• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

HashHubコミュニティ

HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/
【HashHubとは?】
HashHubは、2018年4月に東晃慈(ヒガシコウジ)氏、平野淳也(ヒラノジュンヤ)氏、ビールよりこ氏が創業者となり、日本のブロックチェーン業界を今後さらに盛り上げるために起ち上げられた企業です。場所は本郷3丁目で東京大学に近い場所にあります。業務内容といしては、コワーキングスペースの貸し出し、自社スタジオでの開発、開発支援の3本柱となっています。

コワーキングスペースには、ブロックチェーンの未来を信じる方たちが集まり日々学習、開発を進めています。様々な個人、企業が参加しており、ディスカッションなどを行うことで、ワーキングスペース内で共同開発が進めらたりと技術さらに革新するための仕掛けが多数用意されています。

最近は、ブロックチェーンの学習プログラムにも力を入れており、ビジネス、技術の両側面からのコースがあります。仮想通貨・ブロックチェーンが注目される以前から、技術の素晴らしさを理解し誰も早くから学習してきたため、コースに参加することは、興味を持っている人には有益な講義になります。

HashHubコミュニティの記事一覧
HashHubコミュニティの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

世界最大のクリプトファンドはどのように投資をするのか?

世界最大のクリプトファンドはどのように投資をするのか?

業界で最も成功したクリプトファンドの一つとして知られているポリチェーン・キャピタル(Polychain Capital)のリサーチャーが出演したポッドキャストを紹介します。トップクリプトファンドのリサーチや考えとは?
Trezorのハードウェアウォレットをパスワードマネージャーとして使用できる機能が追加

トレザー(Trezor)が新機能追加で便利なパスワードマネージャーに

ハードウェアウォレットのトレザー(Trezor)に新たに搭載されたパスワードマネージャーが非常に便利なものになっています。暗号通貨界隈でのセキュリティレベルを普段から導入できるという優れものなので、紹介したいと思います。
通信量は無料!デバイスを相互通信させて分散ネットワークを構築するVolk Fiとは?

通信が無料!デバイスを相互通信させて分散ネットワークを構築するVolk Fiとは...

サンフランシスコを拠点にするVolk Fiというスタートアップが、分散的な通信ネットワークを構築するスマートフォンの販売を予定しています。Volk Fiが構想する分散ネットワークとブロックチェーンと関わる可能性について紹介します。
一般の個人投資家がセキュリティトークンを購入できるかどうかの現状

一般の個人投資家がセキュリティトークンを購入できるかどうかの現状

ブロックスタック(Blockstack)がこのほど米証券取引委員会(SEC)にトークンセールを実施するための申請を行いました。一般の個人投資家がセキュリティトークンを購入できるかの現状について紹介します。
新しい分散的なインターネットを作るBlockstackとは?

新しい分散的なインターネットを作るBlockstackとは?

流出など個人情報に関するニュースをよく耳にするようになった昨今、個人情報のあり方に対して課題を感じ、それを解決しようとするブロックチェーンプロジェクトのブロックスタック(Blockstack)について解説します。
イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアムの手数料も削減できるメタトランザクションの仕組みとは?

イーサリアム(ETH)の環境を最大限に活かすために「メタトランザクション(Meta Transaction)」という技術が注目されています。手数料の問題や、ブロックチェーンゲームに親しみやすくするこの技術は、どのようなものなのでしょうか。
手数料無料で便利なイーサリアム(ETH)ウォレット「Argent」がリリース

手数料無料で便利なイーサリアム(ETH)ウォレット「Argent」がリリース

イーサリアム(ETH)の新しいウォレット「アージェント(Argent)」がリリースされました。これまでのウォレットよりもセキュリティや使い心地を改善することを目的としたウォレットであり、是非とも一度触れてもらいたいと思い、紹介します。
ブロックチェーン業界の働き方は未来的?AngelList創業者のネイバル氏の考察

ブロックチェーン業界の働き方は未来的?AngelList創業者のネイバル氏の考察...

仮想通貨とブロックチェーン業界でもおなじみの人物で、エンジェルリストの創業者であるネイバル・ラヴィカント(Naval Ravikant)氏が考える、ブロックチェーン業界での働き方こそが未来の形であるという主張を紹介。
トークンエコノミーによって、良いコンテンツが評価されるSNSをつくるRelevantとは?

トークンエコノミーによって良いコンテンツが評価されるSNSをつくるRelevan...

トークンを使って投稿されたコンテンツに対して投票ができるSNSのRelevant(レリバント)のベータ版がこのほどローンチされました。レリバントの概要から、コンテンツの良さを評価するコンセプトの難しさを解説します。
コスモス(COSMOS)のHUBローンチから見るブロックチェーンと企業の関係性

コスモス(COSMOS)のHUBローンチから見るブロックチェーンと企業の関係性

コスモス(COSMOS)のHUBがローンチされ、また、関係企業のテンダーミント社(Tendermint Inc.)も資金調達を行っています。この繋がりから見える、プロジェクトと営利企業の関係性について、まとめました。

ハードウェアウォレットのおすすめは?選ぶときの基準を紹介!

仮想通貨に触れる中で、セキュリティ管理はとても重要です。中でもハードウェアウォレットの使用は必須とも言えるのではないでしょうか?しかし、ここ最近では種類も増えてきているため、どのような基準でウォレットを選べばいいのでしょうか?
クリプトファンドがトークン投資に強気、2019年3−4月のトークン投資の大型ディール

クリプトファンドがトークン投資に強気、2019年3−4月のトークン投資の大型ディ...

優れた設計のトークンモデルの探求と見直しが行われている2019年前半の状況で、3月から4月にクリプトファンドから資金を集めたセロ(Celo)とヌメライ(Numerai)という3つのプロジェクトを紹介します。
アセットが交換できる以外のブロックチェーンゲームの新規性、MyCryptoHerosのハッカソンを開催

アセットが交換できる以外のブロックチェーンゲームの新規性、MyCryptoHer...

ブロックチェーンを利用したアプリケーション(dApps)のなかでも期待されているのがゲームの領域です。今回は、アセットが交換できるということ以外のブロックチェーンゲームの特殊性について考察していきます。
仮想通貨取引所「ブルー・ヘリクス・エクスチェンジ(BHEX)」の戦略とは?

仮想通貨取引所「ブルー・ヘリクス・エクスチェンジ(BHEX)」の戦略とは?

フォビ(Huobi)やオーケーイーエックス(OKEx)といった中国系主要取引所をバックにつけ、新たな取引所「ブルー・ヘリクス・エクスチェンジ(BHEX)」がオープンしました。独特なサービスも展開しており、興味深いため、紹介します。
流動性を持つ取引所がICOプロジェクトをサポートすることがトレンドに…?

流動性を持つ取引所が「ICOプロジェクトをサポート」することがトレンドに…?

2018年まで多く行われたICOですが、本コラムではその中でもICO後の価格パフォーマンスが優れていたプロジェクトを紹介。そして2019年は流動性を持つ取引所がICOプロジェクトをサポートすることがトレンドになっている点について考察します。
ブロックチェーンエンジニアになるには?【HashHub】

ブロックチェーンエンジニアになるには?【HashHub】

ブロックチェーンコワーキングスペースなどを運営する株式会社HashHubが、最短1か月~のブロックチェーン講座を開講しています。将来ビジネスで使えるようなブロックチェーンの基礎・応用が学べて、しかも最短1ヶ月という超短期集中型のコースもあります。
イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガバナンス、プライバシーについて

イーサリアム(Ethereum)創業者が関心を寄せるアプリケーションレイヤーやガ...

イーサリアム(Ethereum)の情報に特化したポッドキャスト「Into The Either」で配信されたイーサリアムの創業者のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)氏のインタビューの内容を簡単に紹介します。
ステーブルコイン発行者のゴールドのトークン化計画、コモディティのトークン化によるメリットとは?

ステーブルコイン発行者のゴールドのトークン化計画、コモディティのトークン化による...

ステーブルコインのPAXを発行するニューヨークに拠点を置くパクソス(Paxos)社が 、ゴールドのトークン化に取り組んでいることが明らかになりました。コモディティのトークン化によるメリットを解説します。
年間金利6.2%の仮想通貨預け入れサービス、BlockFiの利用方法とメリット

年間金利6.2%の仮想通貨預け入れサービス、BlockFiの利用方法とメリット

暗号通貨を貸出して金利を得ることができるレンディングサービスのブロックファイ(BlockFi)。ビットコインとイーサリアムで年間6.2%の金利を得ることができるサービスのメリットや利用方法などを紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペイメントプロセッサ

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物を可能にするオープンソースのペ...

イーサリアム(Ethereum)のトークンで買い物が可能になる、オープンソースのペイメントプロセッサ「Dexpay(デックスペイ)」の紹介。DAIにも対応しており、DAIをより日常的に使うことを広める目的のあるDexpayの仕組みとは一体?
MakerDAOで発行できるDAI(ダイ)を日常決済で使うことを意識したBurner WalletとxDAIとは?

MakerDAOで発行できるDAI(ダイ)を日常決済で使うことを意識したBurn...

DAI(ダイ)は、MakerDAO(メイカーダオ)で発行できるステーブルコインですが、DAIは様々な理由から日常決済では使いにくいとされています。この課題を解決しようとするプロジェクトのBurner WalletとxDAIを紹介します。
株式投資型クラウドファウンディング市場からSTOの将来を考える

株式投資型クラウドファウンディング市場からSTOの将来を考える

株式投資型クラウドファウンディングのデータを通して、STOの将来を考察するコラム。海外ではSTO案件が多々実施されているが、今後どのような人物が投資を検討していくのか。これまでの株式投資型クラウドファウンディングの動きから見える可能性。
世界の政府や年金基金は、暗号通貨・ブロックチェーンにどのような投資をしているか?

世界の政府や年金基金は、暗号通貨・ブロックチェーンにどのような投資をしているか?...

世界の政府、年金基金、行政ファンドなどが暗号通貨・ブロックチェーン関連企業に投資をしている事例が増えてきました。本コラムではどのような企業が、どのくらいの規模の投資をしたのかの詳細を紹介し、ブロックチェーンの規模感について考察を行いました。
Webのインターフェイスでブロックチェーンのプログラミングを学べる学習サイト5選

Webのインターフェイスでブロックチェーンのプログラミングを学べる学習サイト5選...

暗号通貨・ブロックチェーンに関しては技術者が不足しており、ブロックチェーン関連のプログラミングを学べるサービスが近年増えてきています。本コラムではWebのインターフェイスでブロックチェーンのプログラミングが学べるサービスを5つ紹介します。
海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャスト10選

海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャスト10選

暗号通貨・ブロックチェーンの知識を高めたいと思っている方の情報収集の1つとして、専門メディアで知識を吸収することが挙げられます。本コラムでは、海外の優良な暗号通貨・ブロックチェーンのメディアやポッドキャストを10個ピックアップしました。
日本のスタートアップcatabiraがブロックチェーン分析サービスをローンチ、その役割とは?

日本のスタートアップcatabiraがブロックチェーン分析サービスをローンチ、そ...

日本国内のスタートアップであるcatabira社が、ブロックチェーン分析サービスをローンチしました。ブロックチェーンの分析はどのように活用されるのか、そして大規模な資金調達が複数行われるなど注目される海外の動きも紹介。
DeFi(分散型金融)は2019年にどのような発展をするか、Dharmaメンバーの予想

DeFi(分散型金融)は2019年にどのような発展をするか、Dharmaメンバー...

MakerDAO(メイカーダオ)をはじめとするDeFi(分散型金融)のプロジェクトへの注目度が高まってきています。本コラムでは、ダルマ・ラボ(Dharma Lab)のマックス・ブロンスタイン氏のDeFiに関する予想を紹介します。
イーサリアム上でビットコイン(BTC)価格を維持するsBTCの取引を開始したSynthetixとは?

イーサリアム上でビットコイン(BTC)価格を維持するsBTCの取引を開始したSy...

イーサリアム上でビットコイン(BTC)の価格と連動をしたsBTCの取引を開始したSynthetixの仕組みを紹介。2018年3月にICOで約33億円の資金を調達し、ドルや円、金などと連動したアセットを提供するプロジェクトとは?
「早い・安い・分散」を主張するブロックチェーンプロジェクトに要注意、分散性の複雑さについて

「速い・安い・分散」を主張するブロックチェーンプロジェクトに要注意、分散性の複雑...

暗号通貨界隈では新たなブロックチェーンプロジェクトが多く控えていますが、そのプロジェクトのほとんどがEthereumより早い&安いということを主張しています。これには注意が必要という点とブロックチェーンの分散性の複雑さについて考察します。
バイナンス(Binance)が発表した独自ブロックチェーンと分散型取引所(DEX)の今後の予想

バイナンス(Binance)が発表した独自ブロックチェーンと分散型取引所(DEX...

世界最大の取引所であるバイナンス(Binance)が現在構築中の独自ブロックチェーンとすでにテストネットがリリースされている分散取引所(DEX)について、その概要説明と今後予想される動きを考察しました。
イーサリアムのハッカソン「ETHDenver」で発表された10のプロジェクトを紹介

イーサリアムのハッカソン「ETHDenver」で発表された10のプロジェクトを紹...

イーサリアムのハッカソンイベントの中でも有数なもののうちの一つである「ETHDenver」が終了しました。その中で発表されたプロジェクトのうち、本コラムでは10個をしぼって紹介します。今年の注目テーマはどのようなものなのでしょうか?
Lightning Network利用のマイクロペイメントを活用するアプリケーション10選

Lightning Network利用のマイクロペイメントを活用するアプリケーシ...

ライトニングネットワーク(Lightning Network)を利用してマイクロペイメントを活用するアプリケーション(Lapps)を10個紹介します。ライトニングネットワークは今後期待されている技術、今のうちに少し触れておくのがおすすめ。
下位PoWブロックチェーンのリスク、ライトコインなどはビットコインにはない価値を見出すことが必要

下位PoWブロックチェーンのリスク、ライトコインなどはビットコインにはない価値を...

2019年は、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のコンセンサスアルゴリズムを活用した下位のブロックチェーンは苦しい年になるのではないかという予想が多くあります。本稿では下位PoWブロックチェーンのリスクについて考察します。
イーサリアム上のスマートコントラクトを利用してトークンの貸出などができるNuo Networkがローンチ

イーサリアム上のスマートコントラクトを利用してトークンの貸出などができるNuo ...

Nuo Networkがローンチ。ユーザーはイーサリアム(Ethereum)上でスマートコントラクトを利用してトークンの貸し出しやレバレッジ取引ができます。Nuo Networkの特徴と借入など具体的な事例を紹介します。
スマートフォンのような端末でノードになれることを目指すNEAR Protocolのアプローチ

スマートフォンのような端末でノードになれることを目指すNEAR Protocol...

スマートフォンのようなモバイルデバイスでもノードを運営できることを目指す「NEAR Protocol(ニアー・プロトコル)」。分散性とトランザクション性能の確立を目指すニアー・プロトコルの仕組みを紹介します。
Ethereum2.0より先にリリースを目指す「Near Protocol」とは一体どんなプロトコルなのか?

Ethereum2.0より先にリリースを目指す「Near Protocol」とは...

Ethereum2.0より先にリリースを目指す、シャーディングを使用した新興パブリックプロトコルである「Near Protocol」の解説コラムです。これは様々な問題を解決すると注目されています。一体どんなプロトコルなのでしょうか?
全ETHの約2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託、これってどんな仕組み?

全ETHの約2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託、...

全供給量ETHの2%がMakerDAO(メイカーダオ)のコントラクトアドレスに預託。この数字は大きいと考えられています。本コラムでは影響力が大きくなってきて無視できない存在になりつつあるMakerDAOについて解説します。
0xとCoinlistのハッカソンが終了、DEXのエコシステムになり得る受賞プロダクト一覧

0xとCoinlistのハッカソンが終了、DEXのエコシステムになり得る受賞プロ...

分散型取引所のプロトコルである0xと資金調達を支援するプラットフォームCoinlistがハッカソンを共同開催しました。その中で受賞したプロダクトが公開されていたので、プロダクトの紹介、そして今後の考察を行いました。
2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【後編】

2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【後編】...

2018年に起きた暗号通貨・ブロックチェーン企業のM&A。2017年と比較して約2倍に増えたM&Aですが、その中でも目立っていた買収や過去の買収案件を振り返ってみて気づくこと、それに対する考察などを行いました。
2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【前編】

2018年のブロックチェーン・暗号通貨業界の主要なM&Aを概観【前編】...

2018年は多くの暗号通貨・ブロックチェーンのスタートアップが誕生しました。M&A(合併や買収)も多く起きており、2017年と比較すると2018年は約2倍。本コラムでは2018年におけるブロックチェーン企業の目立った買収を紹介します。
ブロックチェーンプロジェクトの成否は、時間軸とタイミングが重要~ドットコムバブルから学べること~

ブロックチェーンプロジェクトの成否は、時間軸とタイミングが重要~ドットコムバブル...

ブロックチェーンプロジェクトが成功するかしないかは、時間軸とタイミングが重要とされています。なぜこの2つが重要なのか?過去に起きたドットコムバブルの事例(NetflixやAmazonなど)、から学べることを紹介します。
コインベース(Coinbase)がニュートリノ(Neutrino)を買収、ブロックチェーン分析企業の可能性

コインベース(Coinbase)がニュートリノ(Neutrino)を買収、ブロッ...

コインベース(Coinbase)がブロックチェーン分析企業であるニュートリノ(Neutrino)を買収したことがわかりました。この買収により今後どんな展開が予想されるのか?また、関連性の高いChainalysisについても解説します。
EOS(イオス)は7ヶ月間で260以上のアプリケーションが稼働、その理由とは?

EOS(イオス)は7ヶ月間で260以上のアプリケーションが稼働、その理由とは?

EOS(イオス)はメインネットがローンチして7ヶ月で少なくとも260以上のアプリケーションが存在するようです。そんなEOSを利用する理由として挙げられるスケーラブル・スピードが早い・手数料モデル・環境に優しいの4つについて解説。
ICEの決算発表会で説明されたバックト(Bakkt)について知っておくべきこと

ICEの決算発表会で説明されたバックト(Bakkt)について知っておくべきこと

ニューヨーク証券取引所の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)が2018Q4の決算説明会を行い、バックト(Bakkt)についての言及がありました。説明会で話された重要な点を振り返り、解説します。
仮想通貨の冬の時代(クリプトウィンター)、今回はこれまでと何が決定的に違うのか?

仮想通貨の冬の時代(クリプトウィンター)、今回はこれまでと何が決定的に違うのか?...

クリプトウィンターと呼ばれる長らく続くビットコイン(BTC)の下落相場は、これまでのそれと何が決定的に違うのか?仮想通貨が置かれていた過去の状況と、現在の金融当局や機関投資家の動きを踏まえて解説します。
暗号通貨・ブロックチェーン業界でオープンソースソフトウェアは非常に重要

暗号通貨・ブロックチェーン業界でオープンソースソフトウェアは非常に重要

暗号通貨やブロックチェーンの業界では、オープンソフトウェアは重要とされています。なぜ重要か?過去のオープンソースは、ソフトウェアの発展をどのくらい早めたか?等をふまえ、オープンソフトウェア企業のビジネスモデルを学ぶべき理由などを紹介します。
違法な画像がブロックチェーンに含まれる事件が発生、共有の問題点とは?

違法な画像がブロックチェーンに含まれる事件が発生、共有の問題点とは?

違法であると考えられる画像がブロックチェーン上に含まれる事象が発生。画像を直接ブロックチェーンに書き込みブロックチェーン上に保管されることにより、誰でも複製可能となる点など、ブロックチェーンで共有することによる問題点を解説します。
0x(ゼロエックス)のプロトコルでZRXトークンを用いてアップデートする投票がスタート

0x(ゼロエックス)のプロトコルでZRXトークンを用いてアップデートする投票がス...

0x(ゼロエックス)のプロトコルを、ZRXトークンを使ってアップデートをする投票がスタート。今回、ZEIP23として提案されたMultiAssetProxy (MAP) とは一体どういったものなのかを解説します。
ローンチ間近の日本発のブロックチェーンプロジェクト3社と2019年の動向予想~HashHub新年会より

日本発のブロックチェーンプロジェクト3社と2019年の動向予想~HashHub新...

HashHub新年会が1月24日に開催され、ブロックチェーンスタートアップによるパネルディスカッションが行われました。日本のスタートアップであるBlockBaseとdigglue、Neukindの事業と今後の動向について紹介します。
イランがステーブルコインを発行する目論見、国際金融と暗号通貨の動向を読み解く

イランがステーブルコインを発行する目論見、国際金融と暗号通貨の動向を読み解く

経済制裁を受けるイランは、国際銀行間通信協会(SWIFT)ネットワークも使用できず、国際金融から隔離され、法定通貨ペッグのステーブルコイン発行が噂されています。そんな状況をふまえ、国際金融と暗号通貨の動向を読み解きます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@