ZenCash(ZEN)がハッキング被害に! 仮想通貨を脅かす“51%攻撃”

5978

ZenCash(ZEN)がハッキング被害に! 仮想通貨を脅かす“51%攻撃”

仮想通貨が新たなハッキング被害を受けた。標的となったのは比較的新しい匿名通貨のZenCash(ゼンキャッシュ:ZEN)である。

ZenCash(ZEN)をハッキングした“51%攻撃”とは

ZenCash(ZEN)は公式ブログで、日本時間6月3日(日)午前11:43頃、51%攻撃を受けたと発表した。51%攻撃とは、不正な取引を目的に、悪意ある者が過半数以上のマイニングの計算能力を保持し、ブロックチェーンのネットワークを乗っ取ることをいう。

ZenCash(ZEN)はこのような事態を予測していたかのように素早い対応を取った。速やかに事態を調査し、これが51%攻撃であることを確認すると同時に、二重払いを最小限にとどめるため、各取引所にZenCash(ZEN)の承認時間を延ばすように依頼した。

しかし、対策が取られたときには、二重払いはすでに2度行われていたことが発覚した。ハッカーは1万9000のZenCash(ZEN)を不正な操作により使いまわし、倍額の価値を得たと考えられる。これは現在の市場価格では約55万8000ドル(日本円で約6,140万円)の価値となり、決して小さな額ではない。

この攻撃により、ZenCash(ZEN)の価格は打撃を受けた。攻撃直後には1ZEN=28~30ドル(日本円約3000円)に値下がりし、攻撃が落ち着いてからもまだ十分な回復を見せていない。

ZenCash(ZEN)は公式ブログでユーザーに対し、ユーザーの資金には被害が出ないことを確認し、心配であれば取引所に問い合わせるように呼び掛けている。また、被害を受けた取引所の協力のもと、ハッカーの特定や事態の分析に尽力しており、また引き続きネットワークの監視を強化することを伝えている。調査結果が出れば、しかるべき機関に報告するということだ。

51%攻撃の仕組み

高速でのマイニングが可能となり、プルーフオブワーク(Proof of Work)が増加したことにより、すべてのブロックチェーンをハッキングから守ることは難しくなりつつある。ZenCash(ZEN)はある程度の規模を持っているが、費用さえ投じれば乗っ取ることができてしまう。

攻撃された当時、ZenCash(ZEN)のハッシュレート(マイニングマシンの計算力の測定単位)は58MSol/sを超えていた。充分なレートではあるが、ハッカーはおそらくNiceHashなどのマイニングツールを利用したと思われる。今回ハッカーが得た利益が日本円で約6000万円であるところを見ると、攻撃にかかった費用はこれを超えていないだろう。

同様の攻撃はここ1カ月ほど頻繁に起こっており、バージ(XVG)、ビットコインゴールド(BTG)、エレクトロニウム(ETN)もこの手の攻撃を受けたのではないかと言われている。これにより、これらの仮想通貨は価格が暴落し、未だ回復していない。

ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ZCash(ZEC)のように圧倒的なハッシュレートを実現しないかぎり、51%攻撃からシステムを完全に守るのは難しい。

※執筆時点の日本円レート

関連:モナコイン(MONA)やビットコインゴールド(BTG)など複数のブロックチェーンに対して悪意あるマイナーが攻撃

参考:NEWS BTC