• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

コインチョイス編集部

コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

OceanDAOとは?目的やVote(投票)の方法を解説

OceanDAOとは?目的やVote(投票)の方法を解説

データセットをトークン化し、ブロックチェーン上で取り扱うことを可能とするプロジェクトのオーシャンプロトコル(Ocean Protcol)。今回は、「OceanDAO」というOceanプロジェクトへの助成金DAOプログラムを紹介します。
中国マイニング企業カザフスタンへの進出加速、マイニングマシン2,500台購入

中国マイニング企業カザフスタンへの進出加速、マイニングマシン2,500台購入

中国のマイニング企業ビット・マイニング(BIT Mining)が、2500台の新しいマイニングマシンを約7億2000万円で購入する契約を結んだことを発表。これらのマイニングマシンはカザフスタンで稼働する予定となっている。

8月からのビットコイン(BTC)価格はどうなる?強気と弱気の境界線で繰り広げられ...

一時は弱気傾向が非常に強くなったビットコイン(BTC)でしたが、Amazonが決済を導入するという報道を皮切りに回復の兆しを見せていました。この報道は誤りだったものの、現在の価格は強気と弱気の分水嶺に到達しており、今後の転換点となりそうです。
ポリゴン(Polygon)共同創業者、ブロックチェーンゲームの今後やインドの事情について語る

ポリゴン(Polygon)共同創業者、ブロックチェーンゲームの今後やインドの事情...

最近、その動きが目立つポリゴン(Polygo)。今回は、そんなポリゴンの共同創業者であるサンディープ・ナルワール(Sandeep Nailwal)氏が語った、ブロックチェーンゲームやインドの事情について紹介します。
バイナンス基本認証のみアカウントの1日あたりの出金額を0.06BTCに制限

バイナンス基本認証のみアカウントの1日あたりの出金額を0.06BTCに制限

仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)は7月28日、基本アカウント認証のみが完了したアカウントの1日あたりの出金限度額を0.06BTCに調整すると発表。その他の同取引所の制限に関しても合わせて紹介する。
コスモス(Cosmos)がロードマップ2.0で描くインターオペラビリティの先とは

コスモス(Cosmos)がロードマップ2.0で描くインターオペラビリティの先とは...

コスモス(COSMOS)は、開発者が独自ブロックチェーンを開発することができ、他のブロックチェーンとの接続可能を目指したプロジェクトです。そんなコスモスが今後どのような戦略を描いているのか解説します。
ソラナ(Solana)、500万ドル規模のクリエイターファンドを発表

ソラナ(Solana)、500万ドル規模のクリエイターファンドを発表

ソラナ(Solana)が7月23日に、クリエイターズファンドの立ち上げを発表しました。同ファンドでは、NFTなどの暗号資産の世界から生まれた技術やアイデアを使ってファンとクリエイターをつなぐ流れの後押しを目的としています。
Ocean Market(オーシャン・マーケット)でステーキングする方法と注意点

Ocean Market(オーシャン・マーケット)でステーキングする方法と注意点...

さまざまなデータセットをトークン化し、ブロックチェーン上で取り扱うことを可能とするプロジェクトのオーシャンプロトコル(Ocean Protcol)。今回はそのマーケットプレイスであるOcean Marketでステーキングする方法を紹介します。
今年のイーサリアムへの資金流入金額が1,100億円に迫る、コインシェアーズが発表

今年のイーサリアムへの資金流入金額が1,100億円に迫る、コインシェアーズが発表...

デジタル資産の運用を行うコインシェアーズ(CoinShares)が、最近の仮想通貨別の資金の流出と流入に関するデータを発表。そのなかで、ビットコイン(BTC)の流出は増加し、イーサリアム)ETH)では資金の流入が続いたことが明らかになった。
ポリゴンがNFT/ゲームを支援する「Polygon Studio」 を立ち上げ

ポリゴンがNFT/ゲームを支援する「Polygon Studio」 を立ち上げ

イーサリアムのスケーリングソリューションとして急速に成長したブロックチェーンプラットフォームのポリゴン(Polygon)が、NFTの利用を加速させるべく、新たにポリゴンスタジオ(Polygon Studio)という部門を設立しました。

Ocean Market(オーシャンマーケット)にはどのようなデータセットがある...

Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)には、データ売買の場所として「Ocean Market(オーシャンマーケット)」があります。今回は、そのOcean Marketにどのようなデータセットがあるのか紹介します。

ビットコイン(BTC)法定通貨化でエルサルバドルはどうなる?マイニング参入や利用...

2021年9月7日にエルサルバドルではビットコイン(BTC)の法定通貨化に関する法律の施行がで予定されていますが、これによりエルサルバドルではどのような変化が起こるのでしょうか?またビットコイン利用拡大により、市場への影響はあるのでしょうか。
「6月の現物取引の取引量が51.6%減」デジタル資産リサーチのクリプトコンペアが発表

「6月の現物取引の取引量が51.6%減」デジタル資産リサーチのクリプトコンペアが...

デジタル資産のリサーチなどを行っているクリプトコンペア(CryptoCpmpare)が大手仮想通貨取引所の月別現物取引量を公開。6月の現物取引が大きく減少していることを報告している。内容を紹介します。
NFT売上でカーボンクレジットを購入、大手マイニングプールが報告

NFT売上でカーボンクレジットを購入、大手マイニングプールが報告

ビットコインマイニングプール大手のF2Poolが5月に8周年を記念して、NFTアートの特別記念オークションを開催。NFTと環境問題への取組みをコラボレーションさせて行ったF2Poolからの結果報告を元にどのような取組みが行われているのか解説します。
ロンドン警視庁約275億円相当の仮想通貨を押収、数週間前にも約210億円を押収

ロンドン警視庁約275億円相当の仮想通貨を押収、数週間前にも約210億円を押収

ロンドン警視庁は7月13日、1億8,000万ポンド(約273億円)相当の仮想通貨を押収したことを発表した。先月にも1億4,000万ポンド仮想通貨を押収しており、容疑者は逮捕されている。発表の内容について紹介します。
ドルチェ&ガッバーナがNFTコレクションを発表、ポリゴン(Polygon)上のマーケットプレイスと提携

ドルチェ&ガッバーナがNFTコレクションを発表、ポリゴン(Polygon)上のマ...

ドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)が7月14日、NFTマーケットプレイスのUNXDと提携してNFTシリーズを公開すると発表しました。Polygon Network(ポリゴン)が利用されている今回のは発表について紹介します。

イーサリアム(ETH)時代の到来?新規ウォレットアドレスが1ヵ月で約500万増加...

1か月で約500万もの新規アドレスが生成されるなど、イーサリアム(ETH)の人気がさらに高まってます。現在最も活発なネットワークであり、近々大型アップデートの「ロンドン・ハードフォーク」が予定されているなどが要因にもなっているようです。
仮想通貨で紐づけられたビザカードの使用額が2021年上半期で約1,100億円に到達

仮想通貨利用可能なビザカードの使用額が2021年上半期で約1,100億円に到達

ビザ(VISA)がこのほど、ビットコイン(BTC)など仮想通貨が使えるカードによって使用された金額が、2021年上半期で10億ドル以上に達したと発表しました。同社がステーブルコインの重要性にも触れている今回の発表を紹介します。
ソラナ(Solana)のNFT関連プロジェクト、次に注目を集めるのは?

ソラナ(Solana)のNFT関連プロジェクト、次に注目を集めるのは?

大きくエコシステムを拡大しているブロックチェーンのソラナ(Solana)。トランザクション手数料の安さなどからNFT関連でもプロジェクトが立ち上がり始めています。今回は、そんなソラナのハッカソンのNFT部門で入賞したプロジェクトを紹介します。
誰もが持つ「データ」をトークンにして売買できるようにする、、オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)。今回は、そんなオーシャンプロトコルがパートナーシップの締結を発表した「DOVU(ドーヴ)」というプロジェクトについて紹介します。

Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)のユースケース紹介「DOVU...

誰もが持つ「データ」をトークンにして売買できるようにする、、オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)。今回は、そんなオーシャンプロトコルがパートナーシップの締結を発表した「DOVU(ドーヴ)」というプロジェクトについて紹介します。
ソラナ(Solana)これから注目の分散型金融(DeFi)プロジェクトとは?

ソラナ(Solana)これから注目の分散型金融(DeFi)プロジェクトとは?

秒間5万トランザクションを処理できるブロックチェーンのソラナ(Solana)には、さまざまな分散型金融が立ち上がっています。今回は2021年ソラナシーズンハッカソンで入賞したDeFiプロジェクトをいくつか紹介します。

仮想通貨への影響力低下?イーロン・マスクのツイートにもドージコイン(DOGE)は...

テスラ社CEOのイーロン・マスク氏がドージコイン(DOGE)の支持者であることはよく知られています。彼のツイートが価格に影響していたのは有名な話ですが、その影響も弱まっています。その原因は市場が弱気に踏み込んでいることなどが考えられます。
仮想通貨取引所コインベースのCEO、仮想通貨業界の進むべき未来への見解

コインベースのCEO、仮想通貨業界の進むべき未来への見解

アメリカの仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)のCEOを務めるブライアン・アームストロング氏が今後の仮想通貨経済に関する考えをブログで明らかにした。アームストロング氏の考えをいくつかまとめて紹介します。
カナダのマイニングファーム年末までにハッシュレートを2倍以上に拡大する見込みと発表

カナダのマイニングファーム年末までにハッシュレートを2倍以上に拡大する見込みと発...

カナダに拠点を構えるマイニングファームのハット8(Hut 8)が、ビットコインのマイニングに関するハッシュレートを年末までに約2.5~3.0EHまで拡大する見込みだと発表。新規で獲得する見込みのビットコインの枚数など解説します。
Mina(ミナ)プロトコルの概要とステーキングの方法

Mina(ミナ)プロトコルの概要とステーキングの方法

世界最軽量と謳われておりzk-SNARKという暗号技術を利用しているブロックチェーンのミナ(Mina)。そんなMinaの概要の解説とともに、Stakefishにデリゲートする形でのステーキング方法を紹介します。
プライバシー保護しながらデータ売買できる「Compute-to-Data」とは?

プライバシー保護しながらデータ売買できる「Compute-to-Data」とは?...

あらゆるデータをトークンにして売買しようというブロックチェーンプロジェクトの「Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)」。今回は、そんなオーシャンプロトコルの「Compute-to-Data」について紹介します。

約76億円売り上げたアーティストがNFTマーケットプレイスを創設!ワーナーミュー...

クリスティーズで約76億円を売り上げたビープル(Beeple)がNFTマーケットプレイス「WENEW」を共同創設しました。ワーナーミュージックやウィンブルドンなどトップブランドとの提携を発表しています。
Solana(ソラナ)コミュニティー、これから注目のプロジェクトとは?

Solana(ソラナ)コミュニティー、これから注目のプロジェクトとは?

先日「第7回 Solana Japan オンラインミーティング」が開催され、グローバルハッカソンとそこからのエコシステムトレンドについて議論が交わされました。その中で、登場したこれから頭角を現すプロジェクトを紹介します。
「仮想通貨関連で米国当局が課した罰金総額は約2,800億円」エリプティック社が発表

「仮想通貨関連で米国当局が課した罰金総額は約2,800億円」エリプティック社が発...

マネーロンダリング対策に注力しているエリプティック(Elliptic)社が、2009年のビットコイン誕生以来、米国の規制当局が課した罰則額の総額が25億ドル(約2,800億円)に達していることを発表した。
EIP-1550のポリゴン版が提案される、イーサリアム重要アップデートの影響は?

EIP-1550のポリゴン版が提案される、イーサリアム重要アップデートの影響は?...

マティック・ネットワーク(Matic Network)に関する議論を行うフォーラムに「EIP1559 on Polygon」というテーマが投稿されました。イーサリアムのアップデートで行われるEIP1559のポリゴンへの影響について紹介します。
Polkadot(ポルカドット)とKusama(クサマ)のパラチェーンオークションとは?

Polkadot(ポルカドット)とKusama(クサマ)のパラチェーンオークショ...

このほど、Kusama(クサマ)のパラチェーンオークションの実施が発表されました。パラチェーンとは何かというところから、2021年後半の重要なトピックとなりうるパラチェーンオークションがどのように行われるかなどその概要を紹介します。
データのマーケットプレイスOceanMarket(オーシャン・マーケット)とは?

データのマーケットプレイスOceanMarket(オーシャン・マーケット)とは?...

データの売買を可能にしたブロックチェーンプロジェクトのオーシャンプロトコル(OceanProtocol)。今回はそんなオーシャンプロトコルの、データのマーケットプレイスOceanMarket(オーシャン・マーケット)について解説します。

NFTの可能性、メタバースで利用される相乗効果に期待高まる

NFTブームが続く中、将来的にNFTはどのように使用されていくのでしょうか?コレクション用途のみならず、現在さまざまなプロジェクトでNFTが試されており、特にVR業界との相乗効果に注目が集まっています。
MATICホルダー必見!Polygonのプロジェクト動向【2021年6月版】

MATICホルダー必見!Polygonのプロジェクト動向【2021年6月版】

イーサリアム(Ethereum)のエコシステムを拡大し、安い手数料で速くトランザクションが実行できるPolygon(旧Matic)の2021年6月プロジェクト動向として、サポータープログラムやハッカソンなどを紹介します。
仮想通貨保有者の53%が「さらに購入する可能性がある」、FCAが調査結果発表

仮想通貨保有者の53%が「さらに購入する可能性がある」、FCAが調査結果発表

英国の金融行為監督機構(FCA)がこのほど、仮想通貨に関する調査結果を発表。保有者の53%が今後もさらに仮想通貨を購入する可能性があると回答していたことが明らかになった。その他アンケート結果についても紹介します。
polygon(旧Matic)使い方完全ガイド

polygon(旧Matic)使い方完全ガイド

polygon(ポリゴン)ネットワークを使うための基本的な操作の方法をまとめます。イーサリアム(Ethereum)からMaticにブリッジする方法、Maticからイーサリアムのメインネットに戻す方法も解説します。
ドイツのビットコイングループ、取引収入増加により収益が前年比で2倍以上に

ドイツのビットコイングループ、取引収入増加により収益が前年比で2倍以上に

ドイツの仮想通貨取引プラットフォームである「Bitcoin.de」を運営するビットコイングループ(Bitcoin Group SE)が、2020年度の年次報告書を発表。収益が前年と比較して2倍以上になったという。詳細を紹介する。
オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)、世界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニア受賞

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)、世界経済フォーラムのテクノ...

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が、界経済フォーラムのテクノロジー・パイオニアに選ばれたことを発表。ブロックチェーンとデジタル経済への貢献が評価されたという。オーシャンプロトコルの創業者のコメントなどもあわせて紹介する。
ソラナ(Solana)2021年5月エコシステムアップデート

ソラナ(Solana)2021年5月エコシステムアップデート

エコシステムの拡大が続くソラナ(Solana)。Twitterのフォロワーが1カ月で約10万人も増加するなど関心の高まりを感じるソラナのエコシステムアップデートをお届け。NFTマーケットプレイスなどを紹介します。
オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が注目を集める理由とは?

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)が注目を集める理由とは?

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)は、世界をとりまくデータの状況を整理し、データの共有・消費が可能な分散型プラットフォームです。そんなオーシャンプロトコルはどのような課題を解決するのでしょうか。詳細を解説します。

インドも仮想通貨への対応緩和?ビットコイン(BTC)を資産に認定する可能性浮上

エルサルバドルでビットコイン(BTC)の法定通貨化が認定されたことを受け、各国の規制当局でも緩和の様子が見られています。規制を強めていたインドでも資産として認定する可能性があると、業界筋からの情報で明らかになりました。
多量のビットコイン(BTC)を保有するスクエア、太陽光発電マイニングを共同開発

多量のビットコイン(BTC)を保有するスクエア、太陽光発電マイニングを共同開発

ブロックチェーン企業であるブロックストリーム(Blockstream)がこのほど、スクエア(Square)と共同で、太陽光発電によるビットコイン(BTC)のマイニング施設を建設すると発表。発表の内容を紹介します。
ソラナ(Solana)を使った注目ブロックチェーンゲーム「StarAtlas」とは

ソラナ(Solana)を使った注目ブロックチェーンゲーム「StarAtlas」と...

DeFi(分散型金融)の分野で盛り上がりを見せているソラナ(Solana)ですが、実はゲームの分野でスターアトラス(Star Atlas)というものが登場しています。今回は、2620年を舞台にしたこのゲームの概要を紹介します。
オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)とは?ブロックチェーンを活用したデータマーケットフレイス

オーシャンプロトコル(Ocean Protocol)とは?ブロックチェーンを活用...

ブロックチェーンを用いて安全かつ透明性を保ちながらもデータの共有・消費できる分散型プラットフォームの構築を目指すオーシャンプロトコル(Ocean Protocol)。今回は、そんなオーシャンプロトコルの基本的な概要について紹介します。

ビットコイン(BTC)は6月に再び高騰?ブルームバーグのレポートは1,000万円...

ここ数日価格が振るわないビットコイン(BTC)ですが、ブルームバーグのコモディティ部門の公開したレポートによると、未だ悲観的な様子ではないことが見て取れます。6月には再度上昇するとの予測ですが、その理由とは何なのでしょうか?
グーグル仮想通貨関連の広告掲載条件を変更

グーグル仮想通貨関連の広告掲載条件を変更

Goolgeがこのほど「金融商品・サービス」分野のポリシーの更新を発表した。これにより、仮想通貨関連のビジネスやサービスの広告に関するポリシーも変更される。グーグルから認定を受ける3つの条件や、禁止される広告なども紹介する。
日本円のステーブルコインJPYCとは?仕組みと概要を解説

日本円のステーブルコインJPYCとは?仕組みと概要を解説

日本円のステーブルコインであるJPYCとその使い方を紹介します。1JPYCが1円を上回ったり下回ったりした際に、1円に近づけるような仕組みがどのように機能しているかといった概要と、Amazonでの使い方も紹介します。
SEC仮想通貨詐欺のビットコネクト関係者5名を提訴、YouTubeで宣伝し約2,200億円集める

SEC仮想通貨詐欺の関係者5名を提訴、YouTubeなどで宣伝し約2,200億円...

アメリカの証券取引委員会(SEC)がこのほど、仮想通貨詐欺のビットコネクト(BitConnect)に関係するプロモーター5名を提訴したと発表。被告らはYouTubeなどで使い、登録有価証券の販売を行い20億ドル以上を集めたとされている。
DEXアグリゲータの1inchもPolygon(ポリゴン)に対応!概要と使い方解説

DEXアグリゲータの1inchもPolygon(ポリゴン)に対応!概要と使い方解...

DeFi(分散型金融)のアグリゲーションプロトコルである1inch(ワンインチ)ネットワークがポリゴン(Polygon)に対応したことを発表しました。そこで今回は、1inchの概要と使い方を紹介します。
ソラナ(Solana)のエコシステムアップデート

ソラナ(Solana)のエコシステムアップデート

現在ソラナ(Solana)上には35のDeFiを含む157のアプリケーションがリストされています。今回はそんなソラナのコインベース上場や実施中のハッカソンなど2021年5月時点のエコシステムについて振り返ります。

人気のインタビュー記事

最新記事

コインチョイスのTelegram