• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

HashHubコミュニティ (2ページ目)

HashHubコミュニティの記事一覧
HashHubコミュニティの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

アルトコインのトップ10を購入した場合は?暗号通貨の投資に最適な方法とは?

暗号通貨の投資に最適な方法とは?アルトコインのトップ10を購入した結果は?

多くの投資家にとって暗号通貨投資の銘柄選定は難しいものかもしれません。今回は2019年1月1日にトップ10のコインを100ドルずつ購入する実験を行ったブログを紹介します。暗号通貨投資における最適な方法とは?
なぜリブラ(Libra)は各国政府当局や中央銀行からここまで嫌われるのか?

なぜリブラ(Libra)は各国政府当局や中央銀行からここまで嫌われるのか?

Facebookが独自の暗号通貨プロジェクトであるリブラ(Libra)を発表してから約半年。これまで多くの議論が行われ、その多くが批判的なものでした。なぜ各国の政府当局や中央銀行関係者らはリブラを嫌うのでしょうか?
DeFi(分散型金融)の周辺で立ち上がるビジネスレイヤーとポータルサイトとは

DeFi(分散型金融)の周辺で立ち上がるビジネスレイヤーとポータルサイトとは

これまでDeFi(分散型金融)の領域で盛り上げりを見せてきたのはメイカーダオ(MakerDAO)などのプロトコルレイヤーでした。今回は最近になって資金が流れ始めたアプリケーションレイヤーについて紹介していきます。
HTCが目指すブロックチェーンスマートフォンの未来、プライバシーを重視

HTCが目指すブロックチェーンスマートフォンの未来、プライバシーを重視

ブロックチェーンスマートフォンを開発していることでも知られているHTC。同社が開発するブロックチェーンスマートフォンの価値とは?またHTCが目指しているブロックチェーンスマートフォンの未来について紹介します。
パリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニティ

パリティとイーサリアムコミュニティの衝突、競争で揺れるブロックチェーンコミュニテ...

パリティ・テクノロジーズ(Parity Technologies)の関係者とイーサリアム(Ethereum)コミュニティの関係が複雑になっています。パリティとイーサリアムコミュニティの関係が悪化した原因と背景、今後の動きなどを紹介します。
アジアの業界人による2020年の暗号通貨・ブロックチェーンの動向予想

アジアの業界人による2020年の暗号通貨・ブロックチェーンの動向予想

2020年におけるブロックチェーン・仮想通貨業界はどのような動きをみせるのか?アジアの業界人らによる今年の予想や見解を紹介します。業界人が注目するのは中国の動向のほかどのような事象があるのでしょうか?
Forbesがロックチェーンを利用した会員システムを採用、その仕組みは?

Forbesがブロックチェーンを利用した会員システムを採用、その仕組みは?

アメリカの経済誌ォーブス(Forbes)がブロックチェーンを利用した会員システムの仕組みを採用することを発表しました。イーサリアム(Ethereum)上で発行される7日と30日という2種類の会員権トークンなどその特徴を紹介します。
金融領域でのブロックチェーンの活用について主要な領域5つ紹介

金融領域でのブロックチェーンの活用について主要な領域5つ紹介

ブロックチェーンはさまざまな分野に適用できる技術ですが、最も期待される分野の1つに金融というジャンルがあります。そこで、金融領域で特に事例が豊富な5つの分野におけるブロックチェーンの活用方法を紹介します。
ステーブルコインはこの1年でどれだけ成長したのか

ステーブルコインはこの1年でどれだけ成長したのか

2018年から始まった大きなトレンドの1つであるステーブルコイン。テザー(Tether)が発行するUSDTが広く知られていますが、ここ1年でどれほど成長したのでしょうか?その他のステーブルコインの動きと合わせて紹介します。
最高峰のVCであるa16zはなぜ暗号通貨に精力的に投資を実行するのか?

最高峰のVCであるa16zはなぜ暗号通貨に精力的に投資を実行するのか?

シリコンバレーのVC(ベンチャーキャピタル)で、FacebookやTwitterなどを主要な投資先とするa16zは、なぜ暗号通貨に積極的に投資をするのでしょうか?彼らのビジョンや暗号通貨の投資における指針などを紹介します。
日本の暗号通貨業界が規制について考えるべきこと

日本の暗号通貨業界が規制について考えるべきこと

自主規制団体は日本国内における暗号通貨取引のレバレッジは4倍と定めていますが、上限を2倍以下にすることが検討されているとの報道がありました。そこで、本コラムでは日本の事業者が規制について考えるべきことを考察します。
セキュリティトークン用のブロックチェーンをPolymathが開発中

セキュリティトークン用のブロックチェーンをPolymathが開発中

セキュリティトークンに関連するプロジェクトのポリーマス(Polymath)が、セキュリティトークン用のブロックチェーンである「Polymesh(ポリメッシュ)」を開発中であると発表。詳細を紹介します。
国内企業Chaintopeが開発する独自ブロックチェーン「Tapyrus」とは?

国内企業Chaintopeが開発する独自ブロックチェーン「Tapyrus」とは?...

Chaintope(チェーントープ)は国内初のパブリックブロックチェーンとして、Tapyrus(タピルス)をオープンソースで提供を開始しました。PoAで実装されたこのブロックチェーンの特徴などを紹介します。
2019年下半期で最も価格が上昇したトークンSNXとは?

2019年下半期で最も価格が上昇したトークンSNXとは?

2019年下半期で最も価格が上昇したトークンの1つにSNX(Synthetix)があります。多くのトークンの価格が下落するなか、パフォーマンスの高いSNXについてその特徴やプロジェクトの概要などを紹介します。
インターオペラビリティの実現はいつ頃?COSMOSのIBCの開発状況について

インターオペラビリティの実現はいつ頃?COSMOSのIBCの開発状況について

「インターネットオブブロックチェーン」と表現されるビジョンを掲げるコスモス(COSMOS)。独自ブロックチェーンと他のブロックチェーンを接続するIBC(Inter-Blockchain Communication)の開発状況について紹介します。
日本発のOSSをクリプトエコノミクスで支援するプロジェクト「Dev」のホワイトペーパー公開

日本発のOSSをクリプトエコノミクスで支援するプロジェクト「Dev」のホワイトペ...

日本発のOSS(オープンソースソフトウェア)をクリプトエコノミクスで支援するプロジェクトのDevがホワイトペーパーを公開しました。OSSとは何かというところから、Devの特徴から提案までを紹介します。
「Facebook Pay」から想像する金融領域への侵食と未来のSNS決済

「Facebook Pay」から想像する金融領域への侵食と未来のSNS決済

フェイスブックが11月に発表した「Facebook Pay」の特徴をふまえて、同社の金融業界への進出について考察します。また、中国がリードするSNSでの決済やビットコイン(BTC)との関係についても紹介していきます。
CFTCがETHをコモディティであると明言も、規制された先物実現まで時間が必要な4つの理由

CFTCがETHをコモディティであると明言も、規制された先物実現まで時間が必要な...

米商品先物取引委員会(CFTC)がETHは証券ではなくコモディティであるとの見解を公表しました。そしてETHもビットコインと同様に、規制された先物のローンチが期待されていますが、実現まで時間がかかるのではないかとの考えもあります。
イーサリアム(Ethereum)はPoS移行に伴い、ETH1とETH2の2つが存在し価格が乖離?

イーサリアム(Ethereum)はPoS移行に伴い、ETH1とETH2の2つが存...

イーサリアム(Ethereum)は現在プルーフ・オブ・ワーク(PoW)からプルーフ・オブ・ステーク(PoS)へ移行させる予定です。そしてネイティブアセットのETHは、ETH1とETH2の2つが存在し価格が乖離することが予想されています。
11月前半にATOMの価格が上昇、要因・ファンダメンタルは何か?

11月前半にATOMの価格が上昇、要因・ファンダメンタルは何か?

ATOMの価格が2019年11月前半にかけて大きく上昇しました。そこで、Cosmosの開発コミュニティの活性化やステーキングエコシステムの成長など価格に影響を及ぼしたであろうファンダメンタルズを考察します。

ビットコイン(BTC)は証券か否か、海外取引所が共同で設立した仮想通貨の評価組織...

規制も着々と進みつつある仮想通貨業界の中で、昨今ではその「証券性」が重要視されてきています。現在では大手取引所が共同で作った組織「クリプト・レイティング・カウンシル」などで証券性の評価が行われていますが、どのような基準なのでしょうか?

ビットコイン市場と価格はどう動いた?2019年第3四半期までのレポートをskew...

ビットコイン先物に関するトレーダー向け情報を調査・発信するスキュー(Skew)が2019年第3四半期の市場レポートを公開しました。これまでの市場推移と比べて、どのような状況になっているのかを詳しく見てみましょう。
韓国の金融機関でブロックチェーンIDシステムを採用、国としての強さ

韓国の金融機関でブロックチェーンIDシステムを採用、国としての強さ

アイデンティティ情報の管理はブロックチェーンの活用領域として期待されている分野の1つです。韓国ではスマートフォンに格納されたモバイルアイデンティティ情報で口座開設ができりるようになるなど、進歩がみられます。
レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

レンディングサービスBlockFiのユーザー層や、サービスの強みとはなにか?

暗号通貨のレンディングサービスを提供するブロックファイ(BlockFi)はどのような人が利用しているのか?暗号通貨を担保にして法定通貨を借り入れしたいユーザーやBlockFiの強みなどを紹介していきます。
2017年と2018年のICOのリターン比較、最もパフォーマンスが高いトークンは?

2017年と2018年のICOのリターン比較、最もパフォーマンスが高いトークンは...

メサリ(Messari)から2017年と2018年のイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を実施した銘柄について比較したレポートが発表されました。パフォーマンスがよかった3種類のトークンについて紹介します。
「ブロックチェーンがビジネスの基盤になるには10年かかる」は本当か?

「ブロックチェーンがビジネスの基盤になるには10年かかる」は本当か?

ブロックチェーンがさまざまビジネスで実際に活用されるにはあと10年必要だとする調査会社のレポートが発表されました。技術的な視点やビジネスの側面など、10年がかかる考えられている理由を3つにわけて紹介します。
イーサリアム(Ethereum)の状況は1960年代のIBMのようであるという論考

イーサリアム(Ethereum)の状況は1960年代のIBMのようであるという論...

スマートコントラクトプラットフォームの競争におけるイーサリアム(Ethereum)が1960年代のコンピューターメーカー市場のIBMのようであるという論考が公開されました。その内容を紹介していきます。

分散型金融(DeFi)の普及には何が必要?AMAでの回答から見える今後の予想

分散型金融(DeFi)のニーズが世界的に高まっている兆しを感じさせますが、今後の発展には何が必要となるのでしょうか?テレグラムの日本コミュニティにて行われたAMAにて、興味深い質問と回答がありましたので、いくつかを紹介していきます。
コンセンシス(ConsenSys)がリリースをした金融企業向けツールCodefiとは?

コンセンシス(ConsenSys)がリリースをした金融企業向けツールCodefi...

コンセンシス(ConsenSys)がリリースした貿易や金融機関、投資機関、不動産などさまざまな業界企業が利用できるコーディファイ(Codefi)について解説します。その特徴やなぜ利用するのかなどを紹介します。
ビットコインの85%が採掘済、残りのBTCは15%で半減期も迫る

ビットコインの85%が採掘済、残りのBTCは15%で半減期も迫る

発行済みビットコインの量が1,800万BTCに到達し、新規生成されるのが300万BTCとなり85%が既にマイニングされたことになっています。2020年の5月にひかえる半減期につて考えるべきことを紹介します。
ビットコイン(BTC)に投資をするべき5つの理由

ビットコイン(BTC)に投資をするべき5つの理由

仮想通貨を知ったばかりの人にとってはビットコイン(BTC)を購入すべき理由を回答するのは難しいのではないでしょうか?ここでああ改め、ゴールドの比較をはじめ、ビットコインに投資すべき5つの理由を紹介します。
0x(ZRX)のトークン価格が高騰、モデルの変更が市場でポジティブに評価される

0x(ZRX)のトークン価格が高騰、モデルの変更が市場でポジティブに評価される

最近で大きく価格が上昇しているトークンの1つはZRXについて紹介します。分散型取引所のプロトコルであるZRXは、批判からモデル変更されています。どのようなことがマーケットに評価されているのでしょうか?
知っておくべきパブリック・コンソーシアムブロックチェーンのそれぞれの魅力

知っておくべきパブリック・コンソーシアムブロックチェーンのそれぞれの魅力

ビットコイン(BTC)をはじめとするパブリックブロックチェーンを強く支持する人はコンソーシアムブロックチェーンに関心がないという人もいると思います。その逆もあり、理解すべきそれぞれの魅力について紹介します。
リブラ(Libra)の米国のメリットも強調するも、他国視点ではグローバル通貨としては矛盾?

リブラ(Libra)の米国へのメリットを強調するも、他国視点ではグローバル通貨と...

米国議会によるFacebookの最高経営責任者(CEO)であるマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏のリブラ(Libra)プロジェクトに関する公聴会が行われました。ザッカーバーグ氏の発言を振り返ります。
DeFi(分散型金融)のセクターそのものに投資をする合理的な回答はETH?

DeFi(分散型金融)のセクターそのものに投資をする合理的な回答はETH?

米国の新興株を中心に扱うナスダック(Nasdaq)が、分散型金融(DeFi)のインデックス「DeFix」をリリースしました。これに対する批判の声と、イーサリアム(Ethereum)への投資が合理的である理由を紹介します。
22020年前半にかけて大型の新興ブロックチェーンが上場、投資家が行うべき行動とは?

2020年前半にかけて大型の新興ブロックチェーンが上場、投資家が行うべき行動とは...

2020年前半にかけて大型の新興ブロックチェーンが数多くメインネットで公開される予定です。中には数百億円以上をプライベートセールで資金調達したものもあります。これらのトークン上場に関して投資家はどのな行動を取るべきなのでしょうか?
ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべきこと

ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべ...

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトについてリサーチすると耳にする「VC(ベンチャーキャピタル)」。業界におけるVCの概要と役割とは?そしてVCを理解した上で個人投資家はどのようなことを考えるべきかを紹介します。
Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実が重要な理由

Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実...

分散型アプリケーション(DApps)開発に最適化された新しい開発者プラットフォームを作るプロジェクトのターミナル(Terminal)がローンチ。その特徴となぜ非開発者にとっても開発ツールが重要かを紹介します。
リブラ(Libra)の動きに乗じたサードパーティー企業の動き、ビジネスチャンスにするには?

リブラ(Libra)の動きに乗じたサードパーティー企業の動き、ビジネスチャンスに...

Facebookがイニシアチブをとるリブラ(Libra)プロジェクト。その話題性と注目度からブロックチェーン業界にも大きなトピックとなり、さまざまな企業がLibraに合わせた動きをみせています。その事例を紹介します。
Facebookの「リブラ」ローンチが後ろ倒し、イーサリアム上でローンチすべきだったと意見も

Facebookの「リブラ」ローンチが後ろ倒し、イーサリアム上でローンチすべきだ...

Facebookが主導する仮想通貨プロジェクトの「リブラ(Libra)」のローンチが後ろ倒しされるとの報道がありました。大手仮想通貨取引所の元CTOの、イーサリアムでローンチすべきだったとの意見を考察します。
ベネズエラが中央銀行のバランスシートにビットコインを組み入れ検討、BTCの長期的価値とは?

ベネズエラが中央銀行のバランスシートにビットコインを組み入れ検討、BTCの長期的...

ベネズエラの中央銀行がバランスシートにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の組入を検討していることが報道されました。なぜベネズエラは仮想通貨の組入を検討しているのか?ビットコインの長期的価値とは?
次のBinanceやBitMEXを目指す有力な新しい3つの仮想通貨取引所

次のBinanceやBitMEXを目指す有力な新しい3つの仮想通貨取引所

その規模や立ち位置で仮想通貨業界をけん引するバイナンス(Binance)やビットメックス(BitMEX)。今回はこれらの取引所に追い付こうとする有力な3つの仮想通貨取引所を紹介。新興勢力の第3世代の取引所とは?

ブラウザへの導入でコスモス(COSMOS)の利便性を向上させるツールがリリース

コスモス(COSMOS)に、SafariやGoogle Chromeに導入するだけで利便性を向上させるツールがリリースされました。これによりCOSMOSを利用したアプリケーションなどとの連携が強まり、更なる用途が期待できそうです。
DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが1億円以上の資金調達

DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが...

分散型アプリケーション(DApps)のリスティングサイトとして知られるダップドットコム(Dapp.com)やダップレーダー(DsppRadar)がそれぞれ1億円以上の資金調達したことを発表した。サイトの動向を考察します。
暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

エレクトリック・キャピタル(Electric Capital)がこのほど、ここ最近の仮想通貨・ブロックチェーン業界の開発者数の推移に関するレポートを発表しました。さまざまな指標があるなかでも主要な要素について紹介します。
メッセージベースのOTC取引プラットフォームのパラダイム(Paradigm)とは?

メッセージベースのOTC取引プラットフォームのパラダイム(Paradigm)とは...

パラダイム(Paradigm)というメッセージベースのOTC取引インターフェイスがリリースされました。チャットで売買したい暗号通貨を募集し、合意内容がそのまま取引所で実行されるそうです。特徴を紹介します。
ライトニングネットワークのアプリケーションストアが登場、多く生まれるLAppsとは?

ライトニングネットワークのアプリケーションストアが登場、多く生まれるLAppsと...

ビットコイン(BTC)のセカンドレイヤー技術として知られるライトニングネットワーク(Lightning Network)。その技術を利用したアプリケーションが次々と誕生し、アプリストアも登場しました。
世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、最近の注目すべき動向を整理

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、最近の注目すべき動向を整理

世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は創業からとても早いスピードでさまざまな機能を追加してきました。そんなバイナンスが2019年8月から9月にかけて発表した新たな動きをまとめて紹介します。
アメリカ進出の準備が進むバイナンス、BNBホルダーのリスクは?

アメリカ進出の準備が進むバイナンス、BNBホルダーのリスクは?

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が9月7日、数週間以内にアメリカの取引所をオープンすることを発表。バイナンスUSの体制やアメリカ国内の規制の関係、そしてBNBを保有者が考慮すべきリスクを紹介します。
イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークションが開始

イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークション...

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンにけるDNSのようなイーサリアムネームサービス(ENS)が開発された背景と概要を解説し、OpenSeaで実施されたENSのオークションについて紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram