• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

HashHubコミュニティ

HashHubコミュニティ
HashHubは、ブロックチェーン関連のサービス開発、コンサルティング、業界の起業家・開発者にコワーキングスペースを提供するブロックチェーン総合企業です。コインチョイスでは、HashHub Comunityとして、HashHub社員やコミュニティメンバーから多彩なコラムをお届けします。公式サイトはこちら:https://hashhub.tokyo/
【HashHubとは?】
HashHubは、2018年4月に東晃慈(ヒガシコウジ)氏、平野淳也(ヒラノジュンヤ)氏、ビールよりこ氏が創業者となり、日本のブロックチェーン業界を今後さらに盛り上げるために起ち上げられた企業です。場所は本郷3丁目で東京大学に近い場所にあります。業務内容といしては、コワーキングスペースの貸し出し、自社スタジオでの開発、開発支援の3本柱となっています。

コワーキングスペースには、ブロックチェーンの未来を信じる方たちが集まり日々学習、開発を進めています。様々な個人、企業が参加しており、ディスカッションなどを行うことで、ワーキングスペース内で共同開発が進めらたりと技術さらに革新するための仕掛けが多数用意されています。

最近は、ブロックチェーンの学習プログラムにも力を入れており、ビジネス、技術の両側面からのコースがあります。仮想通貨・ブロックチェーンが注目される以前から、技術の素晴らしさを理解し誰も早くから学習してきたため、コースに参加することは、興味を持っている人には有益な講義になります。

HashHubコミュニティの記事一覧
HashHubコミュニティの仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべきこと

ブロックチェーンプロジェクトを調べると耳にする「VC」と個人投資家が知っておくべ...

仮想通貨とブロックチェーンプロジェクトについてリサーチすると耳にする「VC(ベンチャーキャピタル)」。業界におけるVCの概要と役割とは?そしてVCを理解した上で個人投資家はどのようなことを考えるべきかを紹介します。
Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実が重要な理由

Web3時代のGithHubを目指すTerminalがローンチ、開発ツールの充実...

分散型アプリケーション(DApps)開発に最適化された新しい開発者プラットフォームを作るプロジェクトのターミナル(Terminal)がローンチ。その特徴となぜ非開発者にとっても開発ツールが重要かを紹介します。
リブラ(Libra)の動きに乗じたサードパーティー企業の動き、ビジネスチャンスにするには?

リブラ(Libra)の動きに乗じたサードパーティー企業の動き、ビジネスチャンスに...

Facebookがイニシアチブをとるリブラ(Libra)プロジェクト。その話題性と注目度からブロックチェーン業界にも大きなトピックとなり、さまざまな企業がLibraに合わせた動きをみせています。その事例を紹介します。
Facebookの「リブラ」ローンチが後ろ倒し、イーサリアム上でローンチすべきだったと意見も

Facebookの「リブラ」ローンチが後ろ倒し、イーサリアム上でローンチすべきだ...

Facebookが主導する仮想通貨プロジェクトの「リブラ(Libra)」のローンチが後ろ倒しされるとの報道がありました。大手仮想通貨取引所の元CTOの、イーサリアムでローンチすべきだったとの意見を考察します。
ベネズエラが中央銀行のバランスシートにビットコインを組み入れ検討、BTCの長期的価値とは?

ベネズエラが中央銀行のバランスシートにビットコインを組み入れ検討、BTCの長期的...

ベネズエラの中央銀行がバランスシートにビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の組入を検討していることが報道されました。なぜベネズエラは仮想通貨の組入を検討しているのか?ビットコインの長期的価値とは?
次のBinanceやBitMEXを目指す有力な新しい3つの仮想通貨取引所

次のBinanceやBitMEXを目指す有力な新しい3つの仮想通貨取引所

その規模や立ち位置で仮想通貨業界をけん引するバイナンス(Binance)やビットメックス(BitMEX)。今回はこれらの取引所に追い付こうとする有力な3つの仮想通貨取引所を紹介。新興勢力の第3世代の取引所とは?

ブラウザへの導入でコスモス(COSMOS)の利便性を向上させるツールがリリース

コスモス(COSMOS)に、SafariやGoogle Chromeに導入するだけで利便性を向上させるツールがリリースされました。これによりCOSMOSを利用したアプリケーションなどとの連携が強まり、更なる用途が期待できそうです。
DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが1億円以上の資金調達

DAppsリスティングサイトに投資集まる、DApp.comとDAppRaderが...

分散型アプリケーション(DApps)のリスティングサイトとして知られるダップドットコム(Dapp.com)やダップレーダー(DsppRadar)がそれぞれ1億円以上の資金調達したことを発表した。サイトの動向を考察します。
暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

暗号通貨・ブロックチェーン業界の開発者の2019年上半期の動向まとめ

エレクトリック・キャピタル(Electric Capital)がこのほど、ここ最近の仮想通貨・ブロックチェーン業界の開発者数の推移に関するレポートを発表しました。さまざまな指標があるなかでも主要な要素について紹介します。
メッセージベースのOTC取引プラットフォームのパラダイム(Paradigm)とは?

メッセージベースのOTC取引プラットフォームのパラダイム(Paradigm)とは...

パラダイム(Paradigm)というメッセージベースのOTC取引インターフェイスがリリースされました。チャットで売買したい暗号通貨を募集し、合意内容がそのまま取引所で実行されるそうです。特徴を紹介します。
ライトニングネットワークのアプリケーションストアが登場、多く生まれるLAppsとは?

ライトニングネットワークのアプリケーションストアが登場、多く生まれるLAppsと...

ビットコイン(BTC)のセカンドレイヤー技術として知られるライトニングネットワーク(Lightning Network)。その技術を利用したアプリケーションが次々と誕生し、アプリストアも登場しました。
世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、最近の注目すべき動向を整理

世界最大の仮想通貨取引所バイナンス、最近の注目すべき動向を整理

世界最大級の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)は創業からとても早いスピードでさまざまな機能を追加してきました。そんなバイナンスが2019年8月から9月にかけて発表した新たな動きをまとめて紹介します。
アメリカ進出の準備が進むバイナンス、BNBホルダーのリスクは?

アメリカ進出の準備が進むバイナンス、BNBホルダーのリスクは?

世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が9月7日、数週間以内にアメリカの取引所をオープンすることを発表。バイナンスUSの体制やアメリカ国内の規制の関係、そしてBNBを保有者が考慮すべきリスクを紹介します。
イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークションが開始

イーサリアムネームサービス(ENS)とは?OpenSeaで英個人名のオークション...

イーサリアム(Ethereum)のブロックチェーンにけるDNSのようなイーサリアムネームサービス(ENS)が開発された背景と概要を解説し、OpenSeaで実施されたENSのオークションについて紹介します。
ベルリンのブロックチェーンウィーク中のハッカソンで開発されたアイデア5選

ベルリンのブロックチェーンウィーク中のハッカソンで開発されたアイデア5選

8月にベルリンで開催されたブロックチェーンウィークではさまざまなイベント催さました。今回は700人の開発者が集まった大規模ハッカソンのEthBerlinで開発されたアイディアのなかから5つを紹介していきます。
コスモスが8月に達成したマイルストーン、COSMOS HUBの次期アップデートは9月15日に

コスモスが8月に達成したマイルストーン、COSMOS HUBの次期アップデートは...

ブロックチェーンのインターオペラビリティを可能にするプロジェクトとして注目を集めるコスモス(COSMOS)の8月の状況概観とCOSMOS HUBの時期アップデートなど今後のロードマップについて紹介します。
プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の発明から今までの歴史

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の発明から今までの歴史

プルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用したトークン・ブロックチェーンが目立つようになってきた2019年。最初のPoSを採用した暗号通貨は2012年にリリースされています。そこで改めてPoSの歴史を振り返ります。
金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラを目指すFindoraとは?

金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラを目指すFindoraとは?

DeFi(分散型金融)や金融ブロックチェーンアプリケーションのインフラストラクチャーを目指すFindora。Coinbaseの元CTOやスタンフォード、MITの教授も参加しているこのプロジェクトについて解説します。
KeepとSummaがクロスチェーンのワーキンググループを発表、トラストレスなビットコインとイーサリアムのブリッジを目指す

KeepとSummaがクロスチェーンのワーキンググループを発表、トラストレスなビ...

キープ(Keep)とスンマ(Summa)がクロスチェーンのワーキンググループを発表。WBTCのようにカストディがある形式ではない方法でビットコインをイーサリアム上に持ち込むことを目指します。tBTCについて紹介します。
SIMカードがウォレットのように機能するTelx、買うべき?使用シーンは?

SIMカードがウォレットのように機能するTelx、買うべき?使用シーンは?

ウォレットのように機能するSIMカード「TELX」が発売され注目を集めています。対応する通貨はビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)など5種類で、電話番号のみで仮想通貨も送信できるというこのTELXについて解説します。
IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を行う取引所・プラットフォームのまとめ

IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)を行う取引所・プラットフォーム...

2019年にメジャーな資金調達方法となったIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)。バイナンス(Binance)をはじめ、世界中の主要なIEOを行う取引所・プラットフォーム、そしてIEOをプロジェクトを紹介します。
コインベースが150倍レバレッジ取引所の出資ラウンドに参加、オフショアに出資する理由とは?

コインベースが150倍レバレッジ取引所の出資ラウンドに参加、オフショアに出資する...

アメリカ最大手仮想通貨取引所のコインベース(Coinbase)が150倍レバレッジの取引所ブレード(BLADE)に出資していたことが明らかになりました。今回の事例から、アメリカの事業者がオフショアの取引所に出資する理由を考察します。
PoSトークンのステーキングをするユーザーの実態とは?アンケート調査が発表

PoSトークンのステーキングをするユーザーの実態とは?アンケート調査が発表

このほどStakingrewords.comによるPoSトークンのステーキングをするユーザーを対象にした調査結果が公表されました。バリデータプールを選ぶ際に重視していることや、ガバナンスへの参加意思などが明らかになりました。
コスモス(COSMOS)をベースにしたブロックチェーン開発で新しい言語が利用可能に

コスモス(COSMOS)をベースにしたブロックチェーン開発で新しい言語が利用可能...

アプリケーション開発者が独自ブロックチェーンを作ることができるフレームワークのCOSMOS SDKで新しい言語が利用可能になりました。追加された3つの言語の特徴と開発フレームワークの競争を紹介します。

ビットコイン(BTC)のオープンソース開発を持続的に行うための取り組み

ビットコイン(BTC)はオープンソースプロジェクトであり、誰でも開発が可能です。しかし、オープンソース開発では金銭が発生せず、開発者への給与等はありません。その問題を解決する取り組みが、昨今では見受けられるようになりました。
イーサリアムのプライバシーレイヤー構築を目論むKeep Networkとは?

イーサリアムのプライバシーレイヤー構築を目論むKeep Networkとは?

全ての取引情報が台帳に公開されているビットコインやイーサリアムをはじめとしたパブリックブロックチェーン。そこでイーサリアムのプライバシーレイヤーの構築を目論むキープ・ネットワーク(Keep Network)について紹介します。
資金調達手段としてメジャーになったIEO、その市場規模と状況とは?

資金調達手段としてメジャーになったIEO、その市場規模と状況とは?

ICOに代わる新しい資金調達の形式として浸透した取引所によるIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)について、ユーザーを含むそれぞれの立場からのメリットや市場規模、現在の状況などを解説します。

ブロックチェーン版Google?DApps開発も可能な「Nebulas」の真価

中国版イーサリアム(Ethereum)と呼ばれたNEOの共同創業者が、新たなプロジェクトを立ち上げていました。検索エンジンとDApps開発のプラットフォームを兼ね備えた「ネビュラス(Nebulas)」の概要を解説します。
コインベースがトークン8銘柄を上場検討、アカウントを通してステーキングする日も?

コインベースがトークン8銘柄を上場検討、アカウントを通してステーキングする日も?...

米国最大の取引所のコインベース(Coinbase)が8つのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)形式のトークンの上場を検討していることが明らかになりました。最近のPoSトークンの市場規模やコインベースの狙いなどを紹介します。
メタマスク(Metamask)モバイル版のパブリックベータが公開、解説&レビュー

メタマスク(Metamask)モバイル版のパブリックベータが公開、解説&レビュー...

イーサリアム(Ethereum)で最も広く利用されるブラウザウォレットのメタマスク(Metamask)がモバイル版のベータ版を公開。モバイル版メタマスクの特徴をはじめ、その機能や利用してみた感想を紹介します。
アンケートに答えて500円分のビットコイン(BTC)がもらえる!HashHubとマクロミルが実証実験

アンケートに答えて500円分のビットコイン(BTC)がもらえる!HashHubと...

HashHubとマクロミルが共同でライトニングネットワークを利用した実証実験の開始を発表しました。アンケートに回答することで、500円相当のビットコイン(BTC)がもらえるキャンペーンを実施している。
仮想通貨「IOST」をモバイルアプリからステーキングして報酬を得る方法

仮想通貨「IOST」をモバイルアプリからステーキングして報酬を得る方法

トークンの保有量でブロックを生成する人を決め、選ばれた人がブロックを生成し報酬であるトークンを得る仕組みのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。今回は、IOSTについてモバイルアプリからステーキングする方法を紹介します。
ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法

ビットコイン(BTC)先物を利用して低リスクでアービトラージによる利益を得る手法...

ビットコイン(BTC)にはいくつかの先物市場があります。そもそもビットコインの先物取引とは?というところから、先物を利用したアービトラージ(裁定取引)でリスクを抑えて利益を得る方法を順番に解説していきます。
仮想通貨で金利を得る?Tezos(テゾス)をウォレットからステーキングして報酬を得る方法

仮想通貨で金利を得る?Tezos(テゾス)をウォレットからステーキングして報酬を...

トークンの保有量でブロックを生成する人を決め、生成したひとが報酬をもらう仕組みのPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。今回は、テゾス(Tezos)を例に間接的にステーキングに参加できる方法を紹介します。
コスモス(ATOM)をステーキングをして毎日報酬をもらう方法【Ledger編】

コスモス(ATOM)をステーキングをして毎日報酬をもらう方法【Ledger編】

トークンの保有量などで次のブロックを生成する人を決めるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)が採用され、今注目を集めているプロジェクトの1つCosmos。Ledgerを使って少数からでもステーキングに参加する方法を紹介します。
仮想通貨支払いをする人に便利な請求書発行ツール「Cryptofi」とは?

仮想通貨支払いをする人に便利な請求書発行ツール「Cryptofi」とは?

仮想通貨の送金コストは安価で、これまで手数料が高かった国境を超えた送金の際に利用するケースもあります。しかし、レートや数量などの問題があります。今回はそんな仮想通貨支払い問題を解決する「Cryptofi」を紹介します。
コスモス(Cosmos)のコンセンサスアルゴリズムTendermintはどのように機能するか

コスモス(Cosmos)のコンセンサスアルゴリズムTendermintはどのよう...

Cosmos HUBのブロックチェーンが稼働するテンダーミント(Tendermint)について解説します。100のバリデーターが交代しながら行う提案などブロックが構築される手順や今後の動きなどについて紹介。
「ブロックチェーンのインターネット」を実現するコスモス(COSMOS)を簡単解説

「ブロックチェーンのインターネット」を実現するコスモス(COSMOS)を簡単解説...

長年ブロックチェーンコミュニティーで注目されていたプロジェクトのコスモス(COSMOS)。ブロックチェーンの相互運用を実現すると期待されている同プロジェクトとトークンのATOMについて簡単に解説していきます。
グローバルとローカルで進むセキュリティトークンの開発について

グローバルとローカルで進むセキュリティトークンの開発について

ブロックチェーン業界でも大きなテーマの1つであるセキュリティトークン(Security token)。最近のトレンドの1つでもあるローカルでの密連携とグローバルでも進む開発の例などをあわせて紹介していきます。
大手マイニング企業ビットメイン(Bitmain)共同創業者が創業した新たなスタートアップとは?

大手マイニング企業ビットメイン(Bitmain)共同創業者が創業した新たなスター...

世界最大の仮想通貨マイニング企業として知られるビットメイン(Bitmain)の共同創業者で元CEOのジハン・ウー(Jihan Wu)が始めた新しいスタートアップのマトリックスポート(Matrixport)について解説します。
イーサリアムコミュニティで話題のProgrammable Money(お金がプログラム可能になる)とは?

イーサリアムコミュニティで話題のProgrammable Money(お金がプロ...

イーサリアム(Ethereum)コミュニティでよく聞かれるProgrammable Money(プログラム可能なお金)という言葉について解説していきます。その面白さとともに、アプリケーションのPool Togetherを紹介。
Facebookの仮想通貨リブラのプロジェクトリーダーのインタビューから読み取れる3つのこと

Facebookの仮想通貨リブラのプロジェクトリーダーの発言から読み取れる3つの...

発表から賛否両論が巻き起こるFacebookが主導する仮想通貨のリブラ(Libra)。プロジェクトをリードするデイヴィッド・マーカス(David Marcus)氏の経歴と発言から読み取れる3つのことを紹介します。
アメリカの暗号通貨ユーザーの実態とは?コインベースが調査結果を発表

アメリカの暗号通貨ユーザーの実態とは?コインベースが調査結果を発表

アメリカの主要な取引所の1つであるコインベース(Coinbase)が6月28日、同国における暗号通貨の普及に関する調査を行い結果を発表しました。世界最大の市場であるアメリカにおける暗号通貨ユーザーの実態とは?
イーサリアム(ETH)全供給量の1%以上がEdgewareにロックアップ、EDGトークンを手に入れる方法とは?

イーサリアム(ETH)全供給量の1%以上がEdgewareにロックアップ、EDG...

イーサリアム(Ethereum)のネットワークでコントラクトアドレスにロックアップされているETHが供給量の3%に到達。その中でも最近になって急激に伸びているエッジウェア(Edgeware)のロックドロップについて紹介します。
ビットコイン(BTC)の価格上昇に影響を与えた5大ニュース

ビットコイン(BTC)の価格上昇に影響を与えた5大ニュース

6月に一時その価格が150万円近くまで到達したビットコイン(BTC)。価格の上昇に関して特定の要因を断言することは難しいですが、今回のビットコイン価格の急騰に影響を与えたであろう5つのニュースを紹介します。
FATFが発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知るべきこと

FATFが発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知るべきこ...

FATF(金融活動作業部会)が6月に発表した暗号通貨の規制に対する解釈ノート・ガイダンスについて知っておくべきことをまとめて解説します。また同ガイダンスに集まる批判や専門家による批判に対する指摘なども紹介します。
【後編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケースまとめ

【後編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケ...

最も主要な取引所トークンであるBNBがどのようなユースケースがあるのかまとめて紹介します。仮想通貨取引所のバイナンス(BInane)での取引手数料の割引やVIPアカウント制度、その他の優遇制度までを解説します。
【前編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケースまとめ

【前編】バイナンス(Binance)のトークンBNBの2019年時点でのユースケ...

世界大手の仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が発行するトークンのBNBは、2018年ごろから話題になり今年に入り価格が上昇し続けています。このBNBはどのようなユースケースがあるのかをまとめて紹介します。
ブロックチェーン業界におけるオープンソースプロジェクトの資金調達方法

ブロックチェーン業界におけるオープンソースプロジェクトの資金調達方法

イーサリアム(Ethereum)コミュニティで話題となっているオープンソースプロジェクトの資金調達について解説します。これら開発者の報酬問題を解決にアプローチするさまざまなプロジェクトや提案を紹介します。

分散型取引所(DEX)の取引性能を向上するStarkDEXのテストネットが公開

分散型取引所(DEX)が最近では多く出てきたものの、その処理速度が問題で、肝心の取引量は多くないのが現状です。その問題を解決するプロジェクトが、テストネットを公開しました。これからDEXはより実用的になっていくと思われます。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@