リップル上昇相場の見かた&ビットコイン1強の終わり

3916

リップルの勢いは止まりません。12月21日につけた『1XRP=100円』が夢のような出来事だったと思ったら、わずか8日で2倍の『1XRP=200円』を実現し、さらに上昇を続けています。もちろんこれには理由があり、リップルは逆にこれまであまり評価されずに来ていたのかもしれません。ここからはリップルの相場の見方も変えていく必要がありますね。

リップルついに200円!


出所:コインチェックのスマホアプリ(20:03)

スマホのウィジェットでは仮想通貨全体が上昇している事が判ります。その中でも変動率48%と好調なリップルは、1XRP=200円を示現。17:00から20:00までの上げ幅が30円を超えています。

ビットトレードのチャートで見るポイント


出所:ビットトレード スマホチャート

取引所のビットトレードでは197円。取引所によって価格の差があります。右図、リップル円の日足チャートを見ると、リップルの上昇のパターンが見えます。前回80円から100円の間に20円のレンジゾーンがあり、そこを超えたら「+40円」の上昇。ふたたび110円から140円に30円ゾーン、そこを越えたら「+60円」の上昇をしています。値幅および上昇スピードはどんどん早くなっていますが、停滞ゾーンに入れば仕込むチャンスです。

ビットトレードのような「取引所」では、あらかじめ予約注文が出来るので、指値を入れておくと良いでしょう。

リップル上昇はどこまで?

12月30日も上昇が続き280円へ、そして資産は800万円台に跳ね上がりました!しか~しそれもつかの間、翌日(12/31)には200円台前半まで下落し、資産は590万へ・・・

これが「未確定資産」の恐ろしいところ。相場はいつ変わるかわかりません。そもそもまだ「利益確定」していないのですから、800万円持っているわけではないのです。

あとから見ると「280円で売って、200円で買い戻せばいいのに」と思うかもしれませんが、変動が激しい相場なので、買い戻せないリスクも考えたし、年末に無理に決済する必要性もない。どちらにしてもリップルの今後に大きな期待を持っているので、放置でよかったと思います。

2017年の最終高値は?


出所:ビットトレード リップル円日足チャート

結局のところ、2017年中のリップル300円超えはありませんでした。ビットトレードの価格を見る限り298.5円が最高値のようです。それでも2017年はリップルにとって大きな1年でした。なにせ2017年の初めには1XRP=0.6円だったのですから。

ビットコイン1強の終わりか?


出所:coinmarketcap

ビットコインのドミナンス(占有率)にも大きな変化がありました。2017年当初はドミナンス90%以上を占めていたビットコインがついに40%割れ(38.19%)次いでリップル(15.41%)イーサリアム(12.17%)

仮想通貨の時価総額自体は日々増加しているものの、ビットコインが占める割合が徐々に減ってきています。2018年はアルトコインの個別投資も活発になりそうです。もちろん、基軸通貨としてのビットコインの役割も重要だと思います。