ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
ビットバンク
BTC
Quoine
BTC
Zaif
BTC
bitFlyer
BTC
みんなのビットコイン
BTC
ビットトレード
BTC
btcbox
BTC
フィスコ
BTC
BINANCE
BTC
CoinCheck
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 相場チャート

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)は将来「法定通貨に代わる未来の通貨」と大口投資家は語る

ビットコイン(BTC)は将来「法定通貨に代わる未来の通貨」と大口投資家は語る

海外の大口投資家は仮想通貨のボラティリティに関して楽観的な姿勢を見せており、下落トレンドを描いてる今もビットコイン(仮想通貨)は将来、法定通貨に変わる価値を持った主流の通貨になるのではと予測。CNBCのインタビューで語ったその理由を紹介。
ペイパル(Paypal)は「ビットコイン(BTC)価格が安定するなら本格的にサポートする」と発言

ペイパル(Paypal)CFOは「ビットコイン(BTC)価格が安定するなら本格的...

ペイパル(Paypal)最高財務責任者は、CNBCとのインタビューの中で「ビットコインがより良い仮想通貨になるならば確実にサポートする」語った。CFOにとってより良いとはどういった通貨のことをさすのか?また現在の懸念点とは何なのだろうか?
ビットコイン(BTC)決済が多くのサービスに続々と採用!4つの決済導入例を紹介

ビットコイン(BTC)が多くのサービスで続々と採用!4つの決済導入例を紹介

現在多くの企業(サービス)でビットコイン(BTC)決済の導入が採用されている。今回は最近の導入例を4つ厳選して紹介。日本をはじめスペインでも積極的に採用。bitFlyerとの提携により導入したサービスもあったりと多種多様である。
ビットコイン(BTC)価格の激しいボラティリティ、4つの理由とは一体…?

ビットコイン(BTC)価格の激しいボラティリティ、4つの理由とは一体…?

ビットコインは非常にボラティリティの高い仮想通貨の一つである。2017年5月には22万円程だったBTC価格は12月末に約220万円、2018年1月には約60%の下落など波が激しい。こういった動きには理由がある。今回はその4つの要因を紹介。
ビットコイン(BTC)が200万円を再び超える為に必要な3つの要因とは?

ビットコイン(BTC)が200万円を再び超える為に必要な3つの要因とは?

2017年末に200万円以上を記録したビットコイン(BTC)は、現在90万円前後で推移している。海外の一部メディアではいずれ2万ドル(約220万円)を超えると予測があるが根拠は見えない。本稿ではBTC価格上昇に必要な3つの要因を解説する。
ビットコイン(BTC)は2018年末までに550万円に上昇?BitMEXのCEOが大胆予測

ビットコイン(BTC)は2018年末までに550万円へ上昇?BitMEXのCEO...

仮想通貨取引所BitMEXのCEOが「2018年末までにビットコインが5万ドルまで上昇する」と強気な予測発言したことが話題となっている。価格は低迷を続けており、上昇の兆候がない中でなぜBTCは上昇するのだろうか?予測までの背景などを紹介。
NY証券取引所オーナー会社ICEがビットコイン取引プラットフォームを開発中か?

NY証券取引所オーナー会社ICEがビットコイン取引プラットフォームを開発中か?

ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるICE社がビットコイン(BTC)取引プラットフォームを開発中か(?)とNYタイムズ紙が報じた。今回の件に対する質問等に関して担当者はノーコメントを繰り返している為、真相ははっきりしていないという。
ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

ビットコイン(BTC)のスマート紙幣「Tangem Notes」とは?

スイスに本社を置くTangem(タンジェム)社は新たにビットコイン(BTC)のスマート紙幣をテスト発行し、5月3日にシンガポールのメガファッシュ(雑貨屋)でリリースされた。スマート紙幣は0.01BTCと0.05BTCの2種があるという。
ビットコイン先物取引量が回復基調へ、ファンドやETFなどはSECとの調整がカギ

ビットコイン先物取引量が回復基調、ファンドやETFなどは米SECとの調整がカギ?...

2017年12月から緩やかにスタートしたビットコイン先物取引だが、2018年4月より徐々に取引量が増加傾向にある。先物以外のビットコイン上場投資信託(ETF)取引の認可やファンドの運用については米SECの動き方で大きく変わってくるだろう。
バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国で増え続けるビットコイン(BTC)決済、独自トークンも発行へ?

バルト諸国(エストニア、ラトビア、リトアニア)でビットコイン決済が普及している。コーヒー購入にBTC決済は特別なことではないという。不動産やファッション、様々な企業が仮想通貨を導入、独自トークンの発行計画もあるようだ。今後の動きが注目される。