ビットコイン(BTC)価格上昇への期待、S&P500の最高値更新に続くのか

編集部おすすめ

ビットコイン(BTC)価格上昇への期待、S&P500の最高値更新に続くか

著しく低下したビットコインのボラティリティ

ビットコイン(BTC)価格は際立って変動が少なく、コインマーケットキャップ(Coin Market Cap)のデータによると、2020年7月21日9時の時点では、直近24時間でわずか0.15%しか上昇していません。

ビットコインの価格が過去2週間でわずか5%という狭い値幅で上下していることを考えると、パフォーマンスの低下が印象的なものとなっているでしょう。

一方で、株式市場が極めて高値で推移していることから、ビットコイン価格が反発する期待もあります。株式市場と暗号資産(仮想通貨)市場の強い相関性から、近い将来ビットコイン価格も上昇に転ずると考えられています。

ビットコインがS&P500の動きに同調する可能性

新型コロナウィルスと経済の先行き不安にもかかわらず、アメリカのS&P500株価指数は急騰しています。2020年7月20日の取引終了時点には、主要株価指数が0.85%上昇し、2月の新型コロナウィルスによる下落以降での最高値である3,251.84ドルを記録しました。

S&P500の好調の要因として、2つ考えられます。1つは、Amazonのように非常に力のあるテクノロジー企業の株価が、1日に8%も上昇していることです。そして、もう1つは、アメリカの財務長官スティーブン・ムニューシン(Steven Mnuchin)氏が、次の景気刺激法案では少なくとも、1兆ドル(約110兆円)規模の資金が投入されると明らかにしたことです。

現在、仮想通貨市場は、S&P500の動きに1歩遅れながら同様に推移しています。この2つの市場には相関性があるため、ビットコイン価格は株式市場の値上がりに追随して、上昇する可能性があります。

仮想通貨に関する分析企業クオンタム・エコノミクス(Quantum Economics)の創業者、マティ・グリーンスパン(Mati Greenspan)氏は、2020年初頭に、ビットコインとS&P500との間には、2011年1月以来の非常に強い相関性があることを発見しました。

仮想通貨市場にはほとんど興味を持たないアナリストも、この明確な相関性には注目しています。ジェーピーモルガン(JP Morgan)の分析チームも、3月の暴落以降、以前よりも仮想通貨の取引は活発化していると述べています。

相関性の原因とビットコイン取引の実態

この相関性の裏には、仮想通貨市場の流動性低下が関わっているという意見もあります。仮想通貨トレーダーの中には、「デリバティブ取引も、記録的なほど低い出来高で行われており、未決済取引量(オープン・インタレスト)も増加できていない。コインベース(Coinbase)の1日の出来高は約8,000万ドル(約88億円)に過ぎず、ビットメックス(BitMEX)もほぼ同レベルだ」と述べる人もいます。

外部刺激から独立して動くことができない場合、この流動性の欠如は、再びビットコインの価格が動き出すまで続くかもしれません。

参考
The S&P 500 Is Surging Towards a New ATH: Will Bitcoin Follow?

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】ビットコインカストディへ英最大手スタンダードチャータード銀行参入
ブロックチェーン分析会社が国や取引所ごとのビットコイン(BTC)フローマップを更新
OKExのクジラが仮想通貨市場をリード?大口取引の調査レポートが発表


前のニュース【墨汁速報】ビットコインカストディへ英最大手スタンダードチャータード銀行参入
次のニュース【墨汁速報】イーサリアム2.0 11月5日開始か?最終テストネットでステーキングUIを初公開
コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。