ステーブルコイン(Stablecoin)とは?その必要性と3つの分類を解説!

編集部ピックアップ

ステーブルコイン(Stablecoin)とは?その必要性と3つの分類を解説!

ビットコイン(BTC)が通貨として欠陥であると批判される根拠によく価格が不安定であることがあげられます。つまり、価格が変動する通貨は日常利用するには不便であるという主張ですね。この批判に対して、価格変動を出来るだけ少なくするように設計されたコインをステーブルコイン(Stablecoin)といいます。

今日、ステーブルコインはさまざまなエンティティから発行されており、にわかに注目を集めています。この記事では、ステーブルコインの必要性と分類を行いたいと思います。

ステーブルコイン(Stablecoin)がなぜ必要か?

なぜドルや日本円があるのに、わざわざステーブルコインを使用しなくてはならないか疑問に思う方も多いと思います。ここでは、ステーブルコインの必要性を3つ挙げたいと思います。

銀行口座を開設する必要がない

仮想通貨取引所やDApps(分散型アプリケーション)が、ドルの銀行口座を開設することは実は簡単ではありません。銀行口座を開設できないと当然、法定通貨を使用することはできません。ここにステーブルコインのニーズがあります。要するに、擬似法定通貨であるステーブルコインを利用することで銀行口座を開設することなく、法定通貨のように価格が安定したコインをサービスに利用できるということです。

銀行送金よりも早くて安い

一般的に、銀行を経由する送金は手数料が高く、速度も遅いです。一方、ステーブルコインは他の仮想通貨と同じように、安価な手数料、高速な取引を実現できます。これは、ユーザビリティーを高めるために、ステーブルコインを使う合理的な理由となるでしょう。

規制を回避できる可能性が高い

もしドルや日本円をサービスに用いるとなると、マネーロンダリングを防ぐためにKYC(本人確認)の手続きを厳格化しなくてはなりません。確かに、KYC(本人確認)が必要となるサービスも存在していますが、必ずしも行わなくてもよい場合も多いです。そのような場合に、ステーブルコインを利用すれば、このような規制を回避することができる可能性が高いです。これは、サービスの運用者にとってもユーザーにとっても大きな利点になります。

ステーブルコイン(Stablecoin)の3分類

ステーブルコインを論じる時に、3つのタイプに分類することが多いです。ここでは、それぞれのタイプの解説と代表的なステーブルコインの事例を紹介します。

法定通貨担保型

まず、法定通貨担保型は、ドルや日本円を担保に預けて、それを基にステーブルコインを発行するタイプです。代表的な事例は、みなさんご存知のテザー(Tether/USDT)です。テザー社の保有する銀行口座に米ドルを送金するとそれと同額のUSDTが手動で発行されます。もし、USDTをドルに替えたければ、Tether社にUSDTを持ち込めばOKです。

しかし、このタイプのステーブルコインは、非常にシンプルな仕組みでわかりやすいのですが、本当に発行枚数と同額の準備金が用意されているか不透明であり、テザーもそのような疑惑は何度も表面化しています。

関連:渦中の仮想通貨取引所Bitfinex、Tether社の最高戦略責任者(CSO)が辞任を発表

仮想通貨担保型

次に、仮想通貨担保型は、仮想通貨を担保にしてステーブルコインを発行します。最も有名な事例は、メーカーDAOのDAIです。これは、DAIのスマートコントラクトにイーサリアムを預け入れることで、自動でDAIが発行されます。当然、DAIをイーサリアムに変換することも可能です。

このタイプのステーブルコインの欠点は、担保となる仮想通貨の価格変動性に影響を受けることです。もちろん、それらの影響を受けないように、スマートコントラクトのアルゴリズムは設計されているのですが、どこまで機能するかはまだまだ検証が必要です。

無担保型

最後に、無担保型です。これは、スマートコントラクトが中央銀行のような仕組みを担い、需給を調整することで、価格を安定化させようとするステーブルコインです。事例として、約143億円の資金調達に成功したベーシス(BASIS)が挙げられます。仕組みは非常に複雑で詳細に説明することはできませんが、まだまだ未検証な仕組みですので今後の動向に注目したいところです。

結論と考察

ステーブルコインは、とてもホットなトピックです。特に最近になって、かなり乱立している印象があります。法定通貨担保型のステーブルコインは、一定の検証を経ており、その欠点などが浮き彫りになっていますが、他2種類のステーブルコインに関しては、まだまだどうなるかわかりません。今後の動向に注視して、興味深い動きがあれば記事にしてこうと思います。

(文・五月雨まくら

関連
香港の企業が円を基軸としたステーブルコイン発行へ、約14億円の資金調達計画発表
ウィンクルボス兄弟のGemini、世界初の規制されたステーブルコイン「Gemini Dollar」を発行

参考
Master The Crypto

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット