Yours(ユアーズ)はなぜビットコインキャッシュ(BCH)を選んだのか?

4948

Yours(ユアーズ)はなぜビットコインキャッシュ(BCH)を選んだのか?

先月行われたビットコインキャッシュのカンファレンス「Satoshi’s Vision Conference」に参加するため来日していたYoursのCEO、ライアン・チャールズ氏にお話しをうかがうことができました。

同社サービスの支払いにビットコインキャッシュ(BCH)を採用しているのですが、その理由や経緯について聞いてみました。

Yours(ユアーズ)とは?

Yoursはオンラインメディアプラットフォームで、ユーザーはyours上で記事を書いてチップや対価を得ることができ、さらによい記事を発見した人たちも少しだけお金をもらえるメディアプラットフォームです。

例えばAさんが記事を書いて、Bさんが25円で投票したら、Aさんは25円分の仮想通貨をもらうことができます。さらにCさんがAさんの記事に25円払って投票したら、今度はCさんの25円をAさんとBさんが分け合う形になります。

SteemitやAlisと少しにたサービスではありますが、Yoursの特徴は独自のトークンを持たずにすでに皆が持っている仮想通貨をサービスに組み込んでいる点です。またYoursは2015年に設立された会社なので、ほかの類似サービスと比べてもかなり早い段階からこの取り組みを行っていたことが分かります。

YoursのCEOに質問をしてみた

下記、Yoursに関する質問をしてみました。

Q:YoursがBCH採用に至った経緯を教えてください

これまでビットコインのマイクロペイメントを使おうと試行錯誤してきましたが、1年かけてテストしているうちにBTCの価格が手数料が高騰してしまいました。

これを受けて、使える仮想通貨をライトコインに変更しました。当時のライトコインは手数料固定ですごく安かったのですが、こちらも価格の高騰とともに手数料も高騰してしまい、その後BCHに切り替えることになりました。

ビットコインキャッシュを採用した主な理由としては、まずは手数料の安さが大きな要因です。また、私はオンチェーンスケーリングがシンプルにスケールできる方法だと考えています。さらにBCHは多くの取引所で取り扱われている上、ウォレットもあり、持っている人も多い。

もう一つ挙げるとすると、ビットコインキャッシュは昔ビットコインが開発された過程でバグがあるかもしれないと必要以上に恐れられたことが原因で、オフにしたOPコードを再度オンにしてスマートコントラクトなどが実行できるようにする試みもあるのでこれにも期待しています。

Q:ライトニングやSegwit等BTCのソリューションでもだめなのですか?

サービスを開発するにあたってBTCのマイクロペイメントチャネルを使う方法ももちろん検討しました。ただ、BTC価格や手数料の問題以外にも、ユーザーにとってチャネルを開いたりすることが非常に面倒で高くつくと判断しました。

例えば、最初のトランザクションには少し大きめの金額を送らなければいけない、ペイメントを受け取るときにオンラインでなければいけない(これによって新たにセキュリティの問題がでてくる)などの問題点がありました。

あと、ビットコインのような暗号通貨には3つのとても重要な要素があります。一つ目はコンピューターサイエンス。これはスクリプトがどう動くかの理解です。もう一つは暗号技術の理解。そして3つ目が経済、つまりビットコインのエコシステムに関わるそれぞれのプレイヤーへのインセンティブを理解することです。

仮想通貨を長期的に成功させるには3つの要素に対する十分な理解が必要です。もちろんビットコイン開発者でこの3つのバランスがとれている人もいるけれど、エコノミー部分への考え方については私たちとは少し違うようでした。

まとめ

以前コインチョイスで「アプリ開発者がビットコインキャッシュを採用する理由、Joysrtreamの見解とは?」といった記事で、ビットコインではなくビットコインキャッシュを採用したサービス開発再度からの主張が紹介されていました。

Yours場合もライトニングネットワークが実用的な段階になるまで待っていられないという理由はあるようで、これまでビットコイン手数料の高騰や、マイクロペイメントチャンネルを開いて決済することを考えた時のユーザビリティがビットコインではなくビットコインキャッシュを使う理由のようでした。

それに加えてyoursの場合はビットコイン側のスケーリングソリューションに賛同できない、という思想の違いがあるようでした。