仮想通貨別アービトラージランキング

購入額 ¥
仮想通貨 購入
売却
購入額
売却額
差額
増加率
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

相場・価格の記事一覧
相場・価格に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたのか

イーサリアムDeFiで1日で億り人? Uniswapの$UNI配布で何が起きたの...

イーサリアムのDeFiは前回のコラムからさらに白熱しており、その影響でイーサリアム手数料は高騰しています。本稿ではUniswapの$UNI祭りで大幅なイーサリアム手数料高騰となった今回の件について解説を行います。

【墨汁速報】イーサリアムETFの準備か?米グレースケール イーサリアムトラストの...

イーサリアムトラスト($ETHE)を運用するグレースケールは、8月6日付けで米国証券取引委員会の報告会社への登録となるForm 10を申請したと発表。同ファンドは2019年11月にビットコイントラストの申請を済ませており、SECの報告会社となっていた。

【墨汁速報】”イーサリアム”の検索数が中国と米国で急上昇...

イーサリアムは5周年を迎え36,500円に高騰、その結果Google上でのイーサリアム検索数は過去3年で比較して最高値を記録している。Googleによると、「イーサリアム」の世界中での検索結果がこの2年で最高値に上昇している。

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年11月ローンチを予定と見積もり 最新ロ...

イーサリアム2.0マルチテストネットのデベロッパーによると、全てがうまく行けばイーサリアム2.0フェイズ0のローンチは2020年11月になると見られるという。イーサリアム2.0は6月現在、v0.12.1を公開しており、最終実装候補となっている。

【墨汁速報】現物決済イーサリアム先物をErisXがローンチ米CFTC規制下で初

ErisXはイーサリアム先物をCFTC(米商品先物取引委員会)の規制下で2020年5月11日ローンチ。ErisXは、Bakktと同様に現物決済されるビットコイン先物を提供しており、CFTC規制下でのイーサリアム先物は世界で初となる。

【墨汁速報】半減期!ビットコイン新規発行数が半減 BTCマイナーへの影響は?

ビットコイン(BTC)の半減期はブロック高630000となり、2020年5月12日日本時間午前4:23となった。次回の半減期は21万ブロック後の840000ブロックとなり、2024年5月頃を予定している。

【墨汁速報】ビットコイン13%高騰 米FRB コロナショックによる無制限量的緩和...

米中央銀行であるFRBは、新型コロナウィルス(COVID-19)によるリセッション懸念により、無制限量的緩和政策を発表。この発表でビットコインは約9%の高騰を記録した。日本円で約110兆円にも及ぶドルが新たに市場に投入されることになる。

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P5...

週末開け、米市場のオープン後NYダウは約7.3%の下落を記録。CMEの提供するビットコイン先物も9日月曜にオープンし、12.61%もの下落を記録。2月末から続くコロナショックの第二波となった。相場の動きを紹介する。
金融市場が半壊の一撃!株もコモデティもビットコイン(BTC)も急落!

金融市場が半壊の一撃!株もコモデティもビットコイン(BTC)も急落!

新型コロナウィルスの影響を大きく受ける世界の金融市場。ダウ平均やNASDAQ、日経平均は軒並み下落しています。急落に見舞われるビットコインをはじめとする暗号通貨市場に関して、これからどのような動きをみせるのか、ひろぴー氏の分析を紹介します。
急落したビットコイン(BTC)の分析、気になる今後の値動きは?

急落したビットコイン(BTC)の分析、気になる今後の値動きは?

日本時間の2月20日午前6時ごろに急落したビットコイン(BTC)。ビットメックス(BitMEX)から2.5万枚を超えるBTCの売りが入ったとのうわさもあります。当時のチャートの振り返りと、今後の値動きをみていきます。