• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

HashHubコミュニティ

HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/
【HashHubとは?】
HashHubは、2018年4月に東晃慈(ヒガシコウジ)氏、平野淳也(ヒラノジュンヤ)氏、ビールよりこ氏が創業者となり、日本のブロックチェーン業界を今後さらに盛り上げるために起ち上げられた企業です。場所は本郷3丁目で東京大学に近い場所にあります。業務内容といしては、コワーキングスペースの貸し出し、自社スタジオでの開発、開発支援の3本柱となっています。

コワーキングスペースには、ブロックチェーンの未来を信じる方たちが集まり日々学習、開発を進めています。様々な個人、企業が参加しており、ディスカッションなどを行うことで、ワーキングスペース内で共同開発が進めらたりと技術さらに革新するための仕掛けが多数用意されています。

最近は、ブロックチェーンの学習プログラムにも力を入れており、ビジネス、技術の両側面からのコースがあります。仮想通貨・ブロックチェーンが注目される以前から、技術の素晴らしさを理解し誰も早くから学習してきたため、コースに参加することは、興味を持っている人には有益な講義になります。

HashHubコミュニティの記事一覧
HashHubコミュニティの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

エンタープライズブロックチェーン基盤の比較

エンタープライズブロックチェーン基盤の比較

ブロックチェーンと言えばビットコインが連想されがちですが、今回は企業による活用に注目します。エンタープライズ向けのブロックチェーンの種類と概要、さまざまな企業によるブロックチェーンの具体的な活用事例を紹介します。
急拡大するNFT×スポーツの世界

急拡大するNFT×スポーツの世界

バブルに突入したと言っても過言ではないNFT市場。そのなかでも注目される分野のひとつNFT×スポーツ。その先駆者的存在である「NBA Top Shot」の概要から、NFTがスポーツ業界で盛り上がる理由などについて紹介します。
DAppsやDeFiの新たなトレンド「マルチチェーン展開」とは?

DAppsやDeFiの新たなトレンド「マルチチェーン展開」とは?

複数のブロックチェーン上でアプリケーションを展開するマルチチェーン。最近のDApps(分散型のアプリケーション)やDeFi(分散型金融)でも新しいトレンドとなっている、マルチチェーンについて解説します。
1億円以上のデジタルアートが生まれたプロジェクト「Hashmasks」とは

1億円以上のデジタルアートが生まれたプロジェクト「Hashmasks」とは

2021年1月にスタートしたデジタルーアートのプロジェクト「Hashmasks」は、16,384個の似顔絵アートで、イーサリアム上でやり取りされるNFTです。1億円以上の価格でやりとりされるもの出ている同プロジェクトについて紹介します。
取引所のステーブルコイン残高を起点にビットコイン(BTC)の価格動向を予想する

取引所のステーブルコイン残高を起点にビットコイン(BTC)の価格動向を予想する

ビットコイン(BTC)などのパブリックブロックチェーンの特徴でもあるオンチェーンデータ。暗号資産の醍醐味であるこれらのデータを投資方針に活かす方法があります。今回はステーブルコイン残高に関して紹介します。
2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向

2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向

2021年3-4月上旬の暗号資産市場と世界の金融市場動向を振り返ります。最近は、暗号資産市場に伝統的な金融機関やファンドの参入が目立ってきており、株式市場をはじめ世界の金融市場もチェックすることが重要になってきています。
データで見るDeFi(分散型金融)、3月-4月の現状は?

データで見るDeFi(分散型金融)、3月-4月の現状は?

DeFi(分散型金融)の現状をデータで俯瞰します。2021年3月-4月上旬にかけてのDeFiの現状を数値で把握し、その規模感や成長スピードを理解を手助けする「TVL」などさまざまなデータをご紹介します。
「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

「給付金」とも例えられる暗号資産のエアドロップブームとは?

イーサリアム(Ethereum)上のDeFiプロトコルをはじめとしたプロジェクトによる暗号資産(トークン)のエアドロップの現状やその背景について紹介します。プロジェクトはどういった狙いでエアドロップを行うのでしょうか?
エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは?

エンジンコイン(ENJ)が推進するイーサリアムのトークン規格ERC-1155とは...

エンジンコイン(Enjin Coin)の開発チームによる独自のトークン規格「ERC-1155」。この「ERC-1155」の概要の説明から、具体的な利用例、金融分野にも拡大される例など、紹介していきます。
著名投資家のレイ・ダリオ氏が指摘するビットコイン(BTC)の最大のリスク

著名投資家のレイ・ダリオ氏が指摘するビットコイン(BTC)の最大のリスク

著名投資家のレイ・ダリオ(Ray Dalio)氏がビットコイン(BTC)に関わる見解を示したペーパーを1月に公開して話題になりました。同氏が指摘するビットコインの最大のリスクとは何なのか?その詳細などを紹介します。
SECのビットコインとイーサリアム以外の暗号資産カストディの方針、規制作りの上手さ

SECのビットコインとイーサリアム以外の暗号資産カストディの方針、規制作りの上手...

2020年12月に米証券取引委員会(SEC)が、証券取引法規則のデジタル資産証券への適用のために、デジタル資産証券のカストディに関する新しいガイドラインを発表しました。ここから見えるアメリカの規制作りの上手さについて紹介します。
長期債金利・GBTCプレミアムなどの指標から今のビットコイン市場をどう見るか?

長期債金利・GBTCプレミアムなどの指標から今のビットコイン市場をどう見るか?

2021年に入って暗号資産相場がさらなる盛り上がりをみせ、2月はさらに高値を更新しました。その一方でマーケットには過熱感も出ているという声もあります。そこでさまざまな指標からビットコイン市場を見ていきます。
コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

コインベース上場における短期的なビットコイン(BTC)市場への影響とは?

アメリカ最大の暗号資産取引所コインベース(Coinbase)がSECに上場目論見書(S-1)を提出。暗号資産業界が始まって以来、最大のIPOとなり業界への影響も大きいと考えられます。マーケットへの影響を考察します。
暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始める起業のススメ

暗号資産業界最大の独立系データプロバイダ「CoinGecko」創業者の小さく始め...

暗号資産業界最大の独立系データプロバイダであるCoinGecko(コインゲッコー)。仮想通貨に関する時価総額や価格、DeFi(分散型金融)などさまざまな情報を提供する同社が、どうやって成長したか、共同創業者による解説を紹介します。
DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンはファンダメンタルズ分析できる

DeFi(分散型金融)のガバナンストークンの価格が高騰しています。マーケットがDeFiの可能性に注目して、トークン価格も値上がりしている格好です。ガバナンストークンのファンダメンタルズ分析について紹介します。
米国内でのステーブルコインの取り扱いを定めるステーブルアクトとは?

米国内でのステーブルコインの取り扱いを定めるステーブルアクトとは?

アメリカでステーブルコインに関連する規制が議論を呼んでいます。今回は、通称ステーブルアクトと呼ばれている「ステーブルコイン追跡および銀行ライセンス強制法」について、その概要から業界からあがるは反対派の意見なども紹介します。
新規参入者がビットコイン(BTC)以外のアルトコインを購入する前に知っておくべき3つのこと

新規参入者がビットコイン(BTC)以外のアルトコインを購入する前に知っておくべき...

ビットコイン(BTC)の価格上昇にテレビCMが始まったりと、国内の仮想通貨市場にも新規参入者が増加傾向にあります。そこで今回は、新規参入者がビットコイン以外のアルトコインを購入する前に知っておくべき3つのことを紹介します。
Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

Binace Smart Chainの主要なプロジェクトを厳選して紹介

2020年9月に世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」がローンチしました。そんなBinance Smart Chainの主要なDeFi(分散型金融)プロジェクトについて解説します。
CMEがETH先物を上場、マーケットに与える影響とは?

CMEがETH先物を上場、マーケットに与える影響とは?

CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)が2月8日から、イーサリアム(ETH)の先物取引を開始する予定です。そこでCMEのETH先物の概要を紹介し、マーケットにどのような影響を与えるのか考察していきます。
イーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで解説

イーサリアムがいかに成長しているか8つのチャートで解説

2020年に価格面だけでなく、アプリケーションやユーザー数でも大きく成長したイーサリアム(Ethereum)。イーサリアムの成長に関してアドレスの数やステーブルコインの経済規模などさまざまなデータを使って解説します。
数値で見るBinance Smart Chain、新興ブロックチェーンはどれぐらい使われている?

数値で見るBinance Smart Chain、新興ブロックチェーンはどれぐら...

2020年にローンチした世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain」。ローンチから4ヶ月が経過した今、どれぐらい使われているのかその利用状況について数字から見ていきます。
暗号資産市場と世界の金融市場動向【2020年12月】

暗号資産市場と世界の金融市場動向【2020年12月】

これまで以上にマクロ市場の影響を受けるようになることが予想される仮想通貨市場。ビットコイン(BTC)を購入する機関投資家の多様化など、直近のマクロ市場の動向と、暗号資産市場への影響を関連付けて解説します。
Binance Smart Chainの拡大戦略を5つに整理

Binance Smart Chainの拡大戦略を5つに整理

昨年ローンチした、世界最大の取引所バイナンスによる新しいブロックチェーン「Binance Smart Chain(バイナンス・スマート・チェーン)」と、DeFi(分散型金融)拡大戦略を5つの要点に整理して紹介。
【2021年トレンド予想】DeFiはさらに成長する

【2021年トレンド予想】DeFiはさらに成長する

2020年に大いに盛り上がりを見せたイーサリアム(Ethereum)におけるDeFi(分散型金融)。2021年はどのような動きを見せるのでしょうか?イーサリアムの改良への期待など、DeFiがさらなる成長を遂げる要因を紹介します。
企業が取り組むブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化とは?

企業が取り組むブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化とは?

さまざまな業界でその活用方法が注目されているブロックチェーン。現在ではさまざまな企業が取り組みを開始しているブロックチェーンによる売掛債権の現金化・流動化について解説し、ブロックチェーンによるメリットを紹介します。
メガバンクも採用する貿易業務向けブロックチェーンの活用方法とは?

メガバンクも採用する貿易業務向けブロックチェーンの活用方法とは?

貿易金融との相性が良いことでも知られているブロックチェーン。日本でも三井住友銀行が企業向けの貿易業務のブロックチェーンに参画しています。そんな貿易業務におけるブロックチェーンの利用のされ方について解説します。
2020年を振り返る10の暗号資産のチャート

2020年を振り返る10の暗号資産のチャート

世界中が新型コロナウイルスに翻弄された2020年。暗号資産業界にとってどのような1年だったのでしょうか?ビットコイン(BTC)の価格の変動や記録的なETHのパフォーマンスなど10のチャートで2020年の暗号資産業界を振り返ります。
相次ぐDeFi(分散型金融)からの資金流出、その攻撃手法とはなにか?

相次ぐDeFi(分散型金融)からの資金流出、その攻撃手法とはなにか?

2020年に注目を集め順調に成長してきたDeFi(分散型金融)。約1兆4,000億円がイーサリアムのスマートコントラクトにロックされています。その一方で、資金流出も起きています。その攻撃方法などを解説します。
ブロックチェーンがもたらす全く新しい概念を3つのポイントで解説

ブロックチェーンがもたらす全く新しい概念を3つのポイントで解説

あらゆる産業のビジネスを変革すると期待されているブロックチェーン。2030年までに3兆ドル以上の価値を創出するとも言われています。ブロックチェーンが社会にもたらす大きな3つの変化について解説していきます。

DeFi=開発者を信用しなくてい良いはウソ!?Admin Keyリスクとは?

その勢いはとどまる事を知らないないDeFi(分散型金融)。特徴の1つとしてよくあげられるのが、DeFiはノンカストディであり取引所などを信用しなくても良いということです。しかしこれは正しいのでしょうか?
DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとはなにか

DeFi(分散型金融)のスマートコントラクトリスクとはなにか

その勢いが留まる気配を見せないDeFi(分散型金融)。約1兆6,000億円以上の資金がイーサリアムのスマートコントラクトにロックされています。今回は、DeFiのスマートコントラクトリスクについて考えていきます。
パブリックブロックチェーンはおもちゃとしてバトルテストされインフラへ

パブリックブロックチェーンはおもちゃとしてバトルテストされインフラへ

現在のパブリックブロックチェーンは暗号資産愛好家の「おもちゃ」と言っても過言ではありません。過去の事例同様に、「おもちゃ」という立場から世界変える技術へと変貌していくはずのブロックチェーンについて考察します。
ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨に

ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨に

急成長を遂げ注目される分散型金融(DeFi)。ETHは分散型金融でほとんどの取引を経由する基軸通貨になりつつあります。ETHが基軸通貨になりつつあること理解するための、分散型取引所やETHの将来的な役割についての観点を紹介します。
中国のデジタル人民元を解説、中央銀行発行デジタル通貨はどのように流通する?

中国のデジタル人民元を解説、中央銀行発行デジタル通貨はどのように流通する?

中国のデジタル人民元の開発が進んでいます。世界中の中央銀行もその開発を検討するなど一大テーマになりつつあるデジタル通貨(CBDC)。今回は、CBDCの開発をリードしている中国のデジタル人民元の基本概要を解説します。
2020年後半のビットコイン強気市場の中で機関投資家によるBTCの購入推移や関心を見る

2020年後半のビットコイン強気市場の中で機関投資家によるBTCの購入推移や関心...

強気市場が続くビットコイン(BTC)。この市況をふまえて、機関投資家のビットコインに対する関心や購入推移はどうなっているのでしょうか?グレイスケールとフィデリティが発表したレポートについて紹介します。
DeFi(分散型金融)に決定的に欠けている信用(クレジット)という概念

DeFi(分散型金融)に決定的に欠けている信用(クレジット)という概念

2020年の暗号資産業界で大きなトレンドとなったDeFi(分散型金融)。バブルとも呼ばれたDeFiですが、金融サービスとしてはまだまだ未完成であると言えます。DeFiに必要な信用(クレジット)という概念について考えていきます。
トークン化された不動産が取引できるプラットフォームREINNOとは?

トークン化された不動産が取引できるプラットフォームREINNOとは?

海外では不動産をブロックチェーン上でトークン化して取引するサービスが登場しています。ブロックチェーンによってその管理コストを圧縮されることが期待されています。そこで1つの例である、REINNOを紹介します。
分散型金融(DeFi)はメインストリームに成長しなくても何十倍もの伸びしろがある

分散型金融(DeFi)はメインストリームに成長しなくても何十倍もの伸びしろがある...

2020年の夏にブームに火がつきその市場が盛り上がったDeFi(分散型金融)。そんなDeFiがこれから先どれほど成長するのかについてはさまざまな予想があります。今回は、何十倍も成長するという主張を紹介します。
「Ethereum2.0はどのように利用されるか?」ハシーブ・クレシ氏による論考

「Ethereum2.0はどのように利用されるか?」ハシーブ・クレシ氏による論考...

分散型金融(DeFi)ブームの到来によって、トランザクション手数料が高騰しているイーサリアム(Ethereum)。Ethereum2.0はこの問題をどのように解決するのか?ハシーブ・クレシ氏の論考を紹介します。
DeFi(分散型金融)バブルはICOバブルとは何が異なるのか?

DeFi(分散型金融)バブルはICOバブルとは何が異なるのか?

2020年の暗号資産業界で大きなトレンドとも言えるDeFi(分散型金融)。その過熱ぶりは2017年のICOバブルが彷彿されるという声もあります。そこで、最近のDeFiの状況と2017年のICO市場とを比較、違いを解説していきます。
2020年に大きく成長したレンディングプラットフォームのAaveとは?

2020年に大きく成長したレンディングプラットフォームのAaveとは?

2020年に入ってから最も成長した分散型金融(DeFi)プロジェクトの一つであるAave。今回はこのAaveが、今年1月にローンチした経緯やプロジェクトの金利などの特徴や仕組みなどを紹介していきます。
Binance Smart Chainは分散型金融に標準、ユースケース拡大に期待

Binance Smart Chainは分散型金融に標準、ユースケース拡大に期待...

世界最大の取引所バイナンス(Binance)が、新しい独自のブロックチェーンであるBinance Smart Chainをローンチしました。スマートコントラクトも実行可能なBinance Smart Chainについて解説してきます。
ステーブルコインが一般的な決済手段に近しい形でより使いやすく、USDCがアップデート

ステーブルコインが一般的な決済手段に近しい形でより使いやすく、USDCがアップデ...

このほどステーブルコインのUSDCに関するアップデートが公開されました。そこで、ステーブルコインが抱えるユーザビリティの問題点を改め紹介するとともに、今回のUSDCに関するアップデートについて解説します。
イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム上で利用されるビットコイン(BTC)が急増、発行形態とシェアを解説

イーサリアム(Ethereum)上でビットコイン(BTC)を使用するケースが急速に増加しています。代表的な3つの手法を説明しながら、8月時点でのイーサリアム上のビットコインに関するデータと考察を紹介します。
高騰を続けるビットコイン(BTC)と株式市場、先行きにリスクはあるのか?

高騰を続けるビットコイン(BTC)と株式市場、先行きにリスクはあるのか?

ビットコイン(BTC)をはじめとした暗号資産市場の高騰。そして8月にはS&P500もナスダックが史上最高値を更新するなど株式市場も高騰が続いています。これから先の暗号資産市場と株式市場におけるリスクはどこにあるのか考えていきます。
コンセンシスが展開するスマートコントラクトのセキュリティ監査ツール MythXとは?

コンセンシスが展開するスマートコントラクトのセキュリティ監査ツール MythXと...

アメリカのブロックチェーン企業のコンセンシス(ConsenSys)はイーサリアムのエコシステムに大きく関わっていることで知られています。そんな同社が展開しているスマートコントラクトのセキュリティツールをMythXについて紹介します。
イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンで小口化された不動産を買えるRealTとは?

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンで小口化された不動産を買えるR...

イーサリアム(Ethereum)のパブリックブロックチェーン上で不動産をトークン化して取引可能にしているプロジェクト「RealT」を紹介します。とんどの不動産の最低投資金額は100ドル未満で、トークン保有者は家賃収入を得ることがきでます。
DeFi(分散型金融)で投機が集まるプロジェクトAmpleforth(AMPL)とは何か

DeFi(分散型金融)で投機が集まるプロジェクトAmpleforth(AMPL)...

このほど注目が集まっている2019年7月にローンチしたDeFi(分散型金融)プロジェクトAmpleforth。注目集める理由は投機的なものですが、そのプロジェクトの仕組みを学ぶ価値があるので解説します。
インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

インフレのヘッジとして買われるビットコインとゴールド、リスクシナリオは?

ここ最近、インフレーションに対するヘッジ資産として、ビットコイン(BTC)やゴールドは強気相場が続いています。暗号資産の投資家とっては嬉しい状況ですが、このトレンドにおけるリスクの可能性を考えていきます。
分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリース、積極的に開発を進行

分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリース、積極的に開発を進行

分散型予測市場のオーガー(Augur)のv2がリリースされました。イーサリアム(Ethereum)関連のプロジェクトのなかでも比較的初期から存在するオーガーと、今回のアップデートについて解説していきます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのTelegram