仮想通貨別アービトラージランキング

購入額 ¥
仮想通貨 購入
売却
購入額
売却額
差額
増加率
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

相場・価格の記事一覧
相場・価格に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアム(ETH)10日間足らずで50%上昇!視界良好、ターゲットは4万円に!

イーサリアム(ETH)10日間足らずで50%上昇!視界良好、ターゲットは4万円に...

1万ドルまで回復したビットコイン(BTC)。2月13日にはイーサリアム(ETH)が3万円に到達し、1週間50%のアップと非常に強いトレンドをみせています。そんなビットコインとイーサリアムの相場についてひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)価格1万ドル!三役好転の買いシグナル

ビットコイン(BTC)価格1万ドル!三役好転の買いシグナル

2019年10月ぶりにビットコイン(BTC)が1万ドルまで回復しました。そこで、今後のビットコインがどのように動いていくのかボリ平氏に一目均衡表を用いて考察していただきました。今後のトレードの参考にしてみてください。
市場全体堅調もビットコイン(BTC)ドミナンス低下傾向、アルトコインに資金流入か?

市場全体堅調もビットコイン(BTC)ドミナンス低下傾向、アルトコインに資金流入か...

1月に100万円を越えてからその価格をキープしているビットコイン(BTC)。アルトコインも価格が上昇し始め、先週と比較するとその上昇率はどうやらアルトコインの方に分がありそうです。そんな最近の相場に関するひろぴー氏の分析を紹介します。
ビットコイン(BTC)は上昇へ、新型コロナウイルスから始まったリスクオフ相場

ビットコイン(BTC)は上昇へ、新型コロナウイルスから始まったリスクオフ相場

世界では新型コロナウイルスの感染者拡大や再度アメリカとイランの緊張高まる動きがあるなか、ビットコイン(BTC)には追い風のファンダメンタルズが続くと判断するひろぴー氏の今週の相場分析と戦略を紹介します。
上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

上昇トレンド転換に期待、2020年1月ビットコイン(BTC)相場分析

2020年のビットコイン(BTC)相場は期待できるのか?トリプルボトムを形成し、1月19日には一時100万円を突破したビットコイン。その後、91万円付近まで下落し、これからどう動くのでしょうか?ボリ平氏の分析を紹介します。
ビットコイン(BTC)はフィボナッチのリズムで動く!?重要ライン上値までは上昇

ビットコイン(BTC)はフィボナッチのリズムで動く!?重要ライン上値までは上昇

1月の第二週に一時90万円を突破したビットコインは、その後85万円を割りそして1月16日時点で95万円を超えてきています。このまま仮想通貨市場は強気相場へと変わるのでしょうか。今週のひろぴー氏の戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)トリプルボトム完成で買いサイン点灯か?

ビットコイン(BTC)トリプルボトム完成で買いサイン点灯か?

ビットコイン(BTC)は2020年1月3日に3回目の底をつける動きがあり「トリプルボトム」を形成。1月7日時点でネックラインを越える強い上昇を見せています。ボリ平氏によるビットコインのトレード戦略を紹介します。
ソレイマニ司令官殺害から勃発、世界の市場はオールバブルへ!?ビットコイン(BTC)は?

ソレイマニ司令官殺害から勃発、世界の市場はオールバブルへ!?ビットコイン(BTC...

アメリカによるソレイマニ司令官らの殺害により、高まる地政学リスク。世界的に株高も続き、ゴールドと債券、ビットコイン(BTC)価格も上昇しています。そんなビットコインの今後についてひろぴー氏の戦略を紹介します。
ついに90%を超えたビットコイン(BTC)買い!好材料先回りの買いなのか?果たして……

ついに90%を超えたビットコイン(BTC)買い!好材料先回りの買いなのか?果たし...

ついにビットフィネックス(Bitfinex)のビットコイン(BTC)売買ポジション比率で買いが90%を超えました。12月末にはまた大きく下落する可能性があるのか?ひろぴー氏の今週の分析とトレード戦略を紹介します。
ビットコイン(BTC)相場反発?勢いが増すのはどのタイミングか?

ビットコイン(BTC)相場反発?勢いが増すのはどのタイミングか?

長らく下落トレンドが続いているビットコイン(BTC)相場ですが、反転の兆しが見えかけています。そろそろ強気相場が戻ってくるのでしょうか?そこで、覚えておきたいチャートパターンと最近の事例を紹介します。