NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 XEM購入 XEM売却 スプレッド
24時間の取引高
Zaif
XEM
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ネム(NEM/XEM) 相場チャート

ネム(NEM/XEM)の概要

特徴 NEM(ネム)は、「NEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)」を掲げて2014年1月にビットコインフォーラムで資金調達が始まったプロジェクトです。ネムのロゴは三つ巴になっていますが、自由・平等・分散を表していると言われています。NEMはアプリケーションプラットフォームとしても利用出来て、その中で流通する通貨を「XEM(ゼム)」と言います。ブロック生成時間は、1分となっておりビットコインの10分の1となります。2018年1月にCoinCheckにて当時レートで560億円の流出事件がありましたが、NEMの仕組みに問題があったわけではなく、取引所の保管方法に問題がありました。JAVAで稼働するところも開発者からすると魅力的なものだと言えます。
通貨名 XEM 日本語通貨名 ネム/ゼム
シンボル NEM 時価総額 約665億円
公開日時 2015/03/31 アルゴリズム PoI
発行上限 8,999,999,999 マイニング方式 PoI
中央管理者 なし 創設者
Web https://nem.io/
Twitter https://twitter.com/NEMofficial
ホワイトペーパー https://nem.io/wp-content/themes/nem/files/NEM_techRef.pdf

ネム(NEM/XEM)の記事一覧
ネム(NEM/XEM)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

ネム(NEM)カタパルトのテストネット開始!財団技術部門が6月度の活動を報告

ネム(NEM)のElephantアップデートがあり、新たなアルゴリズムのPoS+も搭載されました。着々と開発を進められるNEMの技術部門から6月度の報告があり、カタパルトの実稼働と移行に向けて、準備がなされているようです。
ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)の次なる投資先はエネルギー削減を目指すプロジェクトに

ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)の次なる投資先はエネルギー削減を目...

次々と活動報告が挙がるネム(NEM)ですが、組織の一つであるネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)から、新たな投資先の情報が発表されました。次なる投資先はブロックチェーンでエネルギー削減を図るプロジェクトで、その内容を紹介します。
ネム(NEM)財団が日本企業への普及を希望?6月度報告で言及

ネム(NEM)財団が日本企業への普及を希望?6月度報告で言及

カタパルト(Catapult)の開発が着々と進むネム(NEM)ですが、実用化やユースケースの実現に向けて、NEM財団も各地で活動を続けているようです。6月度の報告で、財政状況や数々の提携、開発進捗が伝えられました。

ネム(NEM)カタパルトが更なるアップデート!新アルゴリズムPoS+が実装

ネム(NEM)カタパルトのアップデートが次の段階に進んだ。ロードマップよりも進捗が早く、今回は新アルゴリズム「PoS+」が実装されたとのことです。先日は開発用スタジオの創設も発表され、NEMの開発が非常に活発的になってきています。
ネム(NEM)開発を支援!NEM Studiosの創設が発表

ネム(NEM)開発を支援!NEM Studiosの創設が発表

カタパルトの公開を2019年後半に予定しているネム(NEM)開発陣だが、体制を更に強化すべく、開発活動を主とするネム・スタジオ(NEM Studios)の創設を発表した。実用化に向けてのサポート体制も整い、ますますの期待がされる。
ネム(NEM)カタパルトの教育コースが130万人登録のオンラインプラットフォームで開始

ネム(NEM)カタパルトの教育コースが130万人登録のオンラインプラットフォーム...

ネム(NEM)ブロックチェーンを用いて、学習サービスの提供を進めるTutellusが、NEM カタパルト(Catapult)に向けた教育コースを開始することを発表しました。今後、開発者が増え、NEMを活用するケースも増えるかもしれません。

ネム(NEM)カタパルトのDragonアップデート、内容と機能が発表!

ネム(NEM)カタパルトのドラゴン(Dragon)アップデートが発表されました。今回のアップデートでさまざまな機能が追加され、NEMの利便性も更に高まりましたが、その機能とはどういったものか、詳しく解説していきます。
ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)がカーシェアリングを提供するMobiへの投資を発表

ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)がカーシェアリングを提供するMob...

ネム・ベンチャーズ(NEM Ventures)が新たな投資先を発表した。カーシェアリングサービスを提供するモビ(Mobi)にNEMブロックチェーンが使われることになる。カタパルトも控え、利便性を高めるであろうNEMがどう使われるのだろうか。
NEM(ネム)を用いた細胞流通管理システムが県の研究助成金の対象に

NEM(ネム)で歯髄細胞の流通管理を行うシステムに岐阜県が研究助成金を採用

日本で、NEMブロックチェーンを用いて設計されている歯髄(しずい)細胞の流通管理システムが岐阜県からの研究助成金を受けられることになったそうだ。今後、物流管理の分野においてもブロックチェーンの活用が期待できそうだ。
NEM(NEM(ネム)の新公式ウォレットは半年後?ロードマップが発表ネム)カタパルトモバイルウォレット開発ロードマップの発表!

NEM(ネム)の新公式ウォレットは半年後?ロードマップが発表

先日、NEM(ネム)の新公式ウォレットの開発企業が決まったという情報があったが、その開発にあたり、ロードマップが公開された。カタパルトアップデートに伴い、数々の機能が搭載されるが、モバイルウォレットの機能はそれに追従するものなのだろうか。