• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

リップル(XRP)の記事一覧
リップル(XRP)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

XRPが証券でない理由、リップル(Ripple)社CTOがSXSWで説明

XRPが証券でない理由、リップル(Ripple)社CTOがSXSWで説明

リップル(Ripple)社のCTO(最高技術責任者)がテキサス州で3月に開催されたSXSWのカンファレンスにて、なぜXRPが証券ではないのか説明しました。XRPの誕生の背景や採取的な判断はSECや裁判所の決定になるという見解を紹介。
リップル(Ripple)が採用するPoC(Proof of Consensus)の仕組みとは?メリット・デメリットも考察

リップル(Ripple)が採用するPoC(Proof of Consensus)...

コンセンサスアルゴリズムには、PoW、PoS、PoIなどがありますが、本コラムではRipple(リップル)が採用する「PoC(Proof of Consensus)」についての仕組みやメリット・デメリットについて解説、考察を行いました。
リップル(Ripple)と国際銀行間通信協会(SWIFT)との生存競争切迫

リップル(Ripple)と国際銀行間通信協会(SWIFT)との生存競争切迫

国際決済を一手に引き受けている国際銀行間通信協会(SWIFT)とリップル(Ripple)社との間の生存競争が激化。リップルに対抗するSWIFTの動きや、金融機関や一般企業、政府が注目するリップルの動きを紹介。
リップル(XRP)がビットコイン(BTC)の最大のライバルである4つの理由とは?

リップル(XRP)がビットコイン(BTC)の最大のライバルである4つの理由とは?...

2018年の仮想通貨市場は弱気相場でしたが、リップル(XRP)は話題になってきました。リップル社は目覚ましい成果と発展を遂げ、XRPがどのようにしてビットコインの大きなライバルと言われるようになったか、4つの理由を紹介します。
リップルネット加入200社越え、仮想通貨XRP活用も

リップルネット(RippleNet)加入200社越え、仮想通貨XRP活用も

リップル(Ripple)社が1月8日、同社が提供する国際送金を目的に作られた決済ネットワークであるリップルネット(RippleNet)に新たに13社が加入し、合計で200社を突破したことを発表した。発表内容を紹介する。
リップル社(Ripple)とXRPの誕生には複雑な真実が隠されていた?

リップル社(Ripple)とXRPの誕生には複雑な真実が隠されていた?

有価証券性があるかどうか、その動向が注目される仮想通貨リップル(XRP)は、誕生以来さまざまな憶測が流れていました。本稿では、リップル社(Ripple)とXRPの誕生と今後の動向について紹介します。
【無料特典あり】リップル(XRP)で食べる金のうな丼!仮想通貨で決済可のウナギ専門店「川昌」インタビュー

リップル(XRP)で食べる金のうな丼!仮想通貨で決済可のウナギ専門店「川昌」イン...

ウナギ屋で初めて仮想通貨決済を導入したことで知られる「川昌」さんにコインチョイス編集部が訪問。リップル(XRP)で金のうな丼を食べ、店主に仮想通貨決済を導入したきっかけなどさまざまなお話を聞きました。
リップル(Ripple)がマレシーアの大手金融グループのRippleNet参加を発表

リップル(Ripple)がマレシーアの大手金融グループのRippleNet参加を...

マレーシアの大手金融グループであるCIMBとリップル社(Ripple)協業し、リップルネット(RippleNet)に参加することが明らかになった。CIMBは東南アジアを代表する金融機関の一つ。今回の協業について両社CEOのコメントも紹介。
三菱UFJ銀行:ブラジルのブラデスコ銀行と国際送金プラットフォーム共同開発へ

三菱UFJ銀行:ブラジルのブラデスコ銀行と国際送金プラットフォーム共同開発へ

三菱UFJ銀行(MUFG)がブラジルのブラデスコ銀行と覚書に署名、国際送金プラットフォームを共同研究・開発していくことを11月9日の公式プレスリリースで発表された。どんなシステムなのか、MUFGとブラジルの関係性などを解説します。
元イーベイ(eBay)チーフプロダクトオフィサーが語るブロックチェーンと商取引の未来

元イーベイ(eBay)チーフプロダクトオフィサーが語るブロックチェーンと商取引の...

リップル社(Ripple)主催のカンファレンス「SWELL 2018」で、元イーベイ(eBay)のチーフプロダクトオフィサーのRJ・ピットマン氏が登壇。仮想通貨とブロックチェーン、商取引の未来について語った内容を要約しました。
SWELL 2018:Ripple CEO Brad Garlinghouse氏による開会の辞

リップル(Ripple)のCEOは「SWELL 2018」オープニングスピーチで...

10月1日から2日間にわたり開催されたリップル社(Ripple)主催のカンファレンス「SWELL 2018」。同カンファレンスに登壇したリップル社のブラッド・ガーリングハウス最高経営責任者(CEO)はオープニングスピーチで何を語ったのか?
リップル(XRP)3,500万円相当を盗んだ23歳逮捕、10カ月に及ぶ捜査で

リップル(XRP)3,500万円相当を盗んだ23歳逮捕、10カ月に及ぶ捜査で

オーストラリアのニューサウスウェールズ州警察が10月25日、10カ月に及ぶ捜査の上、当時の価格で3,500万円相当のリップル(XRP)を盗んだとして23歳の女性を逮捕。メールアカウントのハッキングがきっかけとなった事件を紹介。
リップル(XRP)に追い風、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)より人気か

リップル(XRP)に追い風、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)より人...

ワイレックス(Wirex)が10月14日、ツイッターを通じて実施したアンケート結果で、リップル(XRP)がビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)よりも人気だということが分かった。アンケートの背景やXRPの最近の動向も紹介。
新たな送金サービス「マネータップ(MoneyTap)」提供開始、今後の展開や登録方法

新たな送金サービス「マネータップ(MoneyTap)」提供開始、今後の展開や登録...

SBIリップルアジアから新たな送金サービス「マネータップ(MoneyTap)」が10月4日にリリース。利用者の声も評判良く、今後の期待もうかがえる。仮想通貨への対応は今後検討しているのか?SBIリップルアジアへの取材やアプリ登録手順を紹介。
リップル(Ripple)共同創業者のクリス・ラーセン氏がForbes選出の米富裕層400人にランク入り

リップル(Ripple)共同創業者のクリス・ラーセン氏、Forbes選出の米富裕...

リップル(Ripple)共同創業者であり、元CEO(現取締役会長)のクリス・ラーセン氏が、フォーブス(Forbes)が選ぶアメリカの富裕層400人にランク入りした。資産額や、トップ1~3位のランキング詳細などを紹介。
リップル(XRP)は短期的にショート戦略?RCI、ボリンジャーバンドを使ったテクニカル分析

リップル(XRP)は短期的にショート戦略?RCI、ボリンジャーバンドを使ったテク...

米国にて開催されたリップル(Ripple)主催のカンファレンス「SWELL 2018」イベント後はどのようなXRP相場が予測できるのか?ひろぴー氏のトレード戦略は短期的にショートというその理由やRCI、ボリンジャーバンドを使った分析を紹介。
リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

リップル(XRP)価格の上昇、次の目標はいくら?仮想通貨トレード戦略

2018年9月末のリップルのXRP上昇は多くのリップラーはじめ、仮想通貨市場を盛り上げました。本稿ではリップル保有者のボリ平氏がXRPのチャート分析、そして次のXRP価格のターゲットなどを投資家の視点から解説しています。
SBIホールディングス、Ripple(リップル)のDLT活用のスマホ向け決済アプリMoneyTapを今秋にも稼働

SBIホールディングス、Ripple(リップル)DLT活用のスマホ向け決済アプリ...

SBIホールディングスとRippleの合併事業「SBI Ripple Asia」がスマホ向けの決済アプリ「MoneyTap」を2018年秋にも開始する予定ということがわかった。すでにロゴも出来上がっており、リップルファンを心待ちにさせている。
リップルネット(Ripple Net)にサウジアラビアの国立商業銀行(NCB)が加盟

リップルネット(Ripple Net)にサウジアラビアの国立商業銀行(NCB)が...

リップルネット(Ripple Net)に、サウジアラビアの国立商業銀行(NCB)が加盟しました。このNCBという銀行はどのくらいの規模なのか?注目されるサウジアラビアとリップルについて、こぺる氏に解説していただきました。
RippleとR3の泥沼の法廷闘争が終結し両社和解へ、和解内容は明かさず

Ripple(リップル)とR3の泥沼の法廷闘争が終結し両社和解へ、和解内容は明か...

Ripple(リップル)社とR3が、以前より続いていた法定闘争に終止符を打った。結果的に両社が和解に終わったが、和解内容は機密とされる。しかし両社とも和解内容にはおおむね満足しているとの旨が発表された。
Ripple(リップル)元CEO、100以上の銀行と国際決済システムの本番モード契約と語る

Ripple(リップル)元CEO、100以上の銀行と国際決済システムの本番モード...

Ripple共同創業者で元CEOのクリス・ラーセン氏がリプト・ファイナンス・カンファレンスの会場にて、Rippleが数百以上の綺語うと契約をして準備を整えているとコメントした。またXRP LedgerとXRP利用ケースの重要性についても語った。
仮想通貨リップル(XRP)の買い増しターゲットポイントとは?

仮想通貨リップル(XRP)の買い増しターゲットポイントとは?

リップル(XRP)はボリ平さんも好きな仮想通貨の1つ。しかし2018年に入り価格は下落傾向。ここでボリ平さんは買い増しを決意。どのタイミングで買い増したのか?ターゲットポイントはどこなのか?買い増しの一連の流れを紹介。
【後編】リップルの仮想通貨XRPについて知るべき10のこと

【後編】リップルの仮想通貨XRPについて知るべき10のこと

リップル社の仮想通貨XRPについて知るべき10の事実ということで、後編では6~10をご紹介。GoogleやSBIが出資したことでも有名なリップルのXRPの特徴や知っておくべきことを仮想通貨投資家こぺる氏が解説します。
【前編】リップルの仮想通貨XRPについて知るべき10のこと

【前編】リップルの仮想通貨XRPについて知るべき10のこと

仮想通貨リップルについて知るべきこと10のうち5つを紹介。本稿では企業のRippleではなく、通貨のXRP(リップル)についての解説です。金融機関で勤めた経験もある仮想通貨投資家のこぺる氏による寄稿コラム第一弾です。
リップル(XRP)の価格に影響を与える2つの要因とは!?

リップル(XRP)の価格に影響を与える2つの要因とは!?

リップル(XRP)は時価総額でも上位に位置する人気の高い通貨です。多くのファンがおり価格はもちろんRipple社の動向や開発、企業提携などに注目しています。本稿ではリップル(XRP)の価格に影響すると考えられる2つの要因を紹介します。
リップル(XRP)は通貨確定? 米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)との司法取引が証券ではないと証明か

リップル(XRP)は通貨確定? 米財務省の金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN...

リップル(XRP)が証券に当たらないことはすでに証明されているのではないか?と議論を呼んでいる。米金融犯罪取締ネットワーク(FinCEN)とRipple社で行われた3年前の民事裁判にて「通貨」と呼ばれた事に対してSECはどう捉えるのだろう。
ブロックチェーン技術企業R3に倒産の噂?ライバルRipple(リップル)に勝訴期待

ブロックチェーン技術企業R3に倒産の噂?ライバルRipple(リップル)に勝訴期...

ブロックチェーン技術(DLT)の立ち上げ企業R3が、もしかすると2019年初旬くらいに資金が底をつき倒産するのでは?という噂がされている。元社員が語ったもので、経営者の証言では真っ向否定。噂レベルではあるが注目のニュースである。
Ripple(リップル) vs SWIFT(スイフト)、国際送金ネットワークのライバルが考える未来とは?

Ripple(リップル) vs SWIFT(スイフト)、国際送金ネットワークのラ...

国際送金システムのライバルとも言えるRipple(リップル)とSWIFT(スイフト)は、今後の未来をどのように語っているのか?ブロックチェーン利用のサービス提供を進めるRippleとまだ規模を拡大するには早いというSWIFTの行く末とは?
リップル(XRP)は証券と訴えられたRipple側弁護団に元SEC委員長らを起用、衆目を集める裁判の行方

リップル(XRP)は証券と訴えられたRipple側弁護団に元SEC委員長らを起用...

XRPは「未登録証券」として訴えられていた5月から1ヵ月あまりがたったがまだ決着はついていない。その訴訟に対して今週、Ripple側の被告弁護人として元SEC委員長や元執行局長を起用したとして話題になっている。この先の裁判の行方とは一体…?
リップル(XRP)がマイニング(採掘)できない理由とは?価格の安定化が要因か

リップル(XRP)がマイニング(採掘)できない理由とは?価格の安定化が要因か

なぜリップルはマイニングできないのだろうか?XRPはBTCやETHのようにマイニング不可能なコインである。最近になり仮想通貨に参入した人にとっては疑問だろう。本稿ではXRPの基本的な仕組みをおさらいしつつマイニングが出来ない理由を解説。
Ripple(リップル)のCEOが語る「XRP価格はいつまでもビットコイン価格に相関しない」

Ripple(リップル)CEOが語る「XRP価格はいつまでもビットコイン価格に相...

Ripple社のブラッドガーリングハウスCEOが5月末、CNBCとのインタビューでXRP価格はBTC価格にいつまでも相関関係が続くわけではないことを話した。また、現在多数存在する仮想通貨の今後(存続)についても言及。どんなことを語ったのか?
Ripple(リップル)のxRapidを利用した金融業者による初の国際決済が成功

英国FX企業がRipple(リップル)のxRapidを利用した国際送金テストに成...

イギリスのFX業者であるCurrencies Direct社がxRapidを利用した国際送金のパイロット試験を成功したと報じられた。大手金融サービス業では初の成功事例となった。今回テスト送金ではどんな成果が得られたのだろうか?
国際送金システムRippleNet(リップルネット)にクウェートの銀行(KFH)が新たに参入

国際送金システムRippleNet(リップルネット)にクウェートの銀行(KFH)...

中東の国であるクウェートにある銀行がこの度リップルの国際送金システム「RippleNet」の新たな加盟銀行として参入したことを公表した。クウェートの銀行では初の銀行となる。3つあるRippleNetのどのシステムを利用するのだろうか?
Apple(アップル)提供の株価アプリ、10種類のリップル(XRP)通貨ペアを追加

Apple(アップル)提供の株価アプリ、10種類のリップル(XRP)通貨ペアを追...

Apple社の株価アプリに10種類のリップル(XRP)ペアが追加された。これはリップル(XRP)が仮想通貨取引に置いて世界的に地位を確立させたと言えるだろう。リップル(XRP)ファンの反応、株価アプリへの銘柄ペアの追加方法などを紹介。
リップル(XRP)の新しいシンボル創始は、Ripple証券化を回避する策になるのか?

リップル(XRP)の新しいシンボル創始は、Ripple証券化を回避する策になるの...

5月初旬に募集が始まったXRP(リップル)の新しいシンボル案を募集するプロジェクトの「XRP Symbol」。目的は単なる新ロゴ募集ではなかった?今回の募集には重要な目的があると一部海外メディアで報道された。その内容をまとめて紹介。
モバイル決済アプリ「Revolut」がリップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いをスタート

モバイル決済アプリRevolut、リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(B...

イギリスのロンドンにある企業が提供するモバイル決済アプリ「Revolut」が、新たにリップルとビットコインキャッシュの取り扱いをスタートした。同社はどうして通貨の追加を検討していたのか、そしてなぜ採用の通貨がXRPとBCHなのだろうか?
米決済サービスUphold社、XRP台帳と統合でリップルの直接購入が可能に

米決済サービスUphold社、XRP台帳と統合でリップルの直接購入が可能に

アメリカのモバイル決済事業を展開するUphold(アップホールド)がXRP台帳と統合を完了した。このことでUpholdのアプリから直接リップル(XRP)の購入が可能になる。本稿では、Uphold社について、XRP追加までの経緯を紹介。
リップル(XRP)コミュニティーがシンボルマーク案を募集、本家も動き出す事態に

リップル(XRP)コミュニティーがシンボルマーク案を募集、本家も動き出す事態に

現在、リップル(XRP)のシンボルマークを募集するWEBサイトまで立ち上がり、サイトやTwitterを通じて募集が行われている。新たな「XRP」シンボルはどんなものになるのか?リップラー達は今から楽しみに期待していることだろう。
リップル(Ripple/XRP)の将来は明るいといえる、その理由とは…?

リップル(Ripple/XRP)の将来は明るいといえる、その理由とは…?

リップル(Ripple/XRP)は海外送金などでも今後が期待されるプロジェクトの1つ。様々な企業と提携を結ぶなど勢いは増す一方。企業、個人ともに世界的にニーズもあるXRPの将来について、海外メディアで紹介されていた内容を紹介。
リップル(Ripple)のCTOが辞任、Web業界を革新する新サービス「Coil」を展開へ

リップル(Ripple)のCTOが辞任、Web業界を革新する新サービス「Coil...

リップル(Ripple)の最高技術責任者が突然の辞任を発表、新サービス「Coil」を立ち上げるプロジェクトを発足した。Coilはマイクロペイメントと新しいWebサイト購読サービスを目指し開発をしているという。Coilの詳細を紹介。
リップル(Ripple)が 国際決済システム「xRapid」初の社内実験で好結果を発表

リップル(Ripple)が 国際決済システム「xRapid」の送金実験で好結果を...

Ripple社が開発を進める国際決済ネットワークの1つ「xRapid」において、米国とメキシコ間の送金実験を行い好結果だったことを公式HPで発表した。xRapidを利用することで送金コスト、スピードが大幅に削減されるとのことで注目が集まる。
リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券を売買である」と主張

リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券の売買」と主張

リップルに対して、仮想通貨投資家らがXRPは「未登録証券の売買」として集団訴訟を起こしていることがわかった。現在SECなど規制当局がXRPやETHが証券になるのかについて会議している中での起こった訴訟。証券化について今後の判断に注目が集まる。
リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius」をベータ版で提供

リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius...

Ripple社が「Codius」ベータ版の提供を開始した。2015年に開発が中断されてから約3年後にスマートコントラクトの機能をさらに強化、復活版として登場したのである。どういった機能なのか?正式版はいつ頃リリースされるのか?などを紹介。
Ripple社(リップル)提供ネットワーク「RippleNet」にオマーンのドファール銀行参入へ 

リップルの国際送金システム「RippleNet」にオマーンのドファール銀行が参入...

Ripple社が開発する国際送金ネットワークの「RippleNet」にドファール銀行(オマーン)が参入することがわかった。RippleNetとは具体的にどんなものか?ドファール銀行はなぜRippleNetへの加入に至ったのか?などを紹介。
リップル(Ripple)と深い関係の「SBIバーチャル・カレンシーズ」2018年夏にも取引開始の見通し

リップル(Ripple)と深い関わりをもつ「SBIバーチャル・カレンシーズ」20...

2018年3月に行われた決算説明会にて仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズの開始時期が発表された。また先日、当初の取り扱いはXRPとBTCと噂されていたが、それら以外にも仮想通貨の取り扱いがあることを発表した。その内容を紹介。
バイナンス(Binance)にリップル(XRP)ペア追加!相場への影響度は?

バイナンス(Binance)にリップル(XRP)ペアが追加!相場への影響度は?

2018年5月4日(金)、バイナンス(Binace)に新たに「XRP/USDT」通貨ペアが追加されました。公式Twitterでもリリースのお知らせが流れていました。USDTとは一体どんな通貨か?XRP相場に影響はあったのか?を解説します。
リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

Rippleは様々な企業との提携や新たなサービス(アプリケーション等)を開発し、さらには時価総額第3位という注目の仮想通貨である。本稿ではリップルに関連する最近の動向と噂についてのまとめを記載。噂については引き続き動向をチェックしていく。
リップル(Ripple)開催のブロックチェーンイベントにスヌープドッグを招待

リップル(Ripple)開催の招待制イベントでラッパーのスヌープドッグが公演

2018年5月11日~17日開催のRipple(リップル)開催の仮想通貨関連イベント「XRP Community Night」に有名ラッパーのスヌープドック氏が公演することが発表。招待制だが一般向けに限定10枚のチケットが配布される予定。
Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引運用へ

Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引...

Ripple社が新たに5社(英国、米国、マレーシア)との提携を発表した。提携企業はRippleNetのxViaを利用して低コストかつ透明性の高いスムーズな取引が可能となる。提携各社はxViaの導入を歓迎し顧客に提供する事を心待ちにしている。
リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログラム販売が大幅増へ

リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログ...

Ripple公式サイトで公開された2018年第1四半期マーケットレポートによると、リップル(XRP)の売買が前期比(2017年第4四半期)で83%の増加をしていることがわかった。時価総額の推移やレポートに記載されていた内容をまとめました。

人気のインタビュー記事

最新記事