• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

HashHubコミュニティ

HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/
【HashHubとは?】
HashHubは、2018年4月に東晃慈(ヒガシコウジ)氏、平野淳也(ヒラノジュンヤ)氏、ビールよりこ氏が創業者となり、日本のブロックチェーン業界を今後さらに盛り上げるために起ち上げられた企業です。場所は本郷3丁目で東京大学に近い場所にあります。業務内容といしては、コワーキングスペースの貸し出し、自社スタジオでの開発、開発支援の3本柱となっています。

コワーキングスペースには、ブロックチェーンの未来を信じる方たちが集まり日々学習、開発を進めています。様々な個人、企業が参加しており、ディスカッションなどを行うことで、ワーキングスペース内で共同開発が進めらたりと技術さらに革新するための仕掛けが多数用意されています。

最近は、ブロックチェーンの学習プログラムにも力を入れており、ビジネス、技術の両側面からのコースがあります。仮想通貨・ブロックチェーンが注目される以前から、技術の素晴らしさを理解し誰も早くから学習してきたため、コースに参加することは、興味を持っている人には有益な講義になります。

HashHubコミュニティの記事一覧
HashHubコミュニティの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

Binance Smart Chainは分散型金融に標準、ユースケース拡大に期待

Binance Smart Chainは分散型金融に標準、ユースケース拡大に期待...

世界最大の取引所バイナンス(Binance)が、新しい独自のブロックチェーンであるBinance Smart Chainをローンチしました。スマートコントラクトも実行可能なBinance Smart Chainについて解説してきます。
ステーブルコインが一般的な決済手段に近しい形でより使いやすく、USDCがアップデート

ステーブルコインが一般的な決済手段に近しい形でより使いやすく、USDCがアップデ...

このほどステーブルコインのUSDCに関するアップデートが公開されました。そこで、ステーブルコインが抱えるユーザビリティの問題点を改め紹介するとともに、今回のUSDCに関するアップデートについて解説します。
イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム(Ethereum)上でビットコイン(BTC)を使用するケースが急速に増加しています。代表的な3つの手法を説明しながら、8月時点でのイーサリアム上のビットコインに関するデータと考察を紹介します。
高騰を続けるビットコイン(BTC)と株式市場、先行きにリスクはあるのか?

高騰を続けるビットコイン(BTC)と株式市場、先行きにリスクはあるのか?

ビットコイン(BTC)をはじめとした暗号資産市場の高騰。そして8月にはS&P500もナスダックが史上最高値を更新するなど株式市場も高騰が続いています。これから先の暗号資産市場と株式市場におけるリスクはどこにあるのか考えていきます。
コンセンシスが展開するスマートコントラクトのセキュリティ監査ツール MythXとは?

コンセンシスが展開するスマートコントラクトのセキュリティ監査ツール MythXと...

アメリカのブロックチェーン企業のコンセンシス(ConsenSys)はイーサリアムのエコシステムに大きく関わっていることで知られています。そんな同社が展開しているスマートコントラクトのセキュリティツールをMythXについて紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンで小口化された不動産を買えるRealTとは?

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンで小口化された不動産を買えるR...

イーサリアム(Ethereum)のパブリックブロックチェーン上で不動産をトークン化して取引可能にしているプロジェクト「RealT」を紹介します。とんどの不動産の最低投資金額は100ドル未満で、トークン保有者は家賃収入を得ることがきでます。
DeFi(分散型金融)で投機が集まるプロジェクトAmpleforth(AMPL)とは何か

DeFi(分散型金融)で投機が集まるプロジェクトAmpleforth(AMPL)...

このほど注目が集まっている2019年7月にローンチしたDeFi(分散型金融)プロジェクトAmpleforth。注目集める理由は投機的なものですが、そのプロジェクトの仕組みを学ぶ価値があるので解説します。
インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

ここ最近、インフレーションに対するヘッジ資産として、ビットコイン(BTC)やゴールドは強気相場が続いています。暗号資産の投資家とっては嬉しい状況ですが、このトレンドにおけるリスクの可能性を考えていきます。
分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリース、積極的に開発を進行

分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリース、積極的に開発を進行

分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリースされました。イーサリアム(Ethereum)関連のプロジェクトのなかでも比較的初期から存在するオーガーと、今回のアップデートについて解説していきます。

トークン投資の分析手法:ビットコイン(BTC)以上の投資リターンを得るには?

価格が大きく上昇したビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)だけでなく2020年の暗号資産市場は好調なようです。そこで今回は、投資リターンを得るために必要となるトークン投資の分析手法について紹介します。
ブロックチェーンベンチャーのConsenSysが公開したトークンセールプラットフォームとは?

ブロックチェーンベンチャーのConsenSysが公開したトークンセールプラットフ...

ブロックチェーンベンチャーのコンセンシス(ConsenSys)が発表したトークンセールプラットフォーム「アクティベート(Activate)」の特徴について紹介します。セール形式のダッチオークションについても解説します。
【オピニオン】将来ビットコインは金(ゴールド)より希少なアセットに

【オピニオン】将来ビットコインは金(ゴールド)より希少なアセットに

ここ最近、金相場が加熱し、2011年来の高値を更新しています。バランスの良いポートフォリオのためゴールドを追加すべきだと主張もあります。そこでデジタルゴールドと呼ばれるビットコイン(BTC)について考察します。
デジタルゴールドとも呼ばれるビットコイン(BTC)が金より優れている3つのポイント

デジタルゴールドとも呼ばれるビットコイン(BTC)が金より優れている3つのポイン...

デジタルゴールドとも呼ばれるビットコイン(BTC)。たびたびその性質をゴールドと比較されることがあります。そこで今回は、ビットコインがゴールドよりすぐれている3つのポイントについて解説していきます。
フォビジャパン(Huobi Japan)に上場をしたHTとは?特徴やユースケースを解説

フォビジャパン(Huobi Japan)に上場をしたHTとは?特徴やユースケース...

フォビジャパン(Huobi Japan)に上場した取引所の独自トークンであるHuobi Token(HT)。取引所としてのフォビの成り立ちといった背景やさまざまな事業の紹介、HTの主要なユースケースと特徴について解説します。
2020年初からの暗号資産・トークンの投資パフォーマンスを時価総額別に比較

2020年初からの暗号資産・トークンの投資パフォーマンスを時価総額別に比較

2020年も半分が終わりました。そこで2020年初からの暗号資産・トークンの投資パフォーマンスを時価総額サイズ別に比較してみました。時価総額が低い銘柄のパフォーマンスが良かったという結果について考察します。
分散型金融のレンディングプラットフォームCompoundの独自トークンCOMPとは?

分散型金融のレンディングプラットフォームCompoundの独自トークンCOMPと...

ブロックチェーン上の分散型レンディングプラットフォームとしては最大手のコンパウンド(Compound)が6月15日からの配布している独自トークンのCOMPについて、その特徴や仕組みなどを解説します。
イーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)プロトコルのCompoundとはなにか

イーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)プロトコルのCompo...

活況を帯びるイーサリアム(Ethereum)上のDeFi(分散型金融)。2018年8月にローンチしたイーサリアム上で稼働する短期金融市場のプロトコルであるコンパウンド(Compound)の特徴などについて解説していきます。
ファイルコイン(Filecoin)とは?約200億円を調達した分散型ファイルプロジェクトが間もなく公開

ファイルコイン(Filecoin)とは?約200億円を調達した分散型ファイルプロ...

約200億円を調達した大型プロジェクトであるファイルコイン(Filecoin)のテストネットが公開されました。メインネットの稼働も近々予定されているファイルコインについてその特徴や概要などを紹介します。
数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは?

数字で見るDeFi(分散型金融)、ユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルは...

イーサリアム(Ethereum)上で活発な金融のムーブメントでもあるDeFi(分散型金融)。このほどアメリカのベンチャーキャピタルが実施した、DeFiのユーザー数・成長率・ユーザーの多いプロトコルに関する調査結果を紹介します。
ビットコイン(BTC)のアート的・詩的な魅力を改めて考える

ビットコイン(BTC)のアート的・詩的な魅力を改めて考える

価格が乱高下することからその金融商品的な側面が注目されるビットコイン(BTC)ですが、アート的・詩的な魅力とも言える金融商品の枠に収まらない側面があります。今回はそんなビットコインの一面を紹介します。
【後編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選

【後編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10...

暗号通貨に関する企業とプロジェクトへの積極的な投資姿勢を見せるシリコンバレーの最高峰のベンチャーキャピタルであるa16z(Andreessen Horowitz)。同ファンドが投資するプロジェクトを紹介します。
シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10選(前編)

【前編】シリコンバレー最高峰VC「a16z」が投資をするクリプトプロジェクト10...

Facebookやtwitterなどへの投資で知られているシリコンバレーの最高峰のベンチャーキャピタルであるa16z(Andreessen Horowitz)。暗号通貨に積極的な姿勢を見せる同ファンドが投資するプロジェクトを紹介。
暗号資産業界のヘッジファンドの状況、どのくらいの規模、影響力、投資方針の傾向は?

暗号資産業界のヘッジファンドの状況、どのくらいの規模、影響力、投資方針の傾向は?...

会計監査およびコンサルティング企業のPwCが、暗号資産業界におけるヘッジファンドに関するレポートを公開。今後、増加するとされる業界のヘッジファンドの規模や影響力、投資方針など、トレーダーも知っておくべきレポートの内容を紹介します。
【インタビュー】ノードの開発・販売を通して分散社会を実現するNeukind

【インタビュー】ノードの開発・販売を通して分散社会を実現するNeukind

ブロックチェーン企業のNeukind(ニューカインド)にインタビューを実施。同社の事業であるブロックチェーンのノードを運用しやすいシングルボードのコンピュータを販売や、目指す分散社会について聞きました。
中国のブロックチェーンの社会実装は諸外国の10年先を行く

中国のブロックチェーンの社会実装は諸外国の10年先を行く

2019年に習近平氏がブロックチェーンを国家戦略にすると声明を出すなど、中国は世界に先駆けてブロックチェーンの社会実装を進めています。そこで今回は、中国におけるブロックチェーンの活用のスピード感について考察します。
バイナンスコイン(BNB)の今後の価格動向は?価格に影響する直近のイベントを振り返り

バイナンスコイン(BNB)の今後の価格動向は?価格に影響する直近のイベントを振り...

世界大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)の独自トークンであるBNB。4月17日に発表された「Binance Smart Chain」のホワイトペーパーなど、3月後半からのBNBの価格に影響するイベントを振り返ります。
世界最大の掲示板サイトRedditがブロックチェーンを使用したポイントシステムを実装

世界最大の掲示板サイトRedditがブロックチェーンを使用したポイントシステムを...

世界最大の掲示板サイトのレディット(reddit)がブロックチェーンを使用したポイントシステムの実装を発表しました。イーサリアム(Ethereum)上で発行したコミュニティポイントとしてERC20トークンについて紹介。
機関投資家はビットコインを買い集めている?ウォール街がBTCに注目する理由とは

機関投資家はビットコインを買い集めている?ウォール街がBTCに注目する理由とは

新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により金融市場に大きな影響が見え始めた3月。機関投資家によるビットコイン(BTC)の購入が増えています。ビットコイン投資信託であるグレースケールのデータも紹介します。
GMOコインに上場をしたBATとは?特徴や可能性、リスクを解説

GMOコインに上場をしたBATとは?特徴や可能性、リスクを解説

2020年に入りさまざまなコインの新規上場が始まった日本の仮想通貨取引所。今回は、3月にGMOコインに新規上場したBATについて、ブレイブ(Brave)というWebブラウザからそのトークンモデルや投資評価など解説していきます。
ライトニングネットワークのトランザクションボリュームが伸び悩み、WBTCはLNの残高を上回る

ライトニングネットワークのトランザクションボリュームが伸び悩み、WBTCはLNの...

ビットコイン(BTC)のトランザクション性能を拡張するライトニングネットワーク。そのトランザクションボリュームが減少傾向にあることが明らかになりました。その一方で増加しているイーサリアム上のWBTCについて紹介します。
ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドではないのか?性質と市場でのポジションの違いとは?

ビットコイン(BTC)はデジタルゴールドではないのか?性質と市場でのポジションの...

コロナウイルスの感染拡大による米国株式市場の下落相場に連られる形で2020年3月に暗号通貨市場は記録的な暴落をみせました。今回の暴落を受けビットコインはデジタルゴールドではないという主張がでてきました。改めてビットコインを整理します。
世界の中央銀行が利下げと大規模緩和、ポジションを見直しされるビットコイン(BTC)

世界の中央銀行が利下げと大規模緩和、ポジションを見直しされるビットコイン(BTC...

新型コロナウイルスが世界中にまん延し、経済への打撃はリーマンショックを上回る規模となっています。世界のほとんどの中央銀行が金融緩和など対応を行っています。この状況におけるビットコイン (BTC)の立ち位置はどのようになっているのでしょうか?
コインチェックに上場をしたステラルーメン(XLM)とは?特徴や可能性、リスクを解説

コインチェックに上場をしたステラルーメン(XLM)とは?特徴や可能性、リスクを解...

2019年11月にコインチェックに新規上場を果たしたステラルーメン(XLM)について解説。創業者であるジェド・マケーレブ(Jed McCaleb)がローンチに至った経緯や、投資評価やリスクについて紹介します。
ユニスワップ(Uniswap)の仕組みとは?アルゴリズムのみで制御されるイーサリアム上のピュアDEX

ユニスワップ(Uniswap)の仕組みとは?アルゴリズムのみで制御されるイーサリ...

イーサリアム(Ethereum)上で稼働するDEX(分散型取引所)のユニスワップ(Uniswap)は、しっかりとした取引ボリュームを持ちながらその存在感を高めているプロジェクトの1つです。今回はその仕組みについて解説していきます。
DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

DeFi(分散型金融)の現在地、将来どのように企業活動や既存金融と結びつくのか

イーサリアムの最も主要なユースケースになりつつあるDeFi(分散型金融)。オープンソースの金融プロトコルが関連し合いサービスを構築できることが特徴のDeFiの現在地と、将来における金融との関わりについて紹介します。
DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

DeFiレンディングが組み込まれたプロダクトのユーザーエクスペリエンスとは?

暗号通貨をデポジットして使えるデビットカードが多数リリースされています。アメリカやヨーロッパで利用できるものが多く、暗号通貨決済に対応していなくてもカードさえ使えれば決済可能です。今回は、さまざまなカードについて紹介します。
暗号通貨取引所Bakktはデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームに?

暗号通貨取引所Bakktはデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームに?

ニューヨーク証券取引所親会社ICEのグループ会社として2019年にローンチした暗号通貨取引所バックト(Bakkt)。今後の動きとしてデジタルアセットを総合的に扱うプラットフォームになることを示唆しています。
アフリカ諸国で広がるビットコイン(BTC)、P2P取引所は前年比50%成長を記録

アフリカ諸国で広がるビットコイン(BTC)、P2P取引所は前年比50%成長を記録...

アフリカ諸国でビットコイン(BTC)のユーザー数が増加しています。P2P取引所のパックスフル(Paxful)では2019年の取引ボリュームが57%も成長し、今後さらなるユーザーの増加に期待が集まっています。アフリカの可能性とは?
ブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争の無意味さと向き合い方について

ブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争の無意味さと向き合い方につ...

最近では企業でのユースケースも確立がも進んでいるブロックチェーン。しかし、暗号通貨と支持者のなかには企業の活用について批判的な人も多いです。そこでブロックチェーンを巡るパブリックブ・コンソーシアム論争について考えます。
NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在するのか?

NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在するのか?

ゲームアイテムのトークン化に代表されるNFT(ノンファンジブル・トークン)は2020年の日本で注目されるビジネス領域の1つになるかもしれません。そこで、NFT分野にはどのようなビジネスレイヤーが存在しているのかを紹介します。
バイナンス(Binance)から学ぶスタートアップの戦略、タイミングと参入角度

バイナンス(Binance)から学ぶスタートアップの戦略、タイミングと参入角度

依然として暗号通貨の業界でスタートアップの成功は難しいと言われ、タイミングと参入確度がカギを握っているとされています。これを最も優れた形で実行した取引所のバイナンス(Binance)の戦略を考察します。
暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発からプロダクションまでの時間軸

暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発からプロダクションまでの時間軸

暗号通貨・ブロックチェーンの研究開発から製品となりローンチするまでどのような時間軸が必要となるのでしょうか?また、投資判断にも役立つと考えられるこの時間軸への理解をプロジェクトの例をふまえて紹介します。
盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム、NFTは投資対象になるか?

盛り上がりを見せるブロックチェーンゲーム、NFTは投資対象になるか?

今ではその数が増加してきたブロックチェーンゲーム。NFTとして表現されるゲーム内のアセットのなかには、100万円以上で取引されるものも珍しくありません。そこで、ブロックチェーンゲームにおけるNFTは投資対象になるか考察します。
仮想通貨は稼げなくなったのか?2020年の市場で利益を得れる手法は?

仮想通貨は稼げなくなったのか?2020年の市場で利益を得れる手法は?

2017年をピークにビットコイン(BTC)をはじめとする暗号通貨に対する世間の関心も低下。当時のようなバブルは恐らくもうこないであろう2020年の市場において、仮想通貨で利益をだすことは可能なのでしょうか?
企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理

企業や開発者は今イーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのか?論点の整理

Ethereum 2.0のローンチをひかえる今、企業や開発者はイーサリアム上でプロジェクトを進めるべきなのでしょうか?そこで、開発者にとっての問題から、アプリケーションのユーザーや投資家はどう考えればいいのかを紹介します。
Binanceが日本人向けのサービスを停止する影響を考察する

Binanceが日本人向けのサービスを停止する影響を考察する

仮想通貨取引所のバイナンスがこのほど、TAOTAOと日本市場における線らy九的連携に向けて交渉を開始したことを発表し、あわせて日本のユーザー向けのサービスを段階的に停止することをアナウンスしました。今回の発表の影響を考察します。
ゲーム以外のNFTビジネス、会員権としてブロックチェーン上のトークンを応用する事例

ゲーム以外のNFTビジネス、会員権としてブロックチェーン上のトークンを応用する事...

ユニークな値を与えられることからゲーム領域で頻繁に利用されるNFT(ノンファンジブル・トークン)。日本では比較的ビジネスを立ち上げやすい状況にあるNFTに関して、ゲーム以外の分野の応用例を紹介します。
イーサリアムはDeFiチェーン?データから読み取るアプリケーションのユーザー

イーサリアムはDeFiチェーン?データから読み取るアプリケーションのユーザー

ダップレーダー(DappRadar)が2019年の分散型アプリケーション(Dapps)エコシステムを総括したレポートを発表。スマートコントラクトブロックチェーンとしてその地位を維持したイーサリアムの状況について解説します。
新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTとは?分散性とトランザクション性能を重視

新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTとは?分散性とトランザクション...

新興のスマートコントラクトブロックチェーンIOSTの概要について紹介します。トランザクション性能と分散性の両立を目指すIOSTのコンセンサスアルゴリズムや開発が進められているアプリケーションなども解説します。
アルトコインのトップ10を購入した場合は?暗号通貨の投資に最適な方法とは?

暗号通貨の投資に最適な方法とは?アルトコインのトップ10を購入した結果は?

多くの投資家にとって暗号通貨投資の銘柄選定は難しいものかもしれません。今回は2019年1月1日にトップ10のコインを100ドルずつ購入する実験を行ったブログを紹介します。暗号通貨投資における最適な方法とは?

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram