イーサリアム 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 イーサリアム購入 イーサリアム売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
ETH
ビットバンク
ETH
GMOコイン
ETH
Liquid by Quoine
ETH
bitFlyer
ETH
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

イーサリアム(ETH) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

イーサリアム(ETH)の概要

特徴 スマートコントラクト機能があり、分散型アプリケーション、開発プラットフォームとして様々なところで活用されています。2013年にVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)により提唱され、2015年8月には公開されています。イーサリアムを利用する際にGas(ガス)と呼ばれる手数料がかかるのが特徴の一つです。2018年にICOが一時期ブームになりましたが、そのほとんどがイーサリアムを利用したものになっていました。
通貨名 Ethereum 日本語通貨名 イーサリアム
シンボル ETH 時価総額 約15,590億円
公開日時 2015/07/30 アルゴリズム Ethash
発行上限 上限なし マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Vitalik Buterin
Web https://www.ethereum.org/
Twitter https://twitter.com/ethereum
ホワイトペーパー https://github.com/ethereum/wiki/wiki/%5BJapanese%5D-White-Paper

イーサリアム(ETH)の記事一覧
イーサリアム(ETH)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

【墨汁速報】韓国最大手国民銀行 仮想通貨カストディの商標登録出願 KBDACは新...

韓国メディアの報道によると、韓国最大手国民銀行がビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨カストディを行うKBDAC(KB Digital Asset Custody)という商標登録を出願。韓国政府の諮問機関は金融機関が仮想通貨取扱いに参入すべきという見解を2020年1月に示して
イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング

イーサリアム2.0は年7月30日か?最大の課題はPoS移行とシャーディング

2020年に大きなターニングポイントを迎えるイーサリアム。ETH2のローンチが7月30日になるとの見方が強まる中、改めてETH2の特徴やソリューションの1つであるシャーディング(sharding)について紹介する。

【墨汁速報】イーサリアムDeFi レンディングCompound SAI(DAI)...

イーサリアム上のレンディングコントラクトCompoundは、DeFiの中核Maker DAOが提供するステーブルコインSAI(Single Collateral DAI)の取扱に関する新たな発表を行った。

【墨汁速報】韓国国会 ビットコイン取引などの仮想通貨取引所の規制改正法案を可決

韓国国会にて仮想通貨取引所の運営をライセンス化し、許可制にする特定金融取引情報の報告と利用の法改正案が3月5日に可決。韓国はビットコインなどの仮想通貨取引を正式に国として規制されることとなった。法案の詳細を紹介する。

【墨汁速報】イーサリアム新たな時代の幕開け EYとマイクロソフト他12社 新たな...

イーサリアム開発スタートアップのConsensSysと4大監査法人のEYは、マイクロソフトなど含む14のスタートアップや企業と提携。エンタープライズグレードでのイーサリアム活用の新たなプロジェクト「ベースラインプロトコル」を発表。

【墨汁速報】米CoinbaseイーサリアムのENSを統合 ENSライクなサービス...

コインベース(Coinbase)はイーサリアム版DNSとなるENS(イーサリアムネームサービス)をウォレットに統合。このENSのサポートにより、ユーザーはDNSのようにドメインでアドレスを指定することが可能となった。

【墨汁速報】イーサリアム上で新たなステーブルコイン”QCADR...

カナダの仮想通貨スタートアップのジョイントベンチャー カナダステーブルコープ(Stablecorp)は、イーサリアム上でカナダドルにペッグする新たなステーブルコイン、"QCAD"を新たにローンチしたと発表した。
企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理

企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理

Ethereum 2.0のローンチをひかえる今、企業や開発者はイーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのでしょうか?そこで、開発者にとっての問題から、アプリケーションのユーザーや投資家はどう考えればいいのかを紹介します。

【墨汁速報】イーサリアム2.0(ETH2)ローンチ 2020年7月30日を目標へ...

イーサリアム2.0(ETH2)のBeacon Chainローンチは、イーサリアムの5周年となる2020年7月30日を新たな目標としてテストを行うとイーサリアムデベロッパーと発明者のVitalik Buterin氏の意向が示された。

【墨汁速報】「ブロックチェーンは価値がある」約5億円のバフェットディナー遂に開催...

1月23日、ウォーレン・バフェット氏とTronの創設者Justin Sun氏の会食がネブラスカのハッピーハロウィンクラブにて行われた。Sun氏はバフェット氏との昼食をできる権利を約5億円で落札していたが、2019年7月予定だったがSun氏の体調不良で延期されていた。