ビットコイン(BTC)

ビットコイン(BTC) 相場チャート


ビットコイン リアルタイムレートへ

ビットコインとは?

ビットコインは、世界で初めての仮想/暗号通貨です。ビットコインの取引データは、中央機関による一元管理ではなく、P2Pネットワークに存在する、複数のノード(端末)によって、分散的に記録されています。このような仕組みを、ブロックチェーンと呼びます。

ブロックチェーンは、分散化された台帳のような役割を持ちます。つまり、数百から数千の取引データをまとめたブロック(1MB)を、ネットワーク参加者で承認して、1本の鎖のような形(チェーン)にして、それをノード間で共有します。誰でも取引記録を閲覧でき、データが分散されているため、セキュリティに優れているシステムだといえます。

前述したようにビットコインの取引は、ネットワーク参加者により承認されることで、成立します。この仕組みを、マイニング(採掘)と呼びます。詳細は割愛しますが、簡単に概要だけ説明します。ビットコインのマイニングは、10分ごとに行われる計算問題のようなものです。そして、最も早く問題の答えを見つけたノードにだけ、報酬としてビットコインが新規発行されます。

ビットコインはどのように開発された?

ビットコインは、2008年11月にSathoshi Nakamotoという謎の人物が発表した「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文に興味を示した人々により、オープンソースで開発された仮想/暗号通貨です。現在の開発は、Bitcoin Coreと呼ばれる人たちによって行われています。ここで、ビットコインは中央機関を持たないシステムだったのではないかと考える人も多いでしょう。確かに、仕様を変更できるのは、Bitcoin Coreだけですが、BIP(Bitcoin Improvement Proposals)という「改善提案」は誰でも提出できます。BIPを元に、議論が生まれ、開発の方向性が変わることもあります。そのため、Bitcoin Coreが中央機関かというと必ずしもそうではないのです。

ビットコインの今後

ビットコインは、スケーラビリティ問題を解決することが求められるでしょう。スケーラビリティ問題とは、取引量の増加による、手数料の高騰と取引速度の遅延のことです。ブロックサイズの増加など、オンチェーンのスケーリングでは、大幅な改善が難しいといわれています。そのため、ライトニングネットワークなどのオフチェーン技術を実装していく必要があります。現状、ビットコインは全く実用的ではなく、投機対象です。よって、ライトコインやビットコインキャッシュなどが実用面を強みに、台頭してくる可能性があります。2018年は、ビットコインの価値を再評価する年になりそうです。

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネジャー?

ビットコイン(BTC)価格の急騰・急落で儲けたのはヘッジファンドマネージャー?

2018年1月から2月にかけて急騰と急落劇を起こしたビットコイン(BTC)。今回の価格上下変動で設けていたのはヘッジファンドマネージャー?と考えられる記事がありフリージャーナリストの長瀬氏がその内容を解説しています。
ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

ビットコイン(BTC)暴落は今後も起こりうるのか?過去データから予測できること

2018年2月に入り起きたビットコイン(BTC)大暴落。今後も暴落は起こりうることなのか?ボリ平さんが非常に興味深い過去のビットコイン(BTC)暴落データから読み取れること、今後のビットコインの展望について解説していただきました。
ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

ビットコイン(BTC)反発!価格上昇の目安をかんたんに見る方法とは?

先週急落したビットコイン(BTC)は現在、価格は78.6%のところまで反発してきています。価格は下落もあれば上昇もあります。投資家の方々はもうそろそろかも…と、上昇予想をたてるようです。では、どうやったらその目安がわかるのでしょうか?
ビットコイン100万円台回復

11日ぶりにビットコイン100万円台に回復

ビットコインの価格が11日ぶりに100万円台に回復した。一時65万円まで値を下げた場面もあったが、徐々に回復してきた形だ。今後の推移に関して、注視していきいたい。
ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

【2018年1月16日の悪夢】ビットコイン(BTC)価格の暴落劇を振り返る

ビットコインの暴落劇を振り返ります。様々な要因がありますが、本記事では、中国の取引所規制強化問題、韓国の仮想通貨全面禁止の噂、コインチェックのNEM流出事件などを振り返りわかりやすく説明していくものになっています。
仮想通貨市場は値固めへ?底堅さの印象ビットコイン(BTC)週末戦略

仮想通貨市場は値固めへ?底堅さの印象ビットコイン(BTC)週末戦略

先週は株価、仮想通貨市場ともに急落が続きましたが、現在は落ち着きを取り戻してきたもよう。本日はひろぴーさんの交雑による、ビットコイン(BTC)&リップル(XRP)の週末戦略を公開します!
Tetherの時価総額から考えるビットコインの価格変化

テザー(Tether・USDT)の時価総額から考えるビットコインの価格変化

ビットコインとテザー(Tether・USDT)問題に関して、Tetherの時価総額などから、数値を算出し、どのような動きをしていたかを考察する記事内容です。本日ビットコインは、80万円台まで回復しましたが、依然大きなボラティリティがあるので、投資家の皆様は注意が必要です。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
中国が仮想通貨と決別の動きー市場に大きな影響を及ぼすって本当?

中国マイニング規制:仮想通貨と決別の動きは市場に影響を及ぼすのか?

2017年末~2018年始の下落はBTC採掘量の約80%を占める中国が1月10日にマイニング規制を発表が要因の一つではと言われています。こういった中国の仮想通貨決別の動きは市場に影響を及ぼすのでしょうか?フリージャーナリスト長瀬氏の見解を公開します。
TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)へのアプローチとは?

TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)への...

Twitter創業者のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏がビットコインをサポートすることを発表しました。Facebookが仮想通貨関連の広告する方針とは正反対のアプローチとのことで、非常に関心が高まっている。

ビットコイン(BTC) 相場チャート


ビットコイン リアルタイムレートへ

ビットコインとは?

ビットコインは、世界で初めての仮想/暗号通貨です。ビットコインの取引データは、中央機関による一元管理ではなく、P2Pネットワークに存在する、複数のノード(端末)によって、分散的に記録されています。このような仕組みを、ブロックチェーンと呼びます。

ブロックチェーンは、分散化された台帳のような役割を持ちます。つまり、数百から数千の取引データをまとめたブロック(1MB)を、ネットワーク参加者で承認して、1本の鎖のような形(チェーン)にして、それをノード間で共有します。誰でも取引記録を閲覧でき、データが分散されているため、セキュリティに優れているシステムだといえます。

前述したようにビットコインの取引は、ネットワーク参加者により承認されることで、成立します。この仕組みを、マイニング(採掘)と呼びます。詳細は割愛しますが、簡単に概要だけ説明します。ビットコインのマイニングは、10分ごとに行われる計算問題のようなものです。そして、最も早く問題の答えを見つけたノードにだけ、報酬としてビットコインが新規発行されます。

ビットコインはどのように開発された?

ビットコインは、2008年11月にSathoshi Nakamotoという謎の人物が発表した「Bitcoin: A Peer-to-Peer Electronic Cash System」という論文に興味を示した人々により、オープンソースで開発された仮想/暗号通貨です。現在の開発は、Bitcoin Coreと呼ばれる人たちによって行われています。ここで、ビットコインは中央機関を持たないシステムだったのではないかと考える人も多いでしょう。確かに、仕様を変更できるのは、Bitcoin Coreだけですが、BIP(Bitcoin Improvement Proposals)という「改善提案」は誰でも提出できます。BIPを元に、議論が生まれ、開発の方向性が変わることもあります。そのため、Bitcoin Coreが中央機関かというと必ずしもそうではないのです。

ビットコインの今後

ビットコインは、スケーラビリティ問題を解決することが求められるでしょう。スケーラビリティ問題とは、取引量の増加による、手数料の高騰と取引速度の遅延のことです。ブロックサイズの増加など、オンチェーンのスケーリングでは、大幅な改善が難しいといわれています。そのため、ライトニングネットワークなどのオフチェーン技術を実装していく必要があります。現状、ビットコインは全く実用的ではなく、投機対象です。よって、ライトコインやビットコインキャッシュなどが実用面を強みに、台頭してくる可能性があります。2018年は、ビットコインの価値を再評価する年になりそうです。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@