【墨汁速報】テスト結果は?イーサリアム2.0 Zinkenテストネットが無事ローンチ

編集部おすすめ

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P500サーキットブレイカー発動

イーサリアムファンデーションは10月12日、Zinken ETH2テストネットをローンチ。Spadinaに続いてイーサリアム2.0の正式稼働開始を確実にするため、「ジェネシスローンチ」のテストを行った。

関連記事:【墨汁速報】イーサリアム2.0 “Zinken”で再度ローンチテスト Spadinaでの問題が判明

Zinkenローンチとトラブル

Zinkenテストネットは12日、日本時間21時にジェネシスを迎えて無事ローンチした。今回のローンチはSpadinaと同様に、稼働開始となる「ジェネシス」でバリデータの参加者やブロックが正しく提案されるかどうかをチェックすることが目的だ。

今回は条件が若干緩和されており、最初に提案されるブロックはEpoch1まで、つまり63スロットまでの間にブロックが提案されれば良いということになる。

Zinkenテストネットデータ

対してこのチェック項目を見るエクスプローラーのノードに問題があり、ローンチ時にはリアルタイムで計測することができず、実際にネットワークに参加しているBeacon Nodeから確認する必要があった。

Zinkenイーサリアム2.0テストネットは成功

筆者は実際にジェネシスローンチに参加した。下記画像は実際のイーサリアム2.0のネットワークに参加する「Beacon Node」であり、Epoch2が順調にファイナライズされていることが分かるだろう。これによってバリデータの参加者は66.6%以上であることが分かり、Spadinaでは問題となったファイナライズの確認ができたということになる。

Beacon Node

もう1度テストを行うか?

Spadinaではバリデータの参加率が低かったことでファイナライズできなかったため、Zinkenでは3分の2という必要な閾値、イーサリアム2.0リサーチャー達はライブストリームで「Zinkenで試したかった目的は達成でき、100%スムーズにテストを行えた」としている。その一方で、エクスプローラーでの確認ができなかったことなどからイーサリアム発明者のヴィタリック氏は「クライアントは問題なく動いていたが、ローンチまで最低でももう1回はジェネシスローンチテストを行うとどうか」と述べている。

イーサリアムファンデーションはイーサリアム2.0のローンチまで徹底的なテストを行っており、ETH投資家が期待するローンチを確実にするためこのような試みを重ねている。ETH2が完全にローンチしたら安定稼働し、ブロックチェーンの歴史を変えることになるだろう。

イーサリアム(ETH)の価格・相場・チャート

【こんな記事も読まれています】
仮想通貨市場が「イーサリアムの年」ともてはやされる理由
DeFiブーム終了?イーサリアム(ETH)の対ビットコイン(BTC)比率が示すもの
イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたのか

墨汁速報@コインチョイス その他仮想通貨の最新時事ニュースはこちら


▼墨汁サロンではイーサリアム2.0の最新動向や実際のステーキング検証、テクニカル分析理論、最新のDeFiやファンダメンタルなどをより深く解説しています。

墨汁うまいと学ぶ仮想通貨の世界

 


前のニュース【墨汁速報】グレースケール 仮想通貨ファンドの”イーサリアムトラスト”SEC報告会社に登録完了
次のニュースソラナとイーサリアム間のクロスチェーンブリッジ「Wormhole」の概要
墨汁うまい
仮想通貨の現役トレーダー、ライター、マイナー。ツイッターではイーサリアムやビットコインの投資家向けに正確で早い情報を提供しているほか、ブロックチェーン技術やファンダメンタル、テクニカルを解説する、オンラインサロンを運営している。イーサリアム・ジャパン管理者