ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所(現物) ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
GMOコイン
BTC
DeCurret
-
ビットフライヤー
BTC
Coincheck
BTC
BITPoint
BTC
BINANCE
BTC
ビットバンク
BTC
Huobi Japan
BTC
Liquid by Quoine
BTC
BTCBOX
BTC
OKCoinJapan
BTC
FXcoin
-
Zaif
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
取引所(FX・レバレッジ) 買値 売値 スプレッド
24時間の取引高
ビットフライヤー(FX)
FX_BTC
GMOコイン(FX)
FX_BTC
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

ビットコイン(BTC)の概要

特徴 ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人が考えた仮想通貨です。最初のブロックはジェネシスブロックと言われており、今現在も約10分おきにブロックが生成され、連鎖しているプロトコル(仕組み)です。また、特定の管理者がおらず、ビットコインネットワークに参加している人同士が、相互に信用することなく、自律的に信用に足る取引が出来るという特徴があります。
通貨名 Bitcoin 日本語通貨名 ビットコイン
シンボル BTC 時価総額 約927,236億円
公開日時 2009/01/03 アルゴリズム SHA256
発行上限 2100万 マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Satoshi Nakamoto
Web https://bitcoin.org/
Twitter https://twitter.com/bitcoin
ホワイトペーパー https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)保有量減少中、投資家たちは強気市場でも貯め...

好調を続けているビットコイン(BTC)や仮想通貨全体の市場ですが、奇妙なパターンが散見されました。強気傾向が続いているにも関わらず、投資家たちは出金して保持するようになってきています。この動きが今後どのような影響をもたらすのでしょうか?
中央銀行がビットコイン(BTC)を問題視する未解決の4点とは?

中央銀行がビットコイン(BTC)を問題視する未解決の4点とは?

世界の多くの中央銀行は今年も、ビットコイン(BTC)をどのように判断するかの結論に達していません。その一方でその価格や利用状況、その他のさまざまな指標において成長をつづけるビットコイン。問題視されているビットコインの4点について紹介します。

【墨汁速報】DeFi市場最大の675億円の被害 中国系Poly Networkが...

イーサリアムやBSC、Polygonなどに展開する中国系クロスチェーンプロトコルの”Poly Network”はハッカーによって攻撃され、DeFi市場最大の被害額となる約675億円相当のETHやUSDT、DeFiトークンが盗まれた。

8月からのビットコイン(BTC)価格はどうなる?強気と弱気の境界線で繰り広げられ...

一時は弱気傾向が非常に強くなったビットコイン(BTC)でしたが、Amazonが決済を導入するという報道を皮切りに回復の兆しを見せていました。この報道は誤りだったものの、現在の価格は強気と弱気の分水嶺に到達しており、今後の転換点となりそうです。
経済学者タレブ氏がビットコイン(BTC)を「価値がなく、通貨として失敗」と批判

経済学者タレブ氏がビットコイン(BTC)を「価値がなく、通貨として失敗」と批判

「ブラックスワン」の著者であるナシム・ニコラス・タレブ(Nassim Nicholas Taleb)氏が、ビットコイン(BTC)は何ら価値もなく、通貨として失敗だと主張する文章を発表しました。内容を紹介します。
DeFi(分散型金融)の橋渡しでビットコインとイーサリアムは「共存できる」との見方強まる

DeFi(分散型金融)の橋渡しでビットコインとイーサリアムは「共存できる」との見...

6月に開催されたCryptonews.com主催の「2021年ビットコイン(Bitcoin 2021)」において、参加者らの間でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)は分散型金融(DeFi)が重要な役割を果たしながら、「共存できる」との見解が示されました。
ビットコインETFが承認された場合の市場への影響は?

ビットコインETFが承認された場合の市場への影響は?

その動向が注目されるビットコインETF。今回は、ビットコインETFがSEC(証券取引委員会)に承認された場合の影響について考えます。例としてグレイスケール・​インベストメンツのGBTCへの影響にいて紹介します。
ビットコイン(BTC)への今後の影響は?中国政府のマイニング取締と今までの歴史

ビットコイン(BTC)への今後の影響は?中国政府のマイニング取締と今までの歴史

中国政府がビットコインやイーサリアムマイニングの本格的な取締に乗り出しました。これらの影響をビットコインネットワークは受けており、価格にも反映されている状態です。中国に動きによるビットコインへの影響を考察します。
カナダのマイニングファーム年末までにハッシュレートを2倍以上に拡大する見込みと発表

カナダのマイニングファーム年末までにハッシュレートを2倍以上に拡大する見込みと発...

カナダに拠点を構えるマイニングファームのハット8(Hut 8)が、ビットコインのマイニングに関するハッシュレートを年末までに約2.5~3.0EHまで拡大する見込みだと発表。新規で獲得する見込みのビットコインの枚数など解説します。
大口投資家クジラが再度買い出動、ビットコイン(BTC)総供給量のほぼ半数を保有

大口投資家クジラが再度買い出動、ビットコイン(BTC)総供給量のほぼ半数を保有

暗号資産(仮想通貨)分析会社によると、仮想通貨の大口投資家の総称として知られるクジラがまたビットコイン(BTC)を買い集めているようです。クジラの動きに関するデータと、マイクロストラテジー(Microstrategy)社の動きをあわせて紹介します。