知っておきたい!ビットコインキャッシュのこと

2415

編集部おすすめ

8月1日ビットコイン分裂問題は、危機的事態を回避することが出来ました。しかし次なる問題が浮上。

ビットコインキャッシュとは?BCC

BIP91がアクティベートされたことにより、UASF(BIP148)によるソフトフォークがなくなりました。
しかし、新たな問題としてBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)というコインがビットコインから分岐する可能性が出てきました。
これが8月1日にハードフォークされる予定です。(日本時間21:20)

ビットコインキャッシュHP→bitcoin chash

ビットコインキャッシュはビットコインマイニングシェアトップのBitmain社と、今年3月ごろに話題となった「ビットコインアンリミテッド」を中心にビットコインから分岐されるコインとなります。

<7/24追記>Bitmain社のブログで、BitmainとBitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)との関係性を否定する声明を発表。ビットコインキャッシュはViaBTCという取引所が中心となっているプロジェクトだそうです。

まだまだ二転三転あるかもしれませんが、
今回のハードフォークは「ビットコインが分裂される!」というよりも、
ビットコインキャッシュが「ビットコインから勝手に出ていく!」というトラブルのないフォークです。
そのためリプレイアタックもなく今後一切ビットコインとは衝突することのない形になりそうです。

ビットコインキャッシュはビットコインではない

ビットコインキャッシュはビットコインとは全く互換性のないプログラムでブロックサイズは最初は2メガバイトから始め、4→8→(16M?)と徐々に拡張する予定だそうです。(マイナーが拡張サイズを決定できる)

ちなみに大石哲之氏は、このブロックサイズの拡張についてはビットコインキャッシュのコミニュニティ内で意見が分かれ、今後揉める可能性があると言ってました。

大きな混乱もなくビットコインから分岐されるビットコインキャッシュ。
「ビットコイン」とついていますが、ビットコインとは全く異なる(互換性のない)「アルトコイン」の一種という位置付けです。

そして、現在ビットコインを持っているホルダーは気をつけなければならないことがあります。
それは、ビットコインがハードフォークしたら、ビットコインとビットコインキャッシュを自動的に保有する事になるからです。

単にビットコインが2倍に増えた事にはなりません
・2つ合わせて分岐前の価値となります
・ビットコイン価格は一時的に下がる可能性あり

分岐時の割合によって価格や数量などが決まるので、分裂してみないとわかりませんが「ビットコインキャッシュ」が付与されると考えてもいいと思います。

昨年イーサリアムがハードフォークした時には「イーサリアム・クラッシック」ETCが出来ましたが、同じハードフォークでもその時とは意味が違います。

イーサリアム・クラッシックの時は、(8:2くらいの割合でフォークしましたが)当時は、取引所がETCを取り扱うとは思えなかったので「しばらくしたらイーサリアム・クラッシックは消えて無くなるだろう。」と考えていました。

しかし、世界最大取引所のPOLONIEX(ポロニエックス)がイーサリアム・クラッシックを取り扱い始め、自動的にcoincheck(コインチェック)にも銘柄が登場。

私は2つのイーサリアムを保有することになりました。(当時はDAOも持っていましたが・・・)

今回のビットコインハードフォークの件ですが、国内にはJCBAという取引所の事業者団体があり、共同声明文が出ています。
8月1日に予期されるビットコイン分岐危機に向けた対応について(その2)

これに基づき加盟事業者はそれぞれのサイトでお知らせを出しています。
Bittradeでは「ビットコインキャッシュ」は8月2日以降に追加するようです。

◎Bittradeお知らせ➡分岐に伴うビットコイン入出金停止に関するスケジュール変更のお知らせ

<以下抜粋記事>
Bitcoin Cash(BCC)の分岐対応について
BIP148(UASF)による8月1日の分岐(ソフトフォーク)の可能性はなくなりましたが、新たにBitcoin Cashと呼ばれるコインが、ビットコインからハードフォークし分岐が発生する可能性が出てきております。この場合、新しくブロックチェーンが形成されることになるため、ビットコインと同数のコイン(BCC)が新たに発生します。
ビットトレードは、これに対し以下のとおり対応致します。

BCCのハードフォーク日時予定
8月1日(火) 21:20(JST)に予定されております。
詳細は http://bitcoincash.org/ をご確認ください。

分岐したコインの付与について
Bitcoin Cash等の分岐計画によりビットコインが複数に分裂した場合、お客様が停止時点で保有するBTCと同数のコインを、8月2日以降に全額付与します。

分岐したコインの入出金について
8月2日以降、お客様口座への分岐コインの付与が完了した後に入出金が可能となります。

分岐したコインの売買について
8月2日以降、お客様口座への分岐コインの付与が完了した後に売買可能となります。

追加予定ペア
BCC/JPY(仮)
BCC/BTC(仮)
尚、本声明は日本仮想通貨事業者協会(JCBA)においても発せられておりますのでご確認ください。

ビットコインをどこに保有すべきか

8月1日のビットコインキャッシュハードフォークを前に、すぐに使用しないビットコインはウォレットに保管などの対策を。
または、JCBAなどに登録している取引所なら、共同声明文のとおり様々な事象を想定して準備をしているので大丈夫なのではないか、と考えています。(しかし何が起こるかわからないのも事実です)

私は、そのままビットコインを取引所内の口座に入れて置く予定ですが、皆様の保有する資産については自己判断でお願いします。