• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • モナコイン 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • リスク 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イーサリアムクラシック 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • BitTrade (ビットトレード)
  • バイナンス(BINANCE)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • coincheck(コインチェック)
  • クラーケン (Kraken)
  • みんなのビットコイン
  • ポートフォリオ
  • PR

ネム(NEM/XEM)

ネム(XEM/NEM)とは?特徴・特性を解説

Bitcoinフォーラム参照、初期ロゴ NEMとは、「NEW ECONOMY MOVEMENT ” A New Economy Starts With You.”」 を掲げて2014年1月19日にBitcoinフォーラムにて資金調達が始まったプロジェクトです。 金融の自由・地方分権・機会平等を備えたコミュニティ指向の第2世代暗号方式を目指しています。 NEMの主な特徴として、重要性の証明、アセットエクスチェンジ、暗号化メッセージング、ワンクリッククライアントがあります。(画像はBitcoinフォーラム参照、初期ロゴ)

NEMでは、第1世代(Bitcoinなど)で使われるPoW(Proof-of-work)の問題を解決し、自動決済や有効期限付き決済などの高度な機能を備え、資産交換と決済をサポート。 開発者の資金調達や資産リスティング、トークンの発行などを備えたプラットフォームにするため、資産交換の使い勝手に焦点を当てています。 また、契約書などの保管と個人間コミュニケーションのためのメッセージ機能を備えています。

NEMが掲げたNEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)は、Bitcoinにおける金融、非中央、分散化という考えを基盤とし、かつBitcoinで使われるPoWの問題点を解決することにあります。 その上で決済としての機能に特化することを目的としています。これは実生活に置ける様々な資産をスムーズに交換するとともに、固有トークンの発行と、 それに価値をもたらすことで新しい経済運動をひき起こそうとしていると思います。

加えて、資金調達や決済時に証明を残す契約書保管機能と個人間メッセージ機能があることから、様々な店舗と場面で導入することできます。 店舗と店舗、店舗とユーザー、ユーザーとユーザーが交わる所にトークンを介した新たな経済圏が生まれていく、NEMはそのきっかけを作っているように感じます。

NEMの開発

nem公式ロゴ NEMは暗号通貨NXT(ネクスト)を改良するプロジェクトとして2014年1月から始まりました。 開発計画のドキュメントが公開され、Bitcoin、NXT、Bitshareの優れた機能と独自のイノベーションを組み合わせるものとされています。(画像は現在の公式ロゴ)

プログラム言語はJavaを使用して設計され完全に1から作られています。 Bitcoinなどのマイニングされる暗号通貨とは異なり、すべて最初のブロックにて発行されます。 NEMホルダーは取引を検証し、ネットワークを保護する独自のノードとなります。

これにより、BitocinなどのPoWネットワークにかかる大きなコストとマイナーの必要性を排除します。 NEMを多く持っているノードではなく、ネットワークにとって最も重要なノードに報酬を与える方式を取っています。( PoI:Proof-of-Importance ) 2014年1月19日?2014年2月17日に開発のための資金調達し、プログラムのアップデートを繰り返しながら開発が進んでいます。

NEMとBitcoinの違いとは何か

通貨が誕生してから、通貨は常に中央政権にコントロールされてきました。 中央政権では、通貨を使うあらゆることを思うがままに決めつけることができます。 2008年にSatoshi Nakamotoを名乗る人物による、通貨の概念をすべて直したいという気持ちから暗号通貨の起源であるBitcoin(ビットコイン)が生まれました。

Bitcoinという革新的なアイディアの副産物としてBlockchain(ブロックチェーン)を創出しました。 ブロックチェーンは今まで起きた全ての取引記録が載った公開台帳であり、全ての人がそのトランザクションを確認することができます。

NEMとBitcoinの比較表

項目 NEM(ネム) Bitcoin(ビットコイン)
総発行量 8,999,999,999
XEM
2100万
BTC
最小単位 0.000001
XEM
0.00000001
BTC
発行 初期全量発行済 ブロック毎
システム PoI PoW
その他 通貨以外の機能あり


大きな違いは通貨の発行とシステム

NEMとBitcoinの大きく違う点は、通貨の発行とそのシステムにあります。 Bitcoinの場合は10分に1ブロック生成される仕様となっており、ブロック生成される度に新規Bitcoinが発行されます。 約2100万枚発行されるまでこれが続きます。一方、NEMの場合は最初から全量が発行されており、取引手数料を各ノードが分け合う形でネットワークが維持されています。

Bitcoinの仕組はPoW(Proof-of-Work)といい、コンピューターパワーにより取引を承認しBitcoinを獲得する動きとなっています。 NEMでは、PoI(Proof-of-Importance)という仕組を用いており、ネットワークにおける重要度を評価しブロック毎の手数料を獲得できる仕組となっています。

NEMの仕組はBitcoinと比較すると電力をあまり必要としません。また、PoIアルゴリズムにより、通貨を使うことを促し評価しています。 NEMはEigenTrust++というノードの重要性を決めるためのアルゴリズムが採用されており、ネットワークのセキュリティを大幅に強化しています。

NEMには通貨やネットワークだけでなく+αな機能が豊富にあります。 NEMは簡単にマルチシグネチャを作成したり編集したりできます。また、NEMのブロックチェーン上にサードパーティを必要とせずともモザイクと呼ばれる独自トークンを発行することができます。 Bitcoinにはないメッセージ機能もあり、通貨の送金と同時にメッセージを送信することも可能です。

NEMではブロックチェーン上にサードパーティの作成を容易にしています。 Bitcoinの場合は、サードパーティを作成するにあたり、中心的なサービスを使い機能させます。 つまり、開発者は、構築やアップデート、APIの維持のために中心的なサービスを信頼せざるをえません。 NEMはその点において、扱いやすいJSON/restful APIを提供しており、開発者は容易にサードパーティを作成することができます。

XEM(ゼム)/NEM(ネム)の違いとは何か

NEM(ネム)はNEMブロックチェーン全体の総称です。もともとはNew Economy Movementの略称でしたが、現在は略称ではなく、NEMという固有名詞とされています。 XEM(ゼム)はNEMブロックチェーン上のモザイク(トークン)になります。つまり、通貨単位としてはXEMといい、ブロックチェーンやその仕組全体についてはNEMと呼びます。

XEMの価格推移とNEMの歴史

XEMの価格推移とNEMの歴史

NEMの歴史を簡単にみてみます。2015年3月29日にNEM最初のブロックであるGenesis Blockが誕生しました。 この日からNEMのブロックチェーンは動き続けています。それからBitcoinフォーラムで掲げていたNEMの機能を順次導入していく流れになります。

テックビューロ社がNEMのプライベートチェーン版mijinが発表し、2016年2月からmijinオープンベータプログラムが開始されました。 mijinを使ったブロックチェーン実証実験が様々な企業で行われるようになります。また、テックビューロとNEMの提携でカタパルトの共通採用が決定しました。

2017年に入ると、中国CERTレポートが公開されます。このレポートではNEMが最も安全なプロジェクトとして評価されています。 2017年からNEMブロックチェーンを利用したアプリケーション開発が続々と進み、開発と同時にNEMが広がりをみせ、価格も上昇しています。

NEMの今後の展開「カタパルトの実装」

2018年に入り、NEMはどのように進んでいくのでしょうか。 2018年度中にカタパルト(catapult)を取り入れる予定となっています。 NEMのコードは完全にオリジナルで1から作られています。カタパルトも同様です。 NEMでは、後に重大な分岐につながらないように 慎重にプログラムの作成を進めています。カタパルトでNEMは大幅にアップグレードされます。

カタパルトがもたらすのは、小さな経済圏のきっかけ

カタパルトで注目されるのはアグリゲートトランザクションです。 このアグリゲートトランザクションでは、複数の取引を1つとして同時に処理することができます。 例えば、XEMとモザイクと円を同時に交換できることにもつながります。お店とお客さんと取引所の3つでアグリゲートトランザクションを組むことで、お客さんはお店にXEMを支払い、 お店は取引所でXEMを円に変え、またモザイクをポイントとしてお客さんに送金することを同時に一瞬で行うこともできます。

トラストレスな暗号通貨圏において、信用をいかにブロックチェーンを含めた暗号技術におけるかが課題になります。 アグリゲートトランザクションでは、複数のトランザクションを絡めることで、第三者を信用せずに取引することができます。 また、モザイクもアグリゲートトランザクションにより価値が生まれてくるように思います。カタパルトと並行してモザイクを交換できる場所も進められているようです。

このカタパルトが搭載されたNEMを起用することで、少しづつ暗号通貨経済圏の歯車を回し始めることができるように思います。
(解説:西内達也|Twitter:@BFM33211

ネム(NEM/XEM) 相場チャート


ネム(NEM/XEM)リアルタイムレートはこちら

ネム(NEM/XEM)の記事一覧
ネム(NEM/XEM)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ネム(NEM)がブロックチェーンベースを使ったAI搭載ソリューションと提携

ネム(NEM)がブロックチェーンベースを使ったAI搭載ソリューションと提携

ネム(NEM)財団とTheVault Ltd.が暗号通貨ユーザーの信頼を高めるべくパートナーシップを結びました。安全な支払いと取引の為NEMベースのAI搭載ブロックチェーンソリューションを構築します。同社の特徴やロードマップなどを紹介。
ネム(NEM)カタパルト のCowアップデート、その内容と機能とは?

ネム(NEM)カタパルトのCowアップデート、その内容と機能とは?

ネム(NEM) CatapultにてCowというサーバーリリースマイルストーンのアップデートが公開された。今回のアップデートによって更新されたいくつかのシステムや追加された新しい機能について解説します。
ネム(NEM)のブロックチェーンハブがバンコクにもオープン、拡大するコミュニティ

ネム(NEM)のブロックチェーンハブがバンコクにもオープン、拡大するコミュニティ...

ネム(NEM)財団により、ブロックチェーンハブがバンコクにもオープンしたことが発表された。設立の目的やバンコクでのブロックチェーンハブの詳細、そして拡大するネム(NEM)のコミュニティについてを紹介します。
歩いてコインを獲得できる!ネム(NEM)利用のアプリ「FiFiC」β版がリリース

歩いてコインを獲得できる!ネム(NEM)利用のアプリ「FiFiC」β版がリリース...

歩いてコインを獲得できる健康促進アプリ「FiFiC」のβ(ベータ)版がリリース。FiFiCは目標歩数を達成することでコインを獲得できる仕組みで、このアプリにはNEMの独自トークン機能のモザイクが利用されています。アプリの特徴を紹介します。
ネム(NEM) CatapultのBisonアップデートと3つの主要機能とは?

ネム(NEM) カタパルトのBisonアップデートと3つの主要機能とは?

ネム(NEM)CatapultのBisonが更新。Catapultのリリースに向けた重要な一歩となるこのアップデートで注目すべきアカウントプロパティ、マークル状態遷移証明、キャッシュステートバッキングの3つの主要機能について解説。
モバイルデジタルウォレットサービスを提供するDenarii CashがNEMブロックチェーンに移行

モバイルデジタルウォレットサービスを提供するDenarii CashがNEMブロ...

モバイルデジタルウォレットサービスを提供するDenarii Cash(デナリーキャッシュ)がNEMのブロックチェーンに2019年第2四半期までに移行する。Denarii Cashの紹介や、今後の日本におけるキャッシュレス化について考察する。
ネム(XEM)が中国の暗号通貨取引所Gate.io(ゲート)にリスト、高く評価されるNEM

ネム(XEM)が中国の暗号通貨取引所Gate.io(ゲート)にリスト、高く評価さ...

ネム(NEM/XEM)が中国の暗号通貨取引所Gate.io(ゲート)にリストされました。2019年1月14日より取引が開始されているようだ。なぜGate.ioはXEMを追加したのか?ネムが高く評価されるその理由とは一体?
ブロックチェーンベースの美術品オークションプロジェクトにネム(NEM)などが協力

ブロックチェーンベースの美術品オークションプロジェクトにネム(NEM)などが協力...

ネム(NEM)とゼロエックス(0x)、メイカーダオ(MakerDAO)がブロックチェーンベースの美術品オークションプロジェクトをすすめるマエケナス(Maecenas)と協力することが分かった。今回の協業によるプロジェクトを紹介する。
ネム(NEM)ブロックチェーンを使い電力トレーサビリティを商用化

ネム(NEM)ブロックチェーンを使い、電力トレーサビリティを商用化

みんな電力株式会社はNEMのパブリックブロックチェーンを使い、世界初となる電力トレーサビリティの商用化を発表した。証明コストを低くし、オープンプラットフォームを目指すとのこと。このシステムでできることを紹介し、今後の展開を考察した。
ネム(NEM)が中国最大のアートワークデータベースGUBIとの提携を発表

ネム(NEM)が中国最大のアートワークデータベースGUBIとの提携を発表

ネム(NEM)が中国最大級のアートワークデータベースのGUBIと提携することを発表。ブロックチェーン技術の導入によって、より信頼性の高いデータベースとアートワークの市場を生成する狙いがある今回のパートナーシップについて紹介。
NEM JAPANと近畿大学が協力し、ブロックチェーン分野での教育を促進

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)と近畿大学が協力し、ブロックチェーン分野での...

11月に正式に活動を開始したNEM JAPANが12月4日に近畿大学と協力することを発表。仮想通貨やブロックチェーンに積極的な姿勢を見せる同大学と、人材育成を目的としたイベントや活動内容を紹介する。
NEMブロックチェーンを使いアート作品を登録販売するプロジェクト始動

ネム(NEM)ブロックチェーンを使いアート作品を登録販売するプロジェクト始動

NEMのブロックチェーンを使いアート作品を登録し、販売するオンランショップが誕生。ブロックチェーンで高級時計などの資産の証明と管理を行うスタートアップのLuxTagとアーティストのPoesy Liangのプロジェクトを紹介。
NEM JAPAN(ネム・ジャパン)設立を公式発表、今後のコミュニティ拡大に期待

NEM JAPAN(ネム・ジャパン)設立を公式に発表、今後のコミュニティ拡大に期...

東京都港区を拠点とするNEM JAPAN(ネム・ジャパン)が公式に設立を発表。2018年11月28日付けで、一般社団法人NEM JAPANの登記が完了したとのこと。NEM日本法人としての今後の活動やNEMに対して期待できることを紹介。
マレーシアUCSI大学とネム(NEM)が提携しブロックチェーンの教育を促進

マレーシアUCSI大学とネム(NEM)が提携しブロックチェーンの教育を促進

ネム(NEM)がマレーシアUCSI大学との提携を発表。ネムは業界の専門知識をもとに同大学におけるブロックチェーンに関する教育計画のアップデートなどを行う予定。今回のパートナーシップによるその他のプロジェクトも紹介。
スタートアップ企業をサポートするLatitudeがネム(NEM)と提携しユーザーをサポート

ブロックチェーン企業を支援するLatitudeがネム(NEM)と提携しサービス提...

ラティチュード(Latitude)がネム(NEM)との提携することが分かった。今後、オーストラリアに拠点を置くNEMプロジェクトと協力してサービスの提供を行っていくという。ブロックチェーン企業も支援するラティチュードのサポートも紹介。
暗号通貨交換プラットフォームThorネットワークがネム(NEM)と提携しクロスチェーン開発を促進

暗号通貨交換プラットフォームThorネットワークがネム(NEM)と提携しクロスチ...

分散型取引所(DEX)プラットフォームを提供しているThorネットワークがネム(NEM)との提携を発表。クロスチェーンテクノロジーの開発の促進を図ることになる今回のパートナーシップが意味することとは?
日本におけるネム(NEM)の動き、注目はコミュニティーの行動力

日本におけるネム(NEM)の動き、注目はコミュニティーの行動力

コインチェック(Coincheck)からおよそ580億円分のNEM(XEM)が不正流出した事件からもうすぐで1年。そのテクノロジーに興味を持つ有志によって広がりを見せるネム(NEM)。日本での動きをまとめた。
ネム(NEM)ブロックチェーンベースの学位証明書システム開発、学歴の不正防止へ

ネム(NEM)ブロックチェーンベースの学位証明書システム開発、学歴の不正防止へ

マレーシアにて、ネム(NEM)のブロックチェーン技術を使った学位証明書システム「e-Scroll」がローンチ。近年起きている学歴詐称などの不正を防止するために開発した。数あるブロックチェーンの中からNEMが選ばれた理由などを紹介する。
ウクライナ:ネム(NEM)を使った分散型電子政府プラットフォーム構築へ

ウクライナ:ネム(NEM)を使った分散型の電子政府プラットフォーム構築へ

ウクライナにて、ネム(NEM)のブロックチェーンを使った電子政府プラットフォームを構築するプロジェクト「E-UKRAINE」が発足している。本コラムでは、E-UKRAINEによるNEMを使ったシステム構想や期待できる事などを紹介。
ネム(NEM)財団がGeens NPOと提携、広がるブロックチェーンの可能性とは

ネム(NEM)財団がGeens NPOと提携、広がるブロックチェーンの可能性とは...

ネム(NEM)財団が、プライバシーに優れたブロックチェーンソリューションを提供する「Geens NPO(非営利団体)」と提携、ユーザーが信頼できる場の構築・提供していく。ネムとの提携により広がるブロックチェーンの可能性についてを考察した。
ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeの自社製品に統合

ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeの...

ネム(NEM)がシンガポールの仮想通貨取引所Kryptono Exchangeが展開する「KPAY」という仮想通貨ペイメントサービスに統合すると発表。何を目的とした統合なのか?また、Kryptonoが提供するサービスの詳細を紹介する。
ネム(NEM)によるブロックチェーン教育、マレーシアのテイラーズ大学で実施へ

ネム(NEM)によるブロックチェーン教育、マレーシアのテイラーズ大学で実施へ

ネム(NEM)とマレーシアのテイラーズ大学がブロックチェーン教育の為にMoUを締結した。教育機関の計画にブロックチェーンを取り入れ、将来の技術者や採用を行う人の教育をしていくとのこと。取り組みの詳細やテイラーズ大学についてを紹介する。
ネム(NEM)がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをするBlockchain Slovakiaと提携

ネム(NEM)がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをするBlockcha...

ネム(NEM)財団がヨーロッパでブロックチェーン技術のサポートをする団体「Blockchain Slovakia」と提携をして、ブロックチェーンの教育、イベント、ワークショップなどで協力をしていく。提携により期待できることを紹介する。
ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げる目標とは?

ネム(NEM)が新たにブロックチェーンハブ開設、オーストラリアのメルボルンで掲げ...

ネム(NEM)財団がオーストラリアのメルボルンにブロックチェーンハブを開設した。メルボルンのハブでネムが目指すべきことや、これまでの活動を紹介し、メルボルン×ブロックチェーンの今後の発展について考察を行った。
ネム(NEM)とパートナーを結ぶエンターソフト(Entersoft)社が提供するセキュリティサービス

ネム(NEM)とパートナーを結ぶエンターソフト(Entersoft)社が提供する...

ネム(NEM)とアプリケーションのセキュリティパートナーであるEntersoft(エンターソフト)社は一体どういった企業なのか?NEMと協力することにより何を提供していくのか?これらを紹介し、暗号通貨×セキュリティに関して考察を行った。
ネム(NEM)とアラブ首長国連邦が協定締結、ブロックチェーン技術のサポートへ

ネム(NEM)とアラブ首長国連邦が協定締結、ブロックチェーン技術のサポートへ

ネム(NEM)財団とアラブ首長国連邦(UAE)が、ドバイでのイベントGITEXの開催中に協定締結をした。協定を結ぶことになった経緯や、今回の協力でブロックチェーン技術においてどの部分でサポートをするのか、UAEが何を目指すのかを紹介。
ネム(NEM)ブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を使った「ProximaX」って何?

ネム(NEM)ブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を使った「Prox...

「ProximaX」とは、プロクシマエックスと読む。ネム(NEM)のブロックチェーンとカタパルト(Catapult)を利用したDLT(分散型台帳技術)の拡張機能のことをさす。ProximaXのプロトコルや分散アプリケーションなどを紹介する。
プライバシー保護を重要視するCloakCoin(クロークコイン)がネム(NEM)をサポート

プライバシー保護を重要視するクロークコイン(CloakCoin)がネム(NEM)...

個人のプライバシー保護に関して重点を置くクロークコイン(CloakCoin)がネム(NEM)をサポートし、お互いのブロックチェーン技術で互いをサポート・協力することを計画中とのこと。クロークコインの概要やネムをサポートする理由などを紹介。
ラスベガスにオープン予定のエンターテイメント施設にネム(NEM)ブロックチェーンを統合

ラスベガスにオープン予定のエンターテイメント施設にネム(NEM)ブロックチェーン...

ネム(NEM財団)がラスベガス・ストリップ通りに2019年オープン予定のエンターテイメント施設「Kind Heaven(カインド・ヘブン)」のパートナーに選ばれた。NEMブロックチェーンが選ばれた理由、施設のコンセプト概要などを紹介する。
ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携

ネム(NEM)財団がセキュリティトークン開発を進めるVNXエクスチェンジと提携

ネム(NEM)財団とセキュリティトークンのプラットフォーム開発を進めるVNXエクスチェンジと提携。NEMブロックチェーンを利用したプログラムの開発に取り組むという。本稿ではセキュリティトークン関連にNEMが使われることのメリットを考察した。
シンガポールのブロックチェーンスクールがネム(NEM)を使用して電子証明書を発行へ

シンガポールのブロックチェーンスクールがネム(NEM)を使用して電子証明書を発行...

シンガポールにあるブロックチェーンスクール「Institute of Blockchain(IBS)」がネム(NEM)と提携し、イベントやワークショップなどを開催、さらに電子証明書を発行予定だという。IBSの概要などを紹介。
ネム(NEM)がAIとブロックチェーン技術による新たな広告ネットワークと提携

ネム(NEM)がAIとブロックチェーン技術による新たな広告ネットワークと提携

AI(人工知能)とブロックチェーンテクノロジーを使ったノイズチェーン(NOIZchain)という新しい広告ネットワークを作るプロジェクトとネム(NEM)が提携。ネムとノイズチェーンが実現するオンライン広告市場とは。
ネム(NEM)が世界最大の分散アプリケーションGIFTOと提携

ネム(NEM)が世界最大の分散アプリケーションのギフト(GIFTO)と提携

世界最大の分散アプリケーションであるGIFTOはネム(NEM)と提携すると発表した。GIFTOはブロックチェーンベースのサービスのスケーラビリティを向上するため、数カ月にわたりNEMブロックチェーンをテストする。
NEMがオーストラリアのグルメアプリLivenと提携

ネム(NEM)がオーストラリアのグルメアプリLivenと提携、レストランやバーで...

オーストラリアのグルメアプリLivenがネム(NEM)と提携したことを発表。Livenは通してレストランを探し、お気に入り登録したり、LivenPay決済ネットワークで食事の支払いをすることができるアプリ。
ネム(NEM/XEM)が新たに3つのヨーロッパ仮想通貨取引所に上場

ネム(NEM/XEM)が新たに3つのヨーロッパ仮想通貨取引所に上場

仮想通貨ネム(NEM)が新たに3つの取引所に上場し、取引が可能となった。これまで東南アジアを中心にコミュニティーやソリューション開発が進んでいたが、今回上場した3つの取引所はいずれもヨーロッパに拠点を置いており、今後の動きに注目だ。
ネム(NEM)がAランクの格付け評価を受ける!評価基準やレポート内容とは?

ネム(NEM)がAランクの格付け評価を受ける!評価基準やレポート内容とは?

仮想通貨関連メディアのbloktが発表したネム(NEM)の評価を受け、バイナンス(Bainance)が提供する格付機関のレポートを集めたプラットフォームでの格付けが「A」ランク、評価★4.5と公表。評価基準やそのレポート内容を紹介。
ネム(NEM)を使用した寄付機能付きブログプラットフォームのネムログ(nemlog)とは?

ネム(NEM)を使用した寄付機能付きブログプラットフォームのネムログ(nemlo...

暗号通貨NEM(XEM)の寄付機能をブログに付けることができるサービスのネムログ(nemlog)。ブログに対して共感や応援の気持ちをネムで寄付するとういいうブログコミュニケーションツールの特徴を紹介します。
ネム(NEM)ブロックチェーンで開発途上国にマイクロファイナンスを提供するNELとは?

ネム(NEM)ブロックチェーンで開発途上国にマイクロファイナンスを提供するNEL...

ネム(NEM)ブロックチェーンをベースとして使いマイクロファイナンスソリューションを進めるプロジェクトを紹介。シンガポールに拠点を置くニュー・エコノミー・レジャー(NEL)は開発途上国のコミュニティにブロックチェーンベースの財務ソリューションを提供するため活動している。
NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

NEM(ネム)ブロックチェーンとIoTで医薬品の品質を確認

NEM(ネム)フォーラムにNEMブロックチェーンテクノロジーとIoT(モノのインターネット)を組み合わせたユースケースアイディアが投稿された。NEMの技術とIoTを組み合わせることで医薬品の品質を管理することが可能になるそう。
アメリカでNEM(ネム)のブロックチェーンを使用した電子政府システムのデモを実施

米国でNEM(ネム)のブロックチェーンを使用した電子政府システムのデモを実施

NEM(ネム)のブロックチェーンを用いた電子政府システムが実証された。アメリカ合衆国北西部に位置するモンタナ州のイベントで、市民らがブロックチェーンを使用したスマートフォンアプリケーションを通じて模擬選挙の投票などを行った。
NEM(ネム)と統合するブロックチェーンのインフラプロジェクトとは?

NEM(ネム)と統合するブロックチェーンのインフラプロジェクト「Tenzorum...

「Tenzorum」が目指すブロックチェーンにおけるユーザーフレンドリーなエコシステムとは?複数のブロックチェーンにわたる分散アプリケーションと対話できるインフラを目指すプロジェクトTenzorumが、システムの構築にNEMのブロックチェーンを統合。
NEM(ネム)ブロックチェーンで構築される拡張現実の世界「VERSES」プロジェクトとは?

NEM(ネム)ブロックチェーンで構築される拡張現実の世界「VERSES」プロジェ...

「VERSES」というプロジェクトが、拡張現実の世界を作るためNEM(ネム)ブロックチェーンで構築することを発表した。VERSESが手がけるプロトコル、そして拡張現実の世界とはどういったものなのかを紹介。
NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』の活用方法とは

NEM(ネム)ブロックチェーンを利用した総合公証システム『Lamina』の活用方...

NEM(ネム)ブロックチェーン技術を利用した『Lamina』というプロジェクトがある。これは総合公証システムを指すが、そもそも公証とは何か?Laminaサービスの概要、そしてNEMブロックチェーンを使う理由を紹介。
NEM(ネム)ブロックチェーン技術活用の「KryptoFootball」サッカーカードゲームが発表

NEM(ネム)ブロックチェーン技術活用の「KryptoFootball」サッカー...

NEM(ネム)のブロックチェーン技術を利用したサッカーカードゲーム「KryptoFootball(クリプトフットボール)」のβ版が発表された。KryptoFootballの概要や仕組み、NEMブロックチェーン採用の経緯などを紹介。
NEM(ネム)ブロックチェーンを使ったAEMの次世代会計システムとは?

NEM(ネム)ブロックチェーンを使ったAEMの次世代会計システムとは?

NEM(ネム)のブロックチェーンを使った新たなプロジェクト、次世代会計システムを開発するAEMによる「AEM-ALGORITHM」がある。本稿ではシステムの概要、AEMが目的とすること、NEMブロックチェーンを使う理由などを紹介。
オーストリアの仮想通貨取引所Bitpandaにネム(NEM/XEM)が上場、通貨としての重要点とは?

オーストリアの仮想通貨取引所Bitpandaにネム(NEM/XEM)が上場、通貨...

オーストリアを拠点とする仮想通貨取引所Bitpanda(ビットパンダ)にネム(NEM/XEM)が上場した。Bitpandaの概要に加え、最近のNEMブロックチェーンの拡大について、通貨としての役割や重要なことについて解説する。
NEM(ネム)と取引所CoinSpotがブロックチェーンの成長を支援するために協力

NEM(ネム)と取引所CoinSpotがブロックチェーンの成長を支援するために協...

NEM(ネム)財団と仮想通貨取引所CoinSpot(コインスポット)が、ブロックチェーン技術、産業の成長を支援するため協力していく。2社の関係者がコメントする今後の展望や、CoinSpotがNEMを選んだ理由などを解説。
PoliPoli(ポリポリ)によって作られる政治のトークンエコノミーとは?

PoliPoli(ポリポリ)×NEMによって作られる政治のトークンエコノミーとは...

先日、NEM財団により、正式にサポートを受けることになったPoliPoli(ポリポリ)。彼らはNEMのブロックチェーンを使って政治家と有権者を繋ぐプラットフォームをつくるため開発を進める。PoliPoliの概要や今後の展望についても紹介。
NEM(ネム)が取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・暗号通貨の拡大へ

NEM(ネム)が取引所『Easy Crypto』と提携、NZのブロックチェーン・...

NEM(ネム)がニュージーランドの暗号通貨(仮想通貨)取引所『Easy Crypto』とのパートナーシップを発表した。Easy CryptoにはNEMも上場。今回の提携によりNZはブロックチェーン・暗号通貨の広がりに勢いをつける。
NEM(ネム)はフィリピンの大学AMBER Labとパートナーシップを組みブロックチェーンを促進

NEM(ネム)はフィリピンの大学AMBER Labとパートナーシップを組みブロッ...

NEM(ネム)が新たなパートナーシップを発表した。今回はフィリピンのアテネオ・デ・マニラ大学の『AMBER Lab』と協力する。AMBER Labはどんな組織なのか?ブロックチェーンに関するどんな取り組みを行っていくのか等を紹介。

ネム(XEM/NEM)とは?特徴・特性を解説

Bitcoinフォーラム参照、初期ロゴ NEMとは、「NEW ECONOMY MOVEMENT ” A New Economy Starts With You.”」 を掲げて2014年1月19日にBitcoinフォーラムにて資金調達が始まったプロジェクトです。 金融の自由・地方分権・機会平等を備えたコミュニティ指向の第2世代暗号方式を目指しています。 NEMの主な特徴として、重要性の証明、アセットエクスチェンジ、暗号化メッセージング、ワンクリッククライアントがあります。(画像はBitcoinフォーラム参照、初期ロゴ)

NEMでは、第1世代(Bitcoinなど)で使われるPoW(Proof-of-work)の問題を解決し、自動決済や有効期限付き決済などの高度な機能を備え、資産交換と決済をサポート。 開発者の資金調達や資産リスティング、トークンの発行などを備えたプラットフォームにするため、資産交換の使い勝手に焦点を当てています。 また、契約書などの保管と個人間コミュニケーションのためのメッセージ機能を備えています。

NEMが掲げたNEW ECONOMY MOVEMENT(新しい経済運動)は、Bitcoinにおける金融、非中央、分散化という考えを基盤とし、かつBitcoinで使われるPoWの問題点を解決することにあります。 その上で決済としての機能に特化することを目的としています。これは実生活に置ける様々な資産をスムーズに交換するとともに、固有トークンの発行と、 それに価値をもたらすことで新しい経済運動をひき起こそうとしていると思います。

加えて、資金調達や決済時に証明を残す契約書保管機能と個人間メッセージ機能があることから、様々な店舗と場面で導入することできます。 店舗と店舗、店舗とユーザー、ユーザーとユーザーが交わる所にトークンを介した新たな経済圏が生まれていく、NEMはそのきっかけを作っているように感じます。

NEMの開発

nem公式ロゴ NEMは暗号通貨NXT(ネクスト)を改良するプロジェクトとして2014年1月から始まりました。 開発計画のドキュメントが公開され、Bitcoin、NXT、Bitshareの優れた機能と独自のイノベーションを組み合わせるものとされています。(画像は現在の公式ロゴ)

プログラム言語はJavaを使用して設計され完全に1から作られています。 Bitcoinなどのマイニングされる暗号通貨とは異なり、すべて最初のブロックにて発行されます。 NEMホルダーは取引を検証し、ネットワークを保護する独自のノードとなります。

これにより、BitocinなどのPoWネットワークにかかる大きなコストとマイナーの必要性を排除します。 NEMを多く持っているノードではなく、ネットワークにとって最も重要なノードに報酬を与える方式を取っています。( PoI:Proof-of-Importance ) 2014年1月19日?2014年2月17日に開発のための資金調達し、プログラムのアップデートを繰り返しながら開発が進んでいます。

NEMとBitcoinの違いとは何か

通貨が誕生してから、通貨は常に中央政権にコントロールされてきました。 中央政権では、通貨を使うあらゆることを思うがままに決めつけることができます。 2008年にSatoshi Nakamotoを名乗る人物による、通貨の概念をすべて直したいという気持ちから暗号通貨の起源であるBitcoin(ビットコイン)が生まれました。

Bitcoinという革新的なアイディアの副産物としてBlockchain(ブロックチェーン)を創出しました。 ブロックチェーンは今まで起きた全ての取引記録が載った公開台帳であり、全ての人がそのトランザクションを確認することができます。

NEMとBitcoinの比較表

項目 NEM(ネム) Bitcoin(ビットコイン)
総発行量 8,999,999,999
XEM
2100万
BTC
最小単位 0.000001
XEM
0.00000001
BTC
発行 初期全量発行済 ブロック毎
システム PoI PoW
その他 通貨以外の機能あり


大きな違いは通貨の発行とシステム

NEMとBitcoinの大きく違う点は、通貨の発行とそのシステムにあります。 Bitcoinの場合は10分に1ブロック生成される仕様となっており、ブロック生成される度に新規Bitcoinが発行されます。 約2100万枚発行されるまでこれが続きます。一方、NEMの場合は最初から全量が発行されており、取引手数料を各ノードが分け合う形でネットワークが維持されています。

Bitcoinの仕組はPoW(Proof-of-Work)といい、コンピューターパワーにより取引を承認しBitcoinを獲得する動きとなっています。 NEMでは、PoI(Proof-of-Importance)という仕組を用いており、ネットワークにおける重要度を評価しブロック毎の手数料を獲得できる仕組となっています。

NEMの仕組はBitcoinと比較すると電力をあまり必要としません。また、PoIアルゴリズムにより、通貨を使うことを促し評価しています。 NEMはEigenTrust++というノードの重要性を決めるためのアルゴリズムが採用されており、ネットワークのセキュリティを大幅に強化しています。

NEMには通貨やネットワークだけでなく+αな機能が豊富にあります。 NEMは簡単にマルチシグネチャを作成したり編集したりできます。また、NEMのブロックチェーン上にサードパーティを必要とせずともモザイクと呼ばれる独自トークンを発行することができます。 Bitcoinにはないメッセージ機能もあり、通貨の送金と同時にメッセージを送信することも可能です。

NEMではブロックチェーン上にサードパーティの作成を容易にしています。 Bitcoinの場合は、サードパーティを作成するにあたり、中心的なサービスを使い機能させます。 つまり、開発者は、構築やアップデート、APIの維持のために中心的なサービスを信頼せざるをえません。 NEMはその点において、扱いやすいJSON/restful APIを提供しており、開発者は容易にサードパーティを作成することができます。

XEM(ゼム)/NEM(ネム)の違いとは何か

NEM(ネム)はNEMブロックチェーン全体の総称です。もともとはNew Economy Movementの略称でしたが、現在は略称ではなく、NEMという固有名詞とされています。 XEM(ゼム)はNEMブロックチェーン上のモザイク(トークン)になります。つまり、通貨単位としてはXEMといい、ブロックチェーンやその仕組全体についてはNEMと呼びます。

XEMの価格推移とNEMの歴史

XEMの価格推移とNEMの歴史

NEMの歴史を簡単にみてみます。2015年3月29日にNEM最初のブロックであるGenesis Blockが誕生しました。 この日からNEMのブロックチェーンは動き続けています。それからBitcoinフォーラムで掲げていたNEMの機能を順次導入していく流れになります。

テックビューロ社がNEMのプライベートチェーン版mijinが発表し、2016年2月からmijinオープンベータプログラムが開始されました。 mijinを使ったブロックチェーン実証実験が様々な企業で行われるようになります。また、テックビューロとNEMの提携でカタパルトの共通採用が決定しました。

2017年に入ると、中国CERTレポートが公開されます。このレポートではNEMが最も安全なプロジェクトとして評価されています。 2017年からNEMブロックチェーンを利用したアプリケーション開発が続々と進み、開発と同時にNEMが広がりをみせ、価格も上昇しています。

NEMの今後の展開「カタパルトの実装」

2018年に入り、NEMはどのように進んでいくのでしょうか。 2018年度中にカタパルト(catapult)を取り入れる予定となっています。 NEMのコードは完全にオリジナルで1から作られています。カタパルトも同様です。 NEMでは、後に重大な分岐につながらないように 慎重にプログラムの作成を進めています。カタパルトでNEMは大幅にアップグレードされます。

カタパルトがもたらすのは、小さな経済圏のきっかけ

カタパルトで注目されるのはアグリゲートトランザクションです。 このアグリゲートトランザクションでは、複数の取引を1つとして同時に処理することができます。 例えば、XEMとモザイクと円を同時に交換できることにもつながります。お店とお客さんと取引所の3つでアグリゲートトランザクションを組むことで、お客さんはお店にXEMを支払い、 お店は取引所でXEMを円に変え、またモザイクをポイントとしてお客さんに送金することを同時に一瞬で行うこともできます。

トラストレスな暗号通貨圏において、信用をいかにブロックチェーンを含めた暗号技術におけるかが課題になります。 アグリゲートトランザクションでは、複数のトランザクションを絡めることで、第三者を信用せずに取引することができます。 また、モザイクもアグリゲートトランザクションにより価値が生まれてくるように思います。カタパルトと並行してモザイクを交換できる場所も進められているようです。

このカタパルトが搭載されたNEMを起用することで、少しづつ暗号通貨経済圏の歯車を回し始めることができるように思います。
(解説:西内達也|Twitter:@BFM33211

ネム(NEM/XEM) 相場チャート


ネム(NEM/XEM)リアルタイムレートはこちら

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@





@coinchoice