イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
GMOコイン
ETH
DeCurret
-
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
BITPoint
ETH
Huobi Japan
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
OKCoinJapan
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約404,098億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】OpenSeaの送金バグで42個のNFTが失われる 被害額は1100...

NFTマーケットプレイスのオープン・シー(OpenSea)のバグにより、42個のNFTとENS(イーサリアムネームサービス)が失われて。現在はOpenSeaはこのバグを修正済みだという。被害総額は1,100万円以上にものぼるという。

【墨汁速報】DYDX給付金が1ユーザー最大1500万円を記録 DYDXの引出し(...

イーサリアム上の分散仮想通貨取引所dYdXのガバナンストークンDYDXのロックアップ期間が終了した。このロック終了に伴い対象ユーザーはDYDXをClaim(発行)することができるようになり、最大で1ユーザー1500万円の給付金となった。

【墨汁速報】DeFi規制か?米SEC イーサリアム最大手分散取引所Uniswap...

WSJへのリークによると、イーサリアムDeFiの最大手分散取引所"Uniswap"の開発チームUniswap Labsが調査を受けているという。Uniswapは規制懸念から7月に特定DeFiトークンの取引を公式からアクセス制限をしていた。
イーサリアムのEIP-1559のETHバーン数と今後、イーサリアムは更に高騰する?

イーサリアムのEIP-1559のETHバーン数と今後、イーサリアムは更に高騰する...

イーサリアム(Ethereum)は8月5日に待望のロンドンハードフォークを実装し、手数料モデルを変更する「EIP-1559」が導入されました。本稿ではEIP-1559の価格への影響と今後について詳しく解説を行います。

【墨汁速報】イーサリアムウォレット”メタマスク”のアクティブユーザー10万人超え...

イーサリアム(Ethereum)のコントラクトを使用するためのメタマスク(Metamask)は、7月のアクティブユーザーが10万人を突破したことを発表。背景にはNFTや継続したDeFiの需要などがあると考えられる。

【墨汁速報】イーサリアム2度目のチェーン分裂(フォーク) クライアントのアップデ...

イーサリアムは27日にクライアントの”Geth”を最新版にアップデートしていないユーザーによってチェーンの分裂(フォーク)が発生。このイーサリアムチェーン分裂は2020年11月にも同様の理由で起きており、2回目となる。

【墨汁速報】イーサリアム2.0テストネット 初のハードフォーク”アルタイル(Al...

イーサリアム2.0のBeacon Chainの大型アップデート”アルタイル(Altair)”がテストネットに実装された。このアルタイルはイーサリアム2.0の初のハードフォークとなり、HF1という仮名として知られている。

【墨汁速報】イーサリアムウォレット”Metamask” EIP-1559の完全対...

イーサリアムのコントラクトを使用するためのウォレット”メタマスク(Metamask)”は、2021年9月19日付けで全ユーザーのEIP-1559の対応を開始。メタマスクユーザーはEIP-1559のPriority Feeの設定を自由にできることになる。

イーサリアム(ETH)への投資・投機熱上昇中!今後の金融政策で仮想通貨市場に影響...

ロンドン・ハードフォークからの影響は未だ止まず、イーサリアム(ETH)への投資・投機に興味関心を持つ人が増えていると考えられています。ただ、仮想通貨企業のQCPキャピタルから今後の金融政策による下落リスクも考えていた方が良いという指摘も行われました。

【墨汁速報】DeFi市場最大の675億円の被害 中国系Poly Networkが...

イーサリアムやBSC、Polygonなどに展開する中国系クロスチェーンプロトコルの”Poly Network”はハッカーによって攻撃され、DeFi市場最大の被害額となる約675億円相当のETHやUSDT、DeFiトークンが盗まれた。