イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イオス購入 イオス売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
EOS
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イオス(EOS) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

イオス(EOS)の概要

特徴 EOS(イオス)は、イーサリアムと同様の分散型アプリケーションプラットフォームです。コンセンサスアルゴリズムは、DPoS(Delegated Proof of Stake)を採用しています。投票で選ばれた21個のノード(ブロックプロデューサー)が、ネットワークをバリデート(承認)しています。トランザクションはイーサリアムを超えており、今後、EOS(イオス)には大きな期待が寄せられています。
通貨名 EOS 日本語通貨名 イオス
シンボル EOS 時価総額 約3,920億円
公開日時 2017/06/26 アルゴリズム DPoS
発行上限 1,000,000,000 マイニング方式 DPoS
中央管理者 なし 創設者 Dan Larimer
Web https://www.eos.io/
Twitter https://twitter.com/eos_io
ホワイトペーパー https://github.com/EOSIO/Documentation/blob/master/TechnicalWhitePaper.md

イオス(EOS)の記事一覧
イオス(EOS)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イオス(EOS)がICOで調達した40億ドルはどこに行ったのか?

イオス(EOS)がICOで調達した40億ドルはどこに行ったのか?

2017年より1年間のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を行ったEOSが調達した資金である40億ドル(約4.400億円)の使い道が明らかになりました。ここまで巨額の資金を、いったいどのような目的で使用していくのでしょうか。
EOS(イオス)は7ヶ月間で260以上のアプリケーションが稼働、その理由とは?

EOS(イオス)は7ヶ月間で260以上のアプリケーションが稼働、その理由とは?

EOS(イオス)はメインネットがローンチして7ヶ月で少なくとも260以上のアプリケーションが存在するようです。そんなEOSを利用する理由として挙げられるスケーラブル・スピードが早い・手数料モデル・環境に優しいの4つについて解説。
イオス(EOS)が1位に、第9回国際パブリックチェーン技術評価インデックス発表

イオス(EOS)が1位に、第9回国際パブリックチェーン技術評価インデックス発表

中国電子情報産業発展研究院(CCID)がこのほど、第9回国際パブリックチェーン技術評価インデックスを発表した。1位にはイオス(EOS)が、2位にイーサリアム(Ethereum)がラインクイン。その他CCIDの考察も紹介する。
EOS(イオス)は金権政治なのか?金権政治でも問題ないという反論

EOS(イオス)は金権政治なのか?金権政治でも問題ないという反論

EOS(イオス)はスマートコントラクトプラットフォームとしてEthereum(イーサリアム)に次ぐ時価総額規模となっています。本稿ではこのEOSが金権政治であるという批判に対する反論内容をまとめ、今後のEOSについて考察をしています。
EOS(イオス)は早い速度で成長をするも、ハッキングやフェイクアカウントも

EOS(イオス)は早い速度で成長をするも、ハッキングやフェイクアカウントも

EOS(イオス)はトランザクション数の処理能力やアプリの設計において早い速度で成長しています。しかし一方で、中国メディアが公開したレポートによるとハッキングやフェイクアカウントも増加しているようです。本稿ではEOSの現状を解説しました。
EOS(イオス)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(Ethereum)より集権的という評価は妥当か?

EOS(イオス)は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(Ethereum)より...

イーサリアム(Ethereum)に追随するスマートコントラクトプラットフォームとして評価されつつある、EOS(イオス)。その設計上出てくる、分散化されていないという批判的な意見の妥当性について考察しました。
ブロックプロデューサーに聞く、EOS(イオス)事情【HashHubイベントQ&Aセッション】

ブロックプロデューサーに聞く、EOS(イオス)事情【HashHubイベントQ&A...

2018年11月、HashHubで開催のEOSウィークエンドイベント内のQ&Aセッションでの質問と、講演者のJacky氏とZhao Yu氏の回答をまとめました。ブロックプロデューサー(BP)の活動やイオスの今後の展望について語られています。
次に来るブロックチェーンと期待されるEOS(イオス)の概要【HashHubイベントレポート】

次に来るブロックチェーンと期待されるEOS(イオス)の概要【HashHubイベン...

2018年11月3日にHashHubで行われたEOS weekendイベントの内容をもとにEOS(イオス)とは?といった概要や主な特徴、重要プレーヤーであるブロックプロデューサー(BP)について等、この記事でEOSの基本が理解できます。
EOS(イオス)の投票にまつわる黒い噂に対し、Block.one(ブロックワン)が弁明か?

EOS(イオス)の投票にまつわる黒い噂に対し、Block.one(ブロックワン)...

EOS(イオス)の投票にまつわる噂に関して、EOS開発をしているBlock.one(ブロックワン)が2018年10月1日に弁明と思われる内容が公式Mediumブログにて公開された。その噂とは一体何なのか?そしてBlock.oneの声明とは?
イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、ファンダメンタル&テクニカルチャート分析

イーサリアム(ETH)価格が最安値を更新、下落トレンドはいつまで続くのか

イーサリアム(ETH)の価格が2018年4月の最安値を更新した。仮想通貨の下落トレンドが続いているが、これはいつまで続くのだろうか?気になるビットコインETF、ファンダメンタル、そしてテクニカルチャート分析から考察を行った。