田口 仁 (DMM Bitcoin 代表取締役社長)

田口 仁 (DMM Bitcoin 代表取締役社長)
埼玉県越谷市出身。早稲田大学政治経済学部を1994年に卒業し、三菱商事株式会社に入社。その後は、ライブドア、DeNA、EMCOMなどで様々な事業立ち上げや運用に携わり、現在は「DMM Bitcoin」の代表取締役社長。
ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨に投資したい人のための総合情報サイト。 現役トレーダーによるビットコイン取引の手法もブログで公開。各取引所の特徴・最新ニュースなど、ビットコインがはじめての方にも分かりやすい最新情報を提供。

田口 仁 (DMM Bitcoin 代表取締役社長)の記事一覧
田口 仁 (DMM Bitcoin 代表取締役社長)の仮想通貨に関するコラムを掲載しています。

DMM Bitcoin 田口仁

業界自主規制における仮想通貨交換業の変化に関して:DMM Bitcoin代表(田...

日経新聞に取り上げられた業界自主規制、仮想通貨の競争市場の変化、仮想通貨交換業者の役割変化などに関しての考察記事です。内部的視点と外部的視点の両面から近い将来の仮想通貨交換業の姿に関する可能性について書いていきます。
DMM Bitcoin 田口仁

ICOの成熟化、ポイント制度的サービスコミュニティー参入と台頭の可能性:DMM ...

分散型台帳技術(ブロックチェーン)の利用拡大が早いと考えられるプレイヤー視点から考察を記載していきます。2017年には、数百件のICOがあり、結果的に約4,500億円の資金調達が行われたと考えられています。同年のIPOは、22兆円以上とされており、ICOとIPOを比較した場合、2%程度となりますが、これがもう2%、まだ2%と考えるのは人それぞれだと考えます。
DMM Bitcoin 田口仁

仮想通貨・トークンを取り巻く環境の変化の方向性について:DMM Bitcoin代...

仮想通貨の中で、もし、ステーブルコイン(価格変動が小さい仮想通貨のこと)が台頭してきた場合の考察になります。これは一つの可能性の話となり、他にたくさんのアプローチがある事を理解の上、読んでいただきたい内容です。
DMM Bitcoin 田口仁

仮想通貨・トークンの将来的可能性に関する考察:DMM Bitcoin代表(田口 ...

DMM Bitcoin代表取締役社長が語る仮想通貨・ブロックチェーンの未来・考察に関してのコラムです。今後、仮想通貨が通貨としての振舞いを行っていくために「交換・決済手段」「価値の尺度」を担えるものになっていく必要があるが、高いボラティリティがその役割を出来ないものにしているのではないだろうか。

人気のインタビュー記事

直近1週間で最も読まれた記事

コインチョイスのLINE@



コインチョイスのLINE@