:Sernez Medium

Laminaの機能・サービス

  • 交渉期間のための公証アカウントを提供
  • 文書発行者はLaminaに文書をインポート
  • Laminaは、ファイルの内容に関してユニークなハッシュを生成。
  • ドキュメントハッシュは、タイムスタンプ、署名、関連ドキュメントのハッシュを使用してトランザクションとしてNEMブロックチェーンに格納。

ドキュメントのワンタイム・タイムスタンプを作成するときに、それをユーザーのアカウント情報を組み合わせ、そのファイル固有の秘密鍵を作成する。ファイルの専用秘密鍵は、階層的決定アカウントを作成するために使用。ブロック検証後、秘密鍵は利用可能になる。この鍵を持つ人は誰でもデータを検証することができる。

Laminaのユースケース

  • 2者間の私的合意。
  • 土地レコード。
  • 証明書の公証。

Laminaは、奨学金から学生ローンまで、あらゆる目的で学生の記録を処理検証する際に、大学が優位となるに間違いない。安全に文書を公証することを目指している場合でも、提出された文書の信頼性を検証する場合でも、Laminaは誰にとっても最高の体験を提供できるサービスとなる。

今後期待できること

NEMブロックチェーンによるのアポスティーユ機能は、このような文書や写真、画像などのデジタルデータのオリジナル性を公証するのに便利な機能である。この技術を応用し、私達のライフスタイルがもっと効率的で便利なものになっていくサービスは、必要なのではないか。

証明書に関わる手間の削減と、信頼性を保つこともできるし、デジタルアートの分野では、アーティストを保護しながらトークンを交えた、エンタメ性のあるプロジェクトも作れそうだ。

関連
NEMブロックチェーンを使ったAEMの次世代会計システムとは?
NEMが取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・暗号通貨の拡大へ

参考
・Lamina公式
Sernez Medium

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット