ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

4154

編集部ピックアップ

ビットコイン(BTC)を批判する経済学者の論拠はどこにあるか?

以前のコラムでは、ビットコインとゴールド(金)の類似点と相違点を整理しました。

関連:ビットコイン(BTC)がデジタルゴールドと呼ばれる理由、金との違いとは?

今回のコラムでは、通貨としてのビットコインも考え、再度ゴールドに戻りさらに理解を深めていくというものを行います。各経済学者がビットコインを否定するおおむねの論拠をまとめたいと思います。

決済ツールとしてのビットコインの欠陥

決済として暗号通貨、とりわけビットコインのデメリットを羅列するとこのようになります。

  • ブロックタイムが10分である
  • ネットワーク秒間7トランザクションしか処理が出来ない
  • 一度ブロックに取り込まれても、数ブロック程度であるとブロックチェーンが覆る可能性がある。(確率的ファイナリティ)
  • 価格が安定をせず、高いボラティリティ
  • ネットワークが混雑をしたとき手数料が高騰する
  • 間違えたトランザクションをキャンセルできない

などが挙げられます。

通貨としてのビットコイン(BTC)の欠陥は、供給スケジュール

ビットコインは、供給スケジュールが硬直的です。10分に一度の間隔で新規のブロックが生成され、マイナーには報酬として、現在は12.5BTCが配分されます。

ビットコインの制度欠陥、特に貨幣としての欠陥は、この10分に1度必ずブロックが生成され、どんな状況でもビットコインが新しく供給され続けることです。これに対し、中央銀行の発行する通貨では金融政策が行え、中央銀行は物価の調整という役割を担っています。

つまり貨幣の価値が相対的に下がっていたら、貨幣の供給を絞り、物価がデフレであれば貨幣の価値が相対的に高くなっているので貨幣の供給を増やすという役割で、ビットコインはこのようになっていません。

ビットコインの価格がどうなっていようが、10分に所定の枚数のビットコインが供給され続けます。これは、中央銀行が存在しないビットコインならではで、通貨として捉えたとき場合、欠陥と言えます。

供給スケジュールは、ゴールドと比べても欠陥

またビットコインは、しばしばデジタルゴールドとも呼ばれ、ビットコインの設計思想はゴールドをモデリングしている部分がありながら、供給スケジュールに関しては異なります。ゴールドもビットコインも、それが新規で市場に供給されるには、採掘コストを要します。

鉱山を掘るには人件費も、掘削機への投資が必要になり、ビットコインはこの点をモデリングしています。つまり、ゴールドが無から生まれることはなく、それを手に入れるには何かしらの代償を払わなければいけません。また、人類がこれまでに掘り出したゴールドの総量は14万~15万トン程度だといわれ、今後掘り出し得る金の埋蔵量は6~7万トン程度(競技用オリンピックプール1杯分)といわれていて、ビットコインの供給量が2100万枚で限定的な点に似ています。

しかし供給スケジュールについては、金の市場価格が下がっていたときは、ゴールドの採掘の経済的コストが合わなくなり、ゴールドマイニング会社はマイニングを止めます。結果、金は市場に供給されなくなり、需要が下がっているときに、供給が絞られるという現象が起きます。

しかし、ビットコインの場合は、価格が下がっているときでも、ブロックチェーンの台帳は更新され続けビットコインの新規供給は続きます。ビットコインはそのネットワークの維持に新規のコインの生成を結びつけた点は、非常に革新的でしたが、これを結びつけたことにより供給スケジュールの固定という欠陥が発生しています。

ビットコインの有効活用できるケースについては、筆者の運営するコミュニティで考察をまとめています。

関連
仮想通貨利用者の72%がさらなるコイン買い増しを検討、ビットコイン(BTC)投資意欲も増加
支払いはビットコイン(BTC)のみ、マルタ共和国の邸宅が約4億円で売りに


筆者が運営する研究所サロンでは、このような動向解説から更に深い業界のビジネス分析、技術解説、その他多くの議論やレポート配信を行なっています。ご興味ある方はぜひご利用ください。
▼d10n lab 未来を思考するための離合集散的コミュニティ
https://d10nlab.com/

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット