2ページ目 | ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
ビットバンク
BTC
フィスコ
BTC
Liquid by Quoine
BTC
BITPoint
BTC
Huobi(フォビ)
BTC
BINANCE
BTC
BitMEX
BTC
bitFlyer
BTC
BTCBOX
BTC
CoinCheck
BTC
Zaif
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 相場チャート

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

破綻リスクが高いビットコイン取引所を見分ける4つのポイント

【墨汁速報】加 ビットコイン取引所QuadrigaCXがCCAA申請で破産目前

QuadrigaCXは、日本時間1月29日6:00amに、取引所システムアップデートに伴うメンテナンスモードで直オンラインに戻ると発表。オフライン状態が4日ほど継続した。日本時間2月1日には「深刻な財政難」として、債権者保護手続を裁判所へ提出したと公式発表した。
米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

米フィデリティ(Fidelity) ビットコインカストディローンチは3月か?

投資信託大手のフィデリティ(Fidelity)は昨年、仮想通貨を安全に保管する”カストディサービス”含む機関投資家向けのサービスを提供すると発表。さらに今回はビットコインカストディサービスを3月を目処にローンチ予定であるという情報が入った。
CBOEがビットコインETFに関する申請を一時取り下げ、米政府機関閉鎖の影響

CBOEがビットコインETFに関する申請を一時取下げ、米政府機関閉鎖の影響か?

米証券取引委員会(SEC)が現地時間の1月23日、シカゴオプション取引所(CBOE)が提出していたビットコインETFに関する申請を取り下げたことを発表した。今回の取り下げ理由は、米政府機関の閉鎖が影響しているという。
「ビットコイン・ベイビー」、両親がBTCで学費の寄付求める

「ビットコイン・ベイビー」、両親がBTCで学費の寄付求める

イギリスの新聞「タイムズ(The TImes)」に、生後1週間の赤ちゃんの大学の学費を募る投稿が掲載されていたことが分かった。投稿にはビットコインアドレスが掲載されており、すでに42万円近く集めている。
「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解は維持

「ビットコインETF実現に尽力」ウィンクルボス兄弟、長期的なBTC価格上昇の見解...

ウィンクルボス兄弟がビットコイン(BTC)がゴールドの時価総額を上回るだろうとの見解を明らかにした。またETFの実現に向け引き続き尽力していくことをレディット(reddit)のAMAセッションで表明。2人の見解を紹介する。
謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

謎を解いてビットコイン(BTC)獲得、アーティストが壁画を発表

パリ在住のストリートアーティストが、壁画に隠された謎を解くことで11万円相当のビットコイン(BTC)を獲得できる作品を発表した。パリ市内にある壁画とこれまで仮想通貨関連の作品を発表していたアーティストを紹介する。
「2019年もビットコイン(BTC)下落継続の気配」中国アナリストの見解

「2019年もビットコイン(BTC)下落相場継続の気配」中国アナリストが見解示す...

多くの仮想通貨業界人が2019年にビットコイン(BTC)の価格が上昇するとの予想を発表している中、中国のアナリストらは今年も下落相場が続くとの見解を示している。気になるその理由や今後の動向、戦略などを紹介する。
2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2019年のビットコイン(BTC)はどうなる!?業界人の価格予想まとめ

2018年は1年を通して、ベアマーケットだった仮想通貨市場。果たして2019年の市場はどうなるのでしょうか?そこで今回は、さまざまな業界人が予想した2019年のビットコイン(BTC)の価格予想をまとめて紹介します。
仮想通貨の現物と証拠金取引の特徴、そのヘッジ作戦について

仮想通貨の現物と証拠金取引の特徴、そのヘッジ作戦について

ビットコインをはじめとする仮想通貨は、現物取引の他にFX、先物、信用取引ができます。こういった取引は証拠金取引といい、高利益を増やすチャンスはあるものの、間違えると大きな損失になりかねません。本稿では証拠金取引について詳しく解説します。
栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)コラム

10年後、仮想通貨の状況はどうなっているのか?:栢森 加里矢(QUOINE 代表...

仮想通貨取引所Liquid by Quoineを運営するQuoine社の代表取締役CEOの栢森 加里矢によるコラム。2017-2018年は仮想通貨の相場に大きな変動があった年、10年後の仮想通貨の状況はどうなっているのか?という考察をお届け。