• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

タグ: 速報

【墨汁速報】バイナンス 中国Weiboのアカウントを法律を破ったとし消去される

バイナンス(Binance)のWeiboアカウントが、「法律と規制、Weiboの条約を破った」としてWeibo公式からブロックされた。中国メディアによると「バイナンスは最も重要なマーケティングポジションを失った」として

【墨汁速報】Ledger Vault マーシュを介してロイズの約163億円の仮想...

ハードウェアウォレットのLedger Nanoで有名なスタートアップLedgerは、米保険業界最大手のマーシュにより仮想通貨カストディプラットフォーム"Ledger Vault"に163億円の保険を獲得したと14日に発表した。

【墨汁速報】Bitfinex 金にペッグするテザーゴールドと仮想通貨オプションの...

Bitfinexとテザー社のCTO Paolo Ardoino氏によるとBitfinexは仮想通貨のオプション取引を2020年第1四半期にローンチする予定であると述べた。また同仮想通貨取引所で同じ親会社を持つステーブルコインのテザーを発行するテザー社は、CNHTに続きゴールドにペッグするテザーゴールドを発行するとしている。 先物のバスケット取引と仮

【墨汁速報】Bakkt新規ビットコイン先物でワールドワイドな展開を画策

BakktのCOOであるAdam Whiteが、現物決済ビットコイン先物のBakktビットコイン先物は来年の2020年までに、CMEと同様の差金決済の導入を計画していると発言した。Bakktビットコイン先物の拡大を画策しているという。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物オプションのローンチを1月13日に予定

差金決済のビットコイン先物を提供する米CMEは2020年第1四半期にローンチするとしていたビットコイン先物のオプションを1月13日にローンチすると発表。現在規制当局によるビットコイン先物オプションの審査待ちの状態となっている。

【墨汁速報】銀行レベルの厳重なセキュリティ BakktのカストディサービスをNY...

現物決済されるビットコイン先物を提供するBakkt(バックト)は、11日NYDFS(ニューヨーク州金融サービス局)によりカストディサービスを提供する認可を受けたと発表。9月より先物は提供していたが、カストディサービスは提供していなかった。

【墨汁速報】ホワイトリスト導入!高金利BlockFi BTC&ETHレン...

BlockFiはビットコインとイーサリアムの高金利レンディングをオファーするプラットフォーム。そのBlockFiが、BTCとETHアドレスの出金先を登録できるホワイトリストの導入を発表、さらなるセキュリティの向上になる。

【墨汁速報】Radar ビットコインのライトニングを活用したイーサリアムブリッジ...

イーサリアムDEXのRadar Relayの開発で知られるスタートアップのRadarは、イーサリアムウォレットでビットコインのライトニングネットワークとのスワップを可能とする「RedShift」と呼ばれる新規サービスをローンチした。

【墨汁速報】Nexus ビットコインベースのブロックチェーンにスマートコントラク...

ビットコインベースのブロックチェーンの機能が拡張可能なNexusが、新たにスマートコントラクト機能をもたらすネットワークアップグレードを行うと発表。11月4日にデプロイされ、11月11日に実装がアクティベートされるという。

【墨汁速報】Nasdaqシステム採用の仮想通貨取引所 DX.exchage閉鎖へ...

ナスダック証券取引所のシステムを採用している仮想通貨取引所のDX.Exchangeは、取引所の売却または合併を押しすすめるために一時的に取引所を閉鎖することを取締役が決定したと11月3日に発表。ローンチからわずか10ヶ月となり、1年経たずに閉鎖という結果

【墨汁速報】フィッシングメールに気をつけて!BitMEXがメアド流出の経緯とその...

仮想通貨デリバティブ取引所のBitMEXは、11月1日に発表した新たなインデックス計算方と取引所追加告知でユーザーのメールアドレスが大量に流出した問題を謝罪。BitMEXのサポートなどを語るフィッシングメールの注意喚起を行った。

【墨汁速報】11月22日より開始!BitMEX インデックス価格に3つの取引所を...

ビットコインデリバティブで最も流動性が高いBitMEXは、基準となるインデックスの計算に新しい取引所を追加すると発表。新たに取引所を追加することでよりビットコインやイーサリアムなどの市場価格を反映できるとしている。

【墨汁速報】米CMEビットコイン先物のオプション詳細を暫定的に公開 投資戦略はよ...

ビットコイン先物を提供するCMEは9月末に発表していた「ビットコイン先物のオプション」の詳細を発表。来年の2020年第1四半期にローンチ予定であり、より複雑なトレード戦略が可能になる。詳細を紹介します。

【墨汁速報】スターバックスとの共同テスト! Bakktの決済アプリローンチを予定...

現物決済ビットコイン先物を提供するバックトは、エコシステムの要となる消費者と事業者のポータルとなるアプリを開発していると発表。このアプリは初期パートナーであるスターバックスとの共同で開発され、2020年上半期にローンチを予定しているという。

【墨汁速報】イーサリアム次期大型アップデート イスタンブールの実装日決定!

イーサリアム(Ethereum)のコアデベロッパー会議において、次期大型アップデートとなる”イスタンブール”の実装日が9056000ブロックに決定。現在のブロック生成時間から12月4日前後になると見られている。

【墨汁速報】ビットコインへ追い風?中国習近平主席 ブロックチェーンについて初めて...

中国の習近平主席がビットコインを中国で規制開始をして初めてブロックチェーンについて言及。ブロックチェーン技術で世界のリードになるべきだとしている。この報道後81万円を推移していたビットコインは約2.5万円の高騰となる83.5万円を記録した。

【墨汁速報】Bakkt 現物決済ビットコイン先物のオプションを12月9日にローン...

Bakktが10月24日、世界初となる米商品先物取引委員会(CFTC)による規制されたビットコイン先物のオプションコントラクトを12月9日にローンチすると発表。ユーザーはリスクヘッジやクロスマージンなどを行うことができるという。

【墨汁速報】時価総額ランキングサイト 仮想通貨レンディングの利率比較サービスをロ...

仮想通貨の時価総額ランキングを提供するCoinMarketCapは10月16日、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)など33種類の仮想通貨のレンディング利率を比較できるページを新たにローンチした。

【墨汁速報】ビットコインの中国リスク?AlipayとWechatPay バイナン...

バイナンス(Binance)が10月9日、個人間の仮想通貨取引のローンチ。このP2P取引では中国の中央銀行により禁止されている人民元と仮想通貨の取引が含まれていた。これに対してAlipayとWeChatPayは公式にサポートを否定した。

【墨汁速報】イーサリアム先物の可能性?CFTC新議長「ETHは証券ではなくコモデ...

CFTC(米商品先物取引委員会)の議長Heath Tarbert氏が、イーサリアムネットワークの通貨「ETH」は「証券ではなくコモディティである」とCFTC議長としての見解を示した。イーサリアム先物が申請されると承認される可能性が高い。

【墨汁速報】条件は?年利1.25% Coinbase イーサリアム上のUCDCで...

米Coinbase(コインベース)の発表によると、イーサリアム上で発行しているUSDにペッグするステーブルコイン USDCをCoinbaseで保有するユーザーに対し、1.25%の年利を付与すると発表。

【墨汁速報】世界初?保険ブローカー マーシュビットコイン盗難などの100%の盗難...

世界大手の保険ブロカーMarsh & McLennanは、モントリオールベースのカストディアン KNOXに異例となる仮想通貨の完全カバー保険を提供。ヘッジファンドなどに提供するコールドストレージサービスからのハッキングなどを保証。

【墨汁速報】現在の出来高や決済日は?バックト(Bakkt)ビットコイン先物ついに...

現物決済されるBakktビットコイン先物は、日本時間9月23日ついにローンチ。CMEの提供する四半期ビットコイン先物とは異なり、1ヶ月ごとに決済されるマンスリービットコイン先物のBTMと1日ごとに決済されるデイリービットコイン先物のBTCが提供されている。 関連記事:【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と

【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)へ大きな前進!7つのETH2クライア...

イーサリアムファンデーションは、イーサリアム2.0(セレニティ)の7つのクライアントが1つのテストネット上で相互通信を行えたと発表。2020年1月2日イーサリアム2.0の初期段階となる、Beacon Chainのリリースがより確実になった。

【墨汁速報】ビットコインへの影響は?FOMCの利下げまとめ

日本時間19日3:00am、米FRBはFOMC(政策金利)で25bpの利下げを発表。8月1日の利下げに引き続き、約10年ぶり2回連続の利下げとなった。利下げの発表後、ビットコインは一時約45ドルの高騰を見せるも、一時的な下落となった。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFの上場申請を取り下げ SECが日本時...

VanEck SolidXはSECに上場審議申請をしていたビットコインETFを9月13日付けで取り下げ。SECのビットコインETF審議は2019年10月18日が最終期限であったため、約1ヶ月の余裕を残して辞退した形となった。

【墨汁速報】イーサリアム イスタンブールアップデート Gorliテストネット実装...

イーサリアムのイスタンブールアップデートは、メインネットに実装する前にテストネットでバグなどのテストを行う必要がある。イーサリアムのテストネットが複数ある中、 Gorliでのイスタンブール実装のブロックナンバーが決定した。

【墨汁速報】米CME ビットコイン先物の取引制限を2倍の1万BTC緩和案をCFT...

ビットコイン先物を提供するCMEは、CFTC(米商品先物取引委員会)に対して取引制限を2倍にする書類を提出。2017年12月にローンチしたCMEのビットコイン先物。最近の市場の状況やCMEの狙いなどを紹介します。

【墨汁速報】イーサリアム上で社債を発行 スペイン最大手銀行サンタンデールの新たな...

スペイン最大手銀行のサンタンデール銀行は、イーサリアム上で2000万ドル日本円にして約21.6億円相当の社債を発行。同社はイーサリアムのエンタープライズ活用を目指すエンタープライズイーサリアムアライアンスに参加している。

【墨汁速報】異例!?CoinbaseがイーサリアムのDeFi促進のため200万U...

Coinbaseは、イーサリアム上のDeFi(分散型金融)のレンディングスタートアップCompoundとマージン取引を提供するdYdXのコントラクトを使用し200万USDC(2.15億円相当のUSDステーブルコイン)を投資。

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物 マージン取引に必要な証拠金と変動額を発表...

9月23日にローンチする現物決済のBakktビットコイン先物について、マージン取引に関する詳細が発表された。レバレッジ倍数は未だに明かされていないが、マージン取引を行うために必要なデポジット金額やポジション維持証拠金、変動額を紹介。

【墨汁速報】テザー社 イーサリアム上でオフショア人民元のCNHTをローンチ 発行...

ステーブルコインコインを発行するテザー社は、兼ねてから噂されていたオフショア人民元にペッグする新たなステーブルコイン”CNHT”をイーサリアム上でローンチしたと発表。中国人投資家を対象にした新たなステーブルコインであると見られる。

【墨汁速報】イーサリアム上でゴールド(金)に裏付けされたPax Gold(PAX...

テザー社と同様にイーサリアム上でUSDにペッグするステーブルコインPAXを発行するPaxosは、ニューヨーク州金融監督局により承認されたイーサリアムベースの”1トロイオンスにペッグするPAXG”をローンチする。

【墨汁速報】VanEck ビットコインETFと同様の証券を機関投資家に対し9月5...

審議延長となっていたVanEck SolidXのビットコインETFに新たな動きがあったとの報道がありました。一部制限された"BTF"という形式で、機関投資家へのビットコイン販売を9月5日から開始するとのことです。

【墨汁速報】イーサリアム イスタンブール遅れの可能性 実装日はいつになるのか?

イーサリアムの時期アップデート”イスタンブール”は、ロードマップ上では10月16日を目指して開発、リサーチされていたがクライアントシェア第2位のParityの開発遅れに伴い11月にずれ込む可能性が浮上。

【墨汁速報】バイナンス 8月28日にレンディングサービス開始 リスクや利率は?

アルトコイン世界最大の取引所バイナンス(Binance)は8月28日日本時間15:00にレンディングサービスをローンチすると発表。バイナンスユーザーは対応した仮想通貨をレンディングサービスで利用することで、金利を得ることができる。

【墨汁速報】ビットコインへ追い風か?テザー社がオフショア人民元(CNH)のステー...

中国メディアのChainNewsによると、自称1ドルにペッグするステーブルコインのUSDTを発行するTether Limitedは、オフショア人民元にペッグする新たなステーブルコイン"CNHT"を新たに発行すると報道。現在USDTを主に使用している中国人投資家にとって、ビットコインへの資金流入元となる可能性がある。 オフショア人民元(CNH)とは? 中国のフィアットは通称ISO4217ではCNY(人民元)で表記
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】Bakktビットコイン先物9月23日ローンチ発表 初の仮想通貨信託会...

ビットコイン(BTC)先物取引での承認待ちであったBakkt(バックト)が、ICE(インターコンチネンタル取引所)により提供されるビットコイン現物で決済される先物とカストディで、2019年9月23日にローンチ予定と発表した。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】ビットコイン売買への影響は? 米Coinbase バークレイズ銀行と...

米最大手仮想通貨取引所Coinbaseは、英国最大手銀行でビッグ4の一角であるバークレイズ銀行との提携を失っており、英国ユーザーのポンド入出金のためにチャレンジャーバンクであるClearbankとの提携を画策していると報道があった。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】LedgerX未承認により報道から一変”ビットコイン先物...

LedgerX米国初の現物決済されるビットコイン先物のローンチを7月31日に報道したCoindeskは、一変してCFTCによる承認を受けていないとし、「LedgerXの現物決済ビットコイン先物はローンチしていない」と報道。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米国初 現物決済されるビットコイン先物をLedgerXがローンチ

オプション取引所のLedgerXが7月31日、アメリカで初となるビットコイン現物で決済することができるビットコイン先物をローンチしたと発表。今回のLedgerXの発表による今後の影響なども考察しました。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】米CFTC BitMEXによるビットコインデリバティブの違法提供の可...

Bloombergの報道によると、CFTC(米商品先物取引委員会)が仮想通貨取引所のBitMEXの調査を行っているという。CFTCに非登録でアメリカ国民に対する取引を提供していたかどうかの数ヶ月に及ぶ調査だという。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】サムスン(Samsung) イーサリアムをサポートとしたDApps ...

韓国最大手の電子製品メーカー サムスン(Samsung)は、イーサリアムなどに代表されるブロックチェーン上のアプリケーション”DApps”を開発するSDKのβ版(ソフトウェア開発キット)を公開。詳細を紹介します。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0(セレニティ)今後のタイムラインと方針を提案

イーサリアム2.0(セレニティ)の大まかなタイムラインと方針が、イーサリアムファンデーションのリサーチャーであるJustin Drake氏によって提案。イーサリアム2.0のフェイズ0となる2020年のBeacon Chainローンチをはじめ、2021年にかけてのETH発行数の調整などが提案されている。イーサリアム2.0今後の実装予定の提案Drake氏によると、タイムラインは
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】仮想通貨取引所bitFlyer 1年ぶりの新規顧客受付け開始を予定

ビットコインなどの売買を提供するbitFlyerは2019年7月2日日、新規アカウントの受付けを再開する予定を発表。2018年6月22日に金融庁より受けた業務改善命令により、自主的に新規アカウント開設を停止してから約1年が経過していた。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】CFTC 現物決済 ビットコイン先物を可能とするDCMをLedger...

米商品先物取引委員会(CFTC)が6月25日、取引所のLedgerXにビットコイン現物で決済されるビットコイン先物の上場を行うことのできる「公認取引所」としてのDCMライセンスを承認したことを発表した。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】QuadrigaCX元CEO 顧客のビットコインなどを使い込み仮想通...

カナダの仮想通貨取引所クアドリガCX(Quadriga CX)は顧客資産を返却できず、今年4月に破産となっていた。しかし、調査により、死亡したとされる前CEOが216億円を超える顧客資産を私的流用をしていたということが公表された。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】イーサリアム2.0 2020年1月3日のローンチを予定

6月13日に行われたイーサリアム2.0の実装会議で、イーサリアム2.0の初期段階の実装となるフェイズ0のローンチを来年2020年の1月3日として提案され、約半年後をターゲットに実装を行う予定であることが明らかになった。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】リップル(XRP)盗難のGatehub ハッキング経緯が判明 今後の...

リップル(XRP)に対応する仮想通貨ウォレットのゲートハブ(Gatehub)がハッキングを受け2300万XRPが盗まれた事件に関して、調査の最新情報が発表された。今後の対応やハッキングの経緯について説明されている。
【墨汁速報】仮想通貨・ブロックチェーンニュース

【墨汁速報】リップル対応のGatehubがハッキングにより2300万XRPが盗難...

仮想通貨ウォレットのゲートハブ(Gatehub)で、80~90アカウントにおよぶ合計2,300万XRPがハッキングと見られる被害により盗難されたという。今回のハッキングと見られる盗難の原因は複数の可能性があり、特定ができないという。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram