• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • 仮想通貨取引所ランキング
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • こぺる (仮想通貨 投資家)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • くりぷと (クリプトブロガー)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • 望月 一弘
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • ポートフォリオ
  • PR
  • イベントまとめ

コインチョイス編集部

コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

テゾス(Tezos)の特徴である形式検証とは?メリットと重要性を解説

テゾス(Tezos)の特徴である形式検証とは?メリットと重要性を解説

新しいスマートコントラクトブロックチェーンであるテゾス(Tezos)について解説する連載シリーズの第2弾。Tezosの特徴の一つである形式検証とは何なのか、そしてそのメリットと重要性を解説していきます。
新しいスマートコントラクトブロックチェーンTezosとは?仕組みや特徴など

新しいスマートコントラクトブロックチェーンTezosとは?仕組みや特徴など

新しいスマートコントラクトブロックチェーンであるテゾス(Tezos:XTZ) について連載形式で紹介します。第一回目となる今回は、テゾスの仕組みから自律的なアップデートなどを含む3つの特徴まで詳しく説明していきます。

アルトコイン急騰の背後に見えるクジラの影

イーサリアム(ETH)やライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)など、一部のアルトコインが大幅な価格上昇を起こしましたが、その背後に大口投資家による価格釣り上げがあったのではないかという可能性も示唆されています。
「仮想通貨取引所上位10社がビットコインの価格発見をリード」分析会社が発表

「仮想通貨取引所上位10社がビットコインの価格発見をリード」分析会社が発表

仮想通貨の情報を提供しているデジタルアセットリサーチ(Digital Asset Research)社がこのほど、ビットコイン(BTC)の価格発見に関する分析情報を発表。世界の仮想通貨取引所10社がビットコインの価格発見をリードという。

米大手保険会社がハイパーレジャー(Hyperledger)利用したシステム運用計...

米大手の保険会社アンセム(Anthem)がブロックチェーンによる管理を2~3年以内に実現する見通しだと発表された。親和性の高い業界では着々と活用の実例が出てきており、本格的なブロックチェーン普及もそう遠くないようにも感じられる。
チリーズのプラットフォームソシオスドットコムのアプリでファントークンの獲得可能に

チリーズのプラットフォームソシオスドットコムのアプリでファントークンの獲得可能に...

仮想通貨チリーズのプラットフォームであるソシオスドットコム(socios.com)がこのほど、提供している自社アプリの機能の1つである「トークンハント」で6種類のファントークンが獲得可能になったことを発表した。
仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)サービス開始、口座登録の申込再開!

仮想通貨取引所TAOTAOが新規口座開設で2020円のキャッシュバック実施中

仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)が1月14日から2月29日までの期間限定で、「2020年だから2020円がもらえちゃうキャンペーン」を開始した。対象は新規口座開設者の全員で、達成条件などについて紹介する。
TAOTAO(タオタオ) 登録・口座開設方法

仮想通貨取引所TAOTAO(タオタオ)口座開設手順・操作方法などを解説!

Yahoo!(ヤフー)の子会社であるZコーポレーション株式会社が出資した仮想通貨取引所「TaoTao(タオタオ)」の口座開設手順やスマホアプリの操作方法を、図を用いて解説していきます!キャンペーンも随時開催していますので、まだの方は是非!

ビットコイン(BTC)急騰はイラン国内の需要増加が原因ではない?データから見える...

イランのソレイマニ司令官殺害報道が起きた後、ビットコイン(BTC)の価格は急上昇しました。政治や経済に関する不安からイランでの購入が増えているとも考えられていましたが、その考えを否定するデータが出てきています。
バイナンスがライトコインの先物開始、タイとオーストラリアの法定通貨サポートも発表

バイナンスがライトコインの先物開始、タイとオーストラリアの法定通貨サポートも発表...

世界最大手の仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が1月8日、ライトコインの先物取引開始を発表。その他に同取引所の最近の動きとして、タイとオーストラリアの法定通貨のサポート追加についても紹介する。
仮想通貨の税金プラットフォームが約5億の資金調達に成功

仮想通貨の税金プラットフォームが約5億の資金調達に成功

仮想通貨の税金計算の単純化を目指すタックスビット(TAXbit)が1月6日、500万ドル(約5億4,200万円)の資金調達に成功したことを発表。仮想通貨業界にある課題など同社CEOのコメントなども紹介する。

ビットコイン(BTC)100万円から1億円まで!著名人たちの2020年以降の価格...

「仮想通貨の冬」と言われた2018年を経て、2019年の市場は回復の兆しを見せたようにも感じられる。2020年にはビットコインの半減期も控えており、業界著名人たちは今後のビットコインの価格にどのような予想を立てているのかを見ていこう。

【海外編】2019年の仮想通貨業界を振り返る:ETF否認やBakktローンチなど...

期待の大きかったビットコインETFの否認もあり、Bakktのローンチもあり、またハッキングにも悩まされ…良くも悪くも動きが多くあった海外の仮想通貨業界。それでも、以前に比べれば環境も整備され、2020年にはまた期待を持てるかもしれません。
【日本編】2019年の仮想通貨業界を振り返る:新規取引所オープンなど前向きな1年

【日本編】2019年の仮想通貨業界を振り返る:新規取引所オープンなど前向きな1年...

2018年初頭から始まった「冬の時代」から、日本の仮想通貨業界においては2019年にさまざまな動きを見せています。大手企業の業界参入や新たな取り組みなど、その方向性は前向きに。この1年を振り返り、新年への思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の普及に向けて、創業から守り続けたもの:コインチェック執行役員大塚雄介氏...

仮想通貨バブルと呼ばれた時代から仮想通貨業界の第一線で、コインチェック株式会社は前例のない通貨を上場させるなど貢献を続けてきた。今回は執行役員の大塚雄介氏にこれまでと今後の動き、そして「あの事件」にまつわるお話を聞かせていただいた。

デイトレ?スイング?どの手法が最適か:初心者のための仮想通貨トレード日記vol....

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード…取引手法はさまざまあり、得意不得意もあると思います。ビットコイン(BTC)の場合、何が適しているのでしょうか?勉強を進めたところ、無意識に自分のトレード手法が変わっていました。
オントロジー(Ontology)上で構築される分散型データ取引所(DDXF)の仕組み

オントロジー(Ontology)上で構築される分散型データ取引所(DDXF)の仕...

スマートコントラクトを実行できるパブリックブロックチェーンのオントロジー(Ontology)。今回はオントロジーのデータ交換プラットフォームである「DDFX」に関して、その概要やユーザーがデータを販売する仕組みについて紹介します。
ビットコイン(BTC)価格が半減期に価格上昇しない可能性、コインシェアーズCSOが示唆

ビットコイン(BTC)価格が半減期に価格上昇しない可能性、コインシェアーズCSO...

デジタル資産の資産マネジメントを行っているコインシェアーズ(CoinShares)のメルテム・デミローズ最高戦略責任者がツイッターで、ビットコインが半減期を迎えても価格が上昇しない可能性を示唆。その理由とは?

ロボアドバイザーとは?長期投資で効率的にお金を増やす初心者向けツール

株・為替・仮想通貨とさまざまな資産運用方法がありますが、最近話題となった「ロボアドバイザー」による資産運用とはどのような仕組みになっているのでしょうか?その利回り、種類など簡単に解説していきます。
本当の分散型ネットワークを目指すエニグマがネットワークテストネットをローンチ

本当の分散型ネットワークを目指すエニグマがネットワークテストネットをローンチ

ブロックチェーンのプライバシーソリューションを進める仮想通貨エニグマ(Enigma)が、初となるネットワークテストネットをローンチ。エニグマの2019年の動きやジェネシスゲームについても紹介します。
ビットコイン(BTC)ETF実現可能性は?Bitwiseは再参入の意思あり

ビットコイン(BTC)ETF実現可能性は?Bitwiseは再参入の意思あり

一時は業界が多くの期待を寄せたビットコイン(BTC)ETF。そのことごとくが否認または取り下げとなりましたが、そのうちビットワイズ(Bitwise)は未だ諦めていません。18日にはSECへの回答文を送り、再参入の意思を見せています。
ビットメックスが2019年IEOの価格パフォーマンス調査結果を発表

ビットメックスが2019年IEOの価格パフォーマンス調査結果を発表

世界的な仮想通貨取引所のビットメックス(BitMEX)が12月23日、イニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)で発行された12銘柄の投資パフォーマンスに関する調査結果を発表した。最もとパフォーマンスが高かった銘柄とは?
GMO日本円と連動したステーブルコイン(GYEN)の発行に向け内部実証実験開始

GMO日本円と連動したステーブルコイン(GYEN)の発行に向け内部実証実験開始

GMOインターネット株式会社が12月23日、以前より準備を進めていた日本円と連動したステーブルコイン「GMO Japanese YEN(GYEN)」に関して、土台となるブロックチェーンの内部実証実験を開始したことを発表。
フランス金融当局が国内初となるICOを承認

フランス金融当局が国内初となるICOを承認

フランスの金融規制当局である金融市場庁(AMF)がこのほど、国内で初となるイニシャルコインオファリング(ICO)の申請を承認したことが明らかになった。フランスにおける仮想通貨の規制などとあわせて紹介する。
セキュリティ企業カスペルスキーが1年間の仮想通貨関連マルウェアに関するレポート発表

セキュリティ企業カスペルスキーが1年間の仮想通貨関連マルウェアに関するレポート発...

セキュリティ企業のカスペルスキーが2018年11月から2019年10月までのマルウェアに関する調査結果を発表した。仮想通貨に関連した項目として、ランサムウェアやマイニングマルウェアのデータを紹介します。
米大手銀行が年間2000億円を仮想通貨関連へ送金、調査会社が発表

米大手銀行が年間2000億円を仮想通貨関連へ送金、調査会社が発表

仮想通貨やブロックチェーン関連の分析を行うサイファートレース(CipherTrace)が製品の発表にあわせて、アメリカの大手銀行が年間20億ドル(約2,200億円)を仮想通貨に関連した送金を行っているとのリサーチ結果を発表した。
オントロジー(Ontology)の分散型情報管理ONT IDの仕組みとメリット

オントロジー(Ontology)の分散型情報管理ONT IDの仕組みとメリット

スマートコントラクトを実行できるパブリックブロックチェーンであるオントロジー(Ontology)の特徴の1つであるIDのフレームワーク「ONT ID」がどのような仕組みで、どのような問題は解決するのかを紹介します。

2019年の各国規制や動向を総括!仮想通貨対策はどう変わるのか?

2019年において、仮想通貨は国レベルでの議題として扱われることが多くなってきました。規制を強める国もあれば、支援の形を取り、中央銀行発行のデジタル通貨の発行に注力する国もありました。この1年間の様子を一通り振り返ってみましょう。
仮想通貨ファンドがビットコイン投資に関する男女の違いを調査

仮想通貨ファンドがビットコイン投資に関する男女の違いを調査

仮想通貨投資ファンドのグレースケール(Grayscale)がこのほど、ビットコイン(BTC)投資における男女の違いついての調査結果を発表した。ビットコインに対する見解の違いやアメリカ経済に対する見通しの違いなどを紹介する。

ビットコイン(BTC)マイニング、ここ5年間で最大の危機

2020年5月頃と考えられているビットコイン(BTC)の半減期を控え、マイニング業者たちはそれ以前に2019年の価格低迷に苦しめられたようでした。報酬が減る半減期を前に、マイナーたちはどのように対処していくのでしょう。
イーサリアム企業連合(EAA)がデジタル商工会議所と戦略的パートナーシップを提携

イーサリアム企業連合(EAA)がデジタル商工会議所と戦略的パートナーシップを提携...

イーサリアム企業連合(EEA)がブロックチェーン業界団体であるデジタル商工会議所(Chamber of Digital Commerce)と戦略的パートナーシップを結んだことを発表。業界の支援やトークン周りの取り組みを強化する。

チャート分析には何が必要?:初心者のための仮想通貨トレード日記vol.3

「どのインジケーターが良いのか」など、価格予測には何が有効かと気になる人も多いと思います。OIを基準として、インジケーターやチャートパターンなど分析にはさまざまな情報を統合する必要がありました。どのように思考し、推測するのでしょうか。
市場規模拡大が期待されるブロックチェーンゲームの動向:ミートアップレポート

市場規模拡大が期待されるブロックチェーンゲームの動向:ミートアップレポート

12月9日に東京・銀座にて行われた「ブロックチェーンゲームミートアップ#2」にて、現在のブロックチェーンゲーム市場や新作に関する情報などを得ることができた。その中でも、日本国内における講演を行った2名の内容をレポートしよう。

日本企業とカンボジアが共同開発する「バコン」が最初の中銀発行デジタル通貨に?

2019年は各国の中央銀行によるデジタル通貨発行のニュースが相次いだ。中でも注目されたのは中国の「DCEP」であったが、カンボジアの「バコン(Bakong)」というプロジェクトが2020年中の運用を目指しており、最も早い可能性がある。
ナイキがデジタルトークンと交配できるデジタルシューズを特許取得

ナイキがデジタルトークンと交配できるデジタルシューズの特許取得

米国特許庁が12月10日、スポーツメーカーのナイキ(NIKE)によって申請されたシューズ用およびアパレル製品用の暗号化デジタル資産に関するシステムを公表した。デジタルトークンにはイーサリアムが使用されている。
暗号資産取引所Huobi(フォビ)PR

暗号資産取引所Huobi(フォビ):「1周年記念キャンペーンビットコイン恩返し大...

暗号資産(仮想通貨)取引所のフォビジャパン(Huobi Japan)の販売所サービスで取引を行うと、購入分と同じ数量のビットコイン(BTC)が付与されるキャンペーンが開催されます!先着順となっておりますので、お見逃しなく!
バイナンスが先物取引用のiOS用アプリをリリース、アンドロイド用アプリも更新

バイナンスが先物取引用のiOS用アプリをリリース、アンドロイド用アプリも更新

仮想通貨取引所であるバイナンス(Binance)が12月9日、先物取引用サービスをサポートするiOSアプリのローンチを発表した。発表内容と合わせてバイナンスの先物取引におけるさまざまなデータなども紹介します。

ビットコイン(BTC)暴落の予兆?ロングポジション急増にトレーダーも困惑気味

7000ドル台での値動きを続けるビットコイン(BTC)ですが、上昇の兆しがあってもすぐに下落となるような不気味な動きになっています。そんな中、ロング(買い)ポジションが急増するという、今後の見通しが更に分からなくなる出来事も起きています。
仮想通貨向け決済処理プロバイダーのシンプレックス(Simplex)が日本円とカナダドルを追加

仮想通貨向け決済処理プロバイダーのシンプレックス(Simplex)が日本円とカナ...

仮想通貨向けの決済処理プロバイダーのシンプレックス(Simplex)が日本円(JPY)・カナダドル(CAD)サポート開始したことが明らかになった。今後さらにサポートする法定通貨を増やしていくという。
ブロックチェーン学習サービスPoLが分散型金融プロジェクトMakerDAOとの共同制作カリキュラム公開

ブロックチェーン学習サービスPoLが分散型金融プロジェクトMakerDAOとの共...

ブロックチェーンのオンライン学習サービスPoL(ポル)でメイカーダオ(MakerDAO)と共同制作のカリキュラムが公開された。MakerDAOの仕組みやステーブルコイン、分散型金融(DeFi)などについての学習が可能になる。
Ontology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在するか?

Ontology上のDAppsの概況、アプリケーションにはどのようなものが存在す...

スマートコントラクトプラットフォームのオントロジー(Ontology)の分散型アプリケーション(Dapps)にはどのうなものが存在するのか、そしてそのアプリケーションの特徴をあわせて紹介していきます。

仮想通貨は金融危機寸前となるイランの活路になるか

先日レバノンでの銀行封鎖もあり、中東の情勢は悪化の一途を辿っています。米国からの制裁を受け続けたイランも今は為替準備高を切り崩していくような情勢となっており、改善のために仮想通貨を利用する可能性が高まってきているようにも見られます。
仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 グループ代表 熊谷正寿氏が描く未来

仮想通貨はどこへ向かうのか?GMOインターネット株式会社 代表取締役会長兼社長 ...

グループ会社に仮想通貨交換業を営むGMOコインを持つ、GMOインターネットグループ代表の熊谷正寿氏に2019年の仮想通貨業界とこれからの動き、そしてGMOインターネットグループで発行予定のステーブルコイン「GYEN」について聞きました。
仮想通貨ファンドの調査結果を公開、ビットコイン(BTC)価格下落も管理資産増加

仮想通貨ファンドの調査結果を公開、ビットコイン(BTC)価格下落も管理資産増加

クリプト・ファンド・リサーチ(Crypto Fund Research)が、現状の仮想通貨投資ファンドの分析結果を発表した。新しいファンドの誕生ペースは減速しているものの、ファンドによる管理資産が増加傾向にあることが明らかになった。

低リスクでポジションを持つ取引方法は?:初心者のための仮想通貨トレード日記vol...

とあるコインチョイス編集部員は果たしてトレードで勝てるのでしょうか?リスク度外視でギャンブルトレードをした結果、いつまで経っても勝てない彼は、リスク管理のポジション取りという考え方を意識し始めました。
バイナンス(Binance)が11月の市場概要を公開「魅力的な月ではなかった」

バイナンス(Binance)が11月の市場概要を公開「魅力的な月ではなかった」

仮想通貨取引所バイナンス(Binance)の調査部門であるバイナンスリサーチが11月の仮想通貨市場の概観を発表した。11月を魅力的な月でなかったと表現した理由やバイナンスDEX、フューチャーズのデータについても紹介する。
中国ではフォビ(Huobi)が仮想通貨業界を牽引?取引所取り締まりの実態

中国ではフォビ(Huobi)が仮想通貨業界を牽引?取引所取り締まりの実態

中国において、仮想通貨取引所への規制に関する報道がありましたが、フォビ(Huobi)のような大手取引所は対象にならず、詐欺の可能性がある小規模の取引所に対するものでした。ブロックチェーン関連事業へのサポートは更に強めていく方針のようです。
バイナンスが散型アプリケーション情報分析プラットフォームのDappReviewを買収

バイナンスが分散型アプリケーション情報分析プラットフォームのDappReview...

仮想通貨取引所のバイナンス(Binance)が12月3日、分散型アプリケーション(Dapps)の分析や情報の配信を行うダップレビュー(DappReview)を買収したことを発表。今後の動きなどを紹介します。
仮想通貨チリーズの発行するユベントスファントークンによるゴール祝福曲の投票が開始

仮想通貨チリーズの発行するユベントスファントークンによるゴール祝福曲の投票が開始...

仮想通貨チリーズ(CHZ)のプラットフォームであるソシオスドットコムが12月3日、ユベントスの新しいゴール祝福曲をユベントスファントークンを使って決める投票を開始したことを発表した。投票の概要などを紹介する。
2019年の仮想通貨に関する犯罪被害額は約4,800億円、セキュリティ企業がレポート発表

2019年の仮想通貨に関する犯罪被害額は約4,800億円、セキュリティ企業がレポ...

ブロックチェーン関連のセキュリティ企業であるサイファートレース(CipherTrace)が2019年3Qにおける仮想通貨詐欺など被害などをまとめたレポートを発表した。今年の被害額は約4800億円になった。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram