コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

編集部おすすめ

コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

アメリカ最大の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)が2021年2月25日、米国証券取引委員会(SEC)に上場目論見書(S-1)を提出しました。本上場による予想時価総額は800~1,200億ドル程度(約8兆円から12兆円)のレンジだろうと予想され、暗号資産業界が始まって以来、最大のIPOとなります。業界への影響も非常に大きいものになります。本コラムではマーケットの影響について考察をします。

コインベース上場における短期的な市場の影響について

まず短期的な視点での市場へのに影響について述べます。もともとコインベースの上場は、2021年上半期最大のイベントであると考えており、相場にも影響があると思っていました。しかし、現在の考えは異なっており、短期的な影響はほとんどないと思っています。予想していたのは、上場目論見書が出て事前に盛り上がって、実際に上場して株価がついて盛り上がって、ビットコイン市場に波及するというのが、おぼろげに描いていたシナリオです。

しかしプレセカンダリーで先に上場をして、プレセカンダリーでコインベースの株式は早い段階で大盛りあがりしてしましました。PER200倍の時価総額10兆円がついており、これは既にコインベースの利益200年分の価値がついていることを意味します。この時価総額は日本のほとんどの主要金融機関の時価総額を超えています。

既にこれ以上ないくらいに株式は盛り上がっており、これからさらに盛り上がってビットコイン市場に短期的なポジティブを与えることは考えづらいのではないかと想います。短期目線ではコインベース上場は材料として出尽くし感が否めないでしょう。

コインベース上場における中期的な市場の影響について

次に中期的視点です。コインベースの業績開示は、金融機関や大企業の暗号資産市場の参入を促す可能性があります。既に税引き後の利益は日本円にして300億円を超えており、成長性も十分です。

コインベースの業績を見た金融機関の人たちの素直な感想は、「儲けすぎててけしからん」といったものではないかと予想されます。また、コインベースの数字を見て暗号資産市場でビジネスをやりたくなる金融機関は多いのではないかと推察されます。手数料競争が激化している従来金融市場からの視点では、魅力的なビジネスに映るはずです。

結果、さまざまな金融機関が暗号資産関連のビジネスを手掛けるようになるとするならば、その点では長期的に明らかに暗号資産市場によってプラス要因です。

コインベースの上場は暗号資産市場をより成熟に近づける重要なイベントと言えるでしょう。しかしその短期的影響としてはあまり期待できず、中期的に暗号資産市場のファンダメンタルズを高めるものになるでしょう。

【こんな記事も読まれています】
【墨汁速報】米テスラ 年次報告で1578億円分のビットコイン投資 BTC市場最高値470万円を記録
マイクロストラテジーが1,000億円相当のビットコイン(BTC)を追加購入
ビットコイン時価総額は1兆ドル超え、JPモルガンなど金融機関を凌ぐ


【国内最高利率の貸し暗号資産(仮想通貨)サービス】
HashHub レンディングは、国内最高利率の貸し暗号資産(仮想通貨)サービスです。2021年1月時点での募集年率はBTC7%、ETH10%、DAI12%です。HashHubレンディングでは、長期間のロックアップや解約手数料が発生せず、セキュリティ体制も万全です。暗号資産保有者は貸し出しして暗号資産を増やしましょう!
▼HashHub Lending
https://hashhub-lending.com/


前のニュース暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始める起業のススメ
次のニュース香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入
HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/