リップル 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 リップル購入 リップル売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
XRP
ビットバンク
XRP
BITPoint
XRP
BitMEX
XRP
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

リップル(XRP) 相場チャート

リップル(XRP)の概要

特徴 国際送金のブリッジ通貨としての役割を主要としており、取引処理速度が早く、手数料が安いという2つの大きな特徴があります。2004年にRyan Fugger(ルアン・ファッガー)によりRIpplePay(リップルペイ)として考案され、2013年に正式に配布が開始されました。現在のRipple社の前身は「OpenCoin Inc.」でChris Larsen(クリス・ラーセン)によって設立されました。その後、「Ripple Lab, Inc.」に社名変更があり、今に至ります。CEOは、Brad Garlinghouse(ブラッド・ガーリングハウス)が着任しています。リップルのコンセンサスアルゴリズムであるProof of Consensusは、ビットコインに知見のあるJed McCaleb(ジェド・マカレブ)が考案したものです。
通貨名 XRP 日本語通貨名 エックスアールピー/リップル
シンボル XRP 時価総額 約15,173億円
公開日時 2013/02/02 アルゴリズム PoC
発行上限 100,000,000,000 マイニング方式 PoC
中央管理者 Ripple Inc 創設者 Ryan Fugger
Web https://ripple.com/
Twitter https://twitter.com/Ripple
ホワイトペーパー https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

リップル(XRP)の記事一覧
リップル(XRP)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

仮想通貨取引所フォビのアメリカ市場でリップル(XRP)の取引ペア追加

仮想通貨取引所フォビのアメリカ市場でリップル(XRP)の取引ペア追加

仮想通貨取引所フォビグローバル(Huobi Global)のパートナーである、アメリカの取引所HBUSがこのほど、リップル(XRP)の取引ペアを3種類追加したことを発表。HBUSとフォビグローバルについても紹介します。
リップル(Ripple)のxRapidが国際送金システムとして称賛される

リップル(Ripple)のxRapidが国際送金システムとして称賛される

リップル(Ripple)のプロダクトである「xRapid」が有望な国際決済システムとして、世界銀行から称賛されています。SWIFTなど国際決済の業界では、競争が激しくなっていますが、Rippleは今後どうなっていくのでしょうか?
リップル(Ripple)の共同創業者が約27億円相当のXRPを大学に寄付

リップル(Ripple)の共同創業者が約27億円相当のXRPを大学に寄付

リップル(Ripple)社の共同創業者のクリス・ラーセン氏らが4月5日、サンフランシスコ州立大学に2,500万ドル分(約27億8,000万円)のXRPを寄付したことが分かりました。今回の寄付で支援するキャンペーンなどを紹介する。
シンガポールの仮想通貨取引所Bitrueがリップル(XRP)とバイナンスコイン(BNB)の通貨ペア追加

シンガポールの仮想通貨取引所Bitrueがリップル(XRP)とバイナンスコイン(...

シンガポールに拠点を置く仮想通貨取引所のBitrueが3月29日、リップル(XRP)とバイナンスコイン(BNB)など複数の通貨ペア追加を発表。フォロワーにXRPのエアドロップなどその他の発表もあわせて紹介。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】韓国Bithumb EOSとリップル(XRP)のハッキング 内部の犯...

韓国の仮想通貨取引所「Bithumb」からイオス(EOS)とリップル(XRP)が不正に送金された。その被害総額は約21億円にも上るとされている。内部の人間による犯行の可能性が高く、トランザクションの内容などを紹介する。
リップル(XRP)が2つの取引所に上場、CoinFieldでは130以上の通貨ペア追加予定

リップル(XRP)が2つの取引所に上場、CoinFieldでは130以上の通貨ペ...

仮想通貨取引所のビットバイ(Bitbuy)とコーデックス(CODEX)が3月21日、リップル(XRP)を上場させることを発表しました。通貨ペアを130以上追加する予定のコインフィールド(CoinField)の発表もあわせて紹介。
XRPが証券でない理由、リップル(Ripple)社CTOがSXSWで説明

XRPが証券でない理由、リップル(Ripple)社CTOがSXSWで説明

リップル(Ripple)社のCTO(最高技術責任者)がテキサス州で3月に開催されたSXSWのカンファレンスにて、なぜXRPが証券ではないのか説明しました。XRPの誕生の背景や採取的な判断はSECや裁判所の決定になるという見解を紹介。
リップル(Ripple)が採用するPoC(Proof of Consensus)の仕組みとは?メリット・デメリットも考察

リップル(Ripple)が採用するPoC(Proof of Consensus)...

コンセンサスアルゴリズムには、PoW、PoS、PoIなどがありますが、本コラムではRipple(リップル)が採用する「PoC(Proof of Consensus)」についての仕組みやメリット・デメリットについて解説、考察を行いました。
リップル(Ripple)と国際銀行間通信協会(SWIFT)との生存競争切迫

リップル(Ripple)と国際銀行間通信協会(SWIFT)との生存競争切迫

国際決済を一手に引き受けている国際銀行間通信協会(SWIFT)とリップル(Ripple)社との間の生存競争が激化。リップルに対抗するSWIFTの動きや、金融機関や一般企業、政府が注目するリップルの動きを紹介。
リップル(XRP)がビットコイン(BTC)の最大のライバルである4つの理由とは?

リップル(XRP)がビットコイン(BTC)の最大のライバルである4つの理由とは?...

2018年の仮想通貨市場は弱気相場でしたが、リップル(XRP)は話題になってきました。リップル社は目覚ましい成果と発展を遂げ、XRPがどのようにしてビットコインの大きなライバルと言われるようになったか、4つの理由を紹介します。