コインチェックに上場をしたクオンタム(Qtum)とは?特徴や可能性、リスクを解説

編集部おすすめ

コインチェックに上場をしたクオンタム(Qtum)とは?特徴や可能性、リスクを解説

日本では規制の観点から、新しいトークン(アルトコイン)の取引所での上場が約2年間行われてきませんでした。しかしながら2020年に入り、さまざまなコインの新規上場が始まっています。今回のコラムでは3月にコインチェックに新規上場をしたクオンタム(Qtum)について解説します。

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法

クオンタム(Qtum)とは?特徴や可能性

Qtumトップ画像

出典:QTUM

クオンタム(Qtum)はプルーフ・オブ・ステーク(PoS)のコンセンサスメカニズムで稼働するスマートコントラクトを実行できるブロックチェーンです。スマートコントラクトを実行できる汎用性があるブロックチェーンはイーサリアム(Etehreum)が最も主流ですが、クオンタムはそのいくつかの欠点を改善するネットワークとして2017年にメインネットがローンチしました。

イーサリアムとほとんど同様のスマートコントラクトが実行できるようにEVMを実装しています。スマートコントラクトを実行できるブロックチェーンということは同じながら、イイーサリアムとの違いは大きく分けて以下の2点です。

ローンチ時点からPoSで稼働

クオンタムは2017年のローンチ時点から今までPoSで稼働しています。イーサリアムはプルーフ・オブ・ワーク(PoW)でローンチをしてEtehreum 2.0の大規模なアップデートで段階的にPoSへ移行しようとしています。

これはイーサリアムにとって分散性とセキュリティを犠牲にせずPoSを実装するために長い研究開発期間をもたらしましたが、移行プロセスを複雑にしています。クオンタムは最初からPoSのため、この移行プロセスは必要ありません。

アカウントベースでなくUTXO

クオンタムのブロックチェーンは、ビットコインと同様のUTXOベースです。イーサリアムのアカウントベースと比べてスマートコントラクトの実行できるブロックチェーンの形式にあまり使われることはないですが、残高のプライバシーやセキュリティの点では向いている側面があります。特にクオンタムが計画された2017年以前はイーサリアムのアカウントモデルはUTXOと比べて運用実績があまりなく、その過程でクオンタムはより信頼されたUTXOモデルを採用したと推察されます。

クオンタム(Qtum)の投資リスク

クオンタムの投資リスクについて考察します。クオンタムブロックチェーンのネイティブトークンであるクオンタム(Qtum)は、スマートコントラクトを実行する手数料と、ブロックチェーンのブロックを生成するバリデータがステーキングをする際に用いられます。
ステーキング用途はありながらも、最終的にはアプリケーションがどれだけ充実するかが重要で、その要素こそが実需になると言えます。

クオンタムにどのようなアプリケーションが存在するかは下記のサイトから閲覧できます。

QtumDapss
出典:https://qtumeco.io/dapps

これによると現時点で約20以上のアプリケーションが存在しています。しかしながら、それらを個別に概観すると使用率は極めて限定的で、既に稼働していないものも多くあります。また、ブロックチェーンのトランザクション数は少なく、ネットワーク全体の使用は非常に少ないと言えます。

Qtumトランザクション
出典:https://explorer.qtum.org/blocks

これらは現時点でクオンタムの実需は少なく、投資の観点では判断が難しいのではないかと思われます。あくまで現段階では 筆者はこのような見解ですが、今後のアプリケーションの増加動向やその具体的シナリオなどを想定できる場合は、投資を検討することもあるでしょう。投資は慎重に各自でデューデリジェンスを実施してリスク管理しましょう。

【こんな記事も読まれています】
アルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと
暗号通貨(トークン・アルトコイン)の投資判断をする際に行うべき10つのこと
暗号通貨の投資に最適な方法とは?アルトコインのトップ10を購入した結果は?


d10n Labのリサーチコミュニティでは、ブロックチェーン業界の動向解説から、更に深いビジネス分析、技術解説、その他多くの考察やレポート配信を月に20本以上の頻度で行なっています。コミュニティでは議論も行えるようにしており、ブロックチェーン領域に積極的な大企業・スタートアップ、個人の多くに利用頂いています。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com


前のニュースオンチェーンガバナンスで自動的にアップデートするテゾス【テゾスジャパン 香川氏インタビュー後編】
次のニュースバイナンスやトロンなど11社にICOとIEOによる未登録証券販売で集団訴訟
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。