イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
BITPoint
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約20,459億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート議論

活発化するイーサリアム(Ethereum)のマイニングアルゴリズムのアップデート...

イーサリアム(Ethereum)コミュニティでは、ProgPoWについての議論が活発になっています。どのようなことが議論となっているのか、イーサリアムの現状と今後のアップデート、マイナーの影響などを紹介します。
イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアム(ETH)の環境を最大限に活かすために「メタトランザクション(Meta Transaction)」という技術が注目されています。手数料の問題や、ブロックチェーンゲームに親しみやすくするこの技術は、どのようなものなのでしょうか。
イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめるべきこと

イーサリアム 2.0(Serenity)のPoS移行にあたり投資家が考えはじめる...

現在の合意形成アルゴリズムであるPoW(Proof of Work)から将来、PoS(Proof of Stake)に移行するイーサリアム。Ethereum2.0と呼ばれる大型アップデートから投資家が考えるべきことを紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】カナダのQuadrigaCX 約210億円のビットコインなどの資産を...

最高経営責任者(CEO)の突然の死去により、ウォレットのコントロールを失ってしまった海外取引所のQuadrigaCXが、約210億円にもなるビットコインなどの資産をユーザーに返金できず、破産への道を進んでいる。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】4月1日 MyEtherWallet(MEW)がETHの送金にKYC...

イーサリアム及びERC20トークンウォレットとして需要の高いMyEtherWalletが2019年4月1日に送金するにはKYC(本人確認)が必須になると、ツイッターに投稿。エイプリルフールのジョークの内容を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガバナンス、プライバシーについて

イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガ...

イーサリアム(Ethereum)の情報に特化したポッドキャスト「Into The Either」で配信されたイーサリアムの創業者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のインタビューの内容を簡単に紹介します。
2019年に注目すべき3つのイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンとは?

2019年に注目すべき3つのイーサリアム(Ethereum)ベースのトークンとは...

アマーケットが続いていると表現される仮想通貨市場。それでもビットコイン(BTC)の毎日の取引量は、3月15日には110億ドル(約1兆2,000億円)を超え注目されています。そんな中でイーサリアムべースの有望なトークンを紹介します。

MakerDAO(メイカーダオ)など増加するレンディングアプリケーション、それぞ...

イーサリアム(Ethereum)のレンディングプロトコルなどレンディング提供の開始が増えています。これらレンディングサービスやプロトコルでは、それぞれ異なる金利の決定方法があり、その特徴を紹介します。
イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Zether」はどんな技術なのか?

イーサリアム(Ethereum)などのチェーン上で秘匿アセットを構築できる「Ze...

ブロックチェーンは公開できる点が評価されていますが、逆にプライバシーについて問題視されることもあります。そこで現在活発になっているのが匿名技術。本稿ではイーサリアム上などで秘匿アセットを構築できる新技術「Zether」について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペイメントプロセッサ

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペ...

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物が可能になる、オープンソースのペイメントプロセッサ「Dexpay(デックスペイ)」の紹介。DAIにも対応しており、DAIをより日常的に使うことを広める目的のあるDexpayの仕組みとは一体?