• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • 田上 智裕(株式会社techtec CEO)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 師田賢人 (フリーライター)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • CryptoAge (ブロックチェーンコミュニティ)
  • コインチョイス編集部
  • コインチョイス海外編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • coincheck(コインチェック)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • バイナンス(BINANCE)
  • Huobi(フォビ)
  • フィスコ(FISCO)
  • GMOコイン
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • QUOINEX (コインエクスチェンジ)
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • Zaif (ザイフ)
  • 楽天ウォレット
  • BTCBOX (BTCボックス)
  • クラーケン (Kraken)
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

コインチョイス編集部

コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

米新財務長官に指名される仮想通貨に厳しかった元FRB議長イエレン氏とは?

米新財務長官に指名される仮想通貨に厳しかった元FRB議長イエレン氏とは?

米次期大統領のバイデン氏が財務長官に元連邦準備制度理事会(FRB)議長だったジャネット・イエレン氏を指名する見通しとなりました。仮想通貨に批判的な姿勢を示していたイエレン氏は、仮想通貨市場にどのような影響を及ぼすのでしょうか?
高級時計メーカーのウブロが品質保証にブロックチェーンを導入

高級時計メーカーのウブロが品質保証にブロックチェーンを導入

高級時計メーカーのウブロ(Hublot)がこのほど、ブロックチェーン上で商品の品質を保証するサービスの提供開始を発表した。Hublot-e-warrantyを活用し、写真で時計の品質を識別するという。同社の発表の詳細を紹介します。
サッカーチーム「アヤックス」がブロックチェーンを使ったチケット販売へ

サッカーチーム「アヤックス」がブロックチェーンを使ったチケット販売へ

オランダのプロサッカーチーム「アヤックス」がこのほど、ブロックチェーンを活用したチケットサービスを提供するSecuTixをパートナーとして任命。今後、ブロックチェーンを活用したチケット販売システムを導入するという。
イーサリアム 2.0とは? ついに始まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移行を理解しよう

イーサリアム 2.0とは? ついに始まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)への移...

DeFi(分散型金融)をはじめとするさまざまなアプリケーションが開発され、ユーザーも増加し続けているイーサリアム(Ethereum)。抜本的なアップデートであるイーサリアム2.0について解説します。

ビットコイン(BTC)がDeFiの主役に?ルートストック(RSK)が持つ可能性

ビットコイン(BTC)価格の上昇で市場への支配力が高まっているものの、DeFiに関してはイーサリアム(ETH)独占状態にあります。DeFi業界への参入にはスマートコントラクトが必須であるため、ルートストック(RSK)への関心が高まっています。
ステーブルコインのテラ(Terra)が「Velo Labs」と提携

ステーブルコインのテラ(Terra)が「Velo Labs」と提携

韓国を中心にそのエコシステムを拡大しているステーブルコインプロジェクトのテラ(Terra)が、このほど、ブロックチェーン金融プロトコルの開発に取り組むVelo Labsと提携することを発表。提携の内容を紹介します。
チリーズがスウェーデンのeスポーツチームとの提携発表、公式ファントークン発行へ

チリーズがスウェーデンのeスポーツチームとの提携発表、公式ファントークン発行へ

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がこのほど、スウェーデンのeスポーツ団体であるチーム・アライアンス(Team Alliance)との提携を発表した。チーム・アライアンスの公式ファントークン$ALLを発行する予定。
ステーキングの参加方法は?stakefish(ステークフィッシュ)の使い方

ステーキングの参加方法は?stakefish(ステークフィッシュ)の使い方

ビットコイン(BTC)のPoWとは違い、トークンの保有量によってブロックを生成する人が決まるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。誰でも簡単に参加でき、報酬をえることができるステーキングサービスの「stakefish」を紹介します。
仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料を比較

仮想通貨・ビットコイン取引所の手数料を比較

これからビットコイン(BTC)などの仮想通貨を始める方必見。仮想通貨取引所を利用する際に必要なさまざまな手数料の種類から口座開設前に知っておきたいそれぞれの取引所の手数料の特徴を比較して紹介します。

仮想通貨対応ゲーム機開発を進めるアタリ(Atari)への期待と課題

老舗ゲーム企業のアタリ(Atari)が自社開発のゲーム機本体が仮想通貨に対応することを発表しています。2020年10月末には独自のAtariトークンの取引が開始され、仮想通貨業界において活発な動きが見えるようになってきました。
IBMフードトラストのブロックチェーンをスペインとアルゼンチンのオリーブ関連組織が利用開始

IBMフードトラストのブロックチェーンをスペインとアルゼンチンのオリーブ関連組織...

IBMがスペインとアルゼンチンのオリーブオイル関連の団体がIBMフードトラストを利用することを発表した。オリーブオイルのボトルに記載されたQRコードを使って、オリーブの生産場所から製造過程、販売元、品質などまで分かるようになるという。
成長するSerum(セラム)エコシステムとSerum Swap

成長するSerum(セラム)エコシステムとSerum Swap

Solana(ソラナ)ブロックチェーンをベースとしたDeFi(分散型金融)プロジェクトSerum(セラム)。そんな注目されるSerumの助成金プログラムと新たにリリースされたAMM Serum Swapを紹介します。
元マイクロソフトエンジニア、不正取得金の隠ぺいにビットコインのミキシングサービスを利用

元マイクロソフトエンジニア、不正取得金の隠ぺいにビットコインのミキシングサービス...

元マイクロソフトエンジニアがギフトカードなどのデジタル資産10億円を盗んだとして懲役9年の実刑判決が言い渡された。また、不正に取得した資金の出所を隠すためにビットコインのミキシングサービスを利用していたことが明らかになった。
10月のソラナ(Solana)動向まとめ、異種チェーン連携やUSDC統合など

10月のソラナ(Solana)動向まとめ、異種チェーン連携やUSDC統合など

スマートコントラクトが実行できる高速な処理ができるブロックチェーンとして期待されているソラナ(Solana)。今回は、ステーブルコインの導入やNFTマーケットの誕生などソラナの10月の取り組みについて紹介します。

160万円突破のビットコイン(BTC)、市場にもFOMOの兆候

ビットコイン(BTC)の値上がりが止まらず、市場でも「取り残される恐怖(FOMO)」の兆候が見え始めています。さまざまな企業の参入やアメリカの大統領選によるドル安などの影響が噛み合い、とどまることを知らない価格上昇となっています。
仮想通貨チリーズのプラットフォームがウクライナのeスポーツ強豪チームと提携

仮想通貨チリーズのプラットフォームがウクライナのeスポーツ強豪チームと提携

仮想通貨チリーズ(Chiliz)のプラットフォームであるソシオスドットコム(Socios.com)が11月4日、ウクライナを拠点とするeスポーツチーム「Natus Vincere」との提携を発表。詳細を紹介します。
分散型音楽ストリーミングプロトコルAudius×Solana

分散型音楽ストリーミングプロトコルAudius×Solana

分散型音楽ストリーミングプロトコルAudiusがSolana(ソラナ)ブロックチェーンへの移行を発表。そもそもAudiusとは何か?そしてイーサリアム(Ethereum)からソラナへと移行をする理由などを紹介します。
TerraUSD(UST)とは?ステーブルコインとインターオペラビリティ

TerraUSD(UST)とは?ステーブルコインとインターオペラビリティ

最近の分散型金融(DeFi)での需要が急増したステーブルコインですが、まだまだ不便な面が多いことにも改めて気づかされました。そんななか、今回はTerraUSDという複数のブロックチェーン上で流通する分散型ステーブルコインについて紹介します。
ステーブルコインテラ(Terra)のアップデート:Columbus4とHouston

ステーブルコインテラ(Terra)のアップデート:Columbus4とHoust...

韓国を起点に利用が広がっているステーブルコインプロジェクトであるテラ(Terra)。今回は最近発表されたテラ(Terra)のアップデートであるColumbus4とHoustonの概要について解説してきたいと思います。

ペイパル(PayPal)が発表した仮想通貨サービスの狙いと市場への影響

10月21日に米決済サービスのPayPalが仮想通貨サービスの開始予定を発表しました。まもなくPayPal内での売買が可能となりますが、そこには制限が多く、市場にどのような影響が出るのかは明確ではありません。
仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)でリアルタイムの税計算が可能に

仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)でリアルタイムの税計算が可能に

ウィンクルボス兄弟が運営するアメリカの仮想通貨取引所ジェミニ(Gemini)が、税金計算ソフトのタックスビット(TaxBit)との提携を発表。同取引所での仮想通貨取引に関わる税金の計算と申告が容易になるという。
Circle社(USDC)はなぜソラナを4番目のパートナーとして選択したのか?

Circle社(USDC)はなぜソラナを4番目のパートナーとして選択したのか?

Solana(ソラナ)エコシステムにCircle社が発行するステーブルコインUSDCが新たに追加されることが発表されました。なぜCircle社はソラナをパートナーとして選択したのか考えられる理由を考察します。
欧州プロの投資家が60%以上がデジタル資産所有、あるいは購入予定

欧州プロの投資家が60%以上がデジタル資産所有、あるいは購入予定

ヨーロッパのプロの投資家ら60%以上がデジタル資産を所有もしくは購入予定であることが分かった。既にデジタル資産への投資を行っている企業とそうでない企業とのポートフォリオの違いなど、レポートの内容を紹介する。
テラ(Terr)はどこで入手できるの?購入できる取引所や取引方法を解説

テラ(Terr)はどこで入手できるの?購入できる取引所や取引方法を解説

韓国発の急成長するステーブルコインプロジェクトのテラ(Terra)。そのトークンモデルの仕組みや特徴などを解説してきましたそこで今回は、その入手方法や購入できる取引所、ウォレットの活用方法などを紹介していきます。

強気市場のビットコイン(BTC)、クジラの参入で一時的な下落の可能性

非常に強い値上がりを見せるビットコイン(BTC)ですが、クジラからの取引所への送金が観測されています。まだその動きは見えていないおらず、強気市場は継続されると考えられるものの、一時的な下落を念頭に置く必要が出てきました。
仮想通貨取引所を比較検討する場合はスプレッドにも注目

仮想通貨取引所を比較する場合はスプレッドにも注目

これからビットコイン(BTC)などの仮想通貨の購入を考えている人が、口座開設する取引所を選ぶ際に比較すべき項目の1つであるスプレッドについて、基本となある仮想通貨の「販売所」と「取引所」の違いから解説していきます。

NFT市場が拡大中、Openseaのユーザー数も2万5,000人を突破

メッサリ(Messari)が報告した第3四半期のレポートによると、代替不可トークン(NFT)の価格や流通量が増加しているとのことです。大手マーケットプレイスでも9月中のユーザーが2万5,000人を超え、人気の高まりが感じられます。

ビットコイン(BTC)価格はどう動く?仮想通貨以外の市場に目を向ける必要性

TwitterCEOが率いるオンライン決済企業のスクエア(Square)社がビットコイン(BTC)を買い入れるなど、企業単位でのBTC購入を行うといった動きがあるものの、価格自体は他市場からの影響もあり、方向性が見えにくくなっています。
「買収・合併で1週間後に仮想通貨上昇する確率は90%」イートロが発表

「買収・合併で1週間後に仮想通貨上昇する確率は90%」イートロが発表

仮想通貨を含めた複数の資産取引サービスを提供しているイートロ(eToro)が、価格変動の要因を調査したレポートを発表。M&Aから1週間後は90%の確率で価格が上昇していることが明らかになった。レポートの詳細を紹介する。
ソラナ(Solana)DeFiエコシステムの今とこれから

ソラナ(Solana)DeFiエコシステムの今とこれから

2020年に入って大きな盛り上がりを見せたDeFi(分散型金融)。最近のDeFiの動向を振り返りながら、イーサリアムフレンドリーなブロックチェーンの1つであるソラナ(Solana)の今とこれからについて解説していきます。
ドイツが分散型エネルギー資源の管理に分散型台帳活用へ

ドイツが分散型エネルギー資源の管理に分散型台帳活用へ

政府機関であるドイツ・エネルギー機構(DENA)がこのほど、、分散型エネルギー資源のデジタルレジストリーの構築に、ブロックチェーンの非営利団体であるエナジーウェブ(Energy Web)を選んだ。詳細を紹介します。
ソラナとイーサリアム間のクロスチェーンブリッジ「Wormhole」の概要

ソラナとイーサリアム間のクロスチェーンブリッジ「Wormhole」の概要

ソラナ(Solana)のSPLトークンとイーサリアムのERC20を交換するクロスチェーンブリッジである「Wormhole(ワームホール)」について、その概要から交換のおおまかな流れなどを分かりやすく解説します。

DeFiブーム終了?イーサリアム(ETH)の対ビットコイン(BTC)比率が示すも...

2020年は分散型金融(DeFi)ブームも相まって、仮想通貨市場では好調な価格推移を示しています。しかし、昨今のDeFiトークンの下落やイーサリアム(ETH)の対ビットコイン(BTC)比率の推移から、ブームが終わる兆しが見えています。
仮想通貨チリーズのプラットフォームがスイスの強豪BSCヤングボーイズと提携

仮想通貨チリーズのプラットフォームがスイスの強豪BSCヤングボーイズと提携

仮想通貨チリーズ(Chiliz)のプラットフォームであるソシオスドットコムがこのほど、スイスのサッカーチームであるBSCヤングボーイズとの提携を発表した。同チームのファントークの概要などもあわせて紹介します。
テラ(Terra)の分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクト「Anchor」とは?

テラ(Terra)の分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクト「Anchor...

ステーブルコインプロジェクトであるテラ(Terra)の4回目のアップデートにより採用される分散型金融(DeFi)レンディングプロジェクトのアンカー(Anchor)について、その仕組みや特徴などを解説します。
無担保ステーブルコインプロジェクト、テラ(Terra)のロードマップ

無担保ステーブルコインプロジェクト、テラ(Terra)のロードマップ

注目を集めるステーブルコインプロジェクトのテラ(Terra)が最新ロードマップを公開しました。そこで今回は、4・5回目のアップデートのリリーススケジュールとその内容、今後の展開などの概要を解説します。

分散型取引所(DEX)全体の課題?Uniswapが抱える問題と今後への期待

2020年にブームとなった分散型金融(DeFi)のトークン取引プラットフォームとして最も稼働しているプラットフォーム「Uniswap」ですが、トランザクション手数料や分散型取引所(DEX)ゆえの高額なスリッページなど問題は残っています。
チリーズが新しいファントークンの販売方法を提案

チリーズが新しいファントークンの販売方法を提案

欧州のサッカーチームを中心としたスポーツチームとパートナーシップを結ぶ仮想通貨チリーズ(Chiliz)が10月1日、新しいファントークンの販売方法を提案。「ロッカールーム(Locker Room)」という方式に関して紹介します。
【レポート】ブロックチェーンイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO2020」

【レポート】ブロックチェーンイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN E...

先日ビジネスマッチングイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO 2020 秋」が開催された。同イベントで紹介された、ブロックチェーン技術を活用した提案や、各産業に適したソリューションなど最新事例を紹介する。
Solana(ソラナ)ウォレットガイド

Solana(ソラナ)ウォレットガイド

2020年にメインネットベータ版をローンチをしたスマートコントラクトが実行できる新興の汎用ブロックチェーンのソラナ。今回はソラナブロックチェーンでSOLトークンをサポートするさまざまなウォレットについて解説します。
ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー(bitFlyer)の口座開設・新規登録の方法、入金やアプリの使...

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法の流れやアプリの使い方を解説!bitFlyer(ビットフライヤー)の口座開設方法についてはこれを読めば全て分かる!初心者向けに、実際の画面画像を使いながら1つ1つ解説していきます。
ファイルコイン(Filecoin)がメインネットへの移行を発表、10月15日頃の予定

ファイルコイン(Filecoin)がメインネットへの移行を発表、10月15日頃の...

ブロックチェーンを活用したストレージサービスの開発を進めるファイルコイン(Filecoin)がこのほど、メインネット移行準備に入ったことを発表。移行は10月15日ごろになる見込み。発表の内容を紹介する。

ビットコイン(BTC)上昇トレンド終了の可能性?価格のブレイクポイントから見える...

コロナショック以後、強い上昇トレンドと認識されていたビットコイン(BTC)ですが、最近の値動きではその勢いに陰りが出てきたようにも見えてきました。もし下落トレンドへ移行するであれば、これまでの予測モデルが通用しない可能性もあります。
分散型金融(DeFi)が安定期に入るまで3~5年必要?関係者の48%が予想

分散型金融(DeFi)が安定期に入るまで3~5年必要?関係者の48%が予想

コインテレグラフコンサルティングによる分散型金融(DeFi)に関するアンケート調査が発表されました。関係者らはDeFiが安定期に入るまでにあと3年は必要だとみているなど、さまざまな調査結果を紹介します。

DeFiの改善を目指したOntology基盤のスワッププラットフォーム「Onto...

オントロジー(Ontology)がDeFi分野のさらなる改善を目指し、他チェーン間をまたいで取引可能なクロスチェーンスワッププラットフォーム「オントスワップ(Ontoswap)」のローンチがまもなく迫っています。
テラ(Terra)と他のステーブルコインの違いとは?

テラ(Terra)と他のステーブルコインの違いとは?

ステーブルコインと一言にいってもさまざまな種類があり、それぞれ価格安定の仕組みやプラットフォームが異なることから性質や用途も違います。そこで今回は、テラ(Terra)とその他のステーブルコインの違いについて解説します。
「2020年から仮想通貨の取引を始めた人は20%」コインチェックがアンケート結果発表

「2020年から仮想通貨の取引を始めた人は20%」コインチェックがアンケート結果...

コインチェックが9月16日、コロナショック以降の仮想通貨への投資に関するアンケートを実施、結果を発表した。約半数のユーザーがコロナショック以降に仮想通貨を購入しており、1番人気だったのはビットコインだった。
ソラナとの統合を発表したクロスチェーンDeFiプロジェクト「RampDeFi」概要

ソラナとの統合を発表したクロスチェーンDeFiプロジェクト「RampDeFi」概...

非ERC20のデジタル資産をイーサリアムDeFiエコシステムに接続することを目的としたプロジェクトのRampDeFiがSolana(ソラナ)ブロックチェーンとの統合を発表しました。RampDeFiの特徴と概要について紹介します。
コインベースCEOがアップルを批判「世界の進歩を妨げている」

コインベースCEOがアップルに苦言「世界の進歩を妨げている」

アメリカの仮想通貨取引所コインベース(Coinbase)のブライアン・アームストロングCEOが、アップル(Apple)に対して苦言をツイッターに投稿。iOSアプリに分散型金融(DeFi)に関する機能が追加できないことが原因となっている。

VeChainがホテル向けコロナ感染のリスク管理アプリを共同開発

企業向けサプライチェーンプラットフォームのヴィチェーン(VeChain)が中国国内のホテル向けにコロナ感染リスクを管理できるアプリケーションを開発しました。コロナの影響で経済だけではなく、信頼という点でも失われた業界の回復を目指しています。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのLINE@
コインチョイスのTelegram