仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

米国、USバンコープに6億1300万ドルの罰金!マネーロンダリング対策の怠りが要因

米国:USバンコープに6億1300万ドルの罰金!マネーロンダリング対策の怠りが要...

米銀業界第5位のUSバンク持株会社である「USバンコープ」に、資金洗浄対策の怠りがあったとして、米国政府は6億1300万ドルもの罰金を科せられた。多くの不審な取引を隠ぺいしたことが要因とされる。今後の対処は一体どのようにしていくのだろうか。
被害額200億円相当!?イタリアの仮想通貨取引所もハッキングの被害に…

被害額200億円相当!?イタリアの仮想通貨取引所もハッキングの被害に…

日本ではコインチェックのNEM盗難事件がありましたが、イタリアでも仮想通貨取引所でハッキング事件があったそうなのです。被害額はなんと200億円相当。どうして事件は起きてしまったのか、事件の詳細をビールさんに解説していただきました。
ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

2018年2月に入り起きたビットコイン(BTC)大暴落。今後も暴落は起こりうることなのか?ボリ平さんが非常に興味深い過去のビットコイン(BTC)暴落データから読み取れること、今後のビットコインの展望について解説していただきました。
株価60%上昇!ゲーム会社アタリが仮想通貨「Atari Token(アタリ・トークン)」発行計画を発表

株価60%上昇!ゲーム会社アタリがトークン「Atari Token」発行計画を発...

ゲーム会社アタリ(Atari)が「Atari Token(アタリ・トークン)」というトークン発行計画を発表。発表後に株価が約60%上昇した。80年代にアタリショックという大インパクトを与えたアタリが今度はどんなインパクトを与えるのだろうか?
zaif(ザイフ)剛力彩芽

Zaif(ザイフ)剛力彩芽採用のCM放映開始:各取引所イメージ戦略について

仮想通貨取引所のイメージキャラクターに関してまとめました。ザイフが剛力彩芽さん、ビットフライヤーが成海璃子さん、
仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新...

台北市と仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)が提携したことが発表された。IOTAはIoTの導入を目的とされて開発された暗号通貨のこと。台北市はIOTAと提携しスマートシティを目指して今後も発展していくと情報技術局局長のLee氏は語る。
リップル(Ripple・XRP)の拡大が止まらない…!サウジアラビア中銀が初の「決済プログラム」試験開始

リップル(Ripple・XRP)の拡大が止まらない…!サウジアラビア中銀が初の「...

Ripple(リップル)社とサウジアラビア中央銀行が初の決済技術プログラムのテストを開始しました。スペインでもxCurrentを使ったサービスのリリースをお知らせしたしたばかり。Ripple(リップル・XRP)の勢いが止まらない。
miyabi(ミヤビ)・mijin(ミジン)とは?ブロックチェーン技術利用システム開発に期待高まる

ビットフライヤー「miyabi」・Zaif「mijin」とは?ブロックチェーン技...

ブロックチェーンを採用した新たな分散処理システム「miyabi(ミヤビ)」「mijin(ミジン)」とは?。miyabiはbitFlyer、mijinはZaifが開発しました。特徴や今後の展望についてひろぴーさんに解説していただきました。
スペイン最大手商銀がRippleのxCurrentを使っ4ヵ国に即時送金サービス開始へ

世界初!Ripple社(リップル)「xCurrent」を使った4ヵ国間即時送金ア...

Ripple社の「xCurrent」を使った即時送金アプリのサービスが2018年第1四半期中には開始するとの発表があった。これはスペインのサンタンデール銀行にてスタートされるもので、4ヵ国間(スペイン、英国、ブラジル、ポーランド)となる。
シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いについての解説です。先日起きたコインチェック社の不正流出事件をうけて、セキュリティ状況を再確認する人も多いのではないでしょうか。今回は知らない方の為にもシングルシグとは?マルチシグとは?をわかりやすく解説しています。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@