リップル 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 リップル購入 リップル売却 スプレッド
24時間の取引高
ビットバンク
XRP
BINANCE
XRP
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

リップル(XRP) 相場チャート

リップル(XRP)の記事一覧
リップル(XRP)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

リップル(XRP)の新しいシンボル創始は、Ripple証券化を回避する策になるのか?

リップル(XRP)の新しいシンボル創始は、Ripple証券化を回避する策になるの...

5月初旬に募集が始まったXRP(リップル)の新しいシンボル案を募集するプロジェクトの「XRP Symbol」。目的は単なる新ロゴ募集ではなかった?今回の募集には重要な目的があると一部海外メディアで報道された。その内容をまとめて紹介。
モバイル決済アプリ「Revolut」がリップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(BCH)の取り扱いをスタート

モバイル決済アプリRevolut、リップル(XRP)・ビットコインキャッシュ(B...

イギリスのロンドンにある企業が提供するモバイル決済アプリ「Revolut」が、新たにリップルとビットコインキャッシュの取り扱いをスタートした。同社はどうして通貨の追加を検討していたのか、そしてなぜ採用の通貨がXRPとBCHなのだろうか?
米決済サービスUphold社、XRP台帳と統合でリップルの直接購入が可能に

米決済サービスUphold社、XRP台帳と統合でリップルの直接購入が可能に

アメリカのモバイル決済事業を展開するUphold(アップホールド)がXRP台帳と統合を完了した。このことでUpholdのアプリから直接リップル(XRP)の購入が可能になる。本稿では、Uphold社について、XRP追加までの経緯を紹介。
リップル(XRP)コミュニティーがシンボルマーク案を募集、本家も動き出す事態に

リップル(XRP)コミュニティーがシンボルマーク案を募集、本家も動き出す事態に

現在、リップル(XRP)のシンボルマークを募集するWEBサイトまで立ち上がり、サイトやTwitterを通じて募集が行われている。新たな「XRP」シンボルはどんなものになるのか?リップラー達は今から楽しみに期待していることだろう。
リップル(Ripple/XRP)の将来は明るいといえる、その理由とは…?

リップル(Ripple/XRP)の将来は明るいといえる、その理由とは…?

リップル(Ripple/XRP)は海外送金などでも今後が期待されるプロジェクトの1つ。様々な企業と提携を結ぶなど勢いは増す一方。企業、個人ともに世界的にニーズもあるXRPの将来について、海外メディアで紹介されていた内容を紹介。
リップル(Ripple)のCTOが辞任、Web業界を革新する新サービス「Coil」を展開へ

リップル(Ripple)のCTOが辞任、Web業界を革新する新サービス「Coil...

リップル(Ripple)の最高技術責任者が突然の辞任を発表、新サービス「Coil」を立ち上げるプロジェクトを発足した。Coilはマイクロペイメントと新しいWebサイト購読サービスを目指し開発をしているという。Coilの詳細を紹介。
リップル(Ripple)が 国際決済システム「xRapid」初の社内実験で好結果を発表

リップル(Ripple)が 国際決済システム「xRapid」の送金実験で好結果を...

Ripple社が開発を進める国際決済ネットワークの1つ「xRapid」において、米国とメキシコ間の送金実験を行い好結果だったことを公式HPで発表した。xRapidを利用することで送金コスト、スピードが大幅に削減されるとのことで注目が集まる。
リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券を売買である」と主張

リップル(Ripple)に対する集団訴訟、原告側は「未登録証券の売買」と主張

リップルに対して、仮想通貨投資家らがXRPは「未登録証券の売買」として集団訴訟を起こしていることがわかった。現在SECなど規制当局がXRPやETHが証券になるのかについて会議している中での起こった訴訟。証券化について今後の判断に注目が集まる。
リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius」をベータ版で提供

リップル(Ripple)がスマートコントラクト機能をさらに強化した「Codius...

Ripple社が「Codius」ベータ版の提供を開始した。2015年に開発が中断されてから約3年後にスマートコントラクトの機能をさらに強化、復活版として登場したのである。どういった機能なのか?正式版はいつ頃リリースされるのか?などを紹介。
Ripple社(リップル)提供ネットワーク「RippleNet」にオマーンのドファール銀行参入へ 

リップルの国際送金システム「RippleNet」にオマーンのドファール銀行が参入...

Ripple社が開発する国際送金ネットワークの「RippleNet」にドファール銀行(オマーン)が参入することがわかった。RippleNetとは具体的にどんなものか?ドファール銀行はなぜRippleNetへの加入に至ったのか?などを紹介。