イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
GMOコイン
ETH
BITPoint
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約31,208億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

イーサリアム(ETH)のマイニング報酬による市場価値への影響と今後の方針とは

イーサリアム(ETH)はマイニングによる新規発行に、制限がない仮想通貨です。新規発行により、市場への影響は多少あるものの、それはひとつの方針に基づいています。PoSへアルゴリズムを変更予定ですが、今後どのようになっていくのでしょうか。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年1月3日のローンチを予定

6月13日に行われたイーサリアム2.0の実装会議で、イーサリアム2.0の初期段階の実装となるフェイズ0のローンチを来年2020年の1月3日として提案され、約半年後をターゲットに実装を行う予定であることが明らかになった。
イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール(Istanbul)アップデート内容が決定

イーサリアム(Ethereum)のイスタンブール(Istanbul)アップデート...

2019年3月に大型アップデートを迎えたイーサリアム(Ethereum)が同年10月にも更なるアップデートを予定しています。イスタンブール(Istanbul)と呼ばれるアップデートですが、その更新内容がほぼ決定したため、ご紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとした証券取引所がバーレーンで開設

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとした証券取引所がバー...

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンをベースとしたスプリンクルエックスチェンジ(SprinkleXchange)という証券取引所が開設される予定です。同取引所の特徴とブロックチェーンならではの懸念点について紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metamaskが統計データを発表

イーサリアム(Ethereum)のDAppsユーザーの実態が明らかに!Metam...

イーサリアムの最も主要なウォレットの一つであるメタマスク(Metamask)がこのほど、ユーザーの同意を得てウォレットの利用ケースを調査した統計データを発表。トランザクションや分散型アプリケーション(DApps)の利用状況を紹介。

スマートコントラクトで定期課金ができるイーサリアム(Ethereum)ウォレット...

仮想通貨での定期課金が可能になる流れが来ています。今回登場したウォレットは、支払いをブロック生成数から判断して自動処理をするというものになっています。これからのウォレットには標準的に搭載されていく機能になるのではないでしょうか。
スマートコントラクトとは?契約の流れやメリット、今後の課題を解説!

スマートコントラクトとは?契約の流れやメリット、今後の課題を解説!

イーサリアム(Ethereum)などで利用できる「スマートコントラクト」とはいったい何なのか?その仕組みやメリット、実際にスマートコントラクトが使われている例について解説し、今後の課題も紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】英 EY(Ernst&Young)イーサリアム上での匿名送金...

世界4大会計事務所として知られるErnst & Youngがこのほどイーサリアム上でZcashのzk-SNARKsを使用したプライベートトランザクションを可能とするプロトコル「Nightfall」を公開。同プロトコルについて紹介する。
元イーサリアム共同創業者兼CTOのギャビン・ウッドが考えるガバナンスの問題点とは?

元イーサリアム共同創業者兼CTOのギャビン・ウッドが考えるガバナンスの問題点とは...

元イーサリアム(Ethereum)の共同創業者兼最高技術責任者(CTO)のギャビン・ウッド(Gavin Wood)氏は、オンチェーンガバナナンスを支持しており、同氏の考える現在のイーサリアムのガバナンス設計に対する主張を紹介。
競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コミュニティの強さとは?

競合パブリックブロックチェーンと比較したときのイーサリアム(Ethereum)コ...

スマートコントラクトを実行できるブロチェーンにおいて最も主要だと言えるイーサリアム(Ethereum)。競合と評価されるようなブロチェーンも出てきているなか、イーサリアムの強みは一体どこにあるのでしょうか?