• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

オンチェーンガバナンスで自動的にアップデートするテゾス【テゾスジャパン 香川氏インタビュー後編】

オンチェーンガバナンスで自動的にアップデートするテゾス【テゾスジャパン 香川氏イ...

スマートコントラクトが実行でき、さらに形式検証を行うことができるためその安全性が高いブロックチェーンのテゾス。テゾスの組織やその優位性について聞いたテゾスジャパンのJay Kagawa氏のインタビュー後編をお届けします。

コロナウィルスが仮想通貨に与える影響、ビットコイン価格との相関性

コロナウイルスによって、仮想通貨業界へはどのような影響があったのでしょうか。マーチャントサービス、ギャンブル、ダークネット市場などでの使用を分析している企業がレポートを報告しています。相関性の変化などが強くある分野には見られています。
金融分野で活用が進むTezosブロックチェーン、証券トークンのメリットは?

金融分野で活用が進むTezosブロックチェーン、証券トークンのメリットは?

スマートコントラクトが実行でき安全性が高く、よく金融や不動産分野との相性が良いと表現されるブロックチェーンプラットフォームのテゾス(Tezos)。実際にどのように活用されるのか、そしてそのメリットを紹介します。
バイナンスが韓国市場向けの仮想通貨取引所立ち上げを発表

バイナンスが韓国市場向けの仮想通貨取引所立ち上げを発表

世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が3月31日、バイナンスKRそローンチし 韓国の市場に参入することを発表した。同取引所への登録は4月2日、トレードは6日から開始される予定。発表の詳細を紹介する。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)最終段階となる最大約108万円のバグバ...

イーサリアムファンデーションはETH2フェイズ0の監査終了に伴い、ETH2フェイズ0のBeacon Chainのバグバウンティプログラムを発表。2020年内のローンチを目前としており、リリース前の最後のバグテストとなる。
バイナンスが独自のVISAデビットカードを発行する意図は?

バイナンスが独自のVISAデビットカードを発行する意図は?

世界最大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が3月26日、仮想通貨で支払いが可能となるVISAデビットカード「バイナンスカード(Binance Card)」の発行を発表しました。その背景を紹介します。
2020年のビットコイン価格予想は約248万円、クラーケンがユーザーを調査

2020年ビットコイン価格予想は約248万円!?クラーケンがユーザーを調査

アメリカの仮想通貨取引所であるクラーケン(Kraken)がこのほど、世界中のVIPクライアントを対象に行った仮想通貨に対する感情と期待の調査結果を発表した。ビットコイン(BTC)の価格予想では多くの人が期待していることが明らかになった。

【墨汁速報】韓国最大手国民銀行 仮想通貨カストディの商標登録出願 KBDACは新...

韓国メディアの報道によると、韓国最大手国民銀行が仮想通貨カストディを行うKBDAC(KB Digital Asset Custody)という商標登録を出願。諮問機関は金融機関が仮想通貨取扱いに参入すべきという見解を示していた。
ハッシュレート下落と売り圧力でビットコイン(BTC)採掘者は利益が上がらない

ハッシュレート下落と売り圧力でビットコイン(BTC)採掘者は利益が上がらない

新型コロナウイルスの世界的流行で金融市場をはじめビットコイン(BTC)の価格も暴落。マイニングの状況も今や厳しい状況が続き、利益をあげにくい状況となっています。最近のビットコインの状況をまとめました。
「ビットコイン(BTC)は安全な避難先か?」バイナンスCEOが個人見解を発表

「ビットコイン(BTC)は安全な避難先か?」バイナンスCEOが個人見解を発表

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)のジャオ・チャンポン最高経営責任者(CEO)が、自身の仮想通貨に対する考えを発表した。仮想通貨が資産の安全な避難先になりえるのかなど、さまざまな質問に回答した。

【墨汁速報】ビットコイン13%高騰 米FRB コロナショックによる無制限量的緩和...

米中央銀行であるFRBは、新型コロナウィルス(COVID-19)によるリセッション懸念により、無制限量的緩和政策を発表。この発表でビットコインは約9%の高騰を記録した。日本円で約110兆円にも及ぶドルが新たに市場に投入されることになる。
暗号通貨取引所Bakktはデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームに?

暗号通貨取引所Bakktはデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームに?

ニューヨーク証券取引所親会社ICEのグループ会社として2019年にローンチした暗号通貨取引所バックト(Bakkt)。今後の動きとしてデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームになることを示唆しています。
アルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと

アルトコイン投資で多くの人がはまる罠、トークンの判断に必要なこと

アルトコイン・トークンの投資は簡単ではありません。その証拠にほとんどのトークンのここ1年間の価格パフォーマンスは優れていません。そこで、多くの投資家がアルトコインに投資する際にどこ気を付ければいいのかを紹介します。

【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)...

イーサリアム上のレンディングコントラクトCompoundは、DeFiの中核Maker DAOが提供するステーブルコインSAI(Single Collateral DAI)の取扱に関する新たな発表を行った。
アフリカ諸国で広がるビットコイン(BTC)、P2P取引所は前年比50%成長を記録

アフリカ諸国で広がるビットコイン(BTC)、P2P取引所は前年比50%成長を記録...

アフリカ諸国でビットコイン(BTC)のユーザー数が増加しています。P2P取引所のパックスフル(Paxful)では2019年の取引ボリュームが57%も成長し、今後さらなるユーザーの増加に期待が集まっています。アフリカの可能性とは?

仮想通貨取引所バイナンス、50億円超のインド向けファンドを共同設立

業界大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)が以前買収したインドの取引所ワジールエックス(WazirX)と共にインドでのブロックチェーン技術発展に向けた5,000万ドル(約54億円)のファンドを設立したことが発表された。
仮想通貨ウォレットの2getherが女性ユーザーの実態を調査

仮想通貨ウォレットの2getherが女性ユーザーの実態を調査

仮想通貨企業のトゥギャザー(2gether)がこのほど女性ユーザーによる仮想通貨の利用実態を調査した結果を発表した。調査はヨーロッパの5000人を対象にして行われ、年齢層や人気の通貨などが明らかになった。
ビットコイン(BTC)は反転の兆し?プットコールレシオが示すもの

ビットコイン(BTC)は反転の兆し?プットコールレシオが示すもの

3月12日に暴落したビットコイン(BTC)。その価格は約10カ月ぶりの水準となりました。強気相場を予想していたアナリストにとってはショックかもしれませんが、オプション取引市場からビットコインの価格が反転するとの見通しが出ています。
オントロジー(Ontology)が始めるコミュニティプログラム、GCCの概要

オントロジー(Ontology)が始めるコミュニティプログラム、GCCの概要

2020年から開始されたオントロジー(Ontology)のGlobal Community Contributorプログラム。総額1億ONTの報酬や開発者やリサーチャーなどコミュニティ貢献者として参加できる枠など、GCCについて紹介します。
暗号通貨(トークン・アルトコイン)の投資判断をする際に行うべき10つのこと

暗号通貨(トークン・アルトコイン)の投資判断をする際に行うべき10つのこと

暗号通貨の投資判断は簡単ではありません。インターネット上にはさまざまな関連する情報がありますが、多くの人が日本語のブログのみの情報では不十分だと認識していると思います。そこで、投資判断に必要な10のことを紹介します。
大きく価格を伸ばす暗号通貨LINKとは?オラクル問題とトークンの役割

大きく価格を伸ばす暗号通貨LINKとは?オラクル問題とトークンの役割

2019年に価格のパフォーマンスが非常に良かった銘柄の1つであるチェーンリンク(Chainlink)というプロジェクトのLINKトークン。Chainlinkが取り組むオラクル問題とLINKトークンの役割について解説します。

仮想通貨チェインリンク(LINK)が一瞬で99%下落、一時的にほぼ価値ゼロに

コロナウイルスの影響で株式や為替のみならず、仮想通貨市場でも驚異的な大暴落が起きました。その中、バイナンス(Binance)でエラーが発生し、アルトコインのチェインリンク(LINK)がほぼ無価値で取引される瞬間が生まれてしまっています。
オントロジー(Ontology)をステーキングして報酬をもらう方法とその注意点

オントロジー(Ontology)をステーキングして報酬をもらう方法とその注意点

ステーキング可能なブロックチェーンのオントロジー(Ontology)をステーキングして報酬をもらう方法についてウォレットのダウンロードから手順を紹介します。また覚えておくべき注意点についても解説します。

コインベース(Coinbase)のCEOが考える暗号通貨決済の未来

仮想通貨の利用は決済分野において未だ限定的です。多くの人にとってヴェンモ(Venmo)やペイペイ(PayPay)のようなサービスが主流だと思います。そこで今回は、米取引所のコインベースCEOの暗号通貨決済の未来についての考えを紹介します。
ビットコイン(BTC)採掘が苦境に、ハッシュレートが異常に上昇

ビットコイン(BTC)採掘が苦境に、ハッシュレートが異常に上昇

ビットコイをマイニングする速度を示すハッシュレートとディフィカルティが過去最高まで上昇しています。新型コロナウイルスの影響もあり、ビットコインの価格下落となっている今、一部の仮想通貨事業者の撤退の可能も出ています。
アイルランドで初となる仮想通貨オークションが開催決定

アイルランドで初となる仮想通貨オークションが開催決定

アイルランドのオークション企業であるウィルソンズ・オークション(Wilsons Auctions)が3月6日、約1,290万円相当のビットコイン(BTC)をはじめとする仮想通貨のオークションを実施することを発表した。詳細を紹介する。

【墨汁速報】ゴールドがビットコインを打ち負かす コロナショック S&P5...

週末開け、米市場のオープン後NYダウは約7.3%の下落を記録。CMEの提供するビットコイン先物も9日月曜にオープンし、12.61%もの下落を記録。2月末から続くコロナショックの第二波となった。相場の動きを紹介する。
「仮想通貨の価値はゼロ」というウォーレン・バフェット氏の真意

「仮想通貨の価値はゼロ」というウォーレン・バフェット氏の真意

世界最大手の投資持株会社バークシャー・ハサウェイ会長兼最高経営責任者(CEO)で「投資の神様」とも言われるウォーレン・バフェット(Warren Buffett)氏はこのほど「仮想通貨に価値はない」と断言。

【墨汁速報】韓国国会 ビットコイン取引などの仮想通貨取引所の規制改正法案を可決

韓国国会にて仮想通貨取引所の運営をライセンス化し、許可制にする特定金融取引情報の報告と利用の法改正案が3月5日に可決。韓国はビットコインなどの仮想通貨取引を正式に国として規制されることとなった。法案の詳細を紹介する。

トロン(TRON)のSteemit買収で見えるDPoSの中央集権化

トロン(TRON)財団による分散型ブログプラットフォーム「スティーミット(Steemit)」買収において、SteemのコンセンサスアルゴリズムであるDPoSの脆弱性を突いて投票が強行されるという問題が話題となっています。
JPモルガンが「仮想通貨市場は成熟した」との前向きの市場調査公表

JPモルガンが「仮想通貨市場は成熟した」との前向きの市場調査公表

10年余りの歴史を通じて、そのエコシステムが徐々に成長してきた仮想通貨。JPモルガンがこのほど2019年の仮想通貨に関する調査報告書を公表。前年と比較して「成熟した」分析。レポートの内容を紹介します。

【墨汁速報】ビットコイン投資家に警告、アンチビットコインで有名なイングランド銀行...

イングランド銀行に17日付けで総裁として就任するAndrew Bailey氏はビットコイン投資家に対して警告を行った。Bailey氏によると「(ビットコインへの投資は)すべての資産を失うことになる身構えが必要だ」という。

【墨汁速報】イーサリアム新たな時代の幕開け EYとマイクロソフト他12社 新たな...

イーサリアム開発スタートアップのConsensSysと4大監査法人のEYは、マイクロソフトなど含む14のスタートアップや企業と提携。エンタープライズグレードでのイーサリアム活用の新たなプロジェクト「ベースラインプロトコル」を発表。
英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表

英国の保険組合ロイズが仮想通貨ウォレット向けの新しい保険を発表

保険組合であるロイズ・オブ・ロンドンが3月2日、盗難や悪意あるハッキングから仮想通貨ウォレットを保護するための新しい保険を発表した。関係者のコメントと、連携先のコインカバー(Coincover)についても紹介。

【墨汁速報】ビットコインや米株一時高騰 米FRB 緊急で50bpの利下げ

連邦準備制度理事会(FRB)は、緊急で50bpの利下げを発表。この発表によりビットコインを含むゴールド、米株に買いが集中し一時的に高騰。ビットコインは約1.74%の高騰後、-2.58%の下落となった。
バイナンス(Binance)がトルコの銀行アクバンクと銀行チャネル統合

バイナンス(Binance)がトルコの銀行アクバンクと銀行チャネル統合

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が3月2日、トルコの大手銀行の1つアクバンク(Akbank)と銀行チャネル統合を行ったことを発表。ユーザーはトルコリラを即座に入出金できるようになる。
FBIが過去6年の米国内ランサムウェア攻撃の身代金総額は156億円との報告書公表 

FBIが過去6年の米国内ランサムウェア攻撃の身代金総額は156億円との報告書公表...

米連邦捜査局(FBI)がアメリカで過去6年間でランサムウェアの攻撃によって被害者が支払ったビットコイン(BTC)の合計額が1億4,400万ドル(約156億円)だったと発表しました。ランサムウェア攻撃が盛んになった背景などを紹介。

ブロックチェーンの企業導入進むか、スマートコントラクト言語開発企業が高額の資金調...

イーサリアム(Ethereum)で利用されているスマートコントラクト言語のソリディティ(Solidity)とは異なる言語である、DAMLを開発中の企業、デジタル・アセット(Digital Asset)社が大型の資金調達を完了しました。
仮想通貨投資で必ず守らなければいけないこと

仮想通貨投資で必ず守らなければいけないこと

2020年に入りビットコイン(BTC)など価格回復がみられた仮想通貨市場。仮想通貨投資を行う際には、取引所のハッキングや不可解な経営破綻といった取る必要のないリスクが存在します。そこで、こういった無駄なリスクを避ける手段を紹介します。

仮想通貨統合型ブラウザBraveにWebアーカイブ参照機能が標準搭載

広告に頼らないエコシステム実現を目指すブラウザであるブレイブ(Brave)にアーカイブページの回復機能が標準搭載されるようになりました。ウェイバック・マシン(Wayback Machine)により、エラーページの即時回復が可能となります。

【墨汁速報】米CoinbaseイーサリアムのENSを統合 ENSライクなサービス...

コインベース(Coinbase)はイーサリアム版DNSとなるENS(イーサリアムネームサービス)をウォレットに統合。このENSのサポートにより、ユーザーはDNSのようにドメインでアドレスを指定することが可能となった。
新型コロナウイルスが仮想通貨に大きなインパクト、中国はデジタル人民元発行へ加速か

新型コロナウイルスが仮想通貨に大きなインパクト、中国はデジタル人民元発行へ加速か...

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大の懸念から、世界の株式市場は急落しています。新型コロナウイルスは仮想通貨に対してどのような影響を与えているのか。そしてデジタル人民元の発行を急いでいるとされる中国の動きを紹介します。
仮想通貨チリーズのプラットフォームがグローバルID付与を発表、プリペイドカード発行へ

仮想通貨チリーズのプラットフォームがグローバルID付与を発表、プリペイドカード発...

仮想通貨チリーズ(CHZ)が2月24日、プラットフォームのソシオスドットコムによるID認証「ソシオスID(Socios ID)」の発行を発表。また、あわせて発表されたソシオスプリペイドカードの発行計画について紹介する。
米連邦準備制度理事会(FRB)がデジタル米ドル発行を検討している背景

米連邦準備制度理事会(FRB)がデジタル米ドル発行を検討している背景

米連邦準備制度理事会(FRB)がデジタル通貨を発行するための研究を進めています。パウエルFRB議長も下院金融委員会でデジタル通貨発行を検討していること認めるなど、アメリカのデジタル米ドルに関する動きを紹介。
NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在するのか?

NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在するのか?

ゲームアイテムのトークン化に代表されるNFT(ノンファンジブル・トークン)は2020年の日本で注目されるビジネス領域の1つになるかもしれません。そこで、NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在しているのかを紹介します。
Tezos上で行われるレイヤー2の研究開発、Plasmaから着想を受けるMarigold

Tezos上で行われるレイヤー2の研究開発、Plasmaから着想を受けるMari...

テゾス(Tezos)上のレイヤー2技術としてマリーゴールド(Marigold)があります。プラズマ(Plasma)の着想を得たとされるこのマリーゴールドの特徴と、新しいスマートコントラクト言語について紹介します。
クリプトファンドのPolychain Capitalが2号ファンドを組成中、今後の投資戦略とは?

クリプトファンドのPolychain Capitalが2号ファンドを組成中、今後...

その規模が一時10億ドルを突破したアメリカで最大のクリプトファンドのポリチェーンキャピタル(Polychain Capital)が2号ファンドを組成中で2億ドルを調達しようと動いているそうです。その今後の投資戦略とは?
仮想通貨が秘密の銀行口座にならないよう米財務省の取締権限強化

仮想通貨が秘密の銀行口座にならないよう米財務省の取締権限強化

アメリカ政府は、デジタル通貨やデジタル決済システムが秘密の銀行口座として利用されるのを阻止するため、近く新たな規制措置を発表する姿勢をみせています。スティーブン・ムニューシン財務長官のコメントともに、その背景を紹介します。
仮想通貨チリーズが米国と欧州スポーツ市場を目的にラガルデールスポーツと戦略的提携

仮想通貨チリーズが米国と欧州スポーツ市場を目的にラガルデールスポーツと戦略的提携...

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がこのほど大手スポーツマーケティングラガルデールスポーツ(Lagardère Sports)との提携を発表しました。ラガルデールスポーツの特徴と、今回の提携による狙いなどを紹介します。

【墨汁速報】中国仮想通貨取引所FCoin顧客のビットコインを不正送金し持ち逃げか...

中国の仮想通貨取引所FCoinは、チームのコアメンバーと連絡が取れず、予定通りにシステムを回復できないとし、メンテナンスモードに入っていた。Fcoinのコールドウォレットからビットコインの送金が確認され、詐欺ではないかと憶測が飛んでいる。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram