• Home
  • ニュース
  • 仮想通貨別ニュース
  • 相場・価格
  • 仮想通貨動画ニュース
  • ICO
  • 法規制・政府
  • 仮想通貨取引所
  • 確定申告・税金
  • マイニング・採掘
  • ブロックチェーン
  • ウォレット
  • イベント
  • インタビュー・対談
  • その他
  • 価格相場/チャート
  • ビットコイン 価格/相場/チャート
  • イーサリアム 価格/相場/チャート
  • リップル 価格/相場/チャート
  • ビットコインキャッシュ 価格/相場/チャート
  • ライトコイン 価格/相場/チャート
  • NEM(XEM) 価格/相場/チャート
  • バイナンスコイン(BNB) 価格/相場/チャート
  • モナコイン 価格/相場/チャート
  • リスク 価格/相場/チャート
  • イオス(EOS) 価格/相場/チャート
  • ステラ(XLM/Stellar) 価格/相場/チャート
  • 仮想通貨別アービトラージランキング
  • 仮想通貨時価総額
  • ビットコイン計算機
  • リアルタイムレートウィジェット
  • 初心者
  • 仮想通貨とは?
  • ブロックチェーンとは?
  • よく聞く「トークン」って何?
  • ビットコインの取引所と販売所の違い
  • フォローすべきインフルエンサーリスト
  • ポートフォリオ
  • ライター
  • 平野 淳也
  • 墨汁うまい (トレーダー)
  • 田口 仁 (DMM Bitcoin代表取締役社長 )
  • 栢森 加里矢(QUOINE 代表取締役CEO)
  • ヨリコ ビール (フルタイムビットコイナー)
  • ボリ平 (個人投資家)
  • ひろぴー (専業トレーダー)
  • 西内 達也 (筋肉ハーベスター)
  • 丸山 正行 (BTC税理士)
  • mineCC
  • HashHubコミュニティ
  • コインチョイス編集部
  • ライター一覧へ
  • 取引所口座開設方法
  • bitFlyer (ビットフライヤー)
  • coincheck(コインチェック)
  • DeCurret(ディーカレット)
  • GMOコイン
  • bitbank.cc (ビットバンク)
  • BITPoint (ビットポイント)
  • Huobi(フォビ)
  • DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)
  • Liquid by Quoine
  • Zaif (ザイフ)
  • 仮想通貨取引所比較
  • PR
  • イベントまとめ

コインチョイス編集部

コインチョイス編集部
仮想通貨・ブロックチェーンについて日々勉強中の当サイト編集部員。初心者でもわかりやすいように最新ニュースや話題の出来事、ハウツーを解説。TwitterFacebookLINE@などのSNSでも最新情報を配信中。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

コインチョイス編集部の記事一覧
コインチョイス編集部の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入

香港上場中国企業が約43億円相当のビットコインとイーサリアム購入

香港証券取引所に上場しているソフトウエア企業メイツ(Meitu)がこのほど、総額で約43億円に相当するビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を購入したことを発表した。同社が仮想通貨購入に至った経緯や狙いなど発表の内容を紹介する。

PayPalが仮想通貨事業に本格参入?思い描くスーパーアプリの構想とは

ビットコイン(BTC)に対して企業が好意的になってきた時世において、2020年第4四半期に好調の結果を残したペイパル(PayPal)が仮想通貨技術を組み込んだ総合アプリの開発を進めていることが、インタビューにて公表されました。
イーサリアムのEIP1559概要とマイニングプールの反応

イーサリアムのEIP1559概要とマイニングプールの反応

イーサリアム(Ethereum)を使う際に必要な手数料にあたるガス代。最近のDeFi(分散型金融)のブームなどでガス代が高騰していたこも記憶に新しいと思います。手数料モデルを変更するEIP1559について紹介します。
「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、ビットコイン・金・S&P500を比較

「ビットコイン(BTC)は過去最高のパフォーマンスを記録した資産」、金・S&P5...

ケースビットコインが3月2日、ビットコイン(BTC)や金、S&P500などを10年間の年平均成長率(CAGR) の比較結果を発表した。その結果、どの代表的な指数や有名企業の株よりもビットコインのパフォーマンスが良かったことが分かった。
Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のステーキング方法の解説

Polkadot(DOT)のトークン保有者は所定の手続きをしステーキングすることで利子のようにDOTを増やすことができます。今回はstakefish(ステークフィッシュ)を使ったDOTのステーキング方法を解説します。

現在のビットコイン(BTC)価格は過大評価?人気分析モデルが示す調整下落の可能性...

2月最終週は下落が目立つビットコイン(BTC)、その理由を人気の価格分析モデル「ストック・トゥ・フロー」に基づいて考えると、現状の価格は過大評価されているようにも見え、短期的には調整の下落が起こる可能性があります。
なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

なぜPolkadotは注目されているか?基本的なコンセプトを解説

今最も注目されている新興ブロックチェーンと言っても過言ではないポルカドット(Polkadot)。「ブロックチェーンのインターネット」とも表現されるPolkadotの基本的なコンセプトについて解説します。
マイクロストラテジーが1,000億円相当のビットコイン(BTC)を追加購入

マイクロストラテジーが1,000億円相当のビットコイン(BTC)を追加購入

マイクロストラテジー・インコーポレイテッド社が約1000億円相当のビットコイン(BTC)を購入していたことを発表した。同社は2020年にもビットコインを購入しており約4,778億円相当のBTCを保有していることになる。
Solana(SOL)でステーキングが稼働開始

Solana(SOL)でステーキングが稼働開始

ソラナ(Solana)のバリデータコミュニティはステーキング報酬とそれに伴うインフレーションを承認しました。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)の概要から、SOLをステーキングする際に注意したいことまでを紹介します。
決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

決済会社スクエアが約179億円分のビットコイン(BTC)を購入

アメリカの決済会社であるスクエア(Square)が2月23日、約179億円相当のビットコイン(BTC)を購入していたことが明らかになった。スクエアは過去にも50億円近くのビットコインを購入していた。今回の発表の内容を紹介する。

ビットコイン(BTC)がナイジェリアで800万円超え?市場価格を50%以上上回る...

高騰を続けるビットコインが、一部地域で異常な価格となっています。ナイジェリアでは国際市場価格の50%を超える価格でP2P取引されており、一時8万ドル(約840万円)を超えるという事態となり、国内では未だ高騰する気配を見せています。
Human ProtocolがSolanaの統合を発表

Human ProtocolがSolanaの統合を発表

HUMAN Protocol(ヒューマンプロトコル)がSolana(ソラナ)の統合計画を発表しました。HUMAN Protocolとはどのようなプロジェクトなのかその概要と、掲げるマルチチェーン構想などもあわせて紹介します。
32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

32イーサリアム(ETH)以下でもステーキングできる!Lido(リド)の概要

2020年にイーサリアムのステーキングができるようになって以来、さまざまなステーキングサービスが話題になりつつあります。今回はステーキングに興味があるものの、32ETH以下でも試してみたいという人のためのサービスを紹介します。

世界最大手のオークションハウスがNFTデジタルアートの競売を開始

2018年からブロックチェーン技術を利用した作品のオークションを行っていたクリスティーズ(Christies)が、以前作品集が総額37億円にもなったアーティストのNFT化されたデジタルアートの大規模オークションを開始しました。
ソラナ(Solana)のトランザクションが100億回を突破

ソラナ(Solana)のトランザクションが100億回を突破

ソラナネットワーク上でのトランザクション数が、100億件を突破しました。ソラナは秒間5万トランザクションを処理できたり、送金手数料が安い点などで注目されています。DeFi(分散型金融)やSOL価格についても紹介します。
マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

マスターカード2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポート開始を発表

マスターカードが2月10日、2021年中にネットワーク上で仮想通貨のサポートを開始することを発表した。対象となる銘柄は明確にはされていないものの、プレスリリースでは候補としてステーブルコインが挙げられていた。内容を紹介する。

テスラ社のビットコイン(BTC)購入で米国会計基準に見直しの可能性

テスラ社のビットコイン(BTC)購入が大きな波紋を呼びましたが、その中で企業がデジタル資産に投資することへの会計基準が曖昧となっていることが明らかになりました。企業にマイナスしか与えない現状に、異議を唱える声が後を絶ちません。
リップル社が第4四半期のマーケットリポートを公開、XRPの売り上げは約80億円

リップル社が第4四半期のマーケットリポートを公開、XRPの売り上げは約80億円

リップル(Ripple)社は2月5日、2020年第4四半期のマーケットレポートの中で、XRPの総売上高が7,627万ドル(約80億円)であることを発表。その他の取引高などレポートで言及されたことについて紹介します。
【2021年版】テゾス(XTZ)を買うなら知っておきたい基礎知識

【2021年版】テゾス(XTZ)を買うなら知っておきたい基礎知識

あスマートコントラクトを執行できるブロックチェーンプロジェクトのTezos(テゾス)。そんなテゾスを扱っているウォレットや取引、ユースケースと今後の展望など、テゾスを買う前に知っておきたい基礎知識を紹介します。

イーサリアム(ETH)のガス代問題再燃?手数料の高騰がもたらす影響

イーサリアム(ETH)の価格は順調に上昇を続けているものの、トランザクション手数料となるガス代も非常に高騰しています。CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の先物上場に合わせて、今後どのような影響が出てくるのでしょうか?
SerumとSolanaが共同でDeFiハッカソンを開催

SerumとSolanaが共同でDeFiハッカソンを開催

SerumプロジェクトとSolanaファウンデーションが共同でハッカソンを開催します。グランドプライズとして2000万円の賞金が用意されている今回のハッカソンについて、審査員や審査項目など概要を紹介します。

ビットコイン(BTC)を個人保管しない危険性をロビンフッドの事例から考える

株式市場で今話題となっているロビンフッド(Robinhood)ユーザーとヘッジファンドのメルビン・キャピタル(Melvin Capital)の争いを通じて、仮想通貨市場では自己管理の必要性が思い出されています。
stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

stakefishでATOM(COSMOS)をステーキングする方法を解説

トークンを保有しているユーザーが報酬を獲得することができるPoS(プルーフ・オブ・ステーク)。ステーキングサービスのstakefishを使ってPoSの暗号資産の一つであるATOM(COSMOS)をステーキングする方法を紹介します。
ソラナ(Solana)と開発者向けツールDecentologyのインテグレーション

ソラナ(Solana)と開発者向けツールDecentologyのインテグレーショ...

開発者向けのツールを提供するDecentologyがソラナ(Solana)ブロックチェーンへの対応を発表しました。ソラナの開発者コミュニティの拡大につながるとして、その期待が高まっています。Decentologyの使い方を紹介します。
米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

米保険企業USAAとステートファーム、保険の処理にブロックチェーン活用へ

アメリカの保険会社であるUSAAとステートファーム(State Farm)がこのほど、2社間の保険処理をブロックチェーン技術を活用し自動化することを発表した。これまで手作業で行われていたプロセスが改善されるという発表の内容を紹介する。
ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

ブロックチェーン推進団体がBMWやフォードと提携、中古車やメンテナンスに活用

非営利団体であるモビリティオープンブロックチェーンイニシアチブ(MOBI)がこのほど、BMWやフォードなど大手自動車メーカーと協力し、車両登録などにブロックチェーンを活用することを発表した。内容を紹介します。

ビットコイン(BTC)大幅下落要因は?Coinbaseにクジラの影

21日深夜から下落を始めたビットコイン(BTC)は一時30,000ドルを割る価格帯まで落ち込みました。その下落要因に、米国の仮想通貨取引所であるCoinbase proでの価格差を利用した大量売りという声があがっています。
イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

イーサリアム 2.0の分散性の重要性と、なぜその可視化が必要なのか

最初の段階として2020年12月にビーコンチェーンが公開されたイーサリアム 2.0。イーサリアム 2.0の分散性はなぜ重要なのか?そして分散していることが可視化されることの必要について考察し、解説します。
急速に拡大するソラナ(Solana)エコシステムとユースケース

急速に拡大するソラナ(Solana)エコシステムとユースケース

安価で高速であることを特徴とし、その可能性が期待されているブロックチェーンのソラナ(Solana)。今回は、ブロックチェーンの発展に重要となってくるエコシステムとそのユースケースについて紹介します。

仮想通貨チリーズ、イタリアの名門サッカーチームACミランとの提携を発表

仮想通貨チリーズ(Chiliz)がこのほど、イタリアの名門サッカーチームであるACミランと提携したことを発表した。提携団体の数はこれで20となった。ACミランとチリーズのプラットフォームであるソシオスドットコム関係者のコメントも紹介する。
「25%が2段階認証のバックアップを作成せず」ハードウェアウォレット開発企業が調査

「25%が2段階認証のバックアップを作成せず」ハードウェアウォレット開発企業が調...

ハードウェアウォレットの開発を行うNGRAVEが1月13日、仮想通貨の投資家を対象に行ったアンケート調査をまとめたレポートを発表した。レポートによって明らかになった保有金額や保管状況などを紹介します。
エバーレジャー年間2億ドル超のダイヤモンドを取り扱うレアカラットと提携

エバーレジャー年間2億ドル超のダイヤモンドを取り扱うレアカラットと提携

ブロックチェーン関連スタートアップのエバーレジャー(Everledger)がこのほど、アメリカのダイヤモンド取り扱い大手のレアカレット(Rare Carat)との提携を発表した。今回の提携の内容を紹介します。
Solanaのトークン規格SPLとその影響とは?

Solanaのトークン規格SPLとその影響とは?

ソラナ(Solana)ではSPLというトークン規格が定められており、この規格にのっとった形でトークンの発行を行います。そもそもなぜトークン規格がどういうものなのか、そしてソラナのSPLという規格について解説します。
stakefishで簡単にEthereum2.0のステーキングをする方法

stakefishで簡単にEthereum2.0のステーキングをする方法

ステークフィッシュ(stakefish)がEthereum2.0のステーキングサービスをローンチしました。stakefishの特徴を紹介しながら、Ethereum2.0のステーキングをする方法を解説します。
Serumで優れたインターフェースを提供するBonfidaとは

Serumで優れたインターフェースを提供するBonfidaとは

海外取引所大手のFTXが提供するSolanaブロックチェーン上に分散型取引所セラム(Serum)。セラムの課題を解決する可能性のある、Serum用のGUIとウォレットのBonfidaについて解説します。

ビットコイン(BTC)価格500万円も間近?強気市場にトレーダーも楽観視

8日未明には一時4万ドル(約415万5,600円)を突破したビットコイン(BTC)、その勢いはさらに強まっているようにも見えます。ボラティリティも大きくなり、安定した強気市場となっていますが、現在の状況から次のトレンドはどう予測できるのでしょうか。
ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

ソラナ(Solana)が進めるインターオペラビリティ戦略とは?

2020年にローンチしたブロックチェーンのソラナ(Solana)は、秒間5万トランザクションを実行できる点で期待されています。今回は、そんなソラナが進めるインターオペラビリティ戦略について紹介します。
HashHubが年率国内最高水準の暗号資産貸出サービスを開始

暗号資産サービス「HashHubレンディング」最大年率14%に大幅引き上げ

株式会社HashHubがビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を貸出するサービスの「HashHubレンディング」の先行利用ユーザーの募集を開始したことを発表。最大で年率10%の同社のレンディングサービスの特徴について紹介する。
ウクライナのDX省がステラと覚書署名、仮想通貨の戦略的開発へ

ウクライナのDX省がステラと覚書署名、仮想通貨の戦略的開発へ

ウクライナのデジタルトランスフォーメーション省とステラ開発財団2020年12月28日に覚書に署名した。東ヨーロッパの金融市場における革新的な国としてのウクライナの地位強化などに取り組むという。詳細を紹介します。
【ステーキング方法解説】テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishでやってみよう

【ステーキング方法解説】テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishで...

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)と一言に言ってもさまざまな種類があり、デリゲート(委任)という仕組みを持っているものもあります。今回は、テゾス(Tezos)のステーキングをstakefishで行う方法を紹介します。
2020年のDeFi(分散型金融)トレンド振り返りと広がるエコシステム

2020年のDeFi(分散型金融)トレンド振り返りと広がるエコシステム

2020年はDeFi(分散型金融)の年といっても過言ではないほどに盛り上がりをみせました。そこで今回は、今年のDeFiのトレンドを振り返りながらイーサリアム(Ethereum)以外のDeFiの動きをあわせて紹介します。
ETH2.0のステーキングを始める前に知っておきたい注意点・リスク

ETH2.0のステーキングを始める前に知っておきたい注意点・リスク

12月1日にイーサリアム 2.0のBeacon Chainがローンチされたことで、ステーキングに興味を持った人も多いのではないでしょうか?魅力的なステーキング報酬だけでなく、注意しておきたいリスクについて紹介します。

ビットコイン(BTC)価格はまだ上がる?強気市場が続くと考えられる理由

さまざまなテクニカル指標でもビットコイン(BTC)の強気相場が示されている中、その勢いは止まることを知りません。強気相場は未だに続くものと感じられますが、機関投資家の参入による影響が流動性などに出てきています。
ブロックチェーン関連企業が英サッカークラブのマンチェスターシティと提携

ブロックチェーン関連企業が英サッカークラブのマンチェスターシティと提携

ブロックチェーン企業のアニモカ・ブランズ(Animoca Brands)がサッカーチームであるマンチェスターシティを運営するシティフットボールクラブとの提携を発表した。デジタルグッズの販売も行う予定。

GMOコインの口座開設方法、キャンペーン・アプリの使い方・手数料を解説

GMOコインの口座開設方法の説明ページです。実際の管理画面の画像を使って1から丁寧に解説していきます。アプリの使い方や特徴も調べあげているのでGMOコインで口座開設をしようと考えているなら、このページを読めば全て分かります!
グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

グラスゴー大学が偽造ウィスキー問題対策のためブロックチェーン企業と協力

スコットランドのグラスゴー大学がこのほど、偽造スコッチウイスキー問題に取り組むためブロックチェーン会社エバーレジャーとの協力を発表した。専門家によると、レアヴィンテージウイスキーの40%が偽物である可能性があるという。

ビットコイン(BTC)はどこまで上がる?テクニカル指標も強気相場を証明

2017年のバブルにおける最高値を超えたビットコイン。2020年は半減期や企業参入もあり、その価格上昇は止まることを知りません。テクニカル指標も強気相場を告げましたが、ここまでの一連の動きは一定のサイクルパターンである可能性もあります。
ETH2.0がマーケットに与える影響と資産としての性質変化

ETH2.0がマーケットに与える影響と資産としての性質変化

12月にイーサリアム2.0のフェーズ0が開始し、ETHのステーキングも始まりました。そこで今回は、イーサリアム2.0がETHの価格に与える影響と、ETHのアセットとしての性質の変化について解説します。
イーサリアム 2.0のスラッシュとは?

イーサリアム 2.0のスラッシュとは?

イーサリアム 2.0のビーコンチェーン(Beacon chain)がついにローンチし、ステーキングが始まりました。すでに実施されたケースが出ている、ステーキングしているETHが没収される仕組みのスラッシュについて解説します。
【イベントレポート】ビジネスブロックチェーンエキスポ2020冬

【イベントレポート】ビジネスブロックチェーンエキスポ2020冬

12月12日に開催されたビジネスマッチングイベント「BUSINESS BLOCKCHAIN EXPO 2020 冬」に参加した企業の中から、「サプライチェーンのDX化」や「マイクログリッド構築」の構想を進めているC T I Aを紹介する。

人気のインタビュー記事

最新記事

仮想通貨ポートフォリオ管理 ChoiFoli
コインチョイスのTelegram