テラ(Terr)はどこで入手できるの?購入できる取引所や取引方法を解説

編集部おすすめ

テラ(Terr)はどこで入手できるの?購入できる取引所や取引方法を解説

これまで本コラムでは、韓国発の急成長するステーブルコインプロジェクトとしてテラ(Terra)について複数回にわたって取り上げてきました。過去には、ステーブルコインであるTerra Moneyは、もうひとつのトークンLUNAによるデュアルトークンモデルという仕組みにより価格を安定させるなど、その特徴を解説してきました。今回は、その入手方法を紹介します。テラ(Terr)の基本的な解説は下記のコラムでご覧ください。

【関連】
Terraとは?急成長するステーブルコインプロジェクト

テラ(Terr)の価格安定は、アルゴリズムによる供給量のコントロールで実現しています。このアルゴリズムによる供給量のコントロールの機能形成に必要なのが、LUNAというもう一つのトークンです。ユーザーがテラ(Terr)のプロトコルに投資をする場合、LUNAが投資対象となります。それでは、LUNAをどうやって入手するのかその方法について解説していきます。

入手は海外の暗号資産取引所から

暗号資産(仮想通貨)であるLUNAは、暗号資産取引所にて入手できます。しかし、現時点(2020年10月日現在)では、国内でLNUAを上場している暗号資産取引所はありません。残念ながら、LUNAを入手するには海外の暗号資産取引所にて取引を行うしか方法はありません。

LUNAは、世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)や韓国の取引所コインワン(Coinone)、ビッサム(Bithumb)、クコイン(KuCoin)、アップビット(Upbit)、ビットレックス(Bittrex)、ゴパックス(GOPAX)などが取り扱っています。ちなみに韓国の取引所は、いずれも英語にて利用可能ですので韓国語による取引よりはハードルが低いでしょう。

また、いずれの取引所も日本円は扱っていません。取引は、各取引所のLUNAとの通貨ペアとなる対象の通貨による取引となります。各取引所のLUNA通貨ペアは、以下になります。

    バイナンス(Binance)

  • LUNA/BTC
  • LUNA/BNB
  • LUNA/BUSD
  • LUNA/USDT
    コインワン(Coinone)

  • LUNA/KRW
    ビッサム(Bithumb)

  • LUNA/KRW
    クーコイン(KuCoin)

  • LUNA/BTC
  • LUNA/USDT
    アップビット(Upbit)

  • LUNA/BTC
    ビットレックス(Bittrex)

  • LUNA/BTC
  • LUNA/USDT
    ゴパックス(GOPAX)

  • LUNA/BTC

LUNAの購入は若干手間になりますが、基本的に入手済みのビットコインを利用する取引所に入庫し、取引することになります。ビットコイン以外の通貨による取引においても、一度ビットコイン等で交換するのが手っ取り早いでしょう。
※各取引所の口座を日本から開設可能か否かは、各自調査が必要です。

Terra Money用ウォレット「Terra Station」を入手

ここまでで暗号資産取引所にてLUNAを入手する方法は理解できたと思います。購入したLUNAを、そのまま取引所に保管しておくのもよいのですが、LUNAによるステーキングを行ってみたい場合や、ショッピング等に利用するためにステーブルコインTerra Moneyに交換したい場合は、取引所から自身の手元に保管しておきたいですよね。

そこで必要になるのがLUNAやTerra Moneyに対応するウォレットです。

テラ(Terr)には、「Terra Station」というウォレットアプリが用意されています。Windows版(64ビット版のみ)とMacOS版があり、テラ(Terr)の公式サイトより無料でダウンロードすることができます。
terraの公式サイト

ちなみに「Terra Station」はWeb版もありますが、ウォレットを作成するには必ずアプリが必要です。ウォレットアドレス発行後は、Web版の「Terra Station」からもウォレットアドレスを入力することでエクスプローラーを通じて、残高等を確認することができます。

terra stationイメージ

「Terra Station」は、ダッシュボード機能等を搭載しており、LUNAの相場価格や取引量、発行数、スワップ時の税率、ステーキングの利率等を確認することができます。また、取引履歴やステーキングを委任可能なバリデータの一覧やデリゲート(委任)機能、ステーキング報酬の確認、LUNAとステーブルコインTerra Moneyとのスワップも可能です。

その他にも、ガバナンス機能としてLUNAおよびテラ(Terr)の方向性を決める提案等を決定するための投票機能も搭載しています。ステーキングをしている人は、オンチェーンガバナンスに参加し、「Terra Station」より投票することができます。また、新たに追加されるスマートコントラクトを確認することもできます。

また、ウォレットでは「Terra Station」以外にも多くの暗号資産のステーキングに対応したアプリ「Lunie」がTerraに対応していますが、Lunieを利用するにはあらかじめウォレットアドレスが必要のため、やはり最初に「Terra Station」が必要です。

アプリのLunieイメージ

【こんな記事も読まれています】
テラ(Terra)と他のステーブルコインの違いとは?
テラ(Terr)のトークンエコノミクスについて、保有者が得るTerraの経済圏からの恩恵とは?
ステーブルコインのテラ(Terra)の価格安定の仕組みとは?


前のニュース【墨汁速報】仮想通貨バブル以来の水準、米シルバーゲート銀行2020年Q3ビットコインビジネスの収益を公開
次のニュース欧州プロの投資家が60%以上がデジタル資産所有、あるいは購入予定
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。