ビットコイン大暴騰!週末70万円突破なるか!?

10838

ビットコインが高値をブレイクし、再び史上最高値を更新してきました。

先月の30万円までの押し目のインパクトは絶大でした。

各取引所、かなり乖離が出ておりますが、このコラムを執筆中は64~66万円で推移をしております。

今回の引き金になったのは圧倒的にビットコインドルの影響が大きいでしょう。

大台の5,000ドルを突破してからマーケットの薄いゾーンを走っていきました。

毎度のことながら市場最高値更新後の数日間はボーナスゲームとなっておりまして、前回も40万円を突破後、あっという間に50万円付近まで上昇しました。

その後、結局56~57万円の市場最高値を更新したのがつい先日の8月末ごろです。

史上最高値を更新すると本当に早いので上値の目処を計算するのは難しいですが、昨晩から始まったと考えると今週末まではこのお祭り騒ぎは継続するのではないでしょうか。

ビットコインドル日足

こちらはビットコインドルの日足です。

現在5800ドルを突破して最高値を更新中です。

直近の昨日と本日の出来高を先月の急落時と比較してみますと、圧倒的に少ないことがお分かり頂けるでしょう。

まだ参加者が少ないという訳です。

これが明日、明後日にかけて出来高が増えていきますと、尚更高値を更新するのではないでしょうか。

完全に買い遅れ組や利食いを早まってしまったプレイヤーが多くいると考えておりますので、短期売買で買い回転がワークすると思われます。

小生はビットコインFXでひたすら買いで回している状況です。向こう数日は、これが最も儲かると考えております。

ビットコイン円日足


出所:bitFlyer(ビットフライヤー)

さて、本題の日足です。ビットフライヤーでは現物価格が66万円を上回りました。

70万円が射程圏内に入ってきました。

70万円手前は、一時的に売りに押されるかもしれませんが、すでに短期的に買い持ちしているプレイヤーが利食いを終えてしまっている可能性が高いため、抵抗ゾーンとしてワークする可能性は意外と低いかもしれません。

すでに短期投資家は60万円前後や65万円前後で売り抜けてしまっている可能性がありますので、最後はオーバーシュート待ち相場ではないでしょうか。

小生はダメ元70万円~77万円で売り指値を並べてみました。

理由としては前回の7月の急落で20万円押した後に50万円まで上昇をみせた比率計算の元、今回の押し目が30万円だったため、75万円前後までは上値を伸ばすのではないかという考えです。

相場というものはいつでもオーバーシュートします。前回の下落同様に、今回は上昇オーバーシュート相場です。

高値掴みは危険ですが、有り得ない水準まで上昇する可能性を考慮しておく必要があると思います。