• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

NFTの可能性、メタバースで利用される相乗効果に期待高まる

NFTブームが続く中、将来的にNFTはどのように使用されていくのでしょうか?コレクション用途のみならず、現在さまざまなプロジェクトでNFTが試されており、特にVR業界との相乗効果に注目が集まっています。
仮想通貨保有者の53%が「さらに購入する可能性がある」、FCAが調査結果発表

仮想通貨保有者の53%が「さらに購入する可能性がある」、FCAが調査結果発表

英国の金融行為監督機構(FCA)がこのほど、仮想通貨に関する調査結果を発表。保有者の53%が今後もさらに仮想通貨を購入する可能性があると回答していたことが明らかになった。その他アンケート結果についても紹介します。
ロシア外相がドル支配を脱する政策追求、仮想通貨は国際決済に

ロシア外相がドル支配を脱する政策追求、仮想通貨は国際決済に

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相はこのほど、暗号資産(仮想通貨)が国際決済に重要な役割を果たすことは避けられないだろうとする見解を明らかにしました。ドル依存からの脱却を図るすロシアの動きをあわせて紹介します。
ドイツのビットコイングループ、取引収入増加により収益が前年比で2倍以上に

ドイツのビットコイングループ、取引収入増加により収益が前年比で2倍以上に

ドイツの仮想通貨取引プラットフォームである「Bitcoin.de」を運営するビットコイングループ(Bitcoin Group SE)が、2020年度の年次報告書を発表。収益が前年と比較して2倍以上になったという。詳細を紹介する。
中国で暗号資産の締め付け強まる、デジタル人民元と仮想通貨は二律背反?

中国で暗号資産の締め付け強まる、デジタル人民元と仮想通貨は二律背反?

中国政府は、仮想通貨のマイニングの規制強化や大手SNSのウェイボー上の仮想通貨関連の情報をブロックしたりするのなど、仮想通貨に対する締め付けを強化する動きをみせています。そんな最近の中国の最近の動きをみていきます。

インドも仮想通貨への対応緩和?ビットコイン(BTC)を資産に認定する可能性浮上

エルサルバドルでビットコイン(BTC)の法定通貨化が認定されたことを受け、各国の規制当局でも緩和の様子が見られています。規制を強めていたインドでも資産として認定する可能性があると、業界筋からの情報で明らかになりました。
デジタル人民元の開発が最終段階に、北京で総額6億7000万円相当を配布

デジタル人民元の開発が最終段階に、北京で総額6億7000万円相当を配布

中国はこれまで中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発に取り組んできていました。そのデジタル人民元がいよいよ最終的な重要なテスト段階を迎え、北京市民を対象にデジタル人民元が配布されます。動向を紹介します。
多量のビットコイン(BTC)を保有するスクエア、太陽光発電マイニングを共同開発

多量のビットコイン(BTC)を保有するスクエア、太陽光発電マイニングを共同開発

ブロックチェーン企業であるブロックストリーム(Blockstream)がこのほど、スクエア(Square)と共同で、太陽光発電によるビットコイン(BTC)のマイニング施設を建設すると発表。発表の内容を紹介します。
米連邦準備制度理事会(FRB)が仮想通貨規制に本腰か

米連邦準備制度理事会(FRB)が仮想通貨規制に本腰か

暗号資産(仮想通貨)の注目度が高まったこともあり、世界の世界の金融監視機関はさらに規制上の堅ろうな枠組みを模索しています。金融の安定のリスクとなりうる仮想通貨に注意喚起するアメリカの連邦準備理事会(FRB)の動きについて紹介します。
グーグル仮想通貨関連の広告掲載条件を変更

グーグル仮想通貨関連の広告掲載条件を変更

Goolgeがこのほど「金融商品・サービス」分野のポリシーの更新を発表した。これにより、仮想通貨関連のビジネスやサービスの広告に関するポリシーも変更される。グーグルから認定を受ける3つの条件や、禁止される広告なども紹介する。
CBDC開発トップは中国ではなくバハマ、PWCのリポート

中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発トップは中国ではなくバハマ、PWCのリポート...

プライスウォーターハウスクーパース(PwC)のレポートによると、中央銀行デジタル通貨(CBDC)開発の先頭を走っているのは中国ではないとしています。CBDC発行に最も近い国はバハマだとするPwCのレポートの内容を紹介します。
SEC仮想通貨詐欺のビットコネクト関係者5名を提訴、YouTubeで宣伝し約2,200億円集める

SEC仮想通貨詐欺の関係者5名を提訴、YouTubeなどで宣伝し約2,200億円...

アメリカの証券取引委員会(SEC)がこのほど、仮想通貨詐欺のビットコネクト(BitConnect)に関係するプロモーター5名を提訴したと発表。被告らはYouTubeなどで使い、登録有価証券の販売を行い20億ドル以上を集めたとされている。
仮想通貨に風当たりの強い中国などトップ5カ国の現状を探る

仮想通貨に風当たりの強い中国などトップ5カ国の現状を探る

ビットコイン(BTC)などの仮想通貨は、決して世界のすべての国から歓迎されているわけではありません。そこで今回は、仮想通貨ビジネスにとって最悪な環境にあるとされるトップ5とされる国の状況を整理してみます。

NFT人気は止まらない?下落した仮想通貨価格に反して取引件数増加中

仮想通貨の価格は一時30%下落という悲観の相場となりましたが、昨今人気を高めているNFTの取引はより活発化しています。5月後半の取引件数は5月前半に比べて約3倍となり、著名人もNFT販売を発表するなど、さらにその人気が高まりつつあります。
仮想通貨取引所コインベース、環境問題などマイニングに関わる説を検証

仮想通貨取引所コインベース、環境問題などマイニングに関わる説を検証

仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)がこのほど、ビットコイン(BTC)のマイニングに関する環境への影響など複数の通説に対する検証記事を発表した。ビットコインとマイニングの関係についてコインベースの主張を紹介する。
「価値の保存」としてイーサ(ETH)はビットコイン(BTC)に勝る?

「価値の保存」としてイーサ(ETH)はビットコイン(BTC)に勝る?

デジタルゴールドとも呼ばれその特徴から「価値の保存」としての役割を期待されているビットコイン(BTC)。しかし、ゴールドマンサックスがイーサリアムが価値の保存の観点からビットコインを上回るかもしれないとのレポートを発表しました。
サザビーズ仮想通貨決済可能オークション実施、バンクシー作品が約14億円で落札

サザビーズ仮想通貨決済可能オークション実施、バンクシー作品が約14億円で落札

世界最古の競売会社のサザビーズ(Sotheby’s)が、匿名人気アーティストであるバンクシー(Banksy)の作品のオークションを業界で初めて仮想通貨による支払いを受け入れる形式で実施。概要を紹介します。
NFTの主要なマーケットプレイス

NFTの主要なマーケットプレイス

「NBA Top Shot」を始めとするNFTの人気にともない、急拡大しているNFTにおける主要なマーケットプレイス。今回はそんなNFTマーケットプレイスの動向や現況に焦点を置き、概観を掴めるよう解説します。
イーサリアム(ETH)価格高騰した14の理由

イーサリアム(ETH)価格高騰した14の理由

年初来6倍にまで価格が高騰しているイーサリアム(ETH)。機関投資家向け暗号資産ファンドを提供する企業のストラテジーディレクターが投稿した、イーサリアムが高騰している理由を分析したツイートを紹介します。
イーロン・マスクによるドージコイン(DOGE)価格高騰疑惑と得るべき教訓

イーロン・マスクによるドージコイン(DOGE)価格高騰疑惑と得るべき教訓

テスラ(Tesla)の最高経営責任者(CEO)を務めるイーロン・マスク氏と、ドージコイン(DOGE)の関係性について論争が起きています。同氏の最近の価格操作ともとれる言動を振り返り、そこから学ぶ教訓について考えます。
リゾートワールド・ラスベガスと取引所ジェミナイ提携、カジノで仮想通貨を受け入れへ

リゾートワールド・ラスベガスと取引所ジェミナイ提携、カジノで仮想通貨を受け入れへ...

統合型リゾートであるリゾートワールド・ラスベガス(Resorts World Las Vegas)が仮想通貨取引所のジェミナイ(Gemini)との提携を発表した。カジノでの仮想通貨の利用がみえてきた今回の発表の内容を紹介する。
「ビットコイン(BTC)戦略は変わっていない」大量保有企業スクエアCFOがツイート

「ビットコイン(BTC)戦略は変わっていない」大量保有企業スクエアCFOがツイー...

ビットコイン(BTC)を多く保有する企業の1つスクエア(Square)のCFOがこのほど、自身のツイッターで同社のビットコイン戦略が変わっていないことを明らかにした。CEOのジャック・ドーシー氏のコメントも紹介する。
2021年仮想通貨関連の盗難や詐欺の総額が4月までに約470億円以上、サイファートレース発表

2021年仮想通貨関連の盗難や詐欺の総額が4月までに約470億円以上、サイファー...

サイファートレース(CipherTrace)社がこのほど、仮想通貨の犯罪やアンチマネーロンダリングに関するレポートを公開。今年4月までの仮想通貨の盗難などの被害額が合計470億円を上回ったことを明らかにした。
NY市の年金基金を仮想通貨に投資する大胆な計画浮上

NY市の年金基金を仮想通貨に投資する大胆な計画浮上

ニューヨーク市会計監査官の候補者であるラシュマ・パテル(Rashma Patel)氏が、年金基金の一部を暗号資産(仮想通貨)に投資することを提案しています。ブロックチェーンにも言及している同氏の提案の内容を紹介します。

ビットコイン(BTC)買い増しでマイクロストラテジーの所有額は16億円相当に!市...

テスラ社CEOのイーロン・マスク氏による同社製品のビットコイン(BTC)決済中止が報告された直後、マイクロストラテジー社のBTC追加購入のニュースが流れました。現在価格で16億円相当額を所有することになり、今後の動きに注目です。
仮想通貨取引所クラーケン、ビットコイン(BTC)「一時的な休止」に入ったと判断

仮想通貨取引所クラーケン、ビットコイン(BTC)「一時的な休止」に入ったと判断

仮想通貨取引所クラーケン(Kraken)が2021年4月の仮想通貨市場に関するレポートを公開しました。ビットコイン(BTC)に関して「一時的な休止」だったと分析。その他のレポートの内容についても紹介します。
S&Pダウ・ジョーンズがビットコイン(BTC)など仮想通貨の3インデックスの提供開始

S&Pダウ・ジョーンズがビットコイン(BTC)など仮想通貨の3インデッ...

金融市場指数を提供しているS&Pダウ・ジョーンズがこのほど、初めて3種の暗号資産(仮想通貨)インデックスを立ち上げました。ビットコイン(BTC)とイーササリム(ETH)とこの2つを組み合わせた3つの指数いついて紹介します。
JPモルガンCEOが仮想通貨規制問題を早急に解決するよう訴える

JPモルガンCEOが仮想通貨規制問題を早急に解決するよう訴える

JPモルガンのジェイミー・ダイモン(Jamie Dimon)最高経営責任者(CEO)が、暗号資産(仮想通貨)の規制問題を急ぎ処理すべきと訴えています。これまでの同氏の仮想通貨に対する考え方などとあわせて紹介します。

大手企業の時価総額を超えたドージコイン(DOGE)、アメリカ人の25%が投資対象...

異常なほどに高騰しているドージコイン(DOGE)が、今やアメリカ人の4人に1人が購入しているということが調査結果で表れています。TwitterCEOのジャック・ドーシーなど名だたるセレブが投資し続けていたことなども合わさり、人気が爆発しています。
仮想通貨取引所コインベースが慈善活動プログラムを開始

仮想通貨取引所コインベースが慈善活動プログラムを開始

アメリカの仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)が、仮想通貨を通じて世界の人々を支援する慈善活動プログラムの開始を発表した。慈善活動団体である「Pledge 1%」との提携による今回の取り組みについて紹介する。
VISAがCBDCに深くコミット【下】:中央銀行デジタル通貨に関わる5つの政策

VISAがCBDCに深くコミット【下】:中央銀行デジタル通貨に関わる5つの政策

暗号資産(仮想通貨)の幅広い受け入れを進めるVISA。今年の4月にアルフレッド・ケリーCEOが、同社の仮想通貨に関する5つの政策を明らかにしました。今回は、その5つの政策をはじめ、VISAの仮想通貨に関する取り組みをまとめます。
イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因

イーサリアムベルリンのETHへの影響は? 同期できないバグの原因

イーサリアム(ETH)が2021年初の大型アップデート「ベルリンハードフォーク」を実装。マイナーアップデートだった今回のベルリンアップデートのトラブルとETHにどのような影響があるのかについて解説します。
VISAがCBDCに深くコミット【上】:進む仮想通貨受け入れ

VISAがCBDCに深くコミット【上】:進む仮想通貨受け入れ

注目されるVISAの中央銀行デジタル通貨(CBDC)に深く関わる動き。VISAはすでにステーブルコインのUSDCの決済を開始しています。今回は、そんなVISAの仮想通貨受け入れの戦略に関して紹介していきます。
DAppsやDeFiの新たなトレンド「マルチチェーン展開」とは?

DAppsやDeFiの新たなトレンド「マルチチェーン展開」とは?

複数のブロックチェーン上でアプリケーションを展開するマルチチェーン。最近のDApps(分散型のアプリケーション)やDeFi(分散型金融)でも新しいトレンドとなっている、マルチチェーンについて解説します。

「ビットコイン(BTC)は売らずに購入し続ける」第1四半期増益となったマイクロス...

一時期は株価に暗雲が立ち込めていたマイクロストラテジー社ですが、第1四半期決算発表にて、10%以上の増益を報告しました。ビットコイン(BTC)の売却意思はなく、今後も保有と継続的な購入を続けていくと明言しています。

NFT人気で仮想通貨ウォレット「メタマスク(Metamask)」のユーザー急増!...

2020年にはアクティブユーザー数100万人を突破した仮想通貨ウォレットのメタマスク(Metamask)だが、わずか半年で5倍にもなる500万人のアクティブ数を記録したことが発表された。NFT人気が今回の増加要因の一つと考えられている。

マイニングプール大手のF2Poolが8周年記念にNFTオークションを開催!収益の...

マイニングプール大手のF2poolが8周年を迎え、その記念にNFTアートのオークションを開催することを発表しました。韓国でも著名なアーティストの作品をNFT化したものが販売され、収益の一部は地球温暖化対策としてカーボンクレジットの購入に充てられます。
タイム社がメディア初、ビットコイン(BTC)決済を受け入れた理由は?

タイム社がメディア初、ビットコイン(BTC)決済を受け入れた理由は?

雑誌TIMEを発行するタイムが、ビットコイン(BTC)での決済を受け入れます。大手メディアとして仮想通貨の情報発信に留まらず、ビットコインの利用に踏み込むことになる。また同社は、受け入れたビットコインを保持し続けるという。
リップル社クリス・ラーセン氏「PoWを採用の仮想通貨は、別の方法への変更検討すべき」

リップル社クリス・ラーセン氏「PoWを採用の仮想通貨は、別の方法への変更検討すべ...

リップル(Ripple)社のクリス・ラーセン氏はこのほど、気候変動への影響を理由に、ビットコイン(BTC)のプルーフ・オブ・ワーク(PoW)を別の検証方法に変更するべきとの考えを明らかにした。同氏の主張を紹介します。
投資信託GBTCはETFに転換へ、グレイスケールがビットコインETF認可確信 

投資信託GBTCはETFに転換へ、グレイスケールがビットコインETF認可確信 

世界最大手デジタル資産運用会社グレイスケール・インべストメンツがビットコイン(BTC)投資信託「グレイスケールビットコイントラスト(GBTC)を、認可待ちのビットコインETFにそのまま転換する予定であることを発表しました。
取引所のステーブルコイン残高を起点にビットコイン(BTC)の価格動向を予想する

取引所のステーブルコイン残高を起点にビットコイン(BTC)の価格動向を予想する

ビットコイン(BTC)などのパブリックブロックチェーンの特徴でもあるオンチェーンデータ。暗号資産の醍醐味であるこれらのデータを投資方針に活かす方法があります。今回はステーブルコイン残高に関して紹介します。

アルトコイン投資ブーム再来?イーサリアム(ETH)が格付けでビットコイン(BTC...

さまざまなプロジェクトがイーサリアムの役目を奪おうとしていたものの失敗に終わり、イーサリアムはプラットフォームとしての立場を完全に確立しています。仮想通貨格付けでも高評価を残し、アルトコインへの投資は強気の兆しを見せ始めています。
カナダのマイニング会社が旧型マシン活用計画を発表、2024年半減期も見据え

カナダのマイニング会社が旧型マシン活用計画を発表、2024年の半減期も見据え

カナダのマイニング会社であるビットファームズが、南米で進めているプロジェクトの状況を発表。同社がカナダで使用していた旧型マイニングマシンを活用する施設の建設をアルゼンチンで進めていることが明らかになった。発表の詳細を紹介する。
機関投資家の74%「ビットコイン(BTC)はバブル」と回答、バンク・オブ・アメリカの調査

機関投資家の74%「ビットコイン(BTC)はバブル」と回答、バンク・オブ・アメリ...

バンク・オブ・アメリカの調査によると、ファンドマネジャーの4人に3人がビットコイン(BTC)はバブルであると考えていることが分かりました。今回発表された調査結果の内容と機関投資家の考えなどを紹介します。
欧州最大のデジタル資産投資会社コインシェアーズ、運用資産額が約6兆9,000億円を突破

欧州最大のデジタル資産投資会社コインシェアーズ、運用資産額が約6兆9,000億円...

欧州最大のデジタル資産投資会社であるコインシェアーズがレポートを更新。同社の運用資産額が初めて640億ドル(約6兆9,000億円)を超えたことを発表した。発表された資金流入の詳細などをあわせて紹介します。
米連邦準備理事会(FRB)がデジタルドルの2種のプロトタイプを7月にも公開へ

米連邦準備理事会(FRB)がデジタルドルの2種のプロトタイプを7月にも公開へ

米連邦準備理事会(FRB)は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の開発を進めており、早ければ7月にもデジタルドルの2種のプロトタイプがリリースされる予定です。パウエル議長をはじめとした関係者のコメントなどをも紹介します。
2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向

2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向

2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向を振り返ります。最近は、暗号資産市場に伝統的な金融機関やファンドの参入が目立ってきており、株式市場をはじめ世界の金融市場もチェックすることが重要になってきています。
Aaveのポリゴンマーケット、MATIC総供給量の1%(4000万ドル相当以上)が流動性マイニング報酬に

Aaveのポリゴンマーケット、MATIC総供給量の1%(4000万ドル相当以上)...

2021年4月12日より、MATICの総供給量の1%(~4000万ドル)をPolygon Aaveの市場でのリクイディティマイニングに割り当てるプログラムがスタートしました。ポリゴンとAaveの特徴と今回のプログラムをあわせて紹介します。

NFTブームは2年後に大爆発?業界関係者たちが価値の高まりを予想

非代替性トークン(NFT)はすでに一部ブームとして広まりつつあるように見えますが、本格的なブームは2年後だと業界関係者からの意見が多数述べられています。他技術とのかかわりも併せて、どうして2年後なのかという理由を見ていきましょう。
中国マイニング関連企業カナン、ビットコイン価格上昇で2021年第1四半期は大幅改善の予想

中国マイニング関連企業カナン、ビットコイン価格上昇で2021年第1四半期は大幅改...

中国のマイニング関連企業であるカナン(Canaan)は4月12日、2020年第4四半期の営業結果を発表。新型コロナウイルスの影響を受けつつも、ビットコイン(BTC)の価格高騰により回復する見通しを明らかにした。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事

コインチョイスのTelegram