• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • ブロックチェーン
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank(ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

コインチョイス編集部

コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

数字で見るポリゴン(Polygon)の開発エコシステム

今年に入ってから急成長を遂げたポリゴン(Polygon)。分散型金融(DeFi)やノン・ファンジブル・トークン(NFT)で普段から利用されている方もいるかもしれません。そんなポリゴンの開発エコシステムについて見ていきます。

イーサリアムのビーコンチェーンアップデート、アルタイルとは?

イーサリアム2.0のアップグレード、Altair(アルタイル)が10月27日に迫ってきました。今回のアルタイルはどのようなアップグレードなのか?ETHの保有者をはじめとするユーザーにどのような影響があるのかなど紹介します。

ビットコイン(BTC)史上最高値更新で2021年内に1,000万円超えも現実的に...

史上最高値を更新したビットコイン(BTC)、ETF承認実現などの良ファンダも重なり、年末にむけての価格予測も行われてきました。その中で、2021年末までに1,000万超えも実現するというのは現実味を帯びた予測になりつつあります。

ポリゴン(Polygon)上のNFTがShopifyで販売可能に、VenlyがS...

ブロックチェーンツールを提供するVenly(ベンリー)社がShopify(ショッピファイ)社とのインテグレーションを発表。Shopifyを使ったオンラインストアにNFTを追加することができるようになります。
仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマンCEO「米国でのビットコイン先物ETFは大きな前進」

仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマンCEO「米国でのビットコイン先物ETFは大...

仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン-フリードCEOがアメリカのニュースメディアCNBCにインタビューに対して、米国でのビットコイン先物ETF承認について「大きな前進」と評価した。詳細を紹介します。

ソラナ(Solana)の注目分散型金融(DeFi)アプリコットファイナンスとは?...

ソラナ(Solana)上の分散型金融(DeFi)プロジェクトであるアプリコットファイナンス(Apricot Finance)がメインネットローンチを発表しました。そんなアプリコットの概要として3つの基本的な機能を紹介します。

米ニューヨーク州司法長官、仮想通貨の貸付プラットフォーム2社に停止命令

米ニューヨーク州のレティシア・ジェームズ司法長官が、仮想通貨のレンディングプラットフォームを提供する2社に対し直ちに停止するよう指示した。また他3社には、情報を提供するよう求めた。今回の発表の詳細を紹介します。

ビットコイン(BTC)のマイニングプールによるカーボンゼロへの取り組み

ここ数年で以前よりも多くの人にとって身近なものとなった暗号資産。しかし、暗号資産に対する批判の一つとして「環境に悪い」という声があります。そこで今回は、大手マイニングプールのカーボンゼロへの取り組みを紹介します。
米取引所コインベースがNFTマーケットプレイスをオープン、ソーシャル機能も追加予定

米取引所コインベースがNFTマーケットプレイスをオープン、ソーシャル機能も追加予...

アメリカの仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)がNFT(非代替性トークン)のマーケットプレイスを年内にもオープンすることを発表した。NFTの作成や購入が簡単にできることを目指すという。同社の発表の内容を紹介する。

ビットコイン(BTC)マイニングの中心は中国からアメリカへ?テキサス州も仮想通貨...

中国が仮想通貨を禁止する傾向を強めたことにより、国内でも勢いのあったマイニング業者などは他国での活動を余儀なくされています。現在アメリカでは仮想通貨を支援する州も増えてきており、中でもテキサス州は最近でも仮想通貨支援法案を作成するなどの動きがあります。

韓国の仮想通貨取引課税実施で約3,500億円損失の可能性、NFTへの課税は?

2022年1月に韓国では仮想通貨取引へ課税を行う予定ですが、その実施により3,500億円相当の損失が出ると予想されています。課税により取引所は廃業に追い込まれ、取引できずに留まっている通貨が無価値になることが理由となっています。
仮想通貨取引所クラーケン約1,700万円相当のビットコイン(BTC)の寄付を発表

仮想通貨取引所クラーケン約1,700万円相当のビットコイン(BTC)の寄付を発表...

仮想通貨取引所のクラーケン(Kraken)がアメリカの黒人コミュニティであるブラック・ビットコイン・ビリオネアに約1700万円相当のビットコイン(BTC)を寄付することを発表した。寄付金は起業家への助成金として使用されるという。
「中央・南アジア・オセアニアの仮想通貨取引が2020年から706%増」分析会社チェイナリシスが発表

「仮想通貨取引が中央・南アジア・オセアニアで前年より706%増」分析会社チェイナ...

このほど暗号資産の調査などを行っている チェイナリシスが中央アジア・南アジア・オセアニア地域(CSAO)の仮想通貨市場の調査結果を発表した。同地域での仮想通貨の取引が前年と比較して706%も増加していることが明らかになった。
これらがアツい!ブロックチェーン業界に転職するための5つのアドバイス

これらがアツい!ブロックチェーン業界に転職するための5つのアドバイス

暗号資産にDeFi(分散型金融)にNFTなどその盛り上がりを見せるブロックチェーン。そこで今回は「この業界に転職したいかも」と思っている方向けにブロックチェーン業界に転職するための5つのアドバイスを紹介します。

NFTとDeFiの融合?レンディングサービスがクリプトパンクス(CryptoPu...

NFTを担保として仮想通貨を借りることのできるレンディングサービスの開発を進める「ジェイペグド(JPEG’d)」が著名なNFTであるクリプトパンクス(CryptoPunks)」を担保にできるようになることに加え、チェインリンク(LINK)との提携を発表しました。
利用者拡大中のJPYCがガス代用のMATIC付与増額キャンペーン開始

利用者拡大中のJPYCがガス代用のMATIC付与増額キャンペーン開始

JPYCが、ユーザー拡大を支援するためにPolygonと戦略的協業を行うことを発表。これを記念をして、Polygonネットワークを使用するために必要となるMATICのトークン配布キャンペーンを実施。詳細を紹介します。
欧州の仮想通貨市場が約100兆円へ、2020年7月からの驚異的な成長

欧州の仮想通貨市場が約100兆円へ、2020年7月からの驚異的な成長

仮想通貨の調査などを行っているチェイナリシス(Chainalysis)が最新のレポートを発表。ヨーロッパで仮想通貨のトランザクションが2020年7月から増加し、その規模が約100兆円を超えるという。同レポートの詳細を紹介します。
ソラナ(Solana)のレンディングDeFiプロトコル「Jet」とは?

ソラナ(Solana)のレンディングDeFiプロトコル「Jet」とは?

Solana(ソラナ)ブロックチェーン上に構築された暗号資産を貸したり借りたりできるレンディングプロトコルのJet(ジェット)。今回は、そんなJet(ジェット)が提供するプロダクトなど基本情報やロードマップを紹介します。
The Graph(ザ・グラフ)の概要とステーキング方法

The Graph(ザ・グラフ)の概要とステーキング方法

主にdApp開発者たちによって使われるツールのThe Graph(ザ・グラフ)。今回は、The GraphとトークンであるGRTの概要を解説し、ステーキングサービスの「stakefish(ステークフィッシュ)」を使ってステーキングする方法を紹介します。
「スポーツファンは仮想通貨をよく知っている」データ提供企業が調査結果発表

「スポーツファンは仮想通貨をよく知っている」データ提供企業が調査結果発表

このほどモーニング・コンサルトが仮想通貨に関する調査を実施し、スポーツファンの方がそうでない人よりも仮想通貨の認知度が高い傾向にあることが明らかになった。その差はおよそ3倍近くにもなるという。今回の調査結果の内容を紹介します。

ゲームストップ事件を引き起こしたウォールストリートベッツがNFTに参入

仕手戦を繰り広げた「ゲームストップ事件」で有名となった匿名掲示板Reddit発のウォールストリートベッツ(WallStreetBets)がNFT業界に参入してきました。今回リリースされるNFTには限定のディスコードチャンネルに入れるなどの特典が付与されています。
「有権者の3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持」米国複数州で調査

「有権者の3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持」米国複数州で調査

アメリカの10州の有権者に対して行った仮想通貨に関する調査が行われ、約3分の1が仮想通貨支払いの合法化を支持していることが明らかになった。ニューズウィーク(Newsweek)による調査結果内容を紹介します。

インサイダー取引のあったNFTマーケットプレイス「OpenSea」がスマホアプリ...

NFTマーケットプレイスでも最大手となるオープンシー(Opensea)がスマホ版アプリをリリースしました。しかし、以前には送金バグによるNFTの消失問題もあり、現在はインサイダー取引疑惑の論争中でもあるという、非常に悪いタイミングであることに非難の声もあがっています。
「アジアでは71%の投資家がデジタル資産に投資」フェデリティが調査結果を発表

「アジアでは71%の投資家がデジタル資産に投資」フェデリティが調査結果を発表

フェデリティ・デジタル・アセッツ(Fidelity Digital Assets)がこのほど、世界の投資家を対象とした調査結果を発表。特にアジアでデジタル資産の採用率が高いことが分かった。その他の結果とあわせて紹介する。
EYがポリゴン(Polygon)と協業、共同プロダクトPolygon Nightfallの開発へ

EYがポリゴン(Polygon)と協業、共同プロダクトPolygon Night...

プロフェッショナル・サービスのEYが、イーサリアム(Ethereum)のスケーリングソリューションの構築に取組むポリゴン(Polygon)との協業を発表。「Polygon Nightfall(ポリゴンナイトフォール)」を開発することが明らかになった。
ポリゴン(Polygon:旧 MATIC)10月22日までハッカソンを開催

ポリゴン(Polygon:旧 MATIC)10月22日までハッカソンを開催

イーサリアム(Ethereum)のスケーリングソリューション構築に取組むPolygon(ポリゴン)が賞金総額10万ドル(約1,100万円)のオンラインハッカソンを発表。ハッカソンのスケジュールや参加方法などの詳細を紹介します。

テゾス(XTZ)の音楽専用NFTマーケットプレイスで人気女性歌手がデジタルコレク...

音楽業界にもNFTが本格的に流れ込んできているようです。全米1位を獲得した人気女性シンガーの「ドージャ・キャット(Doja Cat)」がファングッズとして、さまざまな特典を付与したNFTのデジタルコレクションを発売すると発表がありました。

暗号資産サービス「HashHubレンディング」最大年率9.5%で資産を増やそう

株式会社HashHubがビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を貸出するサービスの「HashHubレンディング」の先行利用ユーザーの募集を開始したことを発表。同社のレンディングサービスの特徴について紹介する。
「SECはレンディング機能を証券と判断」米仮想通貨取引所コインベースCEOがツイート

「SECはレンディング機能を証券と判断」米仮想通貨取引所コインベースCEOがツイ...

米証券取引委員会(SEC)が仮想通貨取引所であるコインベース(Coinbase)に対して、同社が提供を予定しているレンディングサービスをい開始すると提訴すると警告。アームストロングCEOがツイッターで反論を投稿している。

イーサリアム(ETH)の潜在的価値は最大約390万円?世界的銀行グループが評価額...

世界的な銀行グループである「スタンダード・チャータード(Standard Chartered)銀行」がイーサリアム(ETH)の投資ガイドを発行しました。その中で、ETHの潜在的な価値は約290万円から約390万円ほどになると評価しています。

ソラナ(Solana)今年3回目のハッカソン「IGNITION」を開催

Solana(ソラナ)が賞金最大500万ドル(約5億5,000万円)のグローバルハッカソン「IGNITION」開催を発表。マイクロソフトもスポンサーとして参加する今回のハッカソンの内容を紹介します。

NFTへの参入を進めるゲームストップ(GameStop)、イーサリアム(ETH)...

2021年1月に仕手によって株価が大暴騰したゲームストップ(GameStop)社は巨額の資金を得ており、同年5月にはNFT分野への参入を発表しています。この時イーサリアムのロゴが公式サイトに表示されていたものの、実態はどうなのでしょう。
「32%が直近6か月以内に仮想通貨を購入することに興味」デジタル資産を取り扱うバックトが調査結果発表

「32%が直近6か月以内の仮想通貨の購入に興味」バックト(Bakkt)が調査結果...

デジタル資産を取り扱うバックト(Bakkt)が「米国消費者仮想通貨調査」の結果を発表。32%が今後6か月以内に仮想通貨を購入することに興味を持っていることが明らかになった。同調査のその他のデータについても紹介します。
UXDプロトコルがMulticoin Capital(マルチコインキャピタル)から300万ドルを調達

UXDプロトコルがMulticoin Capital(マルチコインキャピタル)か...

ソラナ(Solana)上のステーブルコインプロジェクトであるUXDプロトコルが、Multicoin Capital(マルチコインキャピタル)が主導するシードラウンドで300万ドル(約3億3000万円)を調達したことを発表。
Mango Markets(マンゴーマーケット)とは?ソラナ(Solana)の注目エコシステム紹介

Mango Markets(マンゴーマーケット)とは?ソラナ(Solana)の注...

Solana(ソラナ)上に構築されたDEX(分散型取引所)のMango Market(マンゴーマーケット)。今回はハッカソンで最優秀賞にも選ばれたマンゴ―マーケットの特徴や基本的な 情報を解説します。
OCEAN ACADEMY(オーシャンアカデミー)とは?内容や使い方を解説

OCEAN ACADEMY(オーシャンアカデミー)とは?内容や使い方を解説

さまざまなデータをブロックチェーン上で取り扱うことを可能とするオーシャンプロトコル(Ocean Protcol)。そんなオーシャンプロトコルをについて学ぶ教育プログラムの「Ocean Academy(オーシャンアカデミー)」について紹介します。

中国でNFTが爆発的人気に?富裕層がクリプトパンクス(CryptoPunks)に...

先日ビザ(VISA)がNFTのクリプトパンクス(CryptoPunks)を購入したことが話題となりましたが、アリババ(Alibaba)がNFTマーケットをローンチしたり、中国富裕層もNFTを購入するなど、中国国内で人気が熱狂的になっているようです。
イートロ2021年第2四半期のレポート公開、仮想通貨からの手数料が急増

イートロ2021年第2四半期のレポート公開、仮想通貨からの手数料が急増

仮想通貨などさまざまな資産の取引を行えるイートロ(eToro)が2021年第2四半期の財務レポートを発表。その中で、手数料の内訳で仮想通貨の割合が急増していることが分かった。その他2020年と比較したデータも合わせて紹介します。
カルダノ(エイダコイン)の概要とステーキング方法

カルダノ(エイダコイン)の概要とステーキング方法

イーサリアムと同様にスマートコントラクトを用いたアプリケーションを開発できるブロックチェーンプロジェクトのカルダノ(Cardano)。今回は、そんなカルダノの概要とステーキングの方法について紹介します。
米マイニング大手企業マイニング収益は過去最高の約35億円に

米マイニング大手企業マイニング収益は過去最高の約35億円に

アメリカのマイニング企業であるライオット・ブロックチェーン(Riot Blockchain)が、2021年の第2四半期の財務状況を報告した。また、マイニングの収益はが過去最高となる3,150万ドルだったことが明らかになった。
ソラナ(Solana)11月に大型カンファレンスをポルトガルで開催

ソラナ(Solana)11月に大型カンファレンスをポルトガルで開催

ソラナ(Solana)財団が初めて主催するカンファレンス「Breakpoint」がポルトガルのリスボンで11月7日から10日まで開催されます。今回のカンファレンスの目的やスピーカーなどのイベントの概要を紹介します。
取引所トークン オーケービー(OKB)とは?OKBがもらえるキャンペーン実施中!

取引所トークン「オーケービー(OKB)」とは?OKBがもらえるキャンペーン実施中...

暗号資産市場全体が活況となった2021年。そんななかでも、取引所トークンの上昇が目立っている。暗号資産取引所OKEの取引所トークンであるオーケービー(OKB)の概要や最近の価格パフォーマンスについて紹介します。

仮想通貨取引所のビットコイン(BTC)保有量減少中、投資家たちは強気市場でも貯め...

好調を続けているビットコイン(BTC)や仮想通貨全体の市場ですが、奇妙なパターンが散見されました。強気傾向が続いているにも関わらず、投資家たちは出金して保持するようになってきています。この動きが今後どのような影響をもたらすのでしょうか?
300億円相当のビットコイン(BTC)をマネーロンダリングした男が罪を認める

300億円相当のビットコイン(BTC)をマネーロンダリングした男が罪認める

アメリカ・オハイオ州在住の男が仮想通貨のマネーロンダリングに関与していたことを認めた。連邦検事局の発表によると、金額はビットコイン(BTC)35万枚以上で当時のレートで330億円以上にもなるという。
Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)のユースケース紹介「ROBONOMICS」

Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)のユースケース紹介「ROBO...

さまざまなデータをブロックチェーン上で取り扱うことを可能とするプロジェクトのオーシャンプロトコル(Ocean Protcol)。今回は「ROBONOMICS(ロボノミクス)」とのパートナーシップについて紹介します。
ポリゴン(Polygon)ゼロ知識証明のHermezを買収、10億ドルの投資も

ポリゴン(Polygon)ゼロ知識証明のHermezを買収、10億ドルの投資も

ポリゴン(Polygon)がゼロ知識(ZK)暗号を使ったスケーリングのプロジェクトやチームの中で最も有名なものの一つであるHermezと合併することを発表しました。今回のニュースの詳細とその影響について紹介します。
Ocean Market(オーシャンマーケット)で売買されるDataUnion(データユニオン)を使ってみよう

Ocean Market(オーシャンマーケット)で売買されるDataUnion(...

Ocean Protocol(オーシャンプロトコル)のあらゆるデータを売買できるプラットフォームの「Ocean Market(オーシャンマーケット)」。そこで注目される「DataUnion(データユニオン)」の使い方について紹介します。

NFTはマネーロンダリングの道具なのか?人気アナリストが今後の法規制について言及...

人気が高まり続けている非代替性トークン(NFT)ですが、その価格の高さやデジタルアートの販売等に用いられていることから、とあるアナリストはマネーロンダリングにNFTが利用されている可能性と今後の規制について考えを述べています。
2021年上半期のブロックチェーンや仮想通貨への投資が前年の2倍以上に

2021年上半期のブロックチェーンや仮想通貨への投資が前年の2倍以上に

コンサルティング会社のKPMGはがフィンテックに関するレポートを発表。同レポートのなかで、仮想通貨とブロックチェーンへの投資額は2021年上半期だけで、2020年の2倍以上になっていたことが分かった。レポートの内容を紹介します。
ソラナ(Solana)と他のブロックチェーンが繋がる?ワームホールがDeFiに与える影響とは?

ソラナ(Solana)と他のブロックチェーンが繋がる?ワームホールがDeFiに与...

メインネットローンチが発表された異なるブロックチェーンを相互接続することを目的としたプロジェクトのワームホール(Wormhole)。今回は、そんなワームホールの概要からDeFi(分散型金融)に与える影響についてまで紹介します。

人気のインタビュー記事

最新記事