Facebookのザッカーバーグ氏が暗号通貨への関心について語る

編集部おすすめ交換所

ザッカーバーグ氏がFacebookの暗号通貨への関心について語る
マーク・ザッカーバーグ氏がFacebookに暗号通貨を統合する方法を探したいと発表した。

Facebookはすでに私達の生活に浸透しており、様々な形で使われている。友人や家族の様子をチェックしたり、不特定の閲覧者に向けて日々の様子を共有したり、企業やメディアがユーザーにアプローチする手段としてFacebookは利用される。

しかし、月間アクティブユーザ数が増加を続ける一方、ユーザの要求や技術および社会的なトレンドへの追随ができていないように見え、Facebookは死につつあるのかと問う人もいる。

そんな中、1月5日にザッカーバーグ氏は下記の投稿で2018年の抱負を述べた。

マーク・ザッカーバーグ氏のFacebook投稿:

ザッカーバーグ氏は下記のまず下記のようにFacebookがこれまで取り組んできた問題にさらに力を入れることについて語っている。

「2018年の私の個人的な目標はこれらの重要な問題(ヘイトスピーチ等)を解決することです。すべての間違いや乱用を防ぐことはできませんが、私たちは現在ポリシーの徹底やツールの誤った使いかたに関しての失策がたくさんあります。今年うまくいけば、2018年をさらに良い軌道に乗せることができると思います。」

Facebookが変化を続ける時

さらに、彼の投稿からは同社がついに技術的なトレンドに向けて動き出そうとしていることが見て取れる。興味深いことに、同社に行動を促したのは暗号通貨であるようだ。

ザッカーバーグ氏はこう述べている
「暗号化技術や暗号通貨のように、中央集権化に対抗する重要なトレンドがある。これらの技術は中央集権的なシステムから人々の手に力を取り戻す。私はそれらの技術の肯定的な面と否定的な面の両方について、また私たちのサービスに最も適した利用法について、深く調べてみることに興味を抱いている。」

そしておそらくブロックチェーンに関わる多くの人々にとって、この引用された部分の中で重要な要素は最後の文章だ。ザッカーバーグ氏はFacebookのプラットフォームに暗号通貨を実装する可能性を示唆している。

となると気になるのは「どの暗号通貨を採用するのか」だ。

Facebookはどの暗号通貨を選ぶのか?

勿論Facebookなら容易に独自の暗号通貨を作成し、おそらくSteemitが採用したような方法でFacebookのプラットフォームに統合することができるだろう。しかし、同社が既存のコインを採用することも考えられる。

Facebookが独自の通貨に特にこだわりを持たないなら、近い将来、検証結果が思わしいものであれば独自の専用技術を開発するという見通しを持ちつつ、既存の暗号通貨を独自通貨への繋ぎとしてあるいはベータテストとして採用することも選択肢となるだろう。

どのような選択をするとしても、ザッカーバーグ氏とFacebookは単に分散化やブロックチェーン技術に関心を向けているというだけでなく、それらの技術を明るい未来をもたらす2018年の注力分野であるとして強調している。

Bitcoinist

編集部ピックアップ

マルチシグ管理の安心・安全ウォレット