• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

Zcash(ZEC)

Zcash(ZEC) 相場チャート


Zcashとは、ジーキャッシュと呼び「ZEC」と略される、2016年公開の仮想通貨の一つです。2017年5月に大手銀行JPモルガンと提携したことで有名です。
このZcashの特徴として、非常に匿名性が高いということが挙げられます。匿名性が高い仮想通貨として他にもダッシュやモネロがありますが、送金量やアドレスを匿名にできるのはこのZcashのみです。(アドレスとは、そのコインの持ち主を区別するコードのこと)

そもそもブロックチェーンの利点として匿名性が高いことがありましたが、取引の履歴を追跡することは可能でした。
しかし、Zcashはその追跡ですら不可能になるほどの匿名性を持つのです。

では、どのようにしてその匿名性を達成しているのでしょうか。

ここで用いられているのはゼロ知識証明という仕組みです。
ゼロ知識証明とは、簡単に言うとある命題が正しいことを示す際に、その命題が正しいという情報以外は公表せずに正しいことを証明する方法のことを言います。JPモルガンはQuorumと呼ばれる自身のプラットフォームにこのゼロ知識証明の技術を導入するために提携したといわれています。それほど、この匿名性は高く評価されているのです。

これほど匿名性が高いとマネーロンダリングなど不正な用途に用いられる可能性が高いと思われます。しかし、その部分を法規制等で取り締まれば、高い匿名性を持つ仮想通貨としてとても大きな意義を持つのではないのでしょうか。また、Zcashは第二のビットコインと呼ばれるほどビットコインに似ており、今後の発展が期待されます。

Zcash(ZEC)の記事一覧
Zcash(ZEC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ZcashはSaplingで密かにZEC偽造できる脆弱性を修正してい...

完全匿名送金が可能なZcashが、2018年10月28日に行われた大型アップデートのSapling時にZECを偽造できる脆弱性を修正したことを発表した。2018年3月1日の脆弱性が発見から、現在までの流れも紹介する。
ZCASH(ZEC)初のハードフォーク「Overwinter」完了! さらなる展開とは

ZCASH(ZEC)初のハードフォーク「Overwinter」完了!さらなる展開...

匿名性の高い仮想通貨ZCASH(ZEC)が初ハードフォーク「Overwinter」を完了した。このアップデートは今年10月に予定されている「Sapling」のためのものだそうだ。ハードフォークはZCASH(ZEC)に何をもたらすのだろう?
ZEC(ジーキャッシュ)の価格が突如高騰…その理由とは!?

ZEC(ジーキャッシュ)の価格が突如高騰…その理由とは!?

先日(5/14)突然、匿名系仮想通貨Zcash(ジーキャッシュ)価格が高騰しました。瞬間にして約37%の上昇。このZECの急騰の要因はなんだったのか?そして今後の匿名系仮想通貨はどうなっていくのかについて、考察を行いました。
ビットコイン投資失敗

2017年の仮想通貨投資のしくじり事例

2017年を振り返り、投資という側面からどこで失敗してしまったをまとめています。アルトコイン、積立、Zcash(ジーキャッシュ)、ICO、FXに関わる失敗談なので、今後の投資の参考に!
匿名暗号通貨Zcashが一時急騰!韓国取引所上場が要因か

匿名暗号通貨Zcashが一時急騰!韓国取引所上場が要因か

ZECの価格が急上昇。この背景には韓国大手取引所bithumbへの上場のニュースが。Zcash(ズィーキャッシュ)は匿名性やプライバシーに特化した仮想通貨で今年10月にローンチ一周年を迎える。
仮想通貨Zcashの匿名送金を試してみた!

仮想通貨Zcashの匿名送金を試してみた!

プライバシーに特化した仮想通貨Zcash(ズィーキャッシュ)で匿名送金にトライ。匿名送金は以外と時間がかかる?自分でもどこに送ったか分からなくなる?手順と実際に試してみて分かったことを紹介します。

Zcash(ZEC) 相場チャート


Zcashとは、ジーキャッシュと呼び「ZEC」と略される、2016年公開の仮想通貨の一つです。2017年5月に大手銀行JPモルガンと提携したことで有名です。
このZcashの特徴として、非常に匿名性が高いということが挙げられます。匿名性が高い仮想通貨として他にもダッシュやモネロがありますが、送金量やアドレスを匿名にできるのはこのZcashのみです。(アドレスとは、そのコインの持ち主を区別するコードのこと)

そもそもブロックチェーンの利点として匿名性が高いことがありましたが、取引の履歴を追跡することは可能でした。
しかし、Zcashはその追跡ですら不可能になるほどの匿名性を持つのです。

では、どのようにしてその匿名性を達成しているのでしょうか。

ここで用いられているのはゼロ知識証明という仕組みです。
ゼロ知識証明とは、簡単に言うとある命題が正しいことを示す際に、その命題が正しいという情報以外は公表せずに正しいことを証明する方法のことを言います。JPモルガンはQuorumと呼ばれる自身のプラットフォームにこのゼロ知識証明の技術を導入するために提携したといわれています。それほど、この匿名性は高く評価されているのです。

これほど匿名性が高いとマネーロンダリングなど不正な用途に用いられる可能性が高いと思われます。しかし、その部分を法規制等で取り締まれば、高い匿名性を持つ仮想通貨としてとても大きな意義を持つのではないのでしょうか。また、Zcashは第二のビットコインと呼ばれるほどビットコインに似ており、今後の発展が期待されます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice