ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所(現物) ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
GMOコイン
BTC
DeCurret
-
Coincheck
BTC
BINANCE
BTC
ビットバンク
BTC
Huobi Japan
BTC
Liquid by Quoine
BTC
BitMEX
BTC
BITPoint
BTC
Zaif
BTC
BTCBOX
BTC
bitFlyer
BTC
OKCoinJapan
BTC
FXcoin
-
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
取引所(FX・レバレッジ) 買値 売値 スプレッド
24時間の取引高
bitFlyer(FX)
FX_BTC
GMOコイン(FX)
FX_BTC
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 半減期カウントダウン

半減期まであと
時間
現在のブロック
半減期までのブロック数

ビットコイン(BTC) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

ビットコイン(BTC)の概要

特徴 ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人が考えた仮想通貨です。最初のブロックはジェネシスブロックと言われており、今現在も約10分おきにブロックが生成され、連鎖しているプロトコル(仕組み)です。また、特定の管理者がおらず、ビットコインネットワークに参加している人同士が、相互に信用することなく、自律的に信用に足る取引が出来るという特徴があります。
通貨名 Bitcoin 日本語通貨名 ビットコイン
シンボル BTC 時価総額 約260,162億円
公開日時 2009/01/03 アルゴリズム SHA256
発行上限 2100万 マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Satoshi Nakamoto
Web https://bitcoin.org/
Twitter https://twitter.com/bitcoin
ホワイトペーパー https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】ビットコイン金融ビジネス化加速 2例目の仮想通貨銀行承認

米ワイオミング州はアバンティ(Avanti)銀行にビットコインなどの仮想通貨取扱いを可能とする特別目的委託銀行機関(SPDI)を認可した。今年9月に認可されたクラーケン・フィナンシャルに続いて2例目となる。

【墨汁速報】仮想通貨バブル以来の水準、米シルバーゲート銀行2020年Q3ビットコ...

米シルバーゲート銀行は2020年第3四半期に、機関投資家や個人投資家からのビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨の入金が2017年のバブル以来の高水準を記録。ビットコインビジネスの大幅な収益増加となったと収益報告書を公開した。

強気市場のビットコイン(BTC)、クジラの参入で一時的な下落の可能性

非常に強い値上がりを見せるビットコイン(BTC)ですが、クジラからの取引所への送金が観測されています。まだその動きは見えていないおらず、強気市場は継続されると考えられるものの、一時的な下落を念頭に置く必要が出てきました。

ビットコイン(BTC)価格はどう動く?仮想通貨以外の市場に目を向ける必要性

TwitterCEOが率いるオンライン決済企業のスクエア(Square)社がビットコイン(BTC)を買い入れるなど、企業単位でのBTC購入を行うといった動きがあるものの、価格自体は他市場からの影響もあり、方向性が見えにくくなっています。

【墨汁速報】ジョン・マカフィースペインで逮捕 仮想通貨ICOの広告で24.4億円...

セキュリティソフト「マカフィー」の創設者であるジョン・マカフィー(John McAfee)が仮想通貨の資金調達「ICO」の広告をTwitterで行い約24.4億円を受取ったとし、証券違反として告訴された。

ビットコイン(BTC)上昇トレンド終了の可能性?価格のブレイクポイントから見える...

コロナショック以後、強い上昇トレンドと認識されていたビットコイン(BTC)ですが、最近の値動きではその勢いに陰りが出てきたようにも見えてきました。もし下落トレンドへ移行するであれば、これまでの予測モデルが通用しない可能性もあります。
イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム(Ethereum)上でビットコイン(BTC)を使用するケースが急速に増加しています。代表的な3つの手法を説明しながら、8月時点でのイーサリアム上のビットコインに関するデータと考察を紹介します。

ビットコイン(BTC)下落の要因?マイニングプールからの大量送金が示唆するもの

9月2日にマイニングプールから、これまでにないほどに大量のビットコイン'(BTC)が取引所へ送金されました。その後3日には大幅な下落が起きています。今回の大量送金が意味するものと今後はどのような事態が予測されるのでしょうか。
インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

ここ最近、インフレーションに対するヘッジ資産として、ビットコイン(BTC)やゴールドは強気相場が続いています。暗号資産の投資家とっては嬉しい状況ですが、このトレンドにおけるリスクの可能性を考えていきます。
ビットコイン(BTC)はリスク資産との汚名返上か?

ビットコイン(BTC)はリスク資産との汚名返上か?

発行から10年余りが経過したビットコイン(BTC)は、時価総額1位の仮想通貨としてポジションを揺るぎないものとしていますが、ダークネットや犯罪に関する利用など負の側面も指摘されています。そんなビットコインの最近の状況を整理します。