• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • Zaif (ザイフ)
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

SECの提訴でXRP証券か否か、ガーリングハウスCEOの対応は?

SECの提訴でXRP証券か否か、ガーリングハウスCEOの対応は?

仮想通貨XRPが証券法に違反したとして2020年末に米証券取引委員会(SEC)から提訴されたリップル社は今年、生き残りをかけた大きな戦いを開始します。SEOのガーリングハウス氏がツイッターに投稿した主張を紹介します。
数値で見るBinance Smart Chain、新興ブロックチェーンはどれぐらい使われている?

数値で見るBinance Smart Chain、新興ブロックチェーンはどれぐら...

2020年にローンチした世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」。ローンチから4ヶ月が経過した今、どれぐらい使われているのかその利用状況について数字から見ていきます。
暗号資産市場と世界の金融市場動向【2020年12月】

暗号資産市場と世界の金融市場動向【2020年12月】

これまで以上にマクロ市場の影響を受けるようになることが予想される仮想通貨市場。ビットコイン(BTC)を購入する機関投資家の多様化など、直近のマクロ市場の動向と、暗号資産市場への影響を関連付けて解説します。

仮想通貨業界はSEC委員長に指名されたゲンスラー氏に「慎重ながら楽観的」見方

このほどバイデン新大統領が米証券取引委員会(SEC)委員長にゲーリー・ゲンスラー氏を指名したことが明らかになりました。ゲンスラー氏が仮想通貨業界に対して、どのような見解を示していたのかを紹介します。
ビットコイン価格は長期的に14万6,000ドル、JPモルガンの判断の根拠は?

ビットコイン価格は長期的に14万6,000ドル、JPモルガンの判断の根拠は?

JPモルガン・チェースがこのほど、ビットコイン(BTC)の価格目標を14万6,000ドル(約1,500万円)に設定していることが分かりました。この価格目標に関するストラテジストらの見解などを紹介します。
「25%が2段階認証のバックアップを作成せず」ハードウェアウォレット開発企業が調査

「25%が2段階認証のバックアップを作成せず」ハードウェアウォレット開発企業が調...

ハードウェアウォレットの開発を行うNGRAVEが1月13日、仮想通貨の投資家を対象に行ったアンケート調査をまとめたレポートを発表した。レポートによって明らかになった保有金額や保管状況などを紹介します。
モネロなどプライバシーコインが規制強化で存続の危機に

モネロなどプライバシーコインが規制強化で存続の危機に

プライバシーコインといわれる仮想通貨のモネロ(XMR)やダッシュ(DASH)など、匿名性の高い仮想通貨の将来性が危ぶまれています。モネロの特徴をはじめ、その背景にある規制強化や上場廃止などの流れを紹介します。

【墨汁速報】米国立”仮想通貨”銀行が誕生 OCCがAnchorageの米国立信託...

仮想通貨カストディアンのアンカレッジ(Anchorage)は、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨(暗号資産)スタートアップで初となる米国立信託銀行の設立許可を連邦通貨監督庁(OCC)より受けた。
【2021年トレンド予想】DeFiはさらに成長する

【2021年トレンド予想】DeFiはさらに成長する

2020年に大いに盛り上がりを見せたイーサリアム(Ethereum)におけるDeFi(分散型金融)。2021年はどのような動きを見せるのでしょうか?イーサリアムの改良への期待など、DeFiがさらなる成長を遂げる要因を紹介します。
HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

株式会社HashHubがビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を貸出するサービスの「HashHubレンディング」の先行利用ユーザーの募集を開始したことを発表。最大で年率10%の同社のレンディングサービスの特徴について紹介する。
ビットコイン(BTC)はプライバシー強化のTaprootなどの実装で大幅アップグレード

ビットコイン(BTC)プライバシー強化のTaprootなどの大幅アップグレードへ...

ビットコイン(BTC)のアップグレード「タップルート(Taproot)」が今年にも実装されるのではないかとの期待が高まっています。そこで今回は、このTaprootによってどういったことが変化するのか紹介します。
仮想通貨市場2021年も強気相場が予想される要因を探る

仮想通貨市場2021年も強気相場が予想される要因を探る

2021年に入って一時ビットコイン(BTC)は350万円を突破し、イーサリアム(ETH)は10万円を突破するなど、昨年に引き続き好調な仮想通貨市場。2021年も強気相場が予想されるさまざまな要因を探ります。
2021年イーサリアム(ETH)に期待できる3の理由

2021年イーサリアム(ETH)に期待できる3の理由

今年さまざまなアセットの中でも特にパフォーマンスが良かった暗号資産がイーサリアム(ETH)です。そんな2020年のETHを振り返りながら、2021年も引き続きETHの強気相場を期待できる3つの理由を解説します。
2021年の暗号資産相場はどうなる?2020年より難しい相場になる可能性について論考

2021年の暗号資産相場はどうなる?2020年より難しい相場になる可能性について...

2020年は暗号資産相場が強気な1年でしたが、来年はどうなるのでしょうか?ビットコインやイーサリアム(ETH)はまだまだ買い手があると考えられる一方で、コロナウイルスの影響もまだ懸念があります。2021年の相場について考察します。
2020年を振り返る10の暗号資産のチャート

2020年を振り返る10の暗号資産のチャート

世界中が新型コロナウイルスに翻弄された2020年。暗号資産業界にとってどのような1年だったのでしょうか?ビットコイン(BTC)の価格の変動や記録的なETHのパフォーマンスなど10のチャートで2020年の暗号資産業界を振り返ります。
米証券取引委員会(SEC)のリップル社提訴に業界が反応、擁護の声も

米証券取引委員会(SEC)のリップル社提訴に業界が反応、擁護の声も

米証券取引委員会(SEC)がXRPを証券であるとして、未登録の証券を発売して証券法違反の疑いでリップル(Ripple)社を提訴したニュースは反響を呼んでいます。リップルを支持するメサーリのCEOのコメントを紹介します。
フィデリティ・インベストメンツCEOがビットコイン(BTC)を称賛

フィデリティ・インベストメンツCEOがビットコイン(BTC)を称賛

米金融最大手フィデリティ・インベストメンツ(Fidelity Investments)のCEOが、インタビューでビットコイン(BTC)に言及。そのテクノロジーと将来性を絶賛しました。内容を紹介します。

デジタル人民元約3億円分が蘇州市民10万人に配布!運用テストに中国EC大手も参加...

中国の蘇州市にて、CBDCの大規模な運用テストのために市民10万人を対象に、約3億円分のデジタル人民元が配布されています。10月に行われた深センでから比べて倍の費用がかかっており、最大手ECのJD.comも今回のテストに参加しています。
バイナンスがチリーズと戦略的パートナーシップを締結、CHZのステーキング開始

バイナンスがチリーズと戦略的パートナーシップを締結、CHZのステーキング開始

仮想通貨チリーズ(Chiliz)が世界大手の取引所バイナス(Binance)と戦略的パートナーシップを締結したことを発表した。今回のパートナーシップによって開始されたローンチプールへの追加などの変化を紹介する。
米国のバイデン次期政権は最終的に仮想通貨受け入れる、サークル社CEO語る 

米国のバイデン次期政権は最終的に仮想通貨受け入れる、サークル社CEO語る 

米国の次期バイデン政権は、最終的には暗号資産(仮想通貨)の存在を認め、容認するだろうとの見方が強まっています。ブロックチェーン企業サークル(Circle)のCEOがインタビューで語った見解を紹介します。
ビットコインを買わずにXRPを購入する日本人、世界的に見て異質なその実態とは?

ビットコインを買わずにXRPを購入する日本人、世界的に見て異質なその実態とは?

暗号資産投資に関してビットコイン(BTC)よりもXRPなどに傾倒して投資すると言われている日本人。JVCEAとグレイスケールが発表しているデータを参考にして、日本人の仮想通貨への投資について考えていきます。
ブロックチェーン企業のオアシスラボがBMWとプライバシーに関するプロジェクトで協業

ブロックチェーン企業のオアシスラボがBMWとプライバシーに関するプロジェクトで協...

ブロックチェーン技術を用いたクラウドプラットフォームの開発を行うオアシスラボがこのほど自動車メーカーのBMWグループの協業を発表した。プライバシーに関する初期段階のプロジェクトについてその概要を消化する。
リップルが2021年、XRP送金プラットフォームを大幅拡張へ

リップルが2021年、XRP送金プラットフォームを大幅拡張へ

リップル(Ripple)は2021年、XRP送金プラットフォームの大幅拡張を計画しています。同社のシニアバイスプレジデントがポッドキャストのインタビューで語ったCBDCやビットコインへの見解などもあわせて紹介します。
新型コロナウイルスでビットコインの盗難増加か?カスペルスキーのサイバー脅威レポート

新型コロナウイルスでビットコインの盗難増加か?カスペルスキーのサイバー脅威レポー...

サイバーセキュリティ会社カスペルスキーがこのほど、金融機関に対するサイバー脅威に関するレポートを発表。同レポートで紹介された、2020年の傾向と新型コロナウイルスのビットコインに対する影響などを紹介します。
イーサリアム2.0のステーキングのやり方手順を解説!32ETHをステーキングすべき?

イーサリアム2.0のステーキングのやり方手順を解説!32ETHをステーキングすべ...

イーサリアム2.0の開始となる約335億円相当の524,288ETHがデポジットコントラクトにステーキングされ、日本時間12月1日21時にBeacon Chainの起動が確定しました。そこでステーキングの方法を解説します。
米政府が闇市場から押収したビットコイン(BTC)を退蔵したとの疑惑の声

米政府が闇市場から押収したビットコイン(BTC)を退蔵したとの疑惑の声

アメリカ政府がダークウェブに関連した犯罪者から押収した仮想通貨を貯め込んでいたのではないかと批判されています。政府が10億ドル相当の仮想通貨を押収した事件と、その透明性に疑問を疑問を呈する批判について紹介します。
米新財務長官に指名される仮想通貨に厳しかった元FRB議長イエレン氏とは?

米新財務長官に指名される仮想通貨に厳しかった元FRB議長イエレン氏とは?

米次期大統領のバイデン氏が財務長官に元連邦準備制度理事会(FRB)議長だったジャネット・イエレン氏を指名する見通しとなりました。仮想通貨に批判的な姿勢を示していたイエレン氏は、仮想通貨市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
欧州連合(EU)がデジタルユーロ発行に向けて本格的作業をスタート

欧州連合(EU)がデジタルユーロ発行に向けて本格的作業をスタート

欧州中央銀行(ECB)のクリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)総裁がこのほど、デジタルユーロ発行の可能性に関して協議を開始することを発表。また、2~4年後にはデジタル通貨を発行する意向であることを明らかにした。
イーサリアム 2.0とは? ついに始まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を理解しよう

イーサリアム 2.0とは? ついに始まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移...

DeFi(分散型金融)をはじめとするさまざまなアプリケーションが開発され、ユーザーも増加し続けているイーサリアム(Ethereum)。抜本的なアップデートであるイーサリアム2.0について解説します。
ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨に

ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨に

急成長を遂げ注目される分散型金融(DeFi)。ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨になりつつあります。ETHが基軸通貨になりつつあること理解するための、分散型取引所やETHの将来的な役割についての観点を紹介します。
中国のデジタル人民元を解説、中央銀行発行デジタル通貨はどのように流通する?

中国のデジタル人民元を解説、中央銀行発行デジタル通貨はどのように流通する?

中国のデジタル人民元の開発が進んでいます。世界中の中央銀行もその開発を検討するなど一大テーマになりつつあるデジタル通貨(CBDC)。今回は、CBDCの開発をリードしている中国のデジタル人民元の基本概要を解説します。

ビットコイン(BTC)がDeFiの主役に?ルートストック(RSK)が持つ可能性

ビットコイン(BTC)価格の上昇で市場への支配力が高まっているものの、DeFiに関してはイーサリアム(ETH)独占状態にあります。DeFi業界への参入にはスマートコントラクトが必須であるため、ルートストック(RSK)への関心が高まっています。
チリーズがスウェーデンのeスポーツチームとの提携発表、公式ファントークン発行へ

チリーズがスウェーデンのeスポーツチームとの提携発表、公式ファントークン発行へ

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がこのほど、スウェーデンのeスポーツ団体であるチーム・アライアンス(Team Alliance)との提携を発表した。チーム・アライアンスの公式ファントークン$ALLを発行する予定。
ビットコイン(BTC)価格の異常な高騰を支える3つの要因を探る

ビットコイン(BTC)価格の異常な高騰を支える3つの要因を探る

ビットコイン(BTC)の価格が180万円を超え、いよいよ200万円越えも現実的な見通しとなってきました。シティバンクが発表したレポートなど、今回のビットコインの強気相場の背景を探り、紹介していきます。
バイデン米次期大統領の仮想通貨政策は厳しいが進展もある?

バイデン米次期大統領の仮想通貨政策は厳しいが進展もある?

次期大統領に当選したジョー・バイデン氏は、仮想通貨に関してどのような影響を与えるのでしょうか?証券取引員会(SEC)がより強気の規制措置を取るとの声のほか、仮想通貨の支持者が指名されるとの声もあります。
PayPalのビットコイン(BTC)対応は生活者の行動を変えうる可能性も

PayPalのビットコイン(BTC)対応は生活者の行動を変えうる可能性も

ペイパル(PayPal)が暗号資産売買に対応することを発表しました。外部への送金はできないものの、ビットコイン(BTC)などの購入と売却、保管ができるといいます。今回のペイパルの発表による生活者への影響を考察します。

仮想通貨対応ゲーム機開発を進めるアタリ(Atari)への期待と課題

老舗ゲーム企業のアタリ(Atari)が自社開発のゲーム機本体が仮想通貨に対応することを発表しています。2020年10月末には独自のAtariトークンの取引が開始され、仮想通貨業界において活発な動きが見えるようになってきました。
「証券はすべてトークン化できる」SEC委員長が示唆

「証券はすべてトークン化できる」SEC委員長が前向きな発言

米証券取引委員会(SEC)のジェイ・クレイトン(Jay Clayton)委員長がこのほど、すべての株式がトークンで発行される可能説について言及し、現行の規制がブロックチェーン技術の開発支援に不十分である旨の発言をしました。詳細を紹介します。

【墨汁速報】バイナンス一時ETHとERC20トークン出金停止 イーサリアムノード...

イーサリアムのブロックが一時的にフォークし、オーファンブロックを生成。この影響で仮想通貨大手取引所のバイナンス(Binance)で一時ETHとERC20トークンの出金を停止。現在は復旧し出金できる状態となっている。
元マイクロソフトエンジニア、不正取得金の隠ぺいにビットコインのミキシングサービスを利用

元マイクロソフトエンジニア、不正取得金の隠ぺいにビットコインのミキシングサービス...

元マイクロソフトエンジニアがギフトカードなどのデジタル資産10億円を盗んだとして懲役9年の実刑判決が言い渡された。また、不正に取得した資金の出所を隠すためにビットコインのミキシングサービスを利用していたことが明らかになった。
10月のソラナ(Solana)動向まとめ、異種チェーン連携やUSDC統合など

10月のソラナ(Solana)動向まとめ、異種チェーン連携やUSDC統合など

スマートコントラクトが実行できる高速な処理ができるブロックチェーンとして期待されているソラナ(Solana)。今回は、ステーブルコインの導入やNFTマーケットの誕生などソラナの10月の取り組みについて紹介します。
米司法省10億ドルのビットコイン押収、仮想通貨市場には好材料か?

米司法省10億ドルのビットコイン押収、仮想通貨市場には好材料か?

米司法省が約1,040億円相当のビットコイン(BTC)を押収したとして話題になっています。この押収された仮想通貨は今後、慣例だとオークションにかけられる可能性があることから市場には好材料だとの声も出ています。
2020年後半のビットコイン強気市場の中で機関投資家によるBTCの購入推移や関心を見る

2020年後半のビットコイン強気市場の中で機関投資家によるBTCの購入推移や関心...

強気市場が続くビットコイン(BTC)。この市況をふまえて、機関投資家のビットコインに対する関心や購入推移はどうなっているのでしょうか?グレイスケールとフィデリティが発表したレポートについて紹介します。
仮想通貨チリーズのプラットフォームがウクライナのeスポーツ強豪チームと提携

仮想通貨チリーズのプラットフォームがウクライナのeスポーツ強豪チームと提携

仮想通貨チリーズ(Chiliz)のプラットフォームであるソシオスドットコム(Socios.com)が11月4日、ウクライナを拠点とするeスポーツチーム「Natus Vincere」との提携を発表。詳細を紹介します。
新型コロナウイルス対応でデジタル決済や規制改革進む 

新型コロナウイルス対応でデジタル決済や規制改革進む

新型コロナウイルスのパンデミックが、仮想通貨をはじめデジタル決済の成長やフィンテックの規制改革を加速するなどプラスの影響を与えているという調査結果が報告されました。内容を詳しく紹介します。
仮想通貨で月30万円の不労所得を得るには?イーサリアムDeFiでの運用実態

仮想通貨で月30万円の不労所得を得るには?イーサリアムDeFiでの運用実態

仮想通貨トレーダーでありイーサリアムDeFiファーマーでもある墨汁うまいに、ご自身の実際の運用方法を例に、仮想通貨とDeFi(分散型金融)で得ている不労所得について、その方法や注意点などのについて解説していただきました。
中央銀行デジタル通貨(CBDC)は米ドルの世界支配を脅かしている

中央銀行デジタル通貨(CBDC)は米ドルの世界支配を脅かしている

米国に限らず世界の準備通貨として数十年も支配してきた米ドル。JPモルガン・チェースは多くの国の中央銀行が開発を進めるデジタル通貨(CBDC)が、米ドルの力を脅かすとの報告書を発表しています。内容を紹介します。

ペイパル(PayPal)が発表した仮想通貨サービスの狙いと市場への影響

10月21日に米決済サービスのPayPalが仮想通貨サービスの開始予定を発表しました。まもなくPayPal内での売買が可能となりますが、そこには制限が多く、市場にどのような影響が出るのかは明確ではありません。
仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)でリアルタイムの税計算が可能に

仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)でリアルタイムの税計算が可能に

ウィンクルボス兄弟が運営するアメリカの仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)が、税金計算ソフトのタックスビット(TaxBit)との提携を発表。同取引所での仮想通貨取引に関わる税金の計算と申告が容易になるという。
リップルの移転先は日本が最有力に、米国に明確な規制方針ない

リップルの移転先は日本が最有力に、米国に明確な規制方針ない

リップル(Ripple)が、日本に移転するかもしれないと、米大手情報メディアのブルームバーグ(Bloomberg)が伝えています。同社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏のコメントなど、日本が候補に挙がっている理由を紹介します。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram