仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースのニュース一覧

仮想通貨ニュースに関する最新ニュースやコラムなどを掲載しています
大手ベンチャーキャピタル、米SECに対し仮想通貨を証券として分類しないように要求

大手ベンチャーキャピタル、米SECに対し仮想通貨を証券として分類しないように要求...

仮想通貨業界の大手ベンチャーキャピタル2社が、米SECに対して仮想通貨を証券として分類しないように要求、規制緩和を求める提案書を提出した。SECは仮想通貨を規制する政策について明白な発言はしていない為、今後の発表が注目される。
米仮想通貨取引所コインベースがウィキリークスの決済アカウント停止:政治的背景絡みの全面戦争へ

米仮想通貨取引所コインベースがウィキリークスの決済アカウント停止:政治的背景絡み...

米国の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が突然、ウィキリークス・ショップの決済アカウントを凍結したという。事前連絡もなしにウィキリークスに文書が送られたとのことで、コインベースに対する反論も見られる。まさに全面戦争のようである。
ピンチはチャンス!今だからこそ仮想通貨と向き合う為の4つのスタンス

ピンチはチャンス!今だからこそ仮想通貨と向き合う為の4つのスタンス

仮想通貨は価格変動の激しい市場であり、規制等も要因となり仮想通貨価格は落ち着かない今日この頃ですが、こういった逆風をプラスに変える「ピンチはチャンス」という考え方で仮想通貨に向き合うスタンスを4つ紹介します。
ハッカーをおびき寄せるハニーポット(Honeypot)とは?知っておきたいネットワーク危機管理

ハッカーをおびき寄せるハニーポット(Honeypot)とは?知っておきたいネット...

ハニーポット(Honeypot)とは、ハッカーをおびき寄せるための甘い罠と呼ばれるシステムのこと。おびき寄せられる犯罪者を観察、おとり手法を実行し、ハッカーを陥れる流れである。今回はハニーポットがハッカーを欺いた一例を紹介。
仮想通貨の風説流布で被害に遭わないために知っておくべき基礎知識や防護法

仮想通貨の風説流布で被害に遭わないために知っておくべき基礎知識や防護法とは

仮想通貨市場は偽情報を流して市場を操作する「Pump-and-Dump」が広まっている。つまり風説を流布することをさす。こういった被害に遭わないために知っておきたい詐欺手法の基礎知識や自分自身を守る方法(防護法)を紹介。
マスターカードはブロックチェーン技術を積極的に活用、次々と特許申請へ

マスターカードはブロックチェーン技術を積極的に活用、次々と特許申請へ

クレジットカード業界大手マスターカード(MasterCard)は仮想通貨関連事業(主にブロックチェーン技術)に積極的に取り組んでいる。ブロックチェーン技術者含む175人の新規雇用や様々な特許申請を行なうなど活発である。
SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が解決

SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が...

大手仮想通貨取引所であるBitfinex(ビットフィネックス)とGDAX(ジーダックス)が最近になりSegWit(セグウィット)を採用し、ビットコインの取引手数料が元の水準まで下がってきたという。両社の今後の取り組み(方針)を紹介。
大手アダルトサイトPornhubが「Verge」での仮想通貨決済をスタート

大手アダルトサイトPornhubが「Verge(バージ)」での仮想通貨決済をスタ...

世界最大級のアダルトサイトともいえるPornhubが、仮想通貨による決済をスタートしたことがわかった。今回発表されたのは仮想通貨「Verge(バージ)」の支払い導入だ。認知が増えるのか、今後も取り扱い通貨が増えるのかなどに注目したい。
仮想通貨の利益は「迅速さ、低コスト、バランス」IMFのラガルド専務理事が支援へ

仮想通貨の利益は「迅速さ、低コスト、バランス」IMFのラガルド専務理事が支援へ

IMFのクリスティーヌ・ラガルド専務理事が「仮想通貨が持つプラスの可能性」に関する内容をIMFブログにて公開した。仮想資産は私達に大きなインパクトをもたらす可能性があると指摘。仮想資産の利益は「迅速さ、低コスト、バランス」と語っている。
仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?

仮想通貨はイスラム法の壁を超えて総人口17億のイスラム教国に拡散するのか?

仮想通貨はイスラム教義「シャリーア」に反しないというBlossom Financeの報告書が公開されて話題となっている。報告書の内容を見た筆者はイスラム教徒が仮想通貨取引を認める日が近づいているのではと推測。その理由を解説します。
仮想通貨が無料でもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」に参加するための7つのヒント

仮想通貨が無料でもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」に参加するための...

仮想通貨がもらえる仕組み「エアドロップ(Airdrop)」の解説。なぜ無料でもらえるのか?エアドロップの危険性とは?安全に参加する7つのポイント等、参加する前に確認しておきたい内容がこの記事で完結します。
仮想通貨取引所Coinbaseが同社史上最大の買収へ、ビットコインスタートアップ「Earn.com」とは?

仮想通貨取引所Coinbaseが同社史上最大の買収へ、ビットコインスタートアップ...

米国の大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が同社史上最大規模の買収を行った。買収はビットコインスタートアップのEarn.comとなる。ソーシャルメッセージングアプリで有名なEarn.comとはどんな企業なのでしょうか?
サッカー界のレジェンド ルイス・フィーゴ氏がICOを支持「ファンと選手の関わりを深める」と共感

サッカー界のレジェンド ルイス・フィーゴ氏がICOを支持「ファンと選手の関わりを...

サッカー界のレジェンドとも呼ばれるルイス・フィーゴ選手はこの度、フットボールスターズのトークン化に向けた活動をするため公式アンバサダーに任命された事を発表した。フィーゴ氏はICOによってファンと選手の関わりが深まると嬉しいとコメントしている。
アラブ首長国連邦が2021年ブロックチェーン戦略発表!政府取引50%はブロックチェーン決済へ

アラブ首長国連邦が2021年ブロックチェーン戦略発表:政府取引50%はブロックチ...

アラブ首長国連邦が「2021年UAEブロックチェーン戦略」を発表した。政府取引の50%はブロックチェーン技術が利用される見通し。この技術がUAEの生活の質に反映し国民の幸福度を強化していく旨も公開された。各国にも影響が与えるのかが注目される。
ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を開始

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を...

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がアメリカの首都ワシントンDCにネットワーク規模を拡大しようとしていることがわかった。同社は米国の19州でサービスを提供しており、こういった取り組みがBTC普及につながっているといえる。
仮想通貨におけるデジタル空間の分権化が持たらす社会的役割とは?

仮想通貨におけるデジタル空間の分権化が持たらす社会的役割とは?

仮想通貨に関して多くの人が語る内容は特徴、技術、価格についてです。今回は仮想通貨が持たらす影響について社会学的な角度から考察を行いました。仮想通貨において、デジタル空間の分権化が持たらす社会的な役割は一体どのようなものなのでしょうか。
ビットフライヤー(bitFlyer)

bitFlyer(ビットフライヤー) VS 日本経済新聞の報道に関しての実験検証...

本日、日経新聞がビットフライヤーに対して「顧客獲得を優先 犯罪対策二の次」という記事を公開しました。そこで、その記事に記載されてることがどこまでが事実なのかを検証してみました。マネーロンダリングなどを防ぐために法規制を進めている仮想通貨業界です。その中でビットフライヤーは大手取引所なので、慎重に進めて欲しい件です。
JPモルガン・チェースを集団訴訟、仮想通貨の高額手数料請求で損害と主張

JPモルガン・チェースを集団訴訟、仮想通貨の高額手数料請求で損害と主張

アメリカの大手銀行であるJPモルガン・チェースが、クレジットカード顧客により集団訴訟を起こしたことがわかった。仮想通貨を購入したことのある顧客に対して事前告知なしに高額手数料を請求するなどをしたとして顧客が異議を申し立てたが返金処置はされていないという。
ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNeweggから見る実態

ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNewegg...

近年、ビットコイン(BTC)の決済を導入している店舗が増加している。米国第2位のネットショップNeweggは2014年からBTC決済をスタートしており、ダニー・リーCEOは今後も店舗は増加するコメント。Neweggから決済の実態を考察する。
仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)、新たなブロック取引サービスを導入すると発表

仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)、新たなブロック取引サービスを導入すると発...

仮想通貨取引所「Gemini(ジェミニ)」が、大口取引を可能にする新たなブロックトレードのサービスを開始すると発表がありました。従来の大口取引による仮想通貨相場の大幅な価格変動への影響を抑えるために開発されたとのことです。
中国の仮想通貨対策、政府の方策は独自の「官製仮想通貨」発行か?

中国の仮想通貨対策、政府の方策は独自の「官製仮想通貨」発行か?

取引所やICO禁止など仮想通貨の規制を当面行なう方針の中国が、規制強化が進んでいくにつれ、行き着く先は政府発行の独自の”官製仮想通貨”の発行ではないかと推測。理由や今後考えられることについてフリージャーナリスト長瀬氏が考察を行いました。
仮想通貨専門店「Free State Bitcoin Shoppe」はアメリカを変えることが出来るか?:ニューハンプシャー州

米国の仮想通貨専門店、ショップオーナーが店舗の必要性について語る

米国で初となる仮想通貨の専門店「Free State Bitcoin Shoppe」のオーナーが海外メディアのインタビューに答えた。店舗の必要性やニューハンプシャー州で仮想通貨を広めていきたい思いなどが熱く語られている。
仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?

仮想通貨をHODL(ホールド)するだけで不労所得が貰える4つのパターンとは!?

仮想通貨で利益を得たいと思っている方の多くは、仮想通貨取引だけと思っている方も少なくないと思います。しかし特定の通貨をホールド(所有)するだけで利益を得る方法があります。その内容を具体的な例を加えて紹介します。
仮想通貨はバブルと発言した投資家ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資を開始か?

仮想通貨はバブルと発言した投資家ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資を開始か?

有名な投資家ジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資に着手していると連日報じられている。「仮想通貨はバブルだ」と発言したソロス氏が仮想通貨投資に参入後、ロックフェラー家、ロスチャイルド家ともに投資を始めたという情報もあり、今後の動きが注目される。
中国北京、エンジニアが会社所有のビットコイン(BTC)100枚を盗んだ容疑で逮捕

中国北京、エンジニアが会社所有のビットコイン(BTC)100枚を盗んだ容疑で逮捕...

中国にて、自身の会社の地位を利用したエンジニアがビットコイン(BTC)を100枚盗んだ容疑で逮捕された。軽くて3年以下の懲役、重くて7年まで刑期が延びる可能性がある。盗難後90%のBTCは会社に返還されているという、これは一体なぜなのか?
大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

大手企業IBM、仮想通貨に対する取り組みのケーススタディとは?

大手IT企業IBMが考える仮想通貨に対するケーススタディについての解説。IBMブロックチェーン開発責任者Jesse Lund氏は仮想通貨のビジネス・アプリケーションを開発することに関心があると発言し、仮想通貨事業に参入してくると考えられる。
コインチェックの買収額(36億円)は安いのか?高いのか?フェアバリュー算出の不可能性

コインチェックの買収額(36億円)は安いのか?高いのか?フェアバリュー算出の不可...

ハッキング事件から3か月、コインチェックがマネックスに買収されることが決まり、その価格は36億円と発表。昨年1000億円もの利益が出ていたコインチェックを36億円で買収するのは安いのか?それとも様々な条件を加味すると高いのだろうか?
調達資金は850億円以上?!史上最大規模のICOを行うテレグラムのTONとは?

調達資金は850億円以上?!史上最大規模のICOを行うテレグラムのTONとは?

ロシア発のメッセージングアプリTelegram(テレグラム)がICOのプライベートセールを開催し、850億円以上の資金調達をしていることが米証券取引委員会(SEC)によって発表された。集めたお金で何を作るのか?プロジェクトの内容や懸念点を解説。
コインチェック記者会見、マネックスグループと共同発表の一部始終

コインチェック&マネックスの共同記者会見:買収の経緯や今回のメリットとは?

本日、コインチェック社を36億で買収すると発表を行ったマネックスグループとその対象のコインチェック社が共同記者会見を開いた。買収の経緯や今回の買収におけるマネックス社としてのメリットなど、記者会見で行われた質疑応答の様子を公開。
仮想通貨交換業者 行政処分

仮想通貨交換業者|行政処分まとめ

過去の行政処分内容をまとめたものです。金融庁から行政処分を受けた日付、詳細内容(業務停止命令、業務改善命令)、処分内容、管轄(関東、東海、近畿、福岡など)を表で見やすいようにしたページとなります。
仮想通貨の相対取引が大ブレーク、リスク回避にSkype取引が目立つ

仮想通貨の相対取引が大ブレーク?リスク回避にSkype(スカイプ)取引が目立つ

最近、インターネット電話Skype(スカイプ)を介した仮想通貨の相対取引(OTC取引)が拡大中。オンライン取引所でのリスクを避けたい大手投資家に人気だというこのOTC取引だが勿論リスクもある。どういった取引でどんなリスクがあるのかを紹介。
ベネズエラ政府、仮想通貨「Petro(ペトロ)」を使ってロシアから自動車部品を購入

ベネズエラ、仮想通貨「Petro(ペトロ)」を使ってロシアから自動車部品を購入

ベネズエラ政府は、ロシアからの自動車部品の購入に仮想通貨ペトロ(Petro)を使用する予定だということを公表しました。ベネズエラとロシアの両国大臣は互いの経済協力関係を発展させることに合意。海外メディアで報道された内容を紹介します。
マネックスが36億円でコインチェック社を買収へ、新経営体制も正式発表

マネックスが36億円でコインチェック社を買収へ、新経営体制も正式発表

本日マネックスグループ株式会社がコインチェック社を36億円で買収すると正式に発表があった。買収に至った背景や新たな経営体制など、発表からわかることを記載しています。和田社長や大塚COOの役職は一体どうなるのでしょうか?
アフリカのビジネススクールがビットコインでの学費支払いを受け入れ、PAXFULが歓迎

アフリカのビジネススクールがビットコイン(BTC)での学費支払いを受け入れ、PA...

南アフリカの著名なビジネススクールが学費の支払いにビットコイン(BTC)を受け入れ、P2PのBTC交換サービスのPAXFULが歓迎。これによりアフリカで教育を受けられていない人々の為に教育を受けられる環境が充実していくと考えられる。
格安航空エアアジア(AirAsia)が仮想通貨「BigCoin」発行か、ICOも検討中?

格安航空エアアジア(AirAsia)が仮想通貨「BigCoin」発行か、ICOも...

日本でも人気のLCC航空会社エアアジア(AirAsia)が「BigCoin」という仮想通貨の発行を計画していると日経アジアが発表した。エアアジアCEOによると機内食の購入や席のアップグレードにBigCoinが使えるようになるとのこと。
米自動車メーカーフォード:交通渋滞の解消にトークン利用のシステムを開発、特許を取得へ

米自動車メーカーのフォード:交通渋滞解消にトークン利用システムを開発、特許を取得...

アメリカの自動車メーカーフォード(Ford Motor Company)が、交通渋滞解消を目的とした独自トークン利用のシステムを開発し、3月27に特許取得。ブロックチェーン技術が自発的な交通整理を促し社会問題を解決する夢のような話だ。
勝者には高額賞金!シンガポールで「ブロックチェーン技術×ビジネス活用」コンペが開催

勝者には高額賞金!シンガポールで「ブロックチェーン技術×ビジネス活用」コンペが開...

シンガポールにおいてブロックチェーン技術を利用したコンペが開催されることが発表された。「起業家部門」と「情報伝達部門」の2部門に分けられ勝者には高額賞金が用意されている。開催企業はブロックチェーンの未来について考えがあるようだが、その考えとは?

コインチェックをマネックスが買収?:買収額は数十億円で経営陣も刷新

コインチェックをマネックスが買収か?という報じられている。報道ベースではマネックスグループがコインチェックを子会社化するにあたっての買収額は数十億円であることや代和田社長や大塚氏の2名が取締役から外れること等が条件となっているようだ。
ICOの約80%は詐欺だった?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が公開

ICOの約80%は詐欺?!投資家必読の最新調査データをICOアドバイザリー企業が...

NYを拠点とするICOアドバイザリー企業が「ICOの80%が詐欺であり、実際に取引されているトークンはわずか8%である」ということが最新の調査でわかった。どういった判定方法なのか?海外仮想通貨情報メディアで公開された調査内容の詳細を解説。
仮想通貨の価格下落後、消費者からの苦情が669%も増加したデータを公開

仮想通貨の価格下落後、消費者からの苦情が669%も上昇したデータが公開された

消費者リサーチグループのValuepenguinは、2017年6月1日から2018年3月1日の間に消費者金融保護局(CFPB)に提出された苦情に関する調査を行ったところ、仮想通貨価格の下落後に苦情が669%増加していたことが公開されたデータでわかった。
ヤフー今後の対応を慎重に検討中

ヤフー今後の対応は?:FaceBook、Google、Twitterの仮想通貨広...

2018年に入り、フェイスブック、ツイッター、グーグルが仮想通貨・ICO関連の広告規制を行いました。世界大手のWebメディアが対策を行う中でヤフーは、今後の方針など発表をしていません。そこで問い合わせを入れたところ、対応に関して慎重に検討すると回答がありました。
米国:大学生は約20%が仮想通貨投資、業界従業員は給与支払いにビットコインを希望

米国:ローン利用の大学生は約20%が仮想通貨投資、業界従業員は給与支払いにビット...

アメリカでは、大学生の約20%が仮想通貨投資をしていると学生ローン情報メディアの調査でわかった。また、仮想通貨業界の従業員は給与支払いにビットコイン(仮想通貨)を希望する者が増加中とのこと。これらにはどういった背景があるのでしょうか?
ロシア・中国・韓国の業界団体が仮想通貨広告禁止は不当とGoogle,Twitter,Facebookを集団訴訟へ

Google、Twitter、Facebookを集団訴訟へ|仮想通貨広告禁止を受...

ロシア・中国・韓国のブロックチェーン業界が、仮想通貨インターネット広告禁止を受け、Google,Twitter,Facebookなどの大手SNSメディアや検索エンジン企業を訴訟する考えがあることをはっぴょうしたと海外メディアが報じた。
Twitterが仮想通貨関連の広告禁止を発表、新しい広告ポリシーは27日から段階的に適用へ

Twitterが仮想通貨関連の広告禁止を発表、新しい広告ポリシーは27日から段階...

Twitterが仮想通貨関連の広告禁止を改めて発表した。新しい広告ポリシーは27日から段階的(30日以内)に適用されるという。これによりICO、トークン販売、仮想通貨取引所、ウォレットのサービスの広告が禁止になるとのこと。
決済企業Paypal(ペイパル)が仮想通貨決済スピード向上のため特許申請

決済企業Paypal(ペイパル)が仮想通貨決済スピード向上のため特許申請

Paypal(ペイパル)が高速仮想通貨決済システムのため特許の申請を出願した。オンライン決済サービスといえばペイパルという時代も今や競争化してきている中、新たな取り組みで一歩先を進むことが目的なのか。今後の野望についても海外メディアで語られた。
CLOUD ACT承認、暗号通貨アドレスがSDN対象により、取引所はより完全な「銀行」に 近づいていく…

CLOUD ACT承認、暗号通貨アドレスがSDN対象により取引所はより完全な「銀...

CLOUDACT(法執行機関が国境を越えてアクセスできる方法を規定する法的な仕組みを作ること)が米議会で承認されました。また今後暗号通貨アドレスがSDNリスト対象になる可能性も…?これらによって取引所はより完全な「銀行」に 近づいていくかもしれない。
仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

仮想通貨規制は世界各国にとって避けれない緊急の課題になろうとしている

世界各国の政府は日々発生するマネーロンダリングやサイバー攻撃などの問題懸念が広がる仮想通貨交換業者に厳しい監視の目を向けています。最近起きた規制に関する動きをまとめました。仮想通貨の規制は各国の重大な課題となっていることは間違いなさそうです。
5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ!歴史から教訓を得よう

5つのビットコイン詐欺事件から学ぶセキュリティ、歴史から教訓を得よう!

過去に起きたビットコイン詐欺事件を紹介。ご存知の方も多いMT. Gox(マウント・ゴックス)社のハッキング事件などがありセキュリティに対する関心は高まりましたが、いま一度歴史を振り返りセキュリティについて意識を高く持つ習慣をつけてみてはいかがでしょうか。
サッカー界のスター選手マイケル・オーウェン氏がマニー・パッキャオ氏に続き仮想通貨を発行

サッカー界のスター選手マイケル・オーウェン氏がマニー・パッキャオ氏に続き仮想通貨...

シンガポールのスタートアップ企業は元リヴァプールFC選手マイケル・オーウェン氏とタッグを組み仮想通貨「OWN」を発行すると発表した。有名人が仮想通貨を発行するのはプロボクサーであり投資家でもあるマニー・パッキャオ氏に続く二人目となる。
金融庁バイナンスへ警告

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)に対して金融庁から警告

日本でも人気取引所のバイナンスが金融庁から警告を受けた。前日に日経が報道を行ったが、バイナンスCEOは否定するツイッターを投稿していたが、翌日である本日に警告を受けたと再度ツイートした。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@