• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコインの価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート:取引所別一覧
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (ジャーナリスト)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

仮想通貨ニュースの記事一覧
仮想通貨ニュースに関する最新情報やコラムなどを掲載しています

株価60%上昇!ゲーム会社アタリが仮想通貨「Atari Token(アタリ・トークン)」発行計画を発表

株価60%上昇!ゲーム会社アタリがトークン「Atari Token」発行計画を発...

ゲーム会社アタリ(Atari)が「Atari Token(アタリ・トークン)」というトークン発行計画を発表。発表後に株価が約60%上昇した。80年代にアタリショックという大インパクトを与えたアタリが今度はどんなインパクトを与えるのだろうか?
zaif(ザイフ)剛力彩芽

各取引所イメージ戦略について

仮想通貨取引所のイメージキャラクターに関してまとめました。ザイフが剛力彩芽さん、ビットフライヤーが成海璃子さん、
仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新たな取り組みとは?

仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)と台北市が提携「スマートシティ」に向けた新...

台北市と仮想通貨IOTA(アイオータ・イオタ)が提携したことが発表された。IOTAはIoTの導入を目的とされて開発された暗号通貨のこと。台北市はIOTAと提携しスマートシティを目指して今後も発展していくと情報技術局局長のLee氏は語る。
miyabi(ミヤビ)・mijin(ミジン)とは?ブロックチェーン技術利用システム開発に期待高まる

ビットフライヤー「miyabi」・Zaif「mijin」とは?ブロックチェーン技...

ブロックチェーンを採用した新たな分散処理システム「miyabi(ミヤビ)」「mijin(ミジン)」とは?。miyabiはbitFlyer、mijinはZaifが開発しました。特徴や今後の展望についてひろぴーさんに解説していただきました。
シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いとは?知らないとやばい「公開鍵と秘密鍵」

シングルシグとマルチシグの違いについての解説です。先日起きたコインチェック社の不正流出事件をうけて、セキュリティ状況を再確認する人も多いのではないでしょうか。今回は知らない方の為にもシングルシグとは?マルチシグとは?をわかりやすく解説しています。
コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェック大塚雄介氏が緊急記者会見「補償日時は?会社の存続は?」

コインチェックが金融庁に業務改善計画を提出し、日本円出金を再開した2月13日、本社で緊急記者会見を開いた。今回の焦点は補償の日時、仮想通貨の取引&出金再開時期、今後の会社の存続&経営についてとされている。会見の内容をお伝えします。
コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)で何が起きたのか?お金は戻ってくるの?

コインチェック(coincheck)NEM不正流出事件から2週間が経ちました。現在、事件の状況(進捗)はどうなっているのでしょうか?またコインチェック社から資産は戻ってくるのでしょうか?ボリ平さんの見解を公開しています。
コインチェック被害対策弁護団

噂の真相「コインチェック被害対策弁護団」の動きに関して

賛否両論あるコインチェック被害対策弁護団の団長である北周士(キタ カネヒト)氏に今後の動きなどを伺ってきました。弁護団発足の経緯としては、弁護士である数人の知人にコインチェックに関する同様の相談があり、窓口を1本化した方が良いのでは?と感じたところです。今後、どのような動きをするのか注視していきたいと思います。

公式発表 コインチェックが日本円出金再開をリリース

コインチェックの日本円出金再開リリースとなる。公式発表があったのは、19時頃で、事前にニュースサイトにより情報が流れていた。投資家たちは安堵出来たのではないだろうか。
仮想通貨取引業者の検索回数

仮想通貨取引業者の検索回数から見る認知度調査

検索回数から取引所の認知度調査を行いました。先日事件があったコインチェックが圧倒的数値で400万回近い検索回数がありましたが、中国の取引所であるバイナンスが日本国内で認知があるということがわかりました。
仮想通貨長者ランキング発表!首位は資産8200億円のリップル創業者

仮想通貨長者ランキング発表!首位は資産8200億円のリップル(Ripple)創業...

米国の有力経済誌Forbes(フォーブス)が初となる「仮想通貨長者」のランキングを発表した。1982年に初めて米国の富豪リスト「Forbes 400」を発表した実績があり、今回も同じ手法を採用したという。世界一位は一体誰なのでしょうか。
仮想通貨の不正利用対策の強化:インターポールインターポールとユーロポールが協定を結ぶ

仮想通貨の不正利用対策の強化:インターポールとユーロポールが協定を結ぶ

2018年1月29日~30日に開催された各国の金融調査官60人程を集めたワークショップにて、インターポールとユーロポールが仮想通貨の不正利用対策の強化に向けた協定を締結しました。コインチェック社の事件後こういったセキュリティ面での見直しが進められているようです。
ビットコイン(BTC)が一時68万円台に!1週間でマイナス約60%を記録

ビットコイン(BTC)が一時68万円台に。1週間で約60%の下落を記録

本日(2018年2月6日)ビットコインがついに60万円台にまで下落した。2017年12月に220万円まで上昇したビットコインはわずか2ヵ月で2017年10月ころと同じくらいの価格まで下落したということになる。
カナダの金融サービスVersabankがデジタル資産の保管サービスをローンチ

「仮想通貨資産は銀行で保管すべき」カナダのVersaBankがデジタル資産の金庫...

カナダの金融機関Versabankがデジタル資産の保管サービス「Versavault」を構築中と発表した。暗号通貨およびその他デジタル資産を保管するために設計された金庫のようなサービスである。こういったサービスは今後増えてくるのだろうか?
TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)へのアプローチとは?

TwitterのCEO(ジャック・ドーシー氏)が考えるビットコイン(BTC)への...

Twitter創業者のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏がビットコインをサポートすることを発表しました。Facebookが仮想通貨関連の広告する方針とは正反対のアプローチとのことで、非常に関心が高まっている。
米国大手銀行(JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ)が仮想通貨購入にクレジットカード決済禁止

米国大手銀行(JPモルガン、バンク・オブ・アメリカ等)が仮想通貨購入にクレジット...

米国の1,2位ともいえる大手銀行のJPモルガン・チェース、バンク・オブ・アメリカ、シティグループ、そして英国のロイズ・バンキング・グループが「仮想通貨購入にクレジットカード決済を禁止する」と相次いで発表した。その理由とは?
ダボス会議で各国要人が仮想通貨の悪用に懸念表明

ダボス会議:2018年のテーマとは?仮想通貨の悪用に各国要人が懸念表明

2018年世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)が2018年1月23日~26日に開催された。今年のテーマ(特徴)はなんだったのか?また、各国の要人が発言した仮想通貨の懸念点とは?それらをまとめてご紹介します。
分散型取引所Kyber Network(カイバーネットワーク)がまもなく実装される!?

話題の仮想通貨Kyber Network(カイバーネットワーク・KNC)とは?実...

Kyber Network(カイバーネットワーク)とはイーサリアムの創設者であるVitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏がアドバイザーをしているプロジェクトの1つ。大きな注目を集めていますが一体
見過ごしてない?コインチェック社以外の重要な仮想通貨ニュースまとめ(1月28日-2月2日)

見過ごしてない?コインチェック社以外の重要な仮想通貨ニュースまとめ(1月28日-...

1月28日~2月2日の1週間はコインチェック社のNEM流出問題に関心が集まりましたが、その一方、業界にとってネガティブなものからかなりポジティブなニュースもありました。見過ごしている可能性もあるので平野さんに重要な最新ニュースをまとめていただきました。
韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

韓国で仮想通貨の取引実名制を導入「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を施行

2018年1月30日、韓国の仮想通貨の取引において「実名制アカウントシステム」を導入したことが発表された。仮想通貨の投機やマネーロンダリングなどを防止するために「仮想通貨資金洗浄ガイドライン」を整備した結果となる。
ベネズエラの石油裏付けトークンICOから見える未来の世界

ベネズエラの石油裏付けトークンICOから見える未来の世界

ハイパーインフレ国家ともいわれているベネズエラが、石油裏付けトークンのICOを開始すると発表しました。国家発のICOはベネズエラが初ということに?!今後の暗号通貨の可能性(未来)について平野氏に解説していただきました。
2018年2月2日仮想通貨急落

仮想通貨暴落 ビットコイン95万、イーサリアム10.5万、リップル95円

仮想通貨市場の急落が止まらない。coinmarketcapのデータだと、2018年1月8日から下がりはじめて、現在は2017年12月中旬頃の時価総額と同じくらいまで下げている状況。要因としては、様々あるが、今後注意していきたい。
「ビットコインを渡せ」と銃で脅す強盗事件が英国で発生!プライバシー管理には要注意

「ビットコインを渡せ」と銃で脅す強盗事件が英国で発生!プライバシー管理には要注意...

仮想通貨を持っている人が強盗に襲われる事件が昨年からいくつか報道されています。いくらコールドウォレットで保管していても、刃物などを突きつけられると結局自分の身や資産が危険にさらされますので、普段から情報の管理には気を付けましょう。
カジノにビットコインATMを販売すると発表した石油企業の株価が60%上昇

カジノにビットコインATMを販売?発表した石油企業の株価が60%上昇

アフリカで石油企業を営む『Chiron Refineries LTD』がカジノにビットコインATMを販売する計画、暗号通貨市場に参入することを発表しました。暗号通貨を認めない立場であるイスラエルがどう動くのかも注目されます。
ライトニングネットワークのよくある誤解、陰謀論の整理

もしかして誤解してない?ライトニングネットワーク(LN)の間違った認識や陰謀論ま...

先日、ライトニングネットワークを使った初の物品購入が完了したそうです。ライトニングネットワークがますます盛り上がっていますが、今回はLNのよくある誤解や、あるあるな陰謀論を平野氏にまとめて解説していただきました。
ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期!その理由とは?

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)発行を2019年以降に延期、そ...

ロシアがクリプトルーブル(Cryptoruble)の発行を2019年中旬頃までに発行するとのこと。当初の予定よりずれこむ形となった。延期となった理由は何なのでしょうか。
韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国、仮想通貨取引所の「閉鎖は不可能」政府は二つの案を検討

韓国のKFTCキム・サンジョ委員長が17日、「仮想通貨取引所の閉鎖は事実上不可能」と話した。取引所の規制に関する法案づくりを進めるパク・サンギ法務長官とは意見が分かれたことで話題となっている。韓国での仮想通貨規制は今後どうなっていくのだろうか。
[速報]米格付け機関Weiss Ratingsがビットコイン含む主要仮想通貨の格付けを発表

米格付機関Weiss「ビットコイン C+、イーサリアム B、リップル C」と仮想...

1月24日、米国の格付け機関であるWeiss Ratingsが世界初となる仮想通貨の格付け評価を発表。時価総額ランキング1位のビットコイン(BTC)をはじめ、人気の高いイーサリアム(ETH)等のランクは?ランクの意味や評価項目等も紹介。
仮想通貨を申告分離課税に申請

7,500人以上が賛同 仮想通貨の課税を株と同じ申告分離課税へ!

cahnge.orgというサイトで、仮想通貨に対しての課税を株式投資と同じ申告分離課税にして欲しいという署名活動が行われて、すでに7500人以上の賛同を得ている。利益額にもよるが、現状では最大で約55%の税率となるので利益確定が出来ない方も2017年には多くいたのではないだろうか。
ビルドコインって知ってる?ブラジル・サンパウロでインフラ建設プロジェクトが計画中

サンパウロ市 ICOでインフラ建設計画中:イーサリアムと交換可能トークン

ブラジルのサンパウロ市でICOを使ったインフラ建設プロジェクトが計画中だそうです。ビルドコインというトークンを発行してICOによるプロジェクトということで、ブラジルでも仮想通貨への関心が高まってきたといえるでしょう。詳細は記事をご覧下さい。
「草コイン」の定義とは?Twitterでアンケートをとってみた

「草コイン」の定義は2つ?Twitterでアンケートをとってみた結果

徐々に浸透してきた「草コイン」。何をもって草コインとするのか?はっきりとした定義がない状況で、個々が思う草コインの定義は異なっています。今回は平野氏が自身のTwitterで草コインの定義についてアンケートを実施し、その結果を解説していただきました。
スペインで初となる「決済はビットコインのみ」不動産が売却

スペインで初となる「決済はビットコインのみ」不動産が売却

スペインの不動産企業が、ビットコイン決済のアパートを売買した。世界初となるこの事例は今後の仮想通貨発展のきっかけになることが期待される。なぜビットコイン決済の物件を売買することになったのか、背景をお伝えします。

詐欺コインの定義、そして草コイン投資で損しないために

最近よく話題に上がる草コイン。このようなコインとの付き合い方について、くりぷとさんが語ります。詐欺コインの定義を一度把握しておきたい方にもぜひ読んでいただきたいです。
AntpoolがセルフGOX?!ビットコイン暴落の要因を分析

AntpoolがセルフGOX?!ビットコイン暴落の要因を分析

年始早々(1月16日)に大暴落となったビットコイン相場ですが、どうして大幅な下落となったのでしょうか。AntpoolがセルフGOXしたから?仮想通貨規制ラッシュが続いているから?考えられる要因を墨汁うまい氏が解説しています。
ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

ビットコイン発行限度枚数の80%がマイニング済みに

先日(1月13日)、ビットコインの発行枚数が上限の80%に達したことがわかった。発行の上限が2100万枚BTCなので約1680万BTCが既に発行されたことに。BTCオリンピックイヤーに半減期を迎える頃にはマイニングの報酬はどうなっているのだろうか?

DMM ブロックチェーン技術採用のスマートコントラクト事業開始

株式会社DMM.comのブロックチェーン技術を使ったスマートコントラクト事業を開始リリース情報。昨今、ブロックチェーン技術を使った仮想通貨の取引が世間を賑わせておりますが、DMMは仮想通貨のマイニング事業に続き、さらにスマートコントラクト事業を行っていくとのこと。
ビットコイン含め仮想通貨大幅下落

ビットコイン含め仮想通貨全体大幅下落 140万円台一時突入

2018年1月16日、仮想通貨が大幅下落している。ビットコインを筆頭に下落しており、20%以上の下落がある通貨が多数ある。時価総額に関しても大きく下がっている状況。
インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアが中国、韓国に次いで仮想通貨取引禁止の最終段階に

インドネシアがついに仮想通貨禁止か。インドネシアの中央銀行であるBankIndonesiaが仮想通貨の販売や購入、さらには取引を控えるよう関係者に強く求める声明を発表した。BIのアグス・マルトワルドヨ総裁の発言も注目だ。
ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

ビットコイン中国大手のViaBTCがマイニング契約市場を閉鎖

中国マイニングプール大手のViaBTCが、「投機をコントロールし、投資家の利益を守るため」という理由で仮想通貨のマイニング契約市場を2018年1月10日に閉鎖した。

今週末は値堅めの地合いか?BTC週末戦略

さて、韓国規制の報道を受けて、やや下落中のビットコインの価格をテクニカル面からひろぴーが分析していきます。
米国医師会が医療データのブロックチェーン開発会社Akiriに1000万ドルの資金供与

米国医師会が医療データのブロックチェーン開発会社Akiriに1000万ドルの資金...

サンフランシスコの新興企業Akiriが、シリーズA資金調達で米国医師会(AMA)が創設したベンチャーHealth2047から1000万ドルを調達した。資金は、ブロックチェーン技術を使って、健康情報を管理する初のデータ転送ネットワークサービス構築に使われる。

ビットコインの最新技術ライトニング、普及には時間がかかる?

もう実装も近づきつつあるライトニングネットワーク。しかし普及にはもう少し時間がかかってしまいそう。というのも、Segwitですらまだトランザクションの10%にしか広まっていないのです。これについて今回は問題点などを指摘します。

2018年ビットコインや取引所にはどのようなトレンドが見られるのか?

2018年はビットコインの価格や取引所に関してどのような傾向が予測されるのでしょうか?取引所についてはICOトークンが大量に上場するタイプの取引所と主要通貨のみを扱う取引所の2つに分かれそうです。
コダック(Kodak)

株価急騰 米コダック(Kodak) 1月末に「コダックコイン」をICO予定

米写真メーカーであるイースト・コダック社がICOを実施すると発表があった。写真周辺企業では、老舗と言われる企業が仮想通貨の世界で新しい取り組みをするということで、話題となっている。株価も大きく上昇している。

Facebookのザッカーバーグ氏が暗号通貨への関心について語る

Facebookが仮想通貨の利用に興味を示していることがCEOであるザッカーバーグ氏の投稿から明らかになった。

信託保全されるとビットコイン取引は安全になるのか?

最近ビットコイン取引所の信託保全についての話がありましたが、これで保全される範囲はどこまでになるのか、少し気になった点と利用者なら知っておきたいポイントについて紹介します。
ベネズエラ政府が独自の仮想通貨「Petro」を法令で発行

ベネズエラ政府が独自の仮想通貨「Petro」を法令で発行

ベネズエラがオイルなどのコモディティで価値を保証する仮想通貨の発行について計画しており、新たな進展があった。

ロシアが仮想通貨やICO規制を3月までに法制化

ロシアは仮想通貨やICOについての法案をまとめる。これは「仮想通貨やICO規制の枠組み」をはっきりとさせるもので、3月末までには国家会議で採択、施行される見込みだ。
ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発で日韓の団体が協定締結

ブロックチェーンの研究開発について、日本と韓国の団体が協定を結んだ。互いの知見を持ち寄ってブロックチェーンの普及につなげるのが目標となっている。
オープンソースの暗号通貨プロジェクトに参加することは緩いスタートアップのようなもの

オープンソースの暗号通貨プロジェクトに参加することは緩いスタートアップのようなも...

仮想通貨のコミュニティの一員になって、活動するのも仮想通貨の楽しみの一つ。ユースケースやアプリケーションが生まれれば、そのコインの利用用途が増え、結果的にコインに価値をあがる未来を見据えて行動するということで、その活動は緩いスタートアップのようなものかも知れません。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@