リップル 価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所 リップル購入 リップル売却 スプレッド
24時間の取引高
ビットバンク
XRP
BINANCE
XRP
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

リップル(XRP) 相場チャート

リップル(XRP)の記事一覧
リップル(XRP)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

リップル(Ripple)と深い関係の「SBIバーチャル・カレンシーズ」2018年夏にも取引開始の見通し

リップル(Ripple)と深い関わりをもつ「SBIバーチャル・カレンシーズ」20...

2018年3月に行われた決算説明会にて仮想通貨取引所のSBIバーチャル・カレンシーズの開始時期が発表された。また先日、当初の取り扱いはXRPとBTCと噂されていたが、それら以外にも仮想通貨の取り扱いがあることを発表した。その内容を紹介。
バイナンス(Binance)にリップル(XRP)ペア追加!相場への影響度は?

バイナンス(Binance)にリップル(XRP)ペアが追加!相場への影響度は?

2018年5月4日(金)、バイナンス(Binace)に新たに「XRP/USDT」通貨ペアが追加されました。公式Twitterでもリリースのお知らせが流れていました。USDTとは一体どんな通貨か?XRP相場に影響はあったのか?を解説します。
リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

リップル(Ripple)社が目指すものとは?最近の動向と噂まとめ

Rippleは様々な企業との提携や新たなサービス(アプリケーション等)を開発し、さらには時価総額第3位という注目の仮想通貨である。本稿ではリップルに関連する最近の動向と噂についてのまとめを記載。噂については引き続き動向をチェックしていく。
リップル(Ripple)開催のブロックチェーンイベントにスヌープドッグを招待

リップル(Ripple)開催の招待制イベントでラッパーのスヌープドッグが公演

2018年5月11日~17日開催のRipple(リップル)開催の仮想通貨関連イベント「XRP Community Night」に有名ラッパーのスヌープドック氏が公演することが発表。招待制だが一般向けに限定10枚のチケットが配布される予定。
Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引運用へ

Ripple(リップル)社が新たに5企業と提携、xViaを利用したスムーズな取引...

Ripple社が新たに5社(英国、米国、マレーシア)との提携を発表した。提携企業はRippleNetのxViaを利用して低コストかつ透明性の高いスムーズな取引が可能となる。提携各社はxViaの導入を歓迎し顧客に提供する事を心待ちにしている。
リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログラム販売が大幅増へ

リップル(XRP):2018年第1四半期の売買は前期比83%増、直販は減りプログ...

Ripple公式サイトで公開された2018年第1四半期マーケットレポートによると、リップル(XRP)の売買が前期比(2017年第4四半期)で83%の増加をしていることがわかった。時価総額の推移やレポートに記載されていた内容をまとめました。
世界初!リップル(XRP)基軸の8銘柄を発表した仮想通貨取引所とは?

世界初!リップル(XRP)基軸の8銘柄を発表した仮想通貨取引所とは?

インドの大手仮想通貨取引所KOINEXが、2018年4月28日にリップル(XRP)基軸の通貨ペアである8銘柄を追加したことを発表しました。Koinexによれば、今回の発表は世界初となります。どんな通貨ペアが追加されたのか等を紹介します。
リップル(XRP)送金方法を解説!重要ポイントや気をつけるべき注意点とは

リップル(XRP)送金方法を解説!重要ポイントや気をつけるべき注意点とは?

リップル(Ripple)システムを使った独自の取引所Mr.Exchangeが仮想通貨交換業の申請を取り下げを発表した為、ボリ平氏は他の取引所へXRPの送金を余儀なくされました。今回は送金方法を詳しく解説、重要ポイントや注意点も紹介しています。
イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は猛反発

イーサリアム(ETH)とリップル(XRP)を証券と見なす動きが強まる、発行両者は...

米国の元CFTC委員長が講演で「イーサリアムとリップルは証券と見れる根拠がある」という旨の発表をした。これを受けETHとXRPの発行関係者は反発の声明を出している。ETHは免除の可能性も出てきているがXRPは極めて難しい立場にあるとのこと。
ボリ平のリップル(XRP)投資法を紹介!逆張り、損益分岐点とは…?

ボリ平のリップル(XRP)投資法を紹介!逆張り、損益分岐点とは…?

仮想通貨の中でもファンの多いリップル(XRP)は、ボリ平さんも保有する通貨の一つ。今回はボリ平流リップルの投資法を紹介!逆張りや損益分岐点はいくらなのか?リップラーの方々は今後の投資戦略を立てる際の参考にしてみてはいかがでしょうか?