• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

Bakktの決済アプリは2020年前半にローンチ予定!拡張される機能の狙いは?

スターバックスへのビットコイン(BTC)支払いを可能とする決済アプリ開発を発表したBakktですが、ローンチ時期は2020年の第1もしくは第2四半期の予定です。決済以外の機能も有するとされるこのアプリはどのような影響をもたらすのでしょうか?
バイナンスチェーンがメインネットのアップグレードを発表、28日に実施予定

バイナンスチェーンがメインネットのアップグレードを発表、11月28日に実施予定

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がバイナンスチェーンのメインネットアップグレードを実施することを発表。実施は11月28日の予定で、今回のアップグレードにともなう変更点などをあわせて紹介します。
Decurret(ディーカレット)アカウント開設方法を解説【初心者向け基礎知識】

ディーカレット(DeCurret)がレバレッジ取引専用アプリをリリース

仮想通貨取引所のディーカレット(DeCurret)がこのほど、レバレッジ取引のアプリ「DeCurret 仮想通貨レバレッジ取引アプリ」をリリースしたこを発表。アプリで利用できる指標など特徴を紹介します。
仮想通貨の99%がデッドコインであり、投資意欲を生む流動性はゼロ

仮想通貨の99%がデッドコインであり、投資意欲を生む流動性はゼロ

仮想通貨に投資する際に重要な要因としてあげられる流動性。しかし、この流動性が高い仮想通貨は数が少なく限られており、およそ99%がデッドコインであるとされています。専門家の見解などと合わせて紹介します。
世界最大手の運用会社のフィデリティ、投資も通じて暗号通貨関連のインフラを準備

世界最大手の運用会社のフィデリティ、投資も通じて暗号通貨関連のインフラを準備

世界最大手の運用会社フィデリティ(Fidelity)が積極的に暗号通貨関連のスタートアップへの投資を行っています。将来の機関投資家需要を満たすと考えらる暗号通貨に関わるフィデリティの投資先を紹介していきます。
仮想通貨・ブロックチェーン業界が発展するスイス、クリプト銀行SEBAサービス開始

仮想通貨・ブロックチェーン業界が発展するスイス、クリプト銀行SEBAサービス開始...

仮想通貨とブロックチェーン業界が成長するスイス。クリプトバレーと呼ばれるツーク市への関心も高まっているなか、仮想通貨銀行のSEBAが本格的にサービス開始しました。スイスにおける仮想通貨の状況を紹介します。
暗号通貨を深く理解している方が投資パフォーマンスも高くなるという調査結果

暗号通貨を深く理解している方が投資パフォーマンスも高くなるという調査結果

日本銀行が発表した調査によると、ビットコイン(BTC)などの暗号通貨を入手したことがある人は7.8%で、暗号通貨を深く理解している人の方が投資パフォーマンスが高いことが明らかになりました。その理由を考察します。
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

暗号通貨のレンディングサービスを提供するブロックファイ(BlockFi)はどのような人が利用しているのか?暗号通貨を担保にして法定通貨を借り入れしたいユーザーやBlockFiの強みなどを紹介していきます。

【墨汁速報】バイナンス 中国Weiboのアカウントを法律を破ったとし消去される

バイナンス(Binance)のWeiboアカウントが、「法律と規制、Weiboの条約を破った」としてWeibo公式からブロックされた。中国メディアによると「バイナンスは最も重要なマーケティングポジションを失った」として
ポロニエックスがアジア太平洋地域向けの取引所Pwang.comを発表

ポロニエックスがアジア太平洋地域向けの取引所Pwang.comを発表

仮想通貨取引所であるポロニエックス(Poloniex)がアジア太平洋地域のユーザー向けに取引所(Pwang.com)を立ち上げたことを発表しました。これまでのサークルによる買収、そして独立などポロニエックスについても紹介します。

ビットコイン(BTC)を買えば大富豪になれる、モーガン・クリークCEOの大胆発言...

米国大手の投資会社モルガン・クリーク・キャピタルのCEOがとある講演で大胆な発言を残しました。「Amazon株を売り、ビットコイン(BTC)を買え」と言い放った彼は、ブロックチェーンの何に対し、そこまでの魅力を感じているのでしょうか?
ドル紙幣にこだわる米国はキャッシュレス社会を迎えることができるか? 

ドル紙幣にこだわる米国はキャッシュレス社会を迎えることができるか? 

アメリカが日常生活の中で仮想通貨を利用した決済手段が台頭する可能性があるのか政府が注目し始めています。米国議会調査局(CRS)の調査レポートからアメリカのキャッシュレスと仮想通貨に対する考えを探ります。

【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想...

ハードウェアウォレットのLedger Nanoで有名なスタートアップLedgerは、米保険業界最大手のマーシュにより仮想通貨カストディプラットフォーム"Ledger Vault"に163億円の保険を獲得したと14日に発表した。
バイナンス(Binance)がパクソスと連携、法定通貨ゲートウェイのサービス提供へ

バイナンス(Binance)がパクソスと連携、法定通貨ゲートウェイのサービス提供...

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)がパクソス(PAX)の発行体であるパクソストラストカンパニー(Paxos Trust Company)と提携、法定通貨ゲートウェイを導入したことを発表。今回の提携について紹介する。
バイナンスがHTCと提携しバイナンスチェーン搭載のスマートフォンを発表

バイナンスがHTCと提携しバイナンスチェーン搭載のスマートフォンを発表

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が台湾の通信機器メーカーであるエイチ・ティー・シー(HTC)と提携し、バイナンス版スマートフォンの開発を発表。分散型取引所(DEX)もサポートするスマホの特徴などを紹介。
ブロックチェーン・デジタル通貨など国家プロジェクトに、中国が新法採択

ブロックチェーン・デジタル通貨など国家プロジェクトに、中国が新法採択

中国が10月に採択し、2020年1月に発効するとされる「暗号法(Cryptography Law)」。これに合わせてブロックチェーン技術開発と人民元のデジタル通貨(DCEP)に関する中国の動きを紹介。

【墨汁速報】Bitfinex 金にペッグするテザーゴールドと仮想通貨オプションの...

Bitfinexとテザー社のCTO Paolo Ardoino氏によるとBitfinexは仮想通貨のオプション取引を2020年第1四半期にローンチする予定であると述べた。また同仮想通貨取引所で同じ親会社を持つステーブルコインのテザーを発行するテザー社は、CNHTに続きゴールドにペッグするテザーゴールドを発行するとしている。 先物のバスケット取引と仮

【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

BakktのCOOであるAdam Whiteが、現物決済ビットコイン先物のBakktビットコイン先物は来年の2020年までに、CMEと同様の差金決済の導入を計画していると発言した。Bakktビットコイン先物の拡大を画策しているという。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査待ちの状態となっている。

中国が反ブロックチェーンの意見を検閲し、ビットコイン教育をスタート

中国の習近平総書記によるブロックチェーン支援の発言から、中国国民に向けた教育などが推進されてきています。アンチブロックチェーンの発言も規制されるようになりましたが、そもそも教育に利用されているツールにとある仕組みが存在していました。
ビットコイン(BTC)決済・還元アプリのFoldが民泊のAirbnbに対応

ビットコイン(BTC)決済・還元アプリのFoldが民泊のAirbnbに対応

ビットコイン(BTC)決済と支払いに応じた還元を行うアプリのフォールド(FOLD)が11月11日、民泊サービスを展開するエアービーアンドビー(Airbnb)に対応したことを発表した。フォールドの特徴などもあわせて紹介する。

【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNY...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakkt(バックト)は、11日NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)によりカストディサービスを提供する認可を受けたと発表。9月より先物は提供していたが、カストディサービスは提供していなかった。
ブロックチェーン活用の日本発人材マッチングサービス「職歴BANK」がリリース

ブロックチェーン活用の日本発人材マッチングサービス「職歴BANK」がリリース

日本における働き方がこれまでとは変化を見せている中、ブロックチェーンを活用して人材と企業のマッチングを図るサービス「職歴BANK」が11日から開始となる。データ管理・運用としての用途を最大限に活用した、今後が期待できるサービスだ。

分散型金融(DeFi)の普及には何が必要?AMAでの回答から見える今後の予想

分散型金融(DeFi)のニーズが世界的に高まっている兆しを感じさせますが、今後の発展には何が必要となるのでしょうか?テレグラムの日本コミュニティにて行われたAMAにて、興味深い質問と回答がありましたので、いくつかを紹介していきます。

【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレン...

BlockFiはビットコインとイーサリアムの高金利レンディングをオファーするプラットフォーム。そのBlockFiが、BTCとETHアドレスの出金先を登録できるホワイトリストの導入を発表、さらなるセキュリティの向上になる。
Bakktが第2フェーズ事業としてマーチャントポータルとBTCオプション計画

Bakktが第2フェーズ事業としてマーチャントポータルとBTCオプション計画

今年、現物渡しビットコイン(BTC)先物を取引を開始したバックト(Bakkt)がスターバックスと提携しアプリを開発することになりました。その影響や、今後Bakktが何を目指しているのかなどを紹介します。

ビットコイン(BTC)相場からクジラが消える?Whale AlertCEOが回答...

仮想通貨価格の大変動を引き起こし得る「クジラ」と比喩された大口投資家が数少なくなっていると考えられています。トレードを行うTwitterユーザーにとっては「Whale Alert」というアカウントは馴染みの深いものではないでしょうか?
バイナンス(Binance)とウクライナのデジタル変革省が仮想通貨実装のための協力を発表

バイナンス(Binance)とウクライナのデジタル変革省が仮想通貨実装のための協...

仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が11月6日、ウクライナの仮想通貨の法的地位の確立に協力するため、同国のデジタル変革省との了解覚書を交わしたことを発表。ウクライナの成長を促進されることが予想される今回の発表を紹介します。
米議会にリブラ(Libra)などステーブルコインを規制する法案回覧中

米議会にリブラ(Libra)などステーブルコインを規制する法案回覧中

ホワイトペーパーの発表から話題がつきないFacebookのリブラ(Libra)。現在、アメリカでは、米証券取引委員会(SEC)がリブラをはじめとするスーテーブルコインを規制できるようににする草案が提案されています。

FacebookのLibraはSNSのようには普及しない?Facebook役員が...

Facebookの「リブラ(Libra)」プロジェクトによる仮想通貨業界参入は2019年の界隈を賑わせた一大ニュースでした。しかし、米国政府からの圧力などによって、世界的な普及には非常に長い期間を要することになりそうです。
バイナンス(Binance)がサブアカウントに対しても先物取引・マージン取引のサービス開始

バイナンス(Binance)がサブアカウントに対しても先物取引・マージン取引のサ...

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)がサブアカウントでの先物取引とマージン取引のサービスを開始することを発表しました。バイナンスのサブアカウントの特徴やサービス開始の背景などを紹介します。
中国が発行する人民元のデジタル通貨DCEPとはどんな通貨?

中国が発行する人民元のデジタル通貨DCEPとはどんな通貨?

中国人民銀行がデジタル通貨電子決済(DCEP)と呼ばれるデジタル通貨を発行することがほぼ間違いなくなっています。中国国際経済交流センターの副理事長も発行を認めたDCEPとは?またリブラに対する見解などもあわせて紹介します。
ステラ(XLM)開発財団が運営資金など合わせて500億XLMのバーンを発表

ステラ(XLM)開発財団が運営資金など合わせて500億XLMのバーンを発表

ステラ(XLM)の運営母体であるステラ開発財団(SDF)が運営資金やキャンペーン資金から合計500XLMをバーンしたことを発表した。今回のバーンの内容や背景、そして今後のステラの運営方針などを合わせて紹介していく。

【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジ...

イーサリアムDEXのRadar Relayの開発で知られるスタートアップのRadarは、イーサリアムウォレットでビットコインのライトニングネットワークとのスワップを可能とする「RedShift」と呼ばれる新規サービスをローンチした。
ドバイの仮想通貨取引所BTSEがモネロ(XMR)の先物取引を開始

ドバイの仮想通貨取引所BTSEがモネロ(XMR)の先物取引を開始

ドバイで認可された仮想通貨取引所のBTSEがこのほど、モネロ(XMR)の先物取引を開始することを発表しました。最大で100倍のレバレッジをかけることができるBTSEの先物取引と、同取引所の特徴もあわせて紹介します。
ビットコインETFの入り口となるか?ドイツ企業が提案した仮想通貨ETNとは

ビットコインETFの入り口となるか?ドイツ企業が提案した仮想通貨ETNとは

認可が下りず、今後の実現も危うくなってきたビットコインETF。しかし、別のアプローチとして、ドイツ企業が「ビットコイン版上場投資証券(ETN)」の事業発案書を提出しています。このETNはETF実現への入り口となるのでしょうか。

【墨汁速報】Nexus ビットコインベースのブロックチェーンにスマートコントラク...

ビットコインベースのブロックチェーンの機能が拡張可能なNexusが、新たにスマートコントラクト機能をもたらすネットワークアップグレードを行うと発表。11月4日にデプロイされ、11月11日に実装がアクティベートされるという。

【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ...

ナスダック証券取引所のシステムを採用している仮想通貨取引所のDX.Exchangeは、取引所の売却または合併を押しすすめるために一時的に取引所を閉鎖することを取締役が決定したと11月3日に発表。ローンチからわずか10ヶ月となり、1年経たずに閉鎖という結果

【墨汁速報】フィッシングメールに気をつけて!BitMEXがメアド流出の経緯とその...

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXは、11月1日に発表した新たなインデックス計算方と取引所追加告知でユーザーのメールアドレスが大量に流出した問題を謝罪。BitMEXのサポートなどを語るフィッシングメールの注意喚起を行った。
習近平のブロックチェーン声明と関連の動向を理解する

習近平のブロックチェーン声明と関連の動向を理解する

中国の習近平国家主席がブロックチェーン技術の応用が新しい技術革新と産業改革において重要な役割を果たすことを強調し、取り組みに力を入れていくよう指示したと報道されました。影響などを考察します。
イーサリアム2.0(ETH2)は何がすごいのか?

イーサリアム2.0(ETH2)は何がすごいのか?

イーサリアム2.0またはETH2と呼ばれているイーサリアムの完成形の初期段階が2020年1月へと迫っています。そこで、イーサリアム2.0がなぜすごいのか、そしてどのような影響を与えるのかを解説していきます。

【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を...

ビットコインデリバティブで最も流動性が高いBitMEXは、基準となるインデックスの計算に新しい取引所を追加すると発表。新たに取引所を追加することでよりビットコインやイーサリアムなどの市場価格を反映できるとしている。

仮想通貨取引所コインチェック(Coincheck)がステラ(XLM)の取り扱い開...

仮想通貨取引所のコインチェック(Coincheck))が11月1日、新たに「ステラ・ルーメン(Stellar Lumens:XLM)」の取り扱いを開始することを発表した。気になる開始時期は2019年11月12日の予定。
FRB理事候補だったムーア氏がしっぺ返し、ステーブルコイン「Frax」発行へ

FRB理事候補だったムーア氏がしっぺ返し、ステーブルコイン「Frax」発行へ

米共和党員でエコノミストのスティーブン・ムーア(Stephen Moore)氏が独自のステーブルコイン「フラックス(Frax)」の発行計画を発表した。米連邦準備制度理事会(FRB)に対する厳しい姿勢をみせています。
ツイッターのCEOが仮想通貨関連スタートアップに投資

ツイッターのCEOが仮想通貨関連スタートアップに投資

Twitterのジャック・ドーシー(Jack Dorsey)最高経営責任者(CEO)がこのほど、仮想通貨関連のスタートアップのコインリスト(CoinList)に投資していたことが明らかになった。コインリストの特徴などを紹介する。

【墨汁速報】米CMEビットコイン先物のオプション詳細を暫定的に公開 投資戦略はよ...

ビットコイン先物を提供するCMEは9月末に発表していた「ビットコイン先物のオプション」の詳細を発表。来年の2020年第1四半期にローンチ予定であり、より複雑なトレード戦略が可能になる。詳細を紹介します。
ビットコインの85%が採掘済、残りのBTCは15%で半減期も迫る

ビットコインの85%が採掘済、残りのBTCは15%で半減期も迫る

発行済みビットコインの量が1,800万BTCに到達し、新規生成されるのが300万BTCとなり85%が既にマイニングされたことになっています。2020年の5月にひかえる半減期につて考えるべきことを紹介します。
仮想通貨の世界に出回る「ビットコイン(BTC)ならこの問題は解決する」の意味は?

仮想通貨の世界に出回る「ビットコイン(BTC)ならこの問題は解決する」の意味は?...

最近、「ビットコインならこの問題は解決する」というフレーズは何を意味しているのか?金融システムやうわされる景気後退による経済状況の変化などとビットコインの関連を含めて、業界関係者の意見とあわせて紹介します。
学習サービス「PoL」が仮想通貨・ブロックチェーン業界のライター向けコースを発表

学習サービス「PoL」が仮想通貨・ブロックチェーン業界のライター向けコースを発表...

仮想通貨・ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoL(ポル)を運営する株式会 社techtecが、新たな学習カリキュラムとなる「PoLライターコース」の提供を開始した。その特徴や魅力などを紹介します。
0x(ZRX)のトークン価格が高騰、モデルの変更が市場でポジティブに評価される

0x(ZRX)のトークン価格が高騰、モデルの変更が市場でポジティブに評価される

最近で大きく価格が上昇しているトークンの1つはZRXについて紹介します。分散型取引所のプロトコルであるZRXは、批判からモデル変更されています。どのようなことがマーケットに評価されているのでしょうか?

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram