34ページ目 | ビットコインの価格/相場/チャート:取引所別一覧

平均購入額
平均売却額
取引所(現物) ビットコイン購入 ビットコイン売却 スプレッド
24時間の取引高
DeCurret
-
CoinCheck
BTC
BINANCE
BTC
ビットバンク
BTC
GMOコイン
BTC
Huobi Japan
BTC
Liquid by Quoine
BTC
BitMEX
BTC
BITPoint
BTC
Zaif
BTC
BTCBOX
BTC
bitFlyer
BTC
優位なアービトラージ
購入 :
売却 :
差額
取引所(FX・レバレッジ) 買値 売値 スプレッド
24時間の取引高
DeCurret(FX)
-
bitFlyer(FX)
FX_BTC
GMOコイン(FX)
FX_BTC
※価格・相場情報は、各取引所のAPIを利用し表示しています。サーバー負荷の関係でレート反映が遅れる場合があります。JPYでの取扱いが無い仮想通貨に関しては、レートを掛け合わせることで値として表示しています。正確な価格は必ず各取引所のサイトにてご確認ください。

ビットコイン(BTC) 半減期カウントダウン

半減期まであと
時間
現在のブロック
半減期までのブロック数

ビットコイン(BTC) 相場チャート

時間別価格変動率とテクニカル分析

1時間
24時間
7日
14日
30日
1年
価格変動率(%)

ビットコイン(BTC)の概要

特徴 ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人が考えた仮想通貨です。最初のブロックはジェネシスブロックと言われており、今現在も約10分おきにブロックが生成され、連鎖しているプロトコル(仕組み)です。また、特定の管理者がおらず、ビットコインネットワークに参加している人同士が、相互に信用することなく、自律的に信用に足る取引が出来るという特徴があります。
通貨名 Bitcoin 日本語通貨名 ビットコイン
シンボル BTC 時価総額 約181,300億円
公開日時 2009/01/03 アルゴリズム SHA256
発行上限 2100万 マイニング方式 PoW
中央管理者 なし 創設者 Satoshi Nakamoto
Web https://bitcoin.org/
Twitter https://twitter.com/bitcoin
ホワイトペーパー https://bitcoin.org/bitcoin.pdf

ビットコイン(BTC)の記事一覧
ビットコイン(BTC)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

ビットコイン(BTC)価格動向に影響を及ぼす現在のファンダメンタルズ整理・今後の見通しとは?

ビットコイン(BTC)価格動向に影響を及ぼす現在のファンダメンタルズ整理・今後の...

ビットコイン(BTC)価格は、4月二週目あたりから上昇トレンドが回復した形となっています。このような相場となったのは様々な要因があると思いますが、今回はビットコイン(BTC)価格の動向に影響を及ぼしているファンダメンタルズを整理しました。
仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?!

仮想通貨市場は堅調に推移、今月中にビットコイン(BTC)100万円タッチなるか?...

仮想通貨相場はじわじわ上昇傾向。ビットコイン(BTC)始めイーサリアム(ETH)やビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)なども上向きに推移を始めているようです。週末はどんな相場になるのか?BTCとETHのチャート分析を行いました。
ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じるなら、ホールドは非論理的なのか…!?

ビットコイン(BTC)価値の上昇を信じる方は必読!ビットコイン(BTC)価値が上昇するのならば、長期的にみると全体の出費を抑えることが可能となります。それは一体何故なのでしょうか?例を混じえて解説します。
SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が解決

SegWit(セグウィット)採用により、ビットコイン(BTC)取引手数料の問題が...

大手仮想通貨取引所であるBitfinex(ビットフィネックス)とGDAX(ジーダックス)が最近になりSegWit(セグウィット)を採用し、ビットコインの取引手数料が元の水準まで下がってきたという。両社の今後の取り組み(方針)を紹介。
ビットコイン(BTC)の価格反騰きっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説

ビットコイン(BTC)価格反騰のきっかけとは?弱気市場の底は6500ドルだった説...

ビットコイン(BTC)価格は2018年4月12日頃から5日間連続で8000ドルを超えるまで反騰してきている。仮想通貨コミュニティーでは以前よりBTCの底値は6500ドル説が流れていた。その理由は一体何なのだろうか?最近の動きについて解説します。
ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を開始

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がワシントンDCへの導入を...

ビットコインATMネットワーク「CoinSource」がアメリカの首都ワシントンDCにネットワーク規模を拡大しようとしていることがわかった。同社は米国の19州でサービスを提供しており、こういった取り組みがBTC普及につながっているといえる。
ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

ビットコイン(BTC)はいよいよトレンド転換か?相場のポイントを解説

2018年2月以降、下落トレンドを続けていた仮想通貨相場(ビットコインを含む)ですが、ついに先日ビットコイン相場に変化が。上昇トレンドを描き始め一気に雰囲気が変わりました。今後の相場予測・見通しをボリ平さんにEMAを使って解説していただきました。
イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン容認!?BTCは大陽線出現で上昇トレンド再開か?

イスラム法でビットコイン(BTC)が容認されたとの情報があり、ビットコイン価格が上昇しています。またリップル(XRP)も海外送金アプリが運用開始とのポジティブニュースも入ってきており、週末は久しぶりに仮想通貨市場が活発になるかもしれません。
ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から考察する

ビットコイン(BTC)相場の下落は必然だったのか?仮想通貨市場の崩壊を複数の視点...

2018年の1月~3月にかけての仮想通貨市場の下落は記憶に新しく、ビットコインは軒並み下落をして被害を受けた印象がありますが、実際アルトコインの方が更に下落していました。仮想通貨市場の崩壊を複数の視点から今後の見通しの考察を行いました。
ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNeweggから見る実態

ビットコイン(BTC)決済可能店舗が増加、米国第2位のネットショップNewegg...

近年、ビットコイン(BTC)の決済を導入している店舗が増加している。米国第2位のネットショップNeweggは2014年からBTC決済をスタートしており、ダニー・リーCEOは今後も店舗は増加するコメント。Neweggから決済の実態を考察する。