バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート

平均購入額
平均売却額
取引所 バイナンスコイン購入 バイナンスコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
BINANCE
BNB
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

バイナンスコイン(BNB) 相場チャート

価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

バイナンスコイン(BNB)の概要

特徴 Binance Coin(BNB)は、海外取引所の中でも有名なバイナンスが発行しているトークンとなります。BNBを利用すると、バイナンス登録1年目は取引手数料を半額になるなど、BNBを保有することでバイナンス内での取引が優位になります。500BNBを保持しているとアフィリエイト報酬が通常20%から40%になるなどの特典もあります。
通貨名 Binance Coin 日本語通貨名 バイナンスコイン
シンボル BNB 時価総額 約3,018億円
公開日時 2017/06/27 アルゴリズム ETH Token
発行上限 2,000,000,000 マイニング方式 (ERC-20)
中央管理者 Binance 創設者
Web https://www.binance.com/
Twitter https://twitter.com/binance
ホワイトペーパー https://www.binance.com/resources/ico/Binance_WhitePaper_en.pdf

仮想通貨取引所の記事一覧
仮想通貨取引所に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

TAOTAO(タオタオ) 登録・口座開設方法

仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)口座開設手順・操作方法などを解説!

Yahoo!(ヤフー)の子会社であるZコーポレーション株式会社が出資した仮想通貨取引所「TaoTao(タオタオ)」の口座開設手順やスマホアプリの操作方法を、図を用いて解説していきます!キャンペーンも随時開催していますので、まだの方は是非!
日本の暗号通貨業界が規制について考えるべきこと

日本の暗号通貨業界が規制について考えるべきこと

自主規制団体は日本国内における暗号通貨取引のレバレッジは4倍と定めていますが、上限を2倍以下にすることが検討されているとの報道がありました。そこで、本コラムでは日本の事業者が規制について考えるべきことを考察します。

【墨汁速報】仮想通貨デリバティブErisX 現物決済ビットコイン先物をBakkt...

仮想通貨デリバティブ取引所のErisXは、現物決済のビットコイン先物をローンチすると発表。ビットコイン現物により決済される先物はBakktのみであったが、ErisXはBakktに次ぐ2番目の現物決済ビットコイン先物となる。

【墨汁速報】1792年設立老舗金融機関ステートストリート 仮想通貨取引所Gemi...

1792年設立の老舗金融機関ステートストリートは、仮想通貨取引所でカストディアンでもあるウィンクルボス兄弟のGeminiと共同し、Geminiカストディで保管している顧客の2種類の仮想通貨の報告仮定をトラックするトライアルを開始すると発表。

【墨汁速報】バイナンス ビットコイン売買にルーブルやペソなど167種類のキャッシ...

バイナンスは、ニューヨークを拠点とするP2Pビットコイン取引所Paxfulを統合し、バイナンスユーザーにポンドなどを含む167種類の法定通貨でのビットコイン取引を提供するという。Paxfulユーザーも同様にバイナンスへアクセスが可能となる。

【墨汁速報】ビットコインデリバティブBitMEX 同社の投資家により約325億円...

ビットコインデリバティブ取引所で世界最大手となるBitMEXと同社CEOであるArthur Hayes氏は、同社の初期投資家により、虚偽の報告により3億ドル日本円で約325億円の訴訟を起こされたという。

【墨汁速報】Bakkt ビットコイン先物オプションとCFDを同時にローンチ CF...

ビットコイン現物決済先物を提供するBakktは、10月に発表したビットコイン先物のオプションをローンチしたと発表。同時に同社の親会社であるICEシンガポールでビットコイン先物を基準にしたCFD(差金決済取引)のローンチを同時に発表。

【墨汁速報】OKEx CMEやBakktに続きビットコインと仮想通貨現物、先物の...

OKCoinが運営するグローバル取引所OKExは、CMEやBakktのビットコイン先物オプション取引に続き、12月12日から仮想通貨の現物と先物のオプションローンチを発表。来年にはビットコインのオプションが取引できるようになる。

【墨汁速報】MakerDAO SAIのMCD(DAI)移行率が約4倍に イーサリ...

イーサリアム上の分散型金融(DeFi)にとって新たなステージとなるメイカーダオ(MakerDAO)のマルチコラテラルDAI(MCD)は、12月3日にエコシステムの大半を移行完了とする予定だ。それに伴い、SAIからの移行率が高まっている。

【墨汁速報】韓国仮想通貨取引所 Upbit ハッキングにより55.4億円分のイー...

韓国の最大手仮想通貨取引所Upbit(アップビット)は、大量の仮想通貨送金が検知された後に仮想通貨の出金を停止、これによるハッキングされたのではないかと推測されていた。27日にUpbit公式は不正送金が行われたと公式発表を行った。