マネーとして最も期待される仮想通貨とは?ビットコイン(BTC)それとも他のコイン

編集部おすすめ

マネーとして最も期待される仮想通貨とは?ビットコイン(BTC)それとも他のコイン

数ある仮想通貨の中でマネーとして最も有用で期待されるコインはどれか、考えたことがありますか?時価総額1位で、仮想通貨として最も歴史の古いビットコイン(BTC)について、そう思うと答えるユーザーは多いと思いますが、さてほかにはと聞かれて即座に答えられる人はどれほどいるのでしょうか?

仮想通貨情報サイトOracle Timesは、いくつかの理由から期待される仮想通貨は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)、ダッシュ(Dash/DASH)、ライトコイン(Litecoin/LTC)の3種を取り上げました。

ビットコイン(BTC)は決済手段として受け入れるベンダーの数が圧倒的に多い

ビットコインは、最も広く知られているという意味から有力な選択肢ではありますが、それだけでは必ずしも当てはまらないかも知れません。ビットコインとは何かという認知度は、多くの人々が考える以上に限られています。ビットコイン宝くじサービスを提供しているLottland社がイギリスで行った調査によると、ビットコインの存在を含めてそれが何かを知っている人は、5人に1人しかいませんでした。

そうなるとビットコインに期待するほかの要因があるはずです。それは決済の形として受け入れている大手ベンダーの数が最も多いという事実でしょうか。マイクロソフト、ウェブブラウザのモジラ(Mozilla)、ネットショップのショピファイ(Shopify)など多くの企業が、ビットコインを決済手段として受け入れている事実が、まぎれもなく他の仮想通貨を圧倒して、マネーとして受け入れられる有力な根拠です。

ビットコイン(BTC)のリアルタイムチャート

ボラティリティが比較的小さくダッシュ(Dash)に期待

ダッシュ(DASH)はどうでしょうか?前途有望と期待される決済手段1つであるダッシュは匿名性が高く、ビットコインと比べると高速取引できることが特徴です。ビットコインが平均数分かかるのに対して、ダッシュは数秒で取引されます。

価格の変動(ボラティリティ)が比較的小さく、Dash自体も通貨を意識する努力を重ね、ビットカート(BitCart)、クリプトウー(CryptoWoo)、クリプトバイヤー(CryptoBuyer)など多くの仮想通貨オペレーターと提携しています。

ビットコイン(BTC)に迫るライトコイン(LTC)に注目

ライトコイン(LTC)もまた決済手段として大いに注目されています。バーチャル・コイン・スクアッド(Virtual Coin Squad)のランキングによると、ライトコインは、決済手段として受け入れる大手企業やリテーラーの数では、ビットコインに僅差の2位にランクされています。ライトコインは決済の現場では、しばしばビットコインと連動して受け入れられています。

ライトコインは人気が高まり、ビットコインより好感度が上がっていることから、「ビットコインゴールにせまるキャッシュ」として多くの技術評論家から引用されています。その意味するところは、ビットコインは投資資産として有利な点がたくさんあるかもしれないが、ライトコインの特質は近い将来、マネーの可能性ある形として有用であるという考え方です。

Oracle Timesは結論として、現状の最も正確な評価として、ビットコインは今のところ最も有用な通貨になりうると指摘しています。しかし、e通貨に深くはまっているユーザーは、近い将来ビットコインを超えるかもしれないライトコインの利用を考えてはどうかと示唆します。さて仮想通貨に関心を払うあなたの意見は?

ライトコイン(LTC)の価格・相場・チャート
ビットコイン(BTC)の価格・相場・チャート

関連
ビットコイン(BTC)の行方はイーサリアム(ETH)に聞け
ライトコイン(LTC)財団が総合格闘技UFCのスポンサーに、仮想通貨の認知向上へ

参考
Oracle Times