• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュース

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

中国マイニング関連企業カナン、ビットコイン価格上昇で2021年第1四半期は大幅改善の予想

中国マイニング関連企業カナン、ビットコイン価格上昇で2021年第1四半期は大幅改...

中国のマイニング関連企業であるカナン(Canaan)は4月12日、2020年第4四半期の営業結果を発表。新型コロナウイルスの影響を受けつつも、ビットコイン(BTC)の価格高騰により回復する見通しを明らかにした。
ビットコインATMの設置台数が急増、2万台も目前

ビットコインATMの設置台数が急増、2万台も目前

2020年にビットコインATMの設置が目立って増加し、2021年に入っても増加傾向が続き、現在では世界72カ国に1万8000台近くのビットコインATMが設置されています。最近のビットコインAMTのデータに関して紹介します。
米国最大の取引所コインべ―ス(Coinbase)が2021Q1の業績公開、いよいよ上場へ

米国最大の取引所コインべ―ス(Coinbase)が2021Q1の業績公開、いよい...

米国最大の暗号資産取引所であるコインベース(Coinbase)が2021年のQ1(1-3月)の業績を公開。コインベースの業績に関するさまざまな数字とともに4月14日にナスダックへの上場による仮想通貨市場への影響を紹介します。
ビットコイン(BTC)ユーザーは4年以内に10億人に達し、市場規模は倍増へ

ビットコイン(BTC)ユーザーは4年以内に10億人に達し、市場規模は倍増へ

ブロックチェーンアナリストのWilly Wo氏が、ビットコイン(BTC)ユーザーが予想より早く10億人に達するとの見解を示しました。その他にもビットコインの時価総額が2~3カ月後には倍増するとの予想もあわせて紹介します。
米国マイニング会社、2021年第1四半期に約12億円相当のビットコイン(BTC)採掘

米国マイニング会社、2021年第1四半期に約12億円相当のビットコイン(BTC)...

アメリカのマイニング会社であるマラソン・デジタル・ホールディングス(Marathon Digital Holdings)が第1四半期のビットコイン(BTC)のマイニング量を発表した。マイニングマシンの設置計画などもあわせて紹介します。
カナダ投資ファンド3iQとコインシェアーズが協力、ビットコインETFを立ち上げへ

カナダ投資ファンド3iQとコインシェアーズが協力、ビットコインETFを立ち上げへ...

カナダのデジタル資産投資ファンドである3iQコーポレーション(3iQ Corp.)がヨーロッパのデジタル資産投資会社であるコインシェアーズ(CoinShares)との協力を発表。ビットコインETFの発行を計画。
年金資産運用にビットコイン(BTC)など優良仮想通貨が注目される時代に

年金資産運用にビットコイン(BTC)など優良仮想通貨が注目される時代に

年金資産が暗号資産(仮想通貨)特にビットコイン(BTC)を資産運用のために競って購入する時代が到来しようとしています。イギリスの仮想通貨取引所の動きやコメントなど、年金とビットコインの関わりを紹介します。
新型コロナウイルスはデジタル通貨と分散型金融を加速する

新型コロナウイルスはデジタル通貨と分散型金融を加速する

新型コロナウイルスが仮想通貨に与えている影響は大きいとは言われますが、実際にどのような影響を与えているのでしょうか?既存の金融システムの変化、デジタル通貨の流通の加速や中央銀行デジタル通貨(CBDC)の台頭などを紹介します。

【墨汁速報】米CME 個人投資家向けの”マイクロビットコイン先物”を5月3日にロ...

米デリバティブ最大手取引所のCMEは、個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」を5月3日にローンチすると発表。マイクロビットコイン先物のローンチにより、CMEが取り扱う仮想通貨デリバティブは4種類となる。
ビットコイン(BTC)詐欺の男に罰金など約627億円の支払い命令

ビットコイン(BTC)詐欺の男に罰金など約627億円の支払い命令

2017年に仮想通貨に関する詐欺を働きユーザーのビットコインを流用した男に被害者への返金と罰金あわせて約627億円の支払いが命じられた。世界中から2万2000BTC以上を集めた詐欺の背景などを紹介する。
ビットコイン(BTC)採掘量の3分の2は米中4社が購入、企業戦略の一環

ビットコイン(BTC)採掘量の3分の2は米中4社が購入、企業戦略の一環

アメリカと中国の合わせて4社が購入したビットコインの量が、昨年8月からマイニングされたビットコイン(BTC)量の66%に相当していることが分かりました。どのような企業が購入しているのか、そして購入の背景にある戦略なども紹介します。

ビットコイン(BTC)と共倒れか?マイクロストラテジー社の株価が危険な水準に

ビットコイン(BTC)の購入に注力する企業のマイクロストラテジー社の株価に暗雲が立ち込めています。過度の仮想通貨への注力が投資家たちの不安を買い、株価が下落した可能性がありますが、これはビットコインにどのような影響を起こすのでしょうか。
ATOMの高騰とコスモス(Cosmos)の近況

ATOMの高騰とコスモス(Cosmos)の近況

コスモス(Cosmos)は、Cosmos SDKを基盤として採用するブロックチェーン間のインターオペラビリティを実現する点に特色のあるプロジェクトです。そんなコスモスの近況と独自トークンATOMの高騰について紹介します。
イーサリアム開発者ヴィタリック氏がNFTを慈善活動に活かすアイディアを提案

イーサリアム開発者ヴィタリック氏がNFTを慈善活動に活かすアイディアを提案

イーサリアムの開発者であるヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏が3月23日、自身のブログでNFTを慈善活動に役立てるアイディアなどを提案した。その他にもブログの内容をあわせて紹介します。
経験の浅い投資家の30%は購入したビットコイン(BTC)を1年以内に売却

経験の浅い投資家の30%は購入したビットコイン(BTC)を1年以内に売却

マーケットリサーチ会社のカーディファイ(Cardify)の調査結果によると、経験の浅い投資家は手にしたビットコイン(BTC)を1年も保持できない傾向にあることが分かりました。その他の個人投資家の資産の変動などレポートの内容を紹介します。
ドイツ銀行がビットコイン(BTC)を分析「今後2~3年がターニングポイント」

ドイツ銀行がビットコイン(BTC)を分析「今後2~3年がターニングポイント」

ドイツ銀行がこのほどビットコイン(BTC)に関するレポートを配信しました。短期と長期それぞれのビットコインの分析と、ビットコインと自動車会社のテスラを比較した分析など、同レポートの内容を紹介します。
米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果

米認定投資家の4人中3人が年内にビットコインに投資、Xangleの調査結果

デジタル資産の情報開示プラットフォームであるXangleがレポートを発表。米国の認定投資家の多くが今年中に、ビットコイン(BTC)など暗号資産(仮想通貨)を購入する計画を進めているという。レポートの内容を紹介します。
SECのビットコインとイーサリアム以外の暗号資産カストディの方針、規制作りの上手さ

SECのビットコインとイーサリアム以外の暗号資産カストディの方針、規制作りの上手...

2020年12月に米証券取引委員会(SEC)が、証券取引法規則のデジタル資産証券への適用のために、デジタル資産証券のカストディに関する新しいガイドラインを発表しました。ここから見えるアメリカの規制作りの上手さについて紹介します。
長期債金利・GBTCプレミアムなどの指標から今のビットコイン市場をどう見るか?

長期債金利・GBTCプレミアムなどの指標から今のビットコイン市場をどう見るか?

2021年に入って暗号資産相場がさらなる盛り上がりをみせ、2月はさらに高値を更新しました。その一方でマーケットには過熱感も出ているという声もあります。そこでさまざまな指標からビットコイン市場を見ていきます。

ハリウッド映画のNFT化は可能か?秘められた価値と実現へのハードル

クリスティーズのオークションやNBA Top ShotsといったNFTへの投資がブームとなってきています。では、次はどの業界の参入が考えられるのでしょうか?前例に基づくと映画業界への期待がありますが、そこにはさまざまな問題もあります。
香港証券上場企業メイツ、追加でビットコインとイーサリアム約53億相当購入

香港証券上場企業メイツ、追加でビットコインとイーサリアム約53億相当購入

香港証券取引所に上場しているソフトウエア企業のメイツ(Meitu)がビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を約53億円5,000万円相当購入したことを発表した。同社は7日にも43億円相当の仮想通貨を購入していた。
ロシアがついに180度政策転換、デジタルルーブルの試験運用開始へ

ロシアがついに180度政策転換、デジタルルーブルの試験運用開始へ

このほどロシアで来年にも中央銀行デジタル通貨(CBDC)の試験運用が開始される可能性があることが報じられました。デジタルルーブルの発行へ向けた動きはどのような段階なのか、同国の中央銀行の発表などを紹介します。
「仮想通貨の時代が遂に到来」とマイケル・ノボグラッツ氏が断言する背景とは?

「仮想通貨の時代が遂に到来」とマイケル・ノボグラッツ氏が断言する背景とは?

マイケル・ノボグラッツ氏はビットコイン価格が今年末までに10万ドル(約1,090万円)に到達すると予想する人物の1人です。その彼が、「遂に暗号資産(仮想通貨)の時代が到来した」とツイッターに投稿した背景とは?
米最大の仮想通貨取引所コインベースは創業からどのように成長してきたか

米最大の仮想通貨取引所コインベースは創業からどのように成長してきたか

アメリカ最大の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)がSECに上場目論見書を提出しました。そこで今回は、コインベースが創業から米国最大の取引所、そして暗号資産業界初のユニコーン企業へどのように成長してきたのかを紹介します。
コインベース(Coinbase)がSECに上場申請資料を提出、同社の事業を知る

コインベース(Coinbase)がSECに上場申請資料を提出、同社の事業を知る

アメリカ最大の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)がSECに上場目論見書を提出。予想時価総額は8兆ドル以上ともいわれるアメリカで最も大きい暗号資産企業でもあるコインベースの事業について解説します。

仮想通貨取引所大手3社の中国系SNSアカウントが凍結、規制強化の前兆か

中国系企業もビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)に投資したというニュースがあった傍ら、中国系SNSのウェイボー(Weibo)にて、バイナンス(Binance)などの仮想通貨取引所がアカウントを凍結されるという事態が起きました。
注目されるブロックチェーンのソラナ(Solana)エコシステムの近況

注目されるブロックチェーンのソラナ(Solana)エコシステムの近況

トランザクションの実行にかかる手数料が安くその速度が早いことからDEX(分散型取引所)などのアプリケーション基盤として注目されるソラナ(Solana)。今回はそんなソラナのエコシステムの金近況を紹介します。
米国のビットコインETF許認可迫る、CBOEがETF上場をSECに申請

米国のビットコインETF許認可迫る、CBOEがETF上場をSECに申請

シカゴ・オプション取引所(CBOE)がビットコインETFの上場に向けて米証券取引委員会(SEC)に申請を行った。今回のビットコインETF申請は許可されるのか?これまでのビットコインETFに関する情報もあわせて紹介します。
ノルウェーの上場企業がビットコイン投資関連の新会社設立

ノルウェーの上場企業がビットコイン投資関連の新会社設立

ノルウェーの上場企業であるAker ASAが3月8日、ビットコインエコシステム全体のプロジェクトや企業に投資をする新会社「Seetee AS」を設立すると発表。ビットコイン(BTC)の投資も設立の目的の1つとされている。
SEC次期委員長候補ゲンスラー氏が公聴会で仮想通貨に前向きな発言

SEC次期委員長候補ゲンスラー氏が公聴会で仮想通貨に前向きな発言

米証券取引委員会(SEC)の次期委員長候補であるゲーリー・ゲンスラー(Gary Gensler)氏が、公聴会でビットコインをはじめとする仮想通貨に関して前向きな発言をしました。発言の内容と同氏の仮想通貨への姿勢を紹介します。
香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入

香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入

香港証券取引所に上場しているソフトウエア企業メイツ(Meitu)がこのほど、総額で約43億円に相当するビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を購入したことを発表した。同社が仮想通貨購入に至った経緯や狙いなど発表の内容を紹介する。
コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

アメリカ最大の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)がSECに上場目論見書(S-1)を提出。暗号資産業界が始まって以来、最大のIPOとなり業界への影響も大きいと考えられます。マーケットへの影響を考察します。
暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始める起業のススメ

暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始め...

暗号資産業界最大の独立系データプロバイダであるCoinGecko(コインゲッコー)。仮想通貨に関する時価総額や価格、DeFi(分散型金融)などさまざまな情報を提供する同社が、どうやって成長したか、共同創業者による解説を紹介します。

PayPalが仮想通貨事業に本格参入?思い描くスーパーアプリの構想とは

ビットコイン(BTC)に対して企業が好意的になってきた時世において、2020年第4四半期に好調の結果を残したペイパル(PayPal)が仮想通貨技術を組み込んだ総合アプリの開発を進めていることが、インタビューにて公表されました。
「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、ビットコイン・金・S&P500を比較

「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、金・S&P5...

ケースビットコインが3月2日、ビットコイン(BTC)や金、S&P500などを10年間の年平均成長率(CAGR) の比較結果を発表した。その結果、どの代表的な指数や有名企業の株よりもビットコインのパフォーマンスが良かったことが分かった。
米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あるか?

米国のコロナ対策の緊急経済対策1.9兆ドルに中銀デジタル通貨(CBDC)の活用あ...

バイデン政権はパンデミックによって大きな打撃を受けた経済再建に1.9兆ドルの追加経済対策を打ち出しています。そこに中央銀行デジタル通貨(CBDC)に利用のうわさも出てきています。アメリカのCBDCに関する動きをまとめます。
中央銀行はCBDC発行で民間のデジタル通貨に遅れるな、IMFが文書で提言

中央銀行はCBDC発行で民間のデジタル通貨に遅れるな、IMFが文書で提言

多くの国でその開発が進む中央銀行デジタル通貨(CBDC)。国際通貨基金(IMF)がこのほど、(CBDCは、急速に進む金融システムの中で大きな障壁に直面するだろうと伝えています。IMFが発表したブログを紹介します。
マイクロストラテジーが1,000億円相当のビットコイン(BTC)を追加購入

マイクロストラテジーが1,000億円相当のビットコイン(BTC)を追加購入

マイクロストラテジー・インコーポレイテッド社が約1000億円相当のビットコイン(BTC)を購入していたことを発表した。同社は2020年にもビットコインを購入しており約4,778億円相当のBTCを保有していることになる。
米FRBがCBDC・ステーブルコインの政策マネジャー募集する背景とは?

米FRBがCBDC・ステーブルコインの政策マネジャー募集する背景とは?

米バイデン政権下の連邦準備制度理事会(FRB)が中央銀行デジタル通貨(CBDC)およびステーブルコインに関するデジタルイノベーション政策プログラムマネジャーを募集。パウエル議長の発言など、アメリカのCBDCに関する状況を紹介します。
決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

アメリカの決済会社であるスクエア(Square)が2月23日、約179億円相当のビットコイン(BTC)を購入していたことが明らかになった。スクエアは過去にも50億円近くのビットコインを購入していた。今回の発表の内容を紹介する。
米国内でのステーブルコインの取り扱いを定めるステーブルアクトとは?

米国内でのステーブルコインの取り扱いを定めるステーブルアクトとは?

アメリカでステーブルコインに関連する規制が議論を呼んでいます。今回は、通称ステーブルアクトと呼ばれている「ステーブルコイン追跡および銀行ライセンス強制法」について、その概要から業界からあがるは反対派の意見なども紹介します。
ETHの価格が過去最高値を更新、これからも強気な理由とは?

ETHの価格が過去最高値を更新、これからも強気な理由とは?

2021年2月に過去最高値を更新したイーサリアム(ETH)。2017年のICOバブル時との高値と違い、DeFi(分散型金融)の活用など今回の高値更新にいたった背景。そしてこれからも強気相場を期待できる理由について紹介します。

世界最大手のオークションハウスがNFTデジタルアートの競売を開始

2018年からブロックチェーン技術を利用した作品のオークションを行っていたクリスティーズ(Christies)が、以前作品集が総額37億円にもなったアーティストのNFT化されたデジタルアートの大規模オークションを開始しました。

次の仮想通貨参入企業はAppleかTwitterか?市場は総額150兆円超に到達...

相次ぐ企業のビットコイン投資のニュースにより、次の参入企業はどこになるのかという話題は尽きません。今後の参入候補にはAppleやTwitterの名前が挙がっていますが、その参入による市場への影響はどこまでのものになるのでしょうか。

「ビットコイン(BTC)を保有しない企業は無責任」米国の投資情報番組で司会者が大...

「ビットコイン(BTC)を保有しない企業は無責任である」と現在頻発している企業のBTC投資に対して、米国投資情報番組の司会者が発言したことが話題になっています。本人もBTCへの投資を行っており、それは法定通貨へのヘッジと考えられています。
2021年の仮想通貨市場に影響する重要要素やイベント

2021年の仮想通貨市場に影響する重要要素やイベント

2021年になってさらに価格が上昇したビットコイン(BTC)。そんな今年の仮想通貨市場に影響するであろうコインベース(Coinbase)の上場計画やビットコインETF動向など重要な要素とイベントを紹介します。
知らないと損!仮想通貨取引所で発生している「手数料・見えにくいコスト」とは?

知らないと損!仮想通貨取引所で発生している「手数料・見えにくいコスト」とは?

ビットコイン(BTC)の価格上昇を受けて、これから仮想通貨を始めてみようと考えている人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、仮想通貨を始める人が気を付けるべき取引所で発生している手数料や見えにくいコストを解説します。
マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

マスターカードが2月10日、2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポートを開始することを発表した。対象となる銘柄は明確にはされていないものの、プレスリリースでは候補としてステーブルコインが挙げられていた。内容を紹介する。

テスラ社のビットコイン(BTC)購入で米国会計基準に見直しの可能性

テスラ社のビットコイン(BTC)購入が大きな波紋を呼びましたが、その中で企業がデジタル資産に投資することへの会計基準が曖昧となっていることが明らかになりました。企業にマイナスしか与えない現状に、異議を唱える声が後を絶ちません。
大企業によるビットコイン(BTC)投資、アップル参入時の影響は?

大企業によるビットコイン(BTC)投資、アップル参入時の影響は?

イーロン・マスク氏が率いるテスラが15億ドルに相当するビットコインへの投資を発表するなど企業のビットコイン保有が注目されています。カナダの投資銀行が発表した、アップルが仮想通貨に参入した場合の影響を紹介します。

仮想通貨が浸透してきた今、仮想通貨に関するニュースが様々なメディアで頻繁に報道されています。
しかし、メディアはある情報を一部だけ切り取るなどして曲げた情報を報道することもしばしばあるので、私たちはニュースを読むときには様々なことに注意しなければいけないのです。一つに、報道メディアによって右寄りか左寄りかなどの思想の偏りがあり、これを意識しないと、仮想通貨に関する考えが偏ってしまう可能性があります。

また、ニュースはビジネスだということにも注意しないといけません。やはり読まれやすいニュースを書こうというインセンティブがあるので、過激な発言や偏った発言だけをとりあげてしまうこともよくあります。ですので、そのニュースが会見であれば、その会見に関するほかのニュースも見るなどして、様々な角度からにニュースの本質を考えることが必要になります。

また、ニュースで報道されなくなったからと言って斜陽になったと判断するのは正しくはありません。大々的に取り上げられた問題は視聴者からすると一定期間が経てば飽きてしまいますので、メディアも飽きられたニュースを報道する動機はなくなり、報道頻度が減ってしまいます。

ニュースで見なくなったからといって「ブームが終了した」や「問題が解決した」と判断するのは、早すぎると考えられます。
以上のように、ニュースを読んだり見たりする際には様々なことに注意する必要があります。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのTelegram