NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 XEM購入 XEM売却 スプレッド
24時間の取引高
Zaif
XEM
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ネム(NEM/XEM) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

ネム(NEM/XEM)の概要

特徴 NEM(ネム)は、「NEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)」を掲げて2014年1月にビットコインフォーラムで資金調達が始まったプロジェクトです。ネムのロゴは三つ巴になっていますが、自由・平等・分散を表していると言われています。NEMはアプリケーションプラットフォームとしても利用出来て、その中で流通する通貨を「XEM(ゼム)」と言います。ブロック生成時間は、1分となっておりビットコインの10分の1となります。2018年1月にCoinCheckにて当時レートで560億円の流出事件がありましたが、NEMの仕組みに問題があったわけではなく、取引所の保管方法に問題がありました。JAVAで稼働するところも開発者からすると魅力的なものだと言えます。
通貨名 XEM 日本語通貨名 ネム/ゼム
シンボル NEM 時価総額 約358億円
公開日時 2015/03/31 アルゴリズム PoI
発行上限 8,999,999,999 マイニング方式 PoI
中央管理者 なし 創設者
Web https://nem.io/
Twitter https://twitter.com/NEMofficial
ホワイトペーパー https://nem.io/wp-content/themes/nem/files/NEM_techRef.pdf

ネム(NEM/XEM)の記事一覧
ネム(NEM/XEM)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ネム(NEM)移行委員会で続く議論とシンボル(SYMBOL)開発進捗

仮想通貨ネム(NEM)は2020年第2四半期を目標にシンボル(SYMBOL)へとなる予定だが、現在移行委員会ではセキュリティ面の精査と現行のNEMネットワークに関する議論が行われているようだ。近々モバイルウォレットのテストも開始される。

仮想通貨ネム(NEM)移行委員会、モバイルウォレットテストの参加者を募集中

12回にもなる仮想通貨ネム(NEM)移行委員会のアップデートでは、さまざまな改善とシンボル(SYMBOL)版モバイルウォレットの募集などの発表が行われた。最新バージョンのSYMBOLもリリースされ、生じたバグも着々と修正されている。

仮想通貨ネム(NEM)ブロックチェーンSYMBOLのブランドガイドラインを発表

仮想通貨ネム(NEM)の次世代ブロックチェーン「シンボル(Symbol)」のブランドガイドラインが発表された。企業向けとして考えられるユースケースや、どのような目的から開発されたのか、その意図が全てまとめられている。
ネム(NEM)移行委員会、SYMBOLローンチ目標を2020年第2四半期へ修正

ネム(NEM)移行委員会、SYMBOLローンチ目標を2020年第2四半期へ修正

SYMBOLブロックチェーンへのアップデートを控えた仮想通貨ネム(NEM)の移行委員会はローンチ目標を2020年第2四半期へ後方修正した。テストネットにおける動作確認で出たバグなどを排し、より確かなプロダクトを目指しての修正のようだ。

ネム(NEM)の新ティッカーは「XYM」に!シンボル(SYMBOL)ブランドに関...

次世代ブロックチェーンシンボル(SYMBOL)への移行を進める、仮想通貨ネム(NEM)の新たなティッカー名が決定した。また合わせてブランドガイドラインに関するアップデートも公開され、実用時の利用なども考え、動きが進められている。

仮想通貨ネム(NEM)で決済!ホテル予約サイトが対応を発表

宿泊施設予約サイトを運営するトラバラドットコム(Travala.com)が仮想通貨ネム(NEM/XEM)での決済対応を行うことが発表された。既にホームページでは利用できるようになっており、日本国内のホテルでも支払いが可能なようだ。

仮想通貨ネム(NEM)講演会参加レポート:ブロックチェーン活用事例とSymbol...

2020年1月19日に次世代ブロックチェーンシンボル(Symbol)のローンチに向けた仮想通貨ネム(NEM)の講演会が行われた。これまでNEMを活用してさまざまなプロダクトを開発してきた人達による講演の内容と、会場の様子をレポートする。

仮想通貨ネム(NEM)、SYMBOLローンチ目標とプロセスが発表

テストネットが公開された仮想通貨ネム(NEM)次世代ブロックチェーンのシンボル(SYMBOL)は、2020年第一四半期のうちにローンチからレビューまでを完了させる予定であると、移行委員会から発表された。そのプロセスについて確認していこう。

ネム(NEM)の次世代ブロックチェーン「SYMBOL」テストネットが公開

NEMカタパルトの次世代ブロックチェーンとして開発が進んでいるシンボル(SYMBOL)のテストネットが公開された。企業向けブロックチェーンとして開発・準備が進められており、テストネットで実際にどのようなことが実現できるか試す機会でもある。

ネム(NEM)次世代ブロックチェーンSYMBOLに向けた講演が東京南青山で開催

新ブランド名が決まった仮想通貨ネム(NEM)カタパルトだが、東京都の南青山にて日本コミュニティの有志による講演会が開催される。NEMブロックチェーンを活用したプロジェクトに関わる人々による講演など、これからの動きを知る機会にもなるだろう。