リップル(XRP)

リップル(XRP) 相場チャート


リップル リアルタイムレートへ
リップル(XRP)コインイメージ

リップル(Ripple/XRP)とは?

リップルは、時価総額第3位の仮想/暗号通貨です。日本での知名度も高く、人気の高い銘柄です。リップル(Ripple)を通貨と勘違いする方も多いですが、リップル(Ripple)は、国際送金のためのプラットフォームのことであり、使用される通貨がXRPです。

リップルの開発は、Ripple Inc. により行われています。それでは、リップルはなぜ開発されたのでしょうか?それは、時代遅れの国際送金システムに対する問題意識でした。

現在の国際送金は、送金側から受金側に通貨がとどくまで、いくつもの金融機関を中継しなければならず、手数料が高く、時間もかかる仕組みです。その問題を解決するため、リップルは迅速かつ安価な国際送金を実現するために生まれたプロジェクトです。

リップルを支える仕組み

IOU取引

IOU(I Owe You)取引は、ゲートウェイと呼ばれる組織に法定通貨を預け入れることで発行される借用証明書を用いた取引のことです。手順を説明すると、まず送金側がゲートウェイに法定通貨を渡して、借用証明書をもらいます。それを、リップルネットワークで受金側に送ります。その際に、手数料としてXRPが使用されます。借用証明書を受け取った受金側は、ゲートウェイに借用証明書を渡して、法定通貨を受け取ります。これで取引完了です。

XRP Ledger

XRP Ledgerは、取引データを管理するレジャー(台帳)です。これは、リップルネットワークで共有されます。これにより、レジャーの分散管理が可能になり、改ざん防止、管理費の削減、ゼロダウンタイムが実現します。

ILP

ILPとは、異なるフォーマット(銀行口座、クレジットカード等)のシステムが問題なく情報やデータのやり取りを実現できるように統一されたルールのことです。従来のやり方では、異なるルール同士で送金が行われて、非効率でした。ILPによって、リップルネットワークを通して、決済・送金を滞りなく行えるようになります。

リップルはビットコインと何が違うのか?

通貨名 ビットコイン(Bitcoin) リップル(Ripple)
ティッカー BTC XRP
創案者 Satoshi nakamoto Ryan Fugger
中央機関 なし Ripple Inc
承認方式 PoW PoC
承認時間(ブロック生成) 約10分 約4秒
発行上限 2,100万枚 1,000億枚

リップルの今後

リップルの今後を考える上で、二つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

Ripple Inc のロックアップ解除

Ripple Inc は、2018年から毎月10億XRPを売却していきます。これが市場に流れることで、供給が増え、1XRPあたりの価値が希薄化する恐れがあります。現状、どの程度の影響を持つかは不明ですが、動向を注視していた方が良いでしょう。

「Swell」の開催

Swell は Ripple Inc のコンファレンスのことです。2017年には、ビルゲイツ財団と提携することが発表され、価格に影響を与えました。次のSwellがいつ開催されるかについて、情報はありませんが、発表内容によっては、相場価格が変動することが予想されます。

リップル(XRP)の記事一覧
リップル(XRP)に関する最新情報やコラムなどを掲載しています

リップル(Ripple・XRP)の拡大が止まらない…!サウジアラビア中銀が初の「決済プログラム」試験開始

リップル(Ripple・XRP)の拡大が止まらない…!サウジアラビア中銀が初の「...

Ripple(リップル)社とサウジアラビア中央銀行が初の決済技術プログラムのテストを開始しました。スペインでもxCurrentを使ったサービスのリリースをお知らせしたしたばかり。Ripple(リップル・XRP)の勢いが止まらない。
スペイン最大手商銀がRippleのxCurrentを使っ4ヵ国に即時送金サービス開始へ

世界初!Ripple社(リップル)「xCurrent」を使った4ヵ国間即時送金ア...

Ripple社の「xCurrent」を使った即時送金アプリのサービスが2018年第1四半期中には開始するとの発表があった。これはスペインのサンタンデール銀行にてスタートされるもので、4ヵ国間(スペイン、英国、ブラジル、ポーランド)となる。
リップル(XRP)に投資する5つの利点とは?英オンライン紙「Independent」が解説

リップル(XRP)に投資する5つの利点とは?英WEB紙「Independent」...

英国オンライン紙のIndependentがRipple社のCEOブラッド・ガーリングハウスにインタビューを行った。リップル(XRP)に投資する5つの理由を解説した時の様子を公開します。
BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ

BTC、モナコイン、リップル、NEM(XEM)のポートフォリオ|目標1,000万...

ポートフォリオは、モナコイン、ネム、リップルとビットコイン少々という形です。今はペペキャッシュをどこで狙うか考えている状態です。先週の暴落から盛り返し、多少安定してる感があるので、材料があれば急騰も急落もあり得るということを考えて、次の一手を考え中です。
3月のG20にて仮想通貨規制の共同提案!?BTC週後半戦略

3月G20にて仮想通貨規制の共同提案!?ビットコイン・リップル週後半戦略

3月にアルゼンチンで開催されるG20で、仮想通貨規制に関する提案が行われると報道がありました。4月にはワシントンでもG20が開催予定。各国の意見が飛び交う次期となるのでマーケット的には要注意か?後半は、XRPとBTCの週末戦略も公開しています。
リップル(ripple)急落!100円割れ、ここからの戦略とは?

リップル急落!100円割れ、ここからのXRP戦略とは?

リップル(ripple)が急落しました。1月17日に120円割れ、続いて18日には100円割れ。なかなか戦略を立てづらいですが、ボリ兵さんはどのようなトレード戦略を考えているのでしょうか。
リップル(ripple)急騰からついに暴落!資産の増減に振り回されないように

リップル(ripple)急騰からついに暴落!資産の増減に振り回されないように

2017年12月の締めくくり、リップルは1年間で約300倍の上げ幅を見せました。昨年の5月以降、なかなか上がらなかった相場に一度火が付くと、こんな感じになるのかと驚きを隠せませんが、含み益資産の増減でハラハラしてしまっている人もおおいのではないでしょうか?

急落から急騰へ、リップル(ripple)相場との向き合い方

急騰のあと、急落が見られたリップル。少し焦ってしまった人もいるのでは?今回はチャートとファンダメンタル要素を見ながらボリ平さんが相場との向き合いかたを解説します。
仮想通貨単位

知ってる?ビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単...

仮想通貨の価格が上がると表記の仕方、呼び方が複雑になっていきます。そこでビットコイン、イーサリアム、リップル、モナコイン、ライトコインの通貨単位に関しての記事です。近い未来にこちらの表記が変わってくるかもしれません。

年末年始にNEM(XEM)、リップルが急騰|目標1,000万!250万からの挑戦...

NEM、リップルが年末年始をまたいで急騰した。ビットコインは緩やかに上昇トレンドで、2018年はさらに仮想通貨が飛躍の年になるのではないでしょうか。実際に我々の生活に浸透し、利用出来るようになるまでにまだ数年かかると思いますが、その日が来ることを信じてこの金融革命を見ていきましょう。

リップル(XRP) 相場チャート


リップル リアルタイムレートへ
リップル(XRP)コインイメージ

リップル(Ripple/XRP)とは?

リップルは、時価総額第3位の仮想/暗号通貨です。日本での知名度も高く、人気の高い銘柄です。リップル(Ripple)を通貨と勘違いする方も多いですが、リップル(Ripple)は、国際送金のためのプラットフォームのことであり、使用される通貨がXRPです。

リップルの開発は、Ripple Inc. により行われています。それでは、リップルはなぜ開発されたのでしょうか?それは、時代遅れの国際送金システムに対する問題意識でした。

現在の国際送金は、送金側から受金側に通貨がとどくまで、いくつもの金融機関を中継しなければならず、手数料が高く、時間もかかる仕組みです。その問題を解決するため、リップルは迅速かつ安価な国際送金を実現するために生まれたプロジェクトです。

リップルを支える仕組み

IOU取引

IOU(I Owe You)取引は、ゲートウェイと呼ばれる組織に法定通貨を預け入れることで発行される借用証明書を用いた取引のことです。手順を説明すると、まず送金側がゲートウェイに法定通貨を渡して、借用証明書をもらいます。それを、リップルネットワークで受金側に送ります。その際に、手数料としてXRPが使用されます。借用証明書を受け取った受金側は、ゲートウェイに借用証明書を渡して、法定通貨を受け取ります。これで取引完了です。

XRP Ledger

XRP Ledgerは、取引データを管理するレジャー(台帳)です。これは、リップルネットワークで共有されます。これにより、レジャーの分散管理が可能になり、改ざん防止、管理費の削減、ゼロダウンタイムが実現します。

ILP

ILPとは、異なるフォーマット(銀行口座、クレジットカード等)のシステムが問題なく情報やデータのやり取りを実現できるように統一されたルールのことです。従来のやり方では、異なるルール同士で送金が行われて、非効率でした。ILPによって、リップルネットワークを通して、決済・送金を滞りなく行えるようになります。

リップルはビットコインと何が違うのか?

通貨名 ビットコイン(Bitcoin) リップル(Ripple)
ティッカー BTC XRP
創案者 Satoshi nakamoto Ryan Fugger
中央機関 なし Ripple Inc
承認方式 PoW PoC
承認時間(ブロック生成) 約10分 約4秒
発行上限 2,100万枚 1,000億枚

リップルの今後

リップルの今後を考える上で、二つのポイントを抑えておくと良いでしょう。

Ripple Inc のロックアップ解除

Ripple Inc は、2018年から毎月10億XRPを売却していきます。これが市場に流れることで、供給が増え、1XRPあたりの価値が希薄化する恐れがあります。現状、どの程度の影響を持つかは不明ですが、動向を注視していた方が良いでしょう。

「Swell」の開催

Swell は Ripple Inc のコンファレンスのことです。2017年には、ビルゲイツ財団と提携することが発表され、価格に影響を与えました。次のSwellがいつ開催されるかについて、情報はありませんが、発表内容によっては、相場価格が変動することが予想されます。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事



コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@