• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

リップル法務チームが係争中の証券取引委員会(SEC)と和解交渉を否定した背景

リップル法務チームが係争中の証券取引委員会(SEC)と和解交渉を否定した背景

米証券取引所(SEC)と係争中のリップル(Ripple)社法務チームはこのほど、SECとの和解に向けて協議する計画はないと語ったと伝えられています。最近のゲーリー・ゲンスラー委員長の発言などもあわせて紹介します。
「スポーツファンは仮想通貨をよく知っている」データ提供企業が調査結果発表

「スポーツファンは仮想通貨をよく知っている」データ提供企業が調査結果発表

このほどモーニング・コンサルトが仮想通貨に関する調査を実施し、スポーツファンの方がそうでない人よりも仮想通貨の認知度が高い傾向にあることが明らかになった。その差はおよそ3倍近くにもなるという。今回の調査結果の内容を紹介します。

ゲームストップ事件を引き起こしたウォールストリートベッツがNFTに参入

仕手戦を繰り広げた「ゲームストップ事件」で有名となった匿名掲示板Reddit発のウォールストリートベッツ(WallStreetBets)がNFT業界に参入してきました。今回リリースされるNFTには限定のディスコードチャンネルに入れるなどの特典が付与されています。
米証券取引所(SEC)との関係模索する仮想通貨取引所

米証券取引所(SEC)との関係模索する仮想通貨取引所

米証券取引委員会(SEC)は、暗号資産(仮想通貨)に対して強気な姿勢を貫いてきました。そんなSECから最近、特に厳しい目を向けられている大手の仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)やバイナンス(Binance)の例を紹介します。
「有権者の3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持」米国複数州で調査

「有権者の3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持」米国複数州で調査

アメリカの10州の有権者に対して行った仮想通貨に関する調査が行われ、約3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持していることが明らかになった。ニューズウィーク(Newsweek)による調査結果内容を紹介します。
韓国の半数以上の仮想通貨取引所が新規登録命令で閉鎖の危機に

韓国の半数以上の仮想通貨取引所が新規登録命令で閉鎖の危機に

韓国の多くの暗号資産(仮想通貨)取引所がサービス停止の危機に立たされています。政府が9月24日期限として仮想通貨事業の再登録を義務付けたことによるもので、約40の取引所でサービスが停止する見込みだという。

インサイダー取引のあったNFTマーケットプレイス「OpenSea」がスマホアプリ...

NFTマーケットプレイスでも最大手となるオープンシー(Opensea)がスマホ版アプリをリリースしました。しかし、以前には送金バグによるNFTの消失問題もあり、現在はインサイダー取引疑惑の論争中でもあるという、非常に悪いタイミングであることに非難の声もあがっています。
「アジアでは71%の投資家がデジタル資産に投資」フェデリティが調査結果を発表

「アジアでは71%の投資家がデジタル資産に投資」フェデリティが調査結果を発表

フェデリティ・デジタル・アセッツ(Fidelity Digital Assets)がこのほど、世界の投資家を対象とした調査結果を発表。特にアジアでデジタル資産の採用率が高いことが分かった。その他の結果とあわせて紹介する。
中南米国民の約50%がビットコイン(BTC)を法定通貨として歓迎、世論調査結果

中南米国民の約50%がビットコイン(BTC)を法定通貨として歓迎、世論調査結果

ブラジルの調査会社のリサーチによると、南米の約50%がビットコイン(BTC)を法定通貨として歓迎していることが分かりました。その他にも、仮想通貨へ投資する理由や経済危機との関連など同調査結果の内容を紹介します。
パナマも仮想通貨を決済手段として認める法案提出

パナマも仮想通貨を決済手段として認める法案提出

このほどパナマでビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を決済手段として認める法案を議会に提出されました。法案の概要とあわせて、同国の下院議員がツイッターに投稿した「暗号資産法」の内容について紹介します。

テゾス(XTZ)の音楽専用NFTマーケットプレイスで人気女性歌手がデジタルコレク...

音楽業界にもNFTが本格的に流れ込んできているようです。全米1位を獲得した人気女性シンガーの「ドージャ・キャット(Doja Cat)」がファングッズとして、さまざまな特典を付与したNFTのデジタルコレクションを発売すると発表がありました。
「SECはレンディング機能を証券と判断」米仮想通貨取引所コインベースCEOがツイート

「SECはレンディング機能を証券と判断」米仮想通貨取引所コインベースCEOがツイ...

米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)に対して、同社が提供を予定しているレンディングサービスをい開始すると提訴すると警告。アームストロングCEOがツイッターで反論を投稿している。
米証券取引委員会(SEC)市場拡大を続ける仮想通貨への規制強化への動き

米証券取引委員会(SEC)市場拡大を続ける仮想通貨への規制強化への動き

暗号資産(仮想通貨)のレンディングサービスや分散型金融(DeFi)・分散型取引所(DEX)の台頭を受け、 米証券取引委員会(SEC)のこれら仮想通貨セクターに対する規制を強化する動きが強まっています。いくつか例を上げて紹介します。

イーサリアム(ETH)の潜在的価値は最大約390万円?世界的銀行グループが評価額...

世界的な銀行グループである「スタンダード・チャータード(Standard Chartered)銀行」がイーサリアム(ETH)の投資ガイドを発行しました。その中で、ETHの潜在的な価値は約290万円から約390万円ほどになると評価しています。
JPモルガンが「仮想通貨市場は再びバブル状態に」と投資家向け分析ノート公表

JPモルガンが「仮想通貨市場は再びバブル状態に」と投資家向け分析ノート公表

JPモルガンの公表によると、暗号資産(仮想通貨)市場は再び膨張し始めており、市場条件は思ったより早くバブル状態になろうとしていると分析しています。その背景にある個人投資家の需要増加など内容を紹介します。

NFTへの参入を進めるゲームストップ(GameStop)、イーサリアム(ETH)...

2021年1月に仕手によって株価が大暴騰したゲームストップ(GameStop)社は巨額の資金を得ており、同年5月にはNFT分野への参入を発表しています。この時イーサリアムのロゴが公式サイトに表示されていたものの、実態はどうなのでしょう。
「32%が直近6か月以内に仮想通貨を購入することに興味」デジタル資産を取り扱うバックトが調査結果発表

「32%が直近6か月以内の仮想通貨の購入に興味」バックト(Bakkt)が調査結果...

デジタル資産を取り扱うバックト(Bakkt)が「米国消費者仮想通貨調査」の結果を発表。32%が今後6か月以内に仮想通貨を購入することに興味を持っていることが明らかになった。同調査のその他のデータについても紹介します。
国際決済銀行(BIS)が香港金融局と提携してグリーンボンドのトークン化へ

国際決済銀行(BIS)が香港金融局と提携してグリーンボンドのトークン化へ

国際決済銀行(BIS)がこのほど香港金融管理局(HKMA)と提携し、グリーンボンド(環境債)えをトークン化させる「ジェネシス・プロジェクト(project Genesis)」の開始を発表した。詳細を紹介します。
3年後には機関投資家が仮想通貨取引市場をほぼ独占する、調査会社リポート

3年後には機関投資家が仮想通貨取引市場をほぼ独占する、調査会社リポート

デジタル資産の調査会社アーケーン・リサーチが、仮想通貨に関するレポートを発表。資産運用会社やファンド、銀行など機関投資家は3年後に、暗号資産(仮想通貨)の取引を独占するとの予想を発表している。内容を紹介する。

中国でNFTが爆発的人気に?富裕層がクリプトパンクス(CryptoPunks)に...

先日ビザ(VISA)がNFTのクリプトパンクス(CryptoPunks)を購入したことが話題となりましたが、アリババ(Alibaba)がNFTマーケットをローンチしたり、中国富裕層もNFTを購入するなど、中国国内で人気が熱狂的になっているようです。
イートロ2021年第2四半期のレポート公開、仮想通貨からの手数料が急増

イートロ2021年第2四半期のレポート公開、仮想通貨からの手数料が急増

仮想通貨などさまざまな資産の取引を行えるイートロ(eToro)が2021年第2四半期の財務レポートを発表。その中で、手数料の内訳で仮想通貨の割合が急増していることが分かった。その他2020年と比較したデータも合わせて紹介します。
米マイニング大手企業マイニング収益は過去最高の約35億円に

米マイニング大手企業マイニング収益は過去最高の約35億円に

アメリカのマイニング企業であるライオット・ブロックチェーン(Riot Blockchain)が、2021年の第2四半期の財務状況を報告した。また、マイニングの収益はが過去最高となる3,150万ドルだったことが明らかになった。
仮想通貨の普及は東南アジアで顕著、ベトナムの41%が保有

仮想通貨の普及は東南アジアで顕著、ベトナムの41%が保有

比較ウェブサイトのファインダー(Finder)がこのほど、世界で暗号資産(仮想通貨)の普及率に関するレポートを発表。ベトナムなどアジアの発展途上国が最も積極的に仮想通貨を受け入れていることが分かりました。
著名アナリストが6-12カ月後のイーサリアム価格を100万円越えと予測

著名アナリストが6-12カ月後のイーサリアム価格を100万円越えと予測

仮想通貨トレーダーで著名なアナリストのスコット・メルカー(Scott Melker)氏が、今後イーサリアム(ETH)の価格が6~12カ月以内に約100万円を付けるとの予想しています。メルカー氏の主張を紹介します。
300億円相当のビットコイン(BTC)をマネーロンダリングした男が罪を認める

300億円相当のビットコイン(BTC)をマネーロンダリングした男が罪認める

アメリカ・オハイオ州在住の男が仮想通貨のマネーロンダリングに関与していたことを認めた。連邦検事局の発表によると、金額はビットコイン(BTC)35万枚以上で当時のレートで330億円以上にもなるという。

【墨汁速報】仮想通貨取引所Liquidハッキングによる不正流出 被害額推定100...

仮想通貨取引所のLiqiudはホットウォレットからビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)、ERC20トークンやリップルなどがハッカーにより盗まれたと発表。現在は原因を調査中として入出金を停止している。
世界最大手銀行100社中55社が仮想通貨やブロックチェーン事業に関係

世界最大手銀行100社中55社が仮想通貨やブロックチェーン事業に関係

ブロックチェーン・リサーチ企業ブロックデータが公開したレポートによると、世界の大手銀行の半数以上が暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーン企業に何らかの関係を持っていることが明らかになりました。詳細を紹介します。

NFTはマネーロンダリングの道具なのか?人気アナリストが今後の法規制について言及...

人気が高まり続けている非代替性トークン(NFT)ですが、その価格の高さやデジタルアートの販売等に用いられていることから、とあるアナリストはマネーロンダリングにNFTが利用されている可能性と今後の規制について考えを述べています。
2021年上半期のブロックチェーンや仮想通貨への投資が前年の2倍以上に

2021年上半期のブロックチェーンや仮想通貨への投資が前年の2倍以上に

コンサルティング会社のKPMGはがフィンテックに関するレポートを発表。同レポートのなかで、仮想通貨とブロックチェーンへの投資額は2021年上半期だけで、2020年の2倍以上になっていたことが分かった。レポートの内容を紹介します。
仮想通貨取引所コインベースのCEO、仮想通貨業界の進むべき未来への見解

米取引所コインベース第2四半期の純収益は2,200億円

アメリカの仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)が2021年第2四半期の決算を発表した。同発表の中で、純利益が16億ドル(約1,770億円)だったと報告している。その他の取引量などを詳細も合わせて紹介する。
全米銀行協会(ABA)が相互利益のため仮想通貨業界との提携呼びかけ

全米銀行協会(ABA)が相互利益のため仮想通貨業界との提携呼びかけ

全米銀行協会(ABA)がこのほど仮想通貨に関連するリポートを公表。同リポートの中でABAは、銀行に仮想通貨関連企業との提携を提案しています。銀行とか仮想通貨企業の提携の影響などレポートの詳細などを紹介します。
マイアミが仮想通貨マイアミコイン(MIA)を発表、目指すものとは?

マイアミが仮想通貨マイアミコイン(MIA)を発表、目指すものとは?

暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーン技術の促進を支持している米国フロリダ州都のマイアミ市がこのほど、独自の仮想通貨であるマイアミコイン(MIA)の発行を発表、詳細を紹介します。マイアミが目指すものとは?
米司法省がテザー(Tether)について調査、暗号資産市場にとってのリスクになりえるのか?

米司法省がテザー(Tether)について調査、暗号資産市場にとってのリスクになり...

暗号資産(仮想通貨)業界最大のステーブルコインとして長らく利用されているテザー(Tether)。米司法省がテザー(Tether)について調査を開始したことが明らかになりました。テザーに関わる懸念について紹介します。
「ビットコイン(BTC)からイーサリアム(ETH)へとトレンドが移行」社ジェネシスがレポート発表

「ビットコイン(BTC)からイーサリアム(ETH)へとトレンドが移行」社ジェネシ...

デジタル資産の仲介業を営むジェネシス(Genesis)が2021年第2四半期の仮想通貨市場に関するレポートを発表。同レポートのなかで、トレンドがビットコイン(BTC)からイーサリアム(EHT)に以降しているとの見解を示した。
イーサリアム(Ethereum)のロンドンハードフォークで何が起きるの?

イーサリアム(Ethereum)のロンドンハードフォークで何が起きるの?

イーサリアム(Ethereum)のハードフォークが、日本時間8月5日夜に予定されています。今回のロンドンハードフォークで一体何が起きるのか?そしてイーサリアム利用者にどのような影響があるのかを紹介します。
イーサリアム(ETH)は年内にビットコイン(BTC)をしのぐとの見方

イーサリアム(ETH)は年内にビットコイン(BTC)をしのぐとの見方

暗号資産(仮想通貨)の一部専門家の間で、イーサリアム(ETH)が年内にビットコイン(BTC)を圧倒するのではないかと話が出てきています。価格が年内に50万円を突破するなどさまざまな見解を紹介します。

【墨汁速報】イーサリアムDeFi 「dYdX」ガバナンストークンDYDXをローン...

イーサリアムDeFiのデリバティブ取引所dYdXは、ガバナンストークンとなる"DYDX"をローンチ。過去にdYdXを利用したことがあるユーザーに対して初期割当を行い、俗に言うDeFiの”給付金”が対象者に付与される。
【イーサリアム6周年】この1年でどこまでイーサリアムエコシステムは変わったのか?

【イーサリアム6周年】この1年でどこまでイーサリアムエコシステムは変わったのか?...

2021年7月31日に6周年を迎えたイーサリアム(Ethereum)。ここ1年で価格をはじめその利用も大きく変動したイーサリアムのエコシステムの変化についてみていきます。あわせてイーサリアムの今後も紹介します。
仮想通貨への影響は?SWIFTの新サービスの開始を発表

仮想通貨への影響は?SWIFTの新サービスの開始を発表

世界の銀行業界が、暗号資産(仮想通貨)と決定的な対決に乗り出す動きが出ています。最近のSWIFT(国際銀行間通信協会)とBIS(国際決済銀行)の新しいサービスや計画などそれぞれ発表について紹介します。
中国マイニング企業カザフスタンへの進出加速、マイニングマシン2,500台購入

中国マイニング企業カザフスタンへの進出加速、マイニングマシン2,500台購入

中国のマイニング企業ビット・マイニング(BIT Mining)が、2500台の新しいマイニングマシンを約7億2000万円で購入する契約を結んだことを発表。これらのマイニングマシンはカザフスタンで稼働する予定となっている。
中国人民銀行がデジタル人民元(e-CNY)発行の意義を強調する白書公表

中国人民銀行がデジタル人民元(e-CNY)発行の意義を強調する白書公表

中国人民銀行(PBoC)がこのほど、デジタル人民元(e-CNY)に関するホワイトペーパーを公表しました。PBoCはここで改めてビットコインなど仮想通貨には本質的な価値がないと批判しています。内容を紹介します。
バイナンス基本認証のみアカウントの1日あたりの出金額を0.06BTCに制限

バイナンス基本認証のみアカウントの1日あたりの出金額を0.06BTCに制限

仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)は7月28日、基本アカウント認証のみが完了したアカウントの1日あたりの出金限度額を0.06BTCに調整すると発表。その他の同取引所の制限に関しても合わせて紹介する。
米国の50歳未満の半数近くの層でビットコイン投資(BTC)への関心強まる、ギャラップ調査

米国の50歳未満の半数近くの層でビットコイン投資(BTC)への関心強まる、ギャラ...

世論調査・コンサルティング会社ギャラップ(Gallup)の最新の調査リポートによると、若年層の投資家の間でビットコイン(BTC)を投資先の選択肢として考える人が増加していることが分かりました。レポートの詳細を紹介します。

【墨汁速報】Uniswap公式UIの取引制限を追加 SynthetixやOpyn...

イーサリアム上で最大手の非中央集権取引所Uniswapは、規制懸念からUniswap公式UIからの米株デリバティブトークンや、ショートトークンなどの取引を制限する実装を発表。
今年のイーサリアムへの資金流入金額が1,100億円に迫る、コインシェアーズが発表

今年のイーサリアムへの資金流入金額が1,100億円に迫る、コインシェアーズが発表...

デジタル資産の運用を行うコインシェアーズ(CoinShares)が、最近の仮想通貨別の資金の流出と流入に関するデータを発表。そのなかで、ビットコイン(BTC)の流出は増加し、イーサリアム)ETH)では資金の流入が続いたことが明らかになった。
米投資家で実業家のロバート・キヨサキ氏がビットコイン(BTC)の買いを勧める理由

米投資家で実業家のロバート・キヨサキ氏がビットコイン(BTC)の買いを勧める理由...

米個人投資家で実業家であるロバート・キヨサキ(Robert Kiyosaki)氏が、最近のインタビューで、保身のためにゴールドやビットコイン(BTC)を購入すべきだと語っています。同氏の最近ツイッターへの投稿とあわせて紹介します。

ビットコイン(BTC)法定通貨化でエルサルバドルはどうなる?マイニング参入や利用...

2021年9月7日にエルサルバドルではビットコイン(BTC)の法定通貨化に関する法律の施行がで予定されていますが、これによりエルサルバドルではどのような変化が起こるのでしょうか?またビットコイン利用拡大により、市場への影響はあるのでしょうか。
「6月の現物取引の取引量が51.6%減」デジタル資産リサーチのクリプトコンペアが発表

「6月の現物取引の取引量が51.6%減」デジタル資産リサーチのクリプトコンペアが...

デジタル資産のリサーチなどを行っているクリプトコンペア(CryptoCpmpare)が大手仮想通貨取引所の月別現物取引量を公開。6月の現物取引が大きく減少していることを報告している。内容を紹介します。
NFT売上でカーボンクレジットを購入、大手マイニングプールが報告

NFT売上でカーボンクレジットを購入、大手マイニングプールが報告

ビットコインマイニングプール大手のF2Poolが5月に8周年を記念して、NFTアートの特別記念オークションを開催。NFTと環境問題への取組みをコラボレーションさせて行ったF2Poolからの結果報告を元にどのような取組みが行われているのか解説します。
ロンドン警視庁約275億円相当の仮想通貨を押収、数週間前にも約210億円を押収

ロンドン警視庁約275億円相当の仮想通貨を押収、数週間前にも約210億円を押収

ロンドン警視庁は7月13日、1億8,000万ポンド(約273億円)相当の仮想通貨を押収したことを発表した。先月にも1億4,000万ポンド仮想通貨を押収しており、容疑者は逮捕されている。発表の内容について紹介します。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事